2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.05.12 (Fri)

お知らせいただきたくお願いいたします!

おはようございます。

ものすごくマヌケで我ながら情けなくなってしまうのですが、ケータイに保存されていた情報を間違ってすべて消してしまいました(号泣)

アドレス帳に登録されていた情報も、保存してあった子どもたちの画像もすべて、です……。
こういう消去って、ポタンひとつであっという間にできちゃうんですね。
ありえなさすぎるるるるるーーーー。

私のパソコンのほうもわけのわかrない文字化けでおかしな具合でメールアドレスを探し出すのが難航しているし、主にケータイでご連絡をとっていた方とはまったく連絡がとれなくなってしまうので、途方に暮れています。
電話番号もわからなくなっちゃったし。

ハガキでしか連絡がとれない人が何人もいる……。

住所も電話番号もわからなくなっちゃった人は、「○○さんからメールがきますように」と神頼みするしかない状態。
えーん、えーん。

泣いても泣ききれないとは、まさにこのことです……(泣)

ショックすぎて、ムスコのお弁当の支度をする気力もわいてきません。
でも、作らなきゃ。

お財布を落とした時と同じくらい、いやいや、それよりもショックです。
あーあ、あーあ……出るのはため息ばかり……。

これまでにご連絡をとらせていただいた方々にお願いいたします。
お忙しいとは思いますが、お時間のある時に携帯メール(EメールとCメール)にご連絡いただければ、ほんとうに助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

06:21  |  いろいろ  |  コメント(0)

2017.05.10 (Wed)

レタスの焼肉ごはん巻き

昨日、注文していた産地直送の野菜がたーくさん届きました。
環境に配慮した健康でおいしい食べ物を作っている農家の方々が集まって作っている夢農家というサイトです。

届いた箱の中にはこんなにキレイな野菜たちがいっぱい!

野菜

農家の方が畑から採れたての新鮮な野菜を消費者に届けられるように運営しているサイトはありますよね。
夢農家が一般的なサイトとちょっと違うなぁ、と感じるのは、子どもたちが元気いっぱいに育っていけるように安全な食べ物を栽培して販売するだけでなく、その食べ物が育つ環境を「体験」する企画も食育の一環として販売している点です。

今、販売中の体験は、というと……。

筍掘り体験(500円)、畑deパーグラムマーケット(年間会員権)、親子農業体験(年間5回会員権)、自然の中でモデル体験、参加券(500円)、田んぼで泥んこサッカー参加券(500円)など、どれもとっても魅力的!

こういう体験をしたら、食べ物が育つ環境の美しい色、緑の香り、土の肌触り、風がそよぐ音、そこで育つ作物のみずみずしい味わいを五感を通じて感じ、子どもたちの心の中に刻みつけられていくはず。
自然を味わい、経験することは、子どもの柔軟な思考や感受性、自然の恵みの滋味を感じられる味覚も育ててくれますよね。
そうしたことは頭で覚えるだけの学習では身につかないので、子どもが大きくなった時にすばらしい財産になることでしょうね。

あ、前置きがとっても長くなっちゃいました(汗)
すみません!!

そのようなわけで、見るからに新鮮そうな野菜が冷蔵庫にたっぷり。
嬉しい〜

葉っぱのものは傷みやすいので、鮮度を逃さずに食べようと、昨日の夕飯は、焼肉とごはんのレタス巻きに。

170510_0948~02

写真を撮るためにお皿に並べて乗せていますが、こんなふうに盛りつけて食べていたわけではありません。
それぞれが1枚ずつレタスをとって、ごはんと焼肉を乗せてパクッ!!といきます。

昨夜はですね、大きなサラダボウルに洗ったレタスの葉を一枚ずつはがして山盛りにして、これまた大量に焼いたお肉をお皿にのせ、お茶碗によそったごはんを子どもたちに渡したのですよ。

そうしたら、いやー、食べる、食べる、食べる!!!

夫も私も、「……すごいね。見たことないくらい、ものすごい勢いで食べてるね」と、子どもたちの食欲に目を見張り、箸を持つ手が止まりましたよ(笑い)

好きなものばっかり食べがちな我が家の子どもたち。
いつもだったら、「ちゃんとお野菜、食べてね」と声をかけたり、マヨネーズタイプドレッシングを出してやらないと野菜が進まないのですが、昨日は、声をかけなくても、どんどんレタスをとって食べていたんですよ〜

このレタス、見た目はレタスだけど、これまでに食べたことがあるレタスとはまったく別物。
みずみずしくて、シャクシャクと歯切れがよく、そして何よりも食べていると、体の中にどんどんエネルギーが入ってくるような気持ち良さがありました。

私はそれほどレタスが好きではありませんが、こんなにおいしいレタスなら、いつでも食べますよ!

ちなみに、焼肉の味付けは、送っていただいた新玉ねぎ(写真の右前に写っています)のすりおろし、りんごのすりおろし、ショウガのすりおろし、味噌、醤油を混ぜたもの。
ニンニクを入れると風味が強すぎて、レタスの良い香りが邪魔されてもったいないな、と思って使いませんでした。

焼いている間に肉汁で薄まることを考慮して味を濃いめにしたところに、豚バラ肉の薄切りを15分ほど漬け込んでフライパンで強火で焼くだけ。
ごはんには発芽玄米とはと麦を加えています。
味の決め手は、なんといっても、畑から収穫されたばかりのレタス!

夕飯には、届いた里芋と新玉ねぎに人参とゴボウを加えて具沢山の味噌汁も作ったのですが、こちらも子どもたちは一気に完食。
「残しちゃダメだよ。ちゃんと食べようね」と言わなかったのに、ちゃんと具を食べ、汁まで残さずに飲んでいて、びっくり。

クリーミーな里芋のおいしさはまさに感動モノで、一箱注文したいくらい!!
新玉ねぎもそのままだとピリッと締まりのある味ですが、加熱すると優しい甘み!!
何の出汁も入れていないのに、野菜のうまみで、味噌汁がこんなにおいしくなるなんて、すごいです〜

野菜セットに入っていたおかのり(写真左手前の緑の葉っぱ)は、おかのりの米粉マフィンになりました。

野菜は鮮度が命とはよくいわれますが、ほんとうに鮮度のいい野菜は、エネルギーに満ちあふれていて、すばらしく豊かな味なんですね。
感激しました。

かつて私はムスコが小さい頃、何を食べさせてもアレルギ―反応が出てしまって、「一体、何を食べさせたらいいの」と、ノイローゼぎみになったことがあるのですが、農薬を使っていない野菜や、食品添加物が入っていない食べ物であれば食べられるということが多々ありました。

「見た目は同じであっても、中身が違うのだなぁ」と実感。
以来、お店に同じ品種の野菜であっても有機栽培と普通のものが並んでいたら有機栽培のほうを選んで買うようにしているのですが、有機栽培の野菜はちょっとお高めなこともあって売れ残っていて、入荷してから日にちがかなり経っているなぁ、と感じることがあります。
スーパーという流通経路を経た食べ物を購入するにあたり、消費者は便利さを買い、鮮度や味は二の次にするという選択を迫られているということなのでしょうね。

鮮度のいい有機栽培の野菜は元気いっぱいに生きていて、ものすっごくおいしいんだよ。食べる人を元気にしてくれるんだよ、と、今回、教えられた気がします。

野菜はドレッシングをかけて味をごまかしながら子どもたちに食べさせるものではなく、おいしいから食べたいと思うようにしてあげないと、野菜に失礼だし、子どもたちの味覚にも良くないですよね……。

欲しい野菜を欲しい時に買うことができる近所のスーパーは便利だけど、農家の方に収穫したての旬の野菜を送ってもらったほうが断然、味がいいですよね!

お時間があれば、夢農家のサイトをご覧になってみてください。
季節によっても、天候によっても収穫できる作物は変わるでしょうから、掲載されている写真はイメージということになるでしょうけれども、どれもおいしそうです。

サイトはデザインも説明書きもとてもシンプルですし、大手ショッピングサイトのような派手さはありません。
よくよく考えてみれば、農家の方々は作物を育てるために朝早くから手入れをして、ちょうど食べごろのものを収穫して発送しているんですから、365日、休みなしにずっと忙しくて、ショッピングサイトを運営するために机に座っている時間は惜しいくらいですよね、きっと。

作物を栽培するために愛情をかたむけ、作った食べ物を最高においしいうちに消費者の手に届けたいと、頑張っている農家の方々の姿が目に浮かぶます。
ありがとうございます。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理  |  コメント(0)

2017.05.09 (Tue)

ムスコの学校からの電話

昨日の記事で食物アレルギーは気をつけないと、と改めて思って心臓がバクバクしたことを書いたのですが、昨日はムスコの学校からの電話でドキドキしました。

昨日のお昼、ムスコの学校から着信。
「怪我でもしたのかな?」と思いながら電話を受けたら、保健室の先生からでした。

開口一番に「本日はすみません」と謝られたので、何事かと思ったら、ムスコにアレルゲンを除去した給食が出されるはずが、卵焼きを出してしまった、とのこと。
ムスコが「ボク、卵焼きは食べられません」と言ったので、間違った給食が提供されたことがわかり、ムスコも誤食しなかったので、事故にはなりませんでした。
ホッ。

さすが、高学年!
自分のアレルゲンを把握していて、間違った給食を出されていることを指摘できて良かった!

誤食がなかったので、私としてはそんなにお詫びしていただかなくてもと思ったのですが、昨日は次々と先生方から電話があり、こちらのほうが恐縮してしまいました。

今回の経緯です。
毎月、栄養士の先生がメニューと材料を書いた一覧表に、「これはアレルゲンが除去できます」「これはアレルゲン除去できません」といった印がつけてくださったものを受け取り、それを私がチェックして修正点や誤りがないかどうかを確認して返すのですが、今回は栄養士の先生がアレルゲンのチェックを忘れ、私もチェックされていないことを見落としてしまっていました。

しかも、当日の朝も「今日はお弁当持参だったかな?」と思いながらメニューを見たのに、「卵焼き」という名前ではなく、変わった名前のメニューになっていたので、卵が除去で野菜炒めか何かが出るものだと思い込んでしまった私にも大きな落ち度がありました。

普段は何度もチェックがあって見逃すことはないのに、事故が起こる時って、こういうふうにスルーしちゃうものなんですね。

この春、転任してしまった栄養士の先生は、「誤食が起こるのが怖いから、メニュー名を見て材料がわかるようにしているんです。子どもたちからは、『とろとろプリンのなんとかかんとか』とか、オシャレでおいしそうな名前をつけてよ、って言われるんですけどね」と笑ってらっしゃいましたが、まさに、今回はメニュー名からアレルゲンを推測できたら防げたかもしれません。

人のすることなので誤食を完全に防ぐことは難しいですが、誤食が起こらないようにする方法のひとつとして、メニュー名というのは重要だと強く感じました。
次回の打ち合わせの時には、そっけなくても、わかりやすいメニュー名にしていただくお願いをしようと思います。

今回はたまたま見た目が卵焼きだったからムスコが気がついたけど、卵のかたちがなくなっていたらわからなくて食べちゃったと思うので(←キッシュだったら卵を使うとか、料理の中に入っている卵は推測できないから)、誤食しなかったのは運が良かった、というしかないですね。

学校の除去食はパーフェクトにやっていただいていて頼り切っていた部分があるので、栄養士の先生も変わったし、やり方も変わったのだから、私も気をひきしめていかなくては、と思います。

話は変わりますが……。

実家に行っていた時に、はじめて見る卵不使用のマヨネーズがあったので、嬉しくて買ってきちゃいました〜
よく知られたメーカーの製品なので、ご存じの方も多いかもしれません。
私はソースしか知らなかったので、嬉しい驚きでした!

170509_0654~01

うちの子どもたちはマヨネーズ味が大好き。
マヨネーズさえあれば野菜をもりもり食べてくれるので、マヨネーズタイプのソースは必需品です。

卵を使った普通のマヨネーズを食べられるようになるまでにはまだ時間がかかりそうなので、ベジタブルネーズマヨドレがあって、ありがたい!

他にも探せば、豆乳不使用のマヨネーズタイプドレッシングもありそうなので、見つけたら使ってみたいと思います。

そうそう、前にも書いたかもしれませんが、高学年になって給食の卵を解除しようと思ったら、卵1個半食べられないと、という感じなんだそうです。
そんなに食べられるようになるなんて、ありえないからーーーーーーーーー!!

一番多く卵を使うメニューは卵焼きだということなので、「卵焼きなんて自宅で食べようよ!」と心の中で叫んだのでした(涙)

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡
















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

2017.05.08 (Mon)

心臓バクバクでした……

みなさん、ゴールンデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
我が家は実家の福島に行き、母や親戚たちと毎日、バタバタと大忙しでした。

というのも、今は福島は場所によってはまだ桜が見られる場所あり、ツツジが咲いているところあり……さまざまな花が咲く「お花見シーズン」になっているので、あっちこっと見て歩いていたのです。
キレイだったし、楽しかったです。

この画像は薄墨桜です。
桜の薄紅色にほんの少し、墨を混ぜたような風情のある色です。

170504_1448~01

リステル猪苗代からすぐそばにある観音寺川の両側にずっと続く桜並木があり、お散歩に最適でした。
私たちは見られませんでしたが、ゴールデンウィーク中は、夜になるとライトアップされていたらしいです。

リステル猪苗代はスキー場があるホテルですが、スキーシーズン以外でも、アスレチックや温泉、温水プール(屋外プールも)があり、宿泊客でなくても利用できるので、ゴールデンウィークなどの繁忙期でなければ、プールの準備などをしていくと、めちゃめちゃ楽しいですよ〜

さてさて、ゴールンデンウィーク最後の夜、あっちこっちインターネットのニュースを見ていたところ、壮絶な記事を見つけました。
甘くみちゃダメ! アレルギーで救急搬送された体験マンガに反響というものです。

記事を読んでいただくとわかるのですが、マンガなんですが、ただのマンガじゃなくて、アナフィラキシーショックになってしまったご本人が描いたマンガなんです。

我が家の場合、子どもたちのアレルゲンすべてを緻密にグラム数を計量しながら負荷しているわけではなく、「もう少しいけるかも!?」みたいなカンで最近は食べさせているので、このマンガを読んで心臓がバクバク、背筋がぞわぞわしました。
怖い、怖すぎます……。

