2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.07.06 (Thu)

梅シロップづくり

今朝、ムスメと一緒に梅シロップの仕込みをしました。
昨日洗って乾かしておいた梅のヘタをとり、梅の表面にポツポつと楊枝で穴をあけ、氷砂糖と一緒においておくと、1か月ほどでおいしい梅シロップができます。

まず、ムスメに熟して赤っぽい色やオレンジ色になっている梅をわけてもらいました。
真剣な顔で梅をじっくり見ては、「これ、いい?」と1個ずつ、私に確認していました(笑い)

170706_0718~03

ムスコもやりたがっていたのですが、何度起こしても、何度起こしても、「動けない……」と。
このところ起立性調節障害がひどくなっているのか、夕方は脚のむくみがひどく、なかなか入眠できず、いつも睡眠不足。
朝はだるくて横になったまま。
起き上がって歯磨きや洗顔ができるようになるまで、30分か1時間ほどかかります(汗)
砂糖などの糖分を多くとるとよけい朝がつらそうなので、糖分を減らすようにして、食べ物でなんとか症状を改善できないかな、と思っています。

「ボクも梅、やりたかった」とぐちぐち言いながらムスコが学校に出かけ行った後、梅シロップの仕込みも終了。
ムスメはごきげんだったのですが……。

着替えをし、外に出ると、「きょうは、おやすみしたかった」と言い出し、その後は何と話しかけても、どうなだめても「きょうは、おやすみしたかった」の一点張り(涙)
それ以外の言葉を発することなく、私にしがみついたままでした。

このところ、保育園に連れて行くと朝、なかなか離れられず、夕方は迎えに行ってもなかなか帰ろうとせず、という状態になっています。
保育園に着いた途端、パッとママから離れて遊びはじめるお子さんが多いので、4歳なのに泣いているムスメの姿はかなり目立って……。

「○○先生!」と大好きな先生のところに駆け寄って行く子、「もっともっと一緒にいたいよ!」と親と一緒にいる時間を強く求める子や、「ママ、もういいよ〜」とすぐにお友だちのところに走って行く子など、さまざまですよね。

どの子でもみんな親のことが好きですよね。
子どもの気質によって、求めている親との関係性は違うのでしょうけれど、根底に親子の信頼関係があれば、子どもはいろいろな人と交わったり、新しい環境になじんでいく勇気やエネルギーが出るものだと思うので、ムスメが私といる時には、もっと甘えられるようにしないといけないなぁ。
「ちょっと待ってて」「これが終わったらね」という言葉が多かったことに気づき、反省。

とにもかくにも、朝、涙をぼろぼろこぼして泣き叫ばれるのは切ないものですね……(涙)
たぶん、私がいなくなった後はお友だちと楽しく過ごしているだろうとは思うのですが。

ムスコも卒園まで、保育園に行くのをいやがり、保育園に行く道中は道草しまくり、部屋に置いてくるとドアのところで号泣する日々で、お迎えの時間に遊び続けていてやめず、30分ほど待つという感じでした。

まったく違う性格だと思っていましたが、兄妹だから似たようなメンタリティなんでしょうかねぇ。
「まだまだ足りない。もっともっとおかあと一緒にいたい!」っていう感じなのかなぁ……。

子育ては、ムスコを育ててみて少しはわかるようになったかな? と思っても、4歳の女の子を育てるのは初めてだし、いつまで経っても慣れないものですね。
ムスメにとっても、4歳になってからのおかあは今までに経験したことがないから、「まだ経験したことがないおかあ」にしがみついているのかな?(笑い)

親も子も、「たったひとりの大切なあなた」と、互いを尊重しながら、新鮮な気持ちで毎日を過ごしていると、もっとわかりあえるのかもしれませんね。
この子は何を考え、どう感じ、何を嬉しいと感じるているのかな、ってよく思うんですよね、子どもには子どもの個性があって、ひとりの人間なんですものね。

今日の夜ごはんは、子どもたちと一緒に水餃子でも作って、あれこれ、それこれ、おしゃべりしたいと思います。
ごはんの時間が多少遅くなったって、床が汚れたって(笑い)、親にしてみたら、子どもたちの笑顔が一番ですよね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(0)

2017.06.29 (Thu)

子どもたちの成長にウルウル

昨日のことなのですが、ひどく頭痛がして寝込んでいました。

もともと私は頭痛持ちで、独身時代はいつもバックに鎮痛剤を入れて持ち歩き、しょっちゅう飲んでいた反省から、今はできるだけ横になって休んで治すようにしています。

昔はあまり気にせず飲んでいました。
ところが、鎮痛剤を飲み続ける、頻繁にとる、などすると副作用があるようで、「あれ、私の不調、鎮痛剤のせいだったのかな?」みたいのが結構あったんですよねぇ。
以前は、薬の副作用だと知らず、さらに別な不調があるからと市販薬をいろいろと飲むようになリ、いつも何種類もの薬を持ち歩いていました。
「そんなことしたら、健康に悪いよ。病院に行きなよ」と、昔の私に言ってやりたい(汗)

そんなわけで、ひどい頭痛が起こったり、頭痛がずっとおさまらないようだったら、市販薬の鎮痛剤を飲んで痛みを止めちゃうのではなく、病院で検査をしてもらうほうがいいな、と思うようになりました。

前置きが長くなってしまいました。
すみません。

それで、昨日の夜ごはんは、なんとか起き上がり、冷蔵庫にある食材をつかって有り合わせのおかずを作り、子どもたちに「おかあは頭が痛くてつらいから、横になってるね。ごはんはできたