2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2018.01.01 (Mon)

年越しは病院で(涙)

あけましておめでとうございます。
なかなか更新できないのに、見にきてくださるみなさん、ありがとうございます。
気にかけてくださるみなさん、感謝しております。

2018年がスタートしましたが、みなさんはいかがおすごしでしょうか?

我が家は、年の終わりと年の始まりを病院で迎えました(涙)

冬は体調管理が難しい季節ではありますが……。
12月に入ってから、ムスメは微熱が出たり、熱が下がったりしていました。
機嫌もいいし、がっつり食べるし、水分もきちんととるし、で、ゼロゼロと痰が絡みやすくて咳がたまに出ることはありましたが、「軽い風邪かなぁ」と思い、様子を見ていました。

ムスメの熱が下がった合間にムスコも高熱をだしたりして、なかなかぐっすり眠ることができない日が続いていました。
でも、まあ、熱が出ても二人とも元気はあって、一緒に神経衰弱やオセロをやって遊んでいるので、あまり心配はしていなかったのです。

ところが、31日。
日中にムスメのおしっこの色がオレンジ色っぽくなっていて、「熱が出てるからかなぁ」なんて思っていたのですよ。

なんとなくおしっこの色が気になって、夕飯後にムスメについて行ったら「おしっこが赤い!!!!」
鮮血がかなり混じっていて、まるで生理中みたい。

4歳のムスメの尿の色としてはありえないもので、見た瞬間、血の気が引きました。

頭の中が真っ白になったものの、「母がパニックになってどうする」と言い聞かせつつ、ネットで検索。
やっぱり、血尿は尋常じゃないようなので、慌てて病院へ。

おしっこを紙コップに入れ、保険証類を持って準備。
ムスコも熱が出た後に体力が戻らなくて、あまり調子が良くなかったので、家で寝ているようにと言いましたが、「いやだ!」と言って、ついてきました。

その時には、「病院でインフルとかうつったらどうするんだ」と思って心配でしがた、最終的には、ついてきてくれたムスコに心から感謝しました。

ムスメは先生や看護師さんに質問されてもきちんと答えられるので意識ははっきりしていましたし、むくみもそれほど強くなかったのですが、簡易尿検査の結果で血液が検出されたので、尿カテーテル(おしっこを取るために管を入れます。ものすごく痛かったみたい。涙)と血液検査などなど、いくつかの精密検査を行いました。

不安が強ければ強いほど、病院の待ち時間って、永遠に続くのかと思うくらい、長く感じますよね。
ムスコが一緒にいて話しかけたりして気を紛らわせてくれていなかったら、看護師さんやスタッフの方々に片っ端から「ムスメは大丈夫なんですか? 入院ですか?」と詰め寄ってしまいそうな精神状態でした。

検査結果は、溶連菌にかかったことによる急性腎炎の疑い、とのこと。
溶連菌にかかったような明白な症状はなかったし、検査結果もよくわからなかったみたいではありますが、「血尿、尿内にタンパクが出ている。軽いむくみと高血圧がある」ということは明らかでした。
そのため、腎臓の炎症の度合いによっては点滴や入院の可能性もありました。

けれども、救急外来では、必要な検査の全てができないということで、病院の通常診察が始まる日に再度、来院することになりました。
むしろ、病院に入院させてもらった方が安心な気がしなくもないですよね……。

再診まで、尿の色、量、回数などを観察しておくこと。
万一、尿が出なくなったら腎臓が機能していないことになるので、大至急、救急外来に来ること、と指示を受けました。

「血尿はしばらく続くから」とは言われましたが、ムスメがトイレに行くたびに、赤いおしっこを見ると、不安で心臓が押しつぶされそうです。
おしっこが赤いのは怖いです。
だって、見間違うことがない血の色だけど、どこも怪我をしていないから、内臓からの出血というのはわかっているんですもん(涙)

ムスメは元気に機嫌よく遊んでいるんですけど、ムスメに何かあったら、とつい考えてしまいます。
溶連菌にかかっていた、というはっきりとした症状もなかったのに、こんなことになるなんて……感染症って、怖いですね。

12月の半ばから、ずっと子どもの体調が不安定だったこともあり、落ち着かない気持ちで過ごしていたため、お世話になっているみなさんへの新年のご挨拶が遅くなっております。
大変申し訳ありません。

みなさんにとって、今年が幸多き、素晴らしい年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。









テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

13:40  |  ムスメのこと  |  コメント(0)

2017.07.28 (Fri)

ムスメとの女子旅

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
夏休みに入ったら、子どもよりも親が忙しいですよね(涙)