小さいうちはかなり慎重に食べさせてきたのですが、アレっ子生活が長くなると、「ほんとはもう治っていて、食べられるんじゃないか?」くらいの気持ちになってしまい、ざっくりとした負荷になっちゃっていることを猛反省しました(汗)

入学、進級などで緊張していた子どもたちも慣れてきて、新しい生活のリズムもできてきた頃ですね。
それと同時に、緊張がとけて、4月、5月の連休の疲れも出てきたりもしますよね。

さらに、急に暑くなってきて、気候の大きな変化もアレっ子の体には敏感に影響するので、いつもと同じ量を食べてもアレルギ―反応が出やすくなることも考えられますね。

お互いに、しっかり睡眠をとって、ちゃんと食べて、家族みんな元気に過ごしたいですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡














テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  食物アレルギー  |  コメント(0)

2017.05.05 (Fri)

甘く見ていました……

ゴールデンウィークは人が動いているんですね!
なにを今さら、と言われてしまうかもしれませんが(汗)

ゴールデンウィークに入る最初の週末、ゴールデンウィークだということをすっかり忘れていて、ムスコとムスメと一緒に散歩でお台場に行こうと計画していました。

ところが、出かける間際に「あ、そういえば今日からゴールデンウィークだった!」と思い出しましたが、子どもたちはもうお台場に行く気まんまん。
近所の公園に行こうと言ってもイヤだというので、しかたなく、お台場行きの新交通システムゆりかもめに乗ったら混み混み。

お台場に着いても、いつもよりもずっと人が多いので、入館時に行列をしなければならない場所は避け、お台場海浜公園に行くことに。

着替えやサンダル、タオルなどの水遊びの準備はしてこなかったけど、子どもたちは浜辺で大喜び。
うしろのほうに見えるのがレインボーブリッジです。

170430_1612~03

天気が良くて風もなく、過ごしやすい日だったので、遊びに来ている人たちもたくさんいました!
テレビの撮影クルー、犬の散歩をさせている人たち、家族連れ、外国人観光客、友達同士、いろいろな人たちがいましたよ。

その中でも特に目立っていた2人連れが。
私たちが到着した時から帰る時もまだ、同じ場所に座わり、うっとりして見つめあいながら彼のほうが一眼レフで彼女の写真をとっていました。
たぶん、カップルなんだろうと思いますが。

時々、彼がささやくように言葉をかけるようですが、カメラを構える彼の目の前で彼女はシャボン玉を飛ばしながら視線をはずしたりしているので、彼女の美しさをおさめたアルバムでも作ろうと思っているんでしょうね。
まわりの音が聞こえなくなるくらい、お互いの存在だけに集中できるなんて素敵なことですね。

家族でおでかけして、みんなでいる時間を楽しんでいる時だと、心が満たされているのを感じ、「ああ、幸せだなぁ」と思いますよね。
家族でいる幸せは、穏やかで満ち足りていて、毎日が当たり前に続いていくと信じられることなのかな、と感じています。

ゴールデンウィーク後半、おでかけするにせよ、おうちでまったりするにせよ、お互いにたくさん、たくさん、たくさん、楽しい時間を過ごしたいですね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡













テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  散歩  |  コメント(0)

2017.05.03 (Wed)

5月はチョコスイーツ講座が再登場です

ゴールデンウイークの後半がはじまりましたね!
昨日の大荒れの天気がウソのように晴れ渡った青空で、気持ちのいい陽射しがさしているお出かけ日和ですね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

遅くなってしまいましたが、5月のレッスンのお知らせです。
定番のパン講座に加え、好評だった特定アレルゲン27品目を使わないチョコスイーツ講座が再登場します。

お時間が合うようでしたら、遊びにいらしてくださいね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
白砂糖・小麦・卵・乳・大豆・ナッツを使わないチョコスイーツ講座
(食物アレルギー特定原材料等27品目および、アーモンド、ココナツも不使用)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブラウニージャムケーキ生チョコ

上から、米粉のブラウニー(ココナツパウダーをかけて撮影していますが、レッスンでは白っぽい甜菜糖をふりかけ、ココナツ不使用になります)、ジャムケーキのチョコソースがけ、野菜を使った生チョコ風です。

ブラウニーはしっとり濃厚な食感で、ココアたっぷりのビターな味わい。
油脂分は普通のブラウニーよりも控えめですが、満足感があります。

ジャムケーキは砂糖不使用のイチゴジャムをたっぷり塗って、上からチョコソースをかけていただきます。
ケーキのベースには野菜が入っていてパウンドケーキのような口当たりで、やさしい風味。
たくさん食べても胃にもたれる感じもありません。
野菜や果物とチョコはよく合いますね~

野菜の生チョコには乳製品や豆乳ではなく、そのネーミングのとおり、野菜を使っています。
とても簡単に作れるのですが、口に入れるとしっかりとチョコ味です!

チョコレートには乳製品が使われているものがほとんどですし、乳製品不使用でも大豆油由来の乳化剤を使っていることがあったり、香料がどんな材料から作られているのかにも不安が残るため、いずれのチョコスイーツも「チョコレート」は使っていません。

今回はどのレシピにも市販のチョコレートは使わないので、油脂分と糖分は控えめになっています。
どのスイーツも作ったら冷凍可能。
時間がある時に作っておくと、食べたい時にいつでも食べられておいしく、便利ですよ〜

<日程>
2017年5月9日(火曜日) 11:00〜12:30
2017年5月12日(金曜日) 13:00〜14:30 
2017年5月17日(水曜日) 11:00〜12:30
2017年5月22日(月曜日) 12:30〜14:00 
2017年5月24日(水曜日) 11:00〜12:30
*所要時間1時間半程度。作業の進み具合によって、多少、前後することがあります。 

<参加費>
おひとり 7000円
*お子様連れでのご参加も大歓迎です。

<持ち物>
エプロン、お持ち帰り用の袋や容器、筆記用具

<会場>
JR山手線・京浜東北線「田町駅」または、都営三田線・浅草線「三田駅」から徒歩10分ほどの場所になります。
お申し込みが確定いたしましたら、詳しい場所をお知らせいたします。

<お願い>
会場はアレルギー専用キッチンではありませんので、調理器具や食器に小麦・グルテン・卵・乳・大豆・ナッツ・甲殻類などのアレルゲンの付着があります。
食材はアレルゲンを含まないものを準備いたしますが、製造や流通過程でのアレルゲンのコンタミネーション(微量混入)の可能性もあります。
参加をご検討くださる際には、コンタミネーションがあるという点も含めてご確認をお願いいたします。

<問い合わせ・申込先>
komekomekitchen@gmail.com

お申し込みに際しては、ご希望のレッスン名と日時、お名前、ご連絡先(メールアドレス & 日中ご連絡がつくお電話番号)・参加人数・アレルゲン(あれば)をお知らせください。
日によって開催時間帯が変わりますので、再度、ご確認ののち、お申し込みをお願いいたします。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
パウンド型でふんわりミニ食パン講座
(小麦・卵・乳・大豆・グルテン・増粘剤・ナッツ不使用)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ポリ袋で作る米粉食パン(ブログ)むね肉の包み焼き(ブログ)乳不使用チョコトリュフ(ブログ)

ポリ袋を使ってパンの生地を作るので、ボウルや泡立て器は不要。
製菓用米粉を使い、パウンド型で焼き上げる小型のパンなので、フタ付きのパン型がなくても大丈夫。

主菜は、ハニーマスタードチキンのカルトッチョ(紙包み焼き)、サイドディッシュはメープル風味のコールスロー。
パンと一緒に焼き上げるので、時間も手間も短縮できるお手軽料理です。

デザートは乳製品を使わない小豆のベジトリュフ。
「簡単なのに、洋風の味!」「食べる罪悪感がまったくない」と好評です(笑)

個別のメニューの詳細はこちらの記事に書いてありますのでご覧になってください。

<日程>
2017年5月10日(木曜日) 10:30〜13:00
2017年5月19日(金曜日) 13:00〜15:30
2017年5月23日(火曜日) 11:30〜14:00
2017年5月25日(木曜日) 13:00〜15:30 

*所要時間2時間半程度。作業の進み具合によって、多少、前後することがあります。 

<参加費>
おひとり 6000円
*お子様連れでのご参加も大歓迎です。

<持ち物>
エプロン、お持ち帰り用の袋や容器、筆記用具

<会場>
JR山手線・京浜東北線「田町駅」または、都営三田線・浅草線「三田駅」から徒歩10分ほどの場所になります。
お申し込みが確定いたしましたら、詳しい場所をお知らせいたします。

<お願い>
会場はアレルギー専用キッチンではありませんので、調理器具や食器に小麦・グルテン・卵・乳・大豆・ナッツ・甲殻類などのアレルゲンの付着があります。
食材はアレルゲンを含まないものを準備いたしますが、製造や流通過程でのアレルゲンのコンタミネーション(微量混入)の可能性もあります。
参加をご検討くださる際には、コンタミネーションがあるという点も含めてご確認をお願いいたします。

<問い合わせ・申込先>
komekomekitchen@gmail.com

お申し込みに際しては、ご希望のレッスン名と日時、お名前、ご連絡先(メールアドレス & 日中ご連絡がつくお電話番号)・参加人数・アレルゲン(あれば)をお知らせください。
日によって開催時間帯が変わりますので、再度、ご確認ののち、お申し込みをお願いいたします。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
小麦・グルテン・卵・乳・大豆・増粘剤を使わないバーガー講座
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

バーガーサラダ161007_0729~02

米粉のバンズは、ボウルや泡立て器不要。
ポリ袋を使って生地作りをしますので、洗いものが少なくラクチンです!