さてさて、ムスメと泊まりがけで「女子旅」に行ってきました。
ちなみに、ムスコと夫は別方面へ電車旅です。

4歳のムスメと女子旅で行った先は、「おばあちゃんの原宿」といわれる巣鴨。
遊園地やレジャー施設があるわけではないので、巣鴨と行ってもピンとこない方が多いと思いますが、とげぬき地蔵があって、そのとおりにずーっと昔ながらの商店が並ぶ、ほっこり、のんびりとした気持ちのいい場所でしたよ。

泊まったホテルはチェーン展開しているホテル。
このホテルに決めたのは、大浴場と露天風呂があるから!(←温泉好きなムスメのリクエスト)
JR巣鴨駅から子どもと一緒に歩いて5分くらいの場所です。

170723_1725~01

ダブルの部屋はちょっと小さめでしたが清潔で、ベッドに座ってちょうど目の前にくる位置に、圧迫感を感じるほど大きなテレビがあり、びっくりしました。
こんなに大きいと、隣りの部屋に迷惑じゃないのかなぁ、と心配になるくらいでしたよ。

ホテルでは朝食のブッフェのみ食べたのですが、和洋食いろいろなものがありました。
ムスメは少量のアレルゲンの混入は大丈夫なので、明らかにアレルゲンを含むメニューを避ければ食べることができました。
とはいえ、それほどムスメが食べられるメニューは少なかったので、事前にホテルに許可を得て、ふりかけなどを持ち込ませてもらいました。

目的地の巣鴨地蔵通商店街へはホテルからほど近い場所にある陸橋を渡ればすぐなので、とても便利でした。

さっそくホテルの露天風呂に入り、部屋で休憩したら、夕食を食べに商店街へ。

商店街の入口から和菓子屋さんがありますし(←巣鴨は大福が有名みたいで、たくさんの和菓子屋さんの目玉商品が大福でした)、さまざまな和スイーツのお店があるので(←大学芋のお店も多かった)、あんこやおいもが好きな子は大喜びですよね!

あっちをのぞき、こっちで買い食いしながら夕食を食べるためのお店探し。
定食屋さんやおそば屋さんがあちこちにあったので、ムスメに「なにが食べたい?」と聞くと、「おそば!」と即答。
おそばは産地や打ち方によっても風味や食感が変わるので、どこのがいいかな〜、と悩むのもまた楽しいですね。

ムスメと相談して入ったのは栃の木やというおそば屋さん。

店内の石臼でそばをひき、ひきたてを打っていていて、味わい深く、こしがあって、おいしい!
ムスメは夕ご飯に大人の一人前を完食。
そばつゆは甘過ぎない上品な味で、ムスメはそばを食べた後のそばつゆもそば湯を入れてキレイに飲み干していました。

しかも、そばちょこの底の残っていた最後の1本のそばも食べているムスメの姿を見て、「うちでもそのくらいピカピカに食べようよ」と心の中でつぶやいちゃいました(笑い)

170724_1139~01

栃の木やのご主人にうかがったところ、十割そばと二八そばではそばの食感と風味が変わるため、産地もそれに合わせて違うところのを使っているそうです。
今の季節の十割そばに使うそばの産地は岐阜(だったかな?)の在来種で、二八そばのほうは大分だったかな……? 

最近、めっきり記憶力が悪くなっていてスミマセン。
両方とも西日本の産地だったのは間違いありません。

ムスメがとにかく栃の木やさんのおそばを気に入り、翌日のお昼もまたおそば。
「おそばやさんにいきたい。どうしても、おそば、たべる。おそばがいい!」と言うので連れて行ったら、「また来てくれたの?」と満面の笑みで迎えていただきました。

栃の木やさんのみなさんの溢れるやさしさが嬉しかったムスメは、その日の夕ご飯もおそばを食べると言っていたのですが、さすがにそれは諦めてもらいましたよ(苦笑)

とげぬき地蔵さんにもおまいり。
境内では焼き団子を売っていて、とおりすがりのおばあちゃんが「ここのだんご、おいしいよ〜」と教えてくれたので買って食べました。
大きめのおだんごにお醤油を塗って焼き上げてあり、もっちり、香ばしいです。

170724_1208~01[1]

小麦が入っているかどうかを聞くのを忘れてしまったので、もし召し上がる際には必ず確認してくださいね。

商店街をぶらぶら歩いていてムスメが食べられるものも多かったし、おそばもとってもおいしかったので、今度はムスコも連れて行きたいと思います。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡
























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。