米粉の型を使った成型パンは、蒸してから焼き色をつけると軟らかいのですがもちもち感が強くなります。
また、蒸し器を用意する手間もかかりますので、今回は「蒸す」という工程はなしで、焼き上げて作ります。
焼くとふわっと膨らむため、バンズにはひびがはいってしまいますが、おいしいですよ〜

161006_1052~01

写真撮影が間に合わなかったために、蒸してから焼き色を付けたバーガーの画像を掲載していますが(←申し訳ありません!!)、味と食感を優先してヒビが入っても焼き上げる作り方のバーガーになりますので、ご了承ください。
蒸して色をしっかり出すためのやり方はレッスン時にお伝えします。

バンズの型がないとおうちで作るのに不便なので、レシピの分量に合わせて、型も2個プレゼントいたします。

バーガーのパテは豚肉です。
パテの味に合わせてトマトソースも簡単に手作りしちゃいます。

サラダには、甘辛いそぼろを乗せます。
そのままごはんにかけても、お弁当にもぴったりで、作り置きしておくと便利です。

ケーキは使い捨てのアルミ型で作るので、とっても手軽です。

レッスンのメニューの詳しい説明はこちらの記事でご確認をお願いします。

<日程>
2017年5月15日(月曜日) 10:30〜13:00
2017年5月18日(木曜日) 11:30〜14:00
2017年5月26日(水曜日) 10:30〜13:00 
*所要時間は2時間半程度を予定していますが、作業の進み具合によって時間がのびる可能性があります。

<参加費>
おひとり 6000円
*お子様連れでのご参加も大歓迎です。

<持ち物>
エプロン、お持ち帰り用の袋や容器、筆記用具

<会場>
JR山手線・京浜東北線「田町駅」または、都営三田線・浅草線「三田駅」から徒歩10分ほどの場所になります。
お申し込みが確定いたしましたら、詳しい場所をお知らせいたします。

<お願い>
会場はアレルギー専用キッチンではありませんので、調理器具や食器に小麦・グルテン・卵・乳・大豆・ナッツ・甲殻類などのアレルゲンの付着があります。
食材はアレルゲンを含まないものを準備いたしますが、製造や流通過程でのアレルゲンのコンタミネーション(微量混入)の可能性もあります。
参加をご検討くださる際には、コンタミネーションがあるという点も含めてご確認をお願いいたします。

<問い合わせ・申込先>
komekomekitchen@gmail.com

お申し込みに際しては、ご希望のレッスン名と日時、お名前、ご連絡先(メールアドレス & 日中ご連絡がつくお電話番号)・参加人数・アレルゲン(あれば)をお知らせください。

日によって開催時間帯が変わりますので、再度、ご確認ののち、お申し込みをお願いいたします。

2日以内のお返事を心がけておりますが、こちらからの返信がない場合には、メールの不着の可能性もありますので、お手数ですが、再度ご連絡くださいますようお願い申し上げます。



160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡













テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  お料理教室  |  コメント(0)

2017.04.27 (Thu)

難しいです……

今朝のこと。
ムスコが学校に行く間際になって、「今日の家庭科、何だと思う? ゆで卵だってさ〜」と明るく教えてくれました。

えええええー、ゆで卵?
聞いてないよ〜(涙)

ムスコが聞いたのも昨日の帰りの会の時で、担任の先生は今日は出張で不在らしい。
そうなんだ……いないんだ……。

実習やお泊まりなどの学校行事でアレルゲンを使う際には保護者と相談、ということなっていたのですが、低学年だったら間違いがあると困るけど、高学年だったら自分でわかっているから判断できる、という判断なんでしょうかねぇ。

ムスコの担任の先生は新しく転任してきた先生なのですが、ものすごくいい先生のようで、ムスコも慕っています。
保護者としても、ぜひ、先生と良い関係を築きたい!!

そう思い、一応、連絡帳に「ムスコには卵アレルギ―があっても触れるのでゆで卵は作れるけど、食べられません。アレルギーのある食材がある時には事前に教えていただければ代替などを持たせますので、どうぞよろしくお願いします、と書いてみました。

先生という職業はものすごく忙しい上、転任してきたばかりということで激務で寝るひまもないくらいなんじゃないかと推測しているので、日常的に細かい事前連絡は難しいとは思います。

家庭科実習のたびに打ち合わせとなると難しいでしょうけど、5年生になると宿泊学習があるので、そういう節目にはしっかりと事前打ち合わせをしてもらわないと、と思いまして。

ムスコに連絡帳を渡すと、「何か書いたの? 先生、忙しいのに、可哀想だよ」とムッとした顔。
でも、キミの体にかかわることだから、知っていてもらわないと(汗)

かれこれ10年以上もアレっ子をしていると、人の手をわずらわせないように我慢するということに慣れちゃうのかもしれませんね。

でも、間違ってアレルゲンを食べてしまってアレルギ―反応が起きたら、かえって学校や先生に迷惑がかかるから、必要なことは「文句」ではなくて、「お願い」しないといけないんだよ、と説明したら、やっと納得して学校に行きました。

そろそろ思春期の入口。
親の考えだけじゃなく、自分の考えを主張するようになってきたので、自己管理ができるようにしないといけないですね。

学校の行事でみんなと同じことがやりたい、とか、お友だちと遊んでいる時に出されたお菓子をいちいち親に確認せずに食べたいとか、そういう気持ちは大事だと思うのです。

しかし、それが「やってみたら失敗しちゃった」ではすまないのが食物アレルギー。
ムスコはゆで卵ならNGとわかっても、たとえば、カボチャサラダに「刻んだゆで卵が入っているかも?」とか「マヨネーズは使っているかな?」なんていう、アレルゲンの混入を想像できないと思うんですよね。
うちではマヨドレで卵抜きのカボチャサラダを食べているから。

うちで食べているものは安全でも、そとでは見た目だけでは安全かどうかわからない、ということを学習させないと、と思うのですが、どうやって食の知識をストックさせていけばいいものやら?
スーパーのお惣菜売場で「ほら、卵や乳製品が入っているようには見えないけど、○○になって入っているから注意してね」とひとつひとつ地道に教えていくしかないんでしょうかねぇ。

ムスコはなかなか自分からいろいろやろうとしなかったのに、自己主張や積極性が少しずつ芽生えてきたのは嬉しいこと。
ムスコの「やってみたい」「自分の力で頑張ってみたい」という気持ちが、間違った方向に進まないように留意しつつ、日頃からしっかりと伝えていかないと、と思った朝でした。

<追記>
ムスコが帰ってきました。
「家庭科、楽しかったよ! おいしかった〜」

ん? ん? んーーーーーー?

「あのね、みんなはゆで卵だったけど、ボクはジャガイモ茹でて食べたんだよ!」

よく聞いてみると、ムスコは卵に触れることもなく、用意されていたじゃがいもを個別の鍋で茹でらしい。
なーんだ、こんなにちゃんと準備していてくれたんだ!!
ありがたや〜

「どうせやってもらえないよね」と疑心暗鬼になりがちな私。
ムスコが家庭科の時間にぽつんとひとりで座っている姿を想像していましたが、嬉しい驚きでした。

事前に準備していてくれたなら、それはそれで、連絡帳に「ありがとうございます。今日はよろしくお願いします」ってお礼を書きたかったわぁ。

どういう経由でムスコのアレルギー対応をしてくださったのか(←だれがムスコのアレルギ―を指摘して、代替食材がじゃがいもになったのか、とか)、興味津々です。

こういう嬉しい驚きもありがたいけれど、事前に確認して、心安らかにムスコを学校に送り出せるとさらにいいな、なんて思います。



160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(2)

2017.04.25 (Tue)

どっちもいい、じゃダメですか?

糖質制限のブーム、すごいですね。
一過性のものかと思っていましたが、今では、当たり前のことになっているんですね。

先日、外出した時にトンカツ屋さんに行ったのですが(←子どもたちがいると行けないから)、そのお店で、どんぶり2杯分くらいありそうな山盛りのキャベツが出てきて驚きました〜
主食のごはんを食べる前に、食物繊維を食べて太りにくい食べ方を、ということなんでしょうね。
そうそう、ごはんにもはと麦が入っていましたよ〜

私も急激に血糖値が上がるのは良くないことだと思いますし、血糖をコントロールするのは健やかに過ごすために大切だということには大賛成です!!

けれども、糖質制限食で炭水化物やでんぷん、糖分などを食べない、あるいは極力減らして健康になりましょう、となると、よく理解できないのです。

私は自分がお米が大好きだということもあり、「お米を食べない」「お米をごく少量にする」ということが健康上、必須なのかどうなのか、そのあたりのことを深く知りたいと思っています。

ごはんを食べた後に血糖値がググッと上がる、というグラフは見たり、体の中で代謝される時にどうなるのか、というのも本で読んだりしてはいて、理屈を聞いていると「そういうことなのか!」とは思うのですが、でも、やっぱりよくわからないというか、納得がいかないんですよねぇ。

「糖質制限はとってもいいんだよ!」という本をたくさん読んだので、今は「糖質制限じゃくて、ちゃんとお米を食べようね」という本を読んでいます。

170425_1521~01

食品にどのくらい糖質が含まれているのかを細かく書いてある本を片手に読み進めていると、私が好きなものは見事に糖質ばっかり(汗)

「糖質はやめなさい」と言われたら、食べる楽しみがなくなっちゃうなぁ……。
だからよけいに、「糖質」が悪いものなのかどうか知りたいなぁ、と思いまして(苦笑)

糖質制限のお菓子ってどんなものかと思ってレシピ本も見たのですが、卵・大豆・ナッツ・乳製品が主な食材になるんですね!
これほどとは想像していませんでした。

おいしそうな写真もたくさんあったのですが、我が家ではほとんど食べられません。
1回に卵2〜3個を使うものが多いので、レシピを参考にできるレベルでもなかったのが残念です……。

ある糖質制限の専門家の方が、食物アレルギーも糖質制限をしていればよくなってくる、とおっしゃっていたのを聞いたことがあります。
でも、良くなる以前に、米粉とでんぷん不可だったら、お菓子もパンも食べられないよ、と、ものすごいストレスがかかりそうで、泣きそうになりました(涙)

糖質制限がいいというのも「なるほど!」と思うし、ごはんは大事というのも「そのとおり!」とも思うんですよ。
どっちがいいとか、どっちが悪いとかはなくて、両方いいんじゃないかと思うのですが……。
どっちもいいよね!じゃダメなんでしょうかねぇ。

食べ方というのは、生き方や考え方そのものに密接にかかわってくるため、難しいですね。
私はごはんをしっかり食べることが健康の基本だと思っていますが、お米のより健康によい食べ方というのはあるような気はしています。

「糖質と病気」という関係性の中だけでなく、さまざまな専門家たちの、さまざまな視点からの「栄養と人体」「食べることと健康」について、もっと学びたいと思っています。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  コメント(2)

2017.04.20 (Thu)

体がついていきません……

ここ数日はまるで夏が来たかのような暑さでしたね。
でも、今朝はぐっと朝の気温も下がり、ひんやりと感じした。
このくらいが春らしく、平年並みということなのでしょうが。

4月の第一週目に実家に行った時には、実家から車で1時間ほどの距離にあるスキー場になる場所は、こんな状態でした。
ここはスキーをすべるコースになっていて、スキーの時期が終わると道路を掘り出して車が通れるようにするんだそうです。

170403_1432~01

で、そのそばでは、雪の高さはムスメの背を超えるくらい。

170403_1214~02

降り積もった雪と雪かきした雪なのかわかりませんが、雪がたくさんあるので、子どもたちは靴がぐしゃぐしゃになり、上着の袖口が濡れるのも気にせず、きゃーきゃーと大喜びで遊んでいました。

私には寒すぎて、素手で雪を触ることもできないし、雪を踏むたびに溶けて靴の中にしみこんでくる冷たさに泣きそうでしたよぉ。

でも、予期せず、子どもたちが雪の中を走り回って遊ぶ経験ができて良かったです。
冬は寒いもの、とちゃんと体でわかってほしいですもんね。

それから2週間後、気温が25度超え。
何十度もの大幅な気温の違いに、体はどうやって対応していくものなんでしょうか(汗)

今までは熱が体の中から逃げないように皮膚が守っていたのに、急に暑くなったって、汗が出にくいですよね。
体温の調整機能も働いていますし、体全体は季節のゆっくりとした変化に対応するようになっているのですから、体調管理が難しいですね。

春は春らしく、夏は夏らしく、というはっきりとした四季がなくなってきているように感じますが、お互いに体調管理に気をつけて、元気に過ごしたいものですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡
























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  コメント(0)

2017.04.15 (Sat)

アレっ子ママのプロジェクト始動!

昨年末、こんな記事をアップしました。
食物アレルギーを持つ子どもたち持つママたちのクラウドファウンディングなのですが、「all with(みんないっしょだよ あなたは1人じゃない)」というプロジェクトを掲げ、支援金を募っています、という内容です。

たくさんの賛同を集め、目標金額に達したので、「日本初となる七大アレルゲンを持ち込まないイベントスペース兼キッチンをもつ」という夢に向かって、さまざまな活動をはじめた、とご連絡をいただきました。

食物アレルギーへの関心が高まり、共感してくれる方々が増えてきて、嬉しいですね!!

支援金のお礼ということで、可愛いクッキーをいただきました。

左側が米粉のオートミールクッキー(原材料:有機オートミール、有機甘酒、サンマスカットレーズン、米粉、菜種油、自然塩)で、右側がきなこクッキー(原材料:米粉、有機豆乳、菜種油、きび砂糖、有機きなこ、タピオカ粉、塩)です。

170415_0620~01

夜、クッキーが届いたのを見つけた子どもたちは大喜び。
夜遅くなっていたので、今日のおやつの時間にみんなで食べようと約束し、ムスコもムスメもニコニコしていました。

現在の活動やスケジュールなどは、all withの活動はFacebookで知ることができるようになっています。

食物アレルギーがあってもなくても、多くの方々とつながっていっていけるといいですよね!


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡
























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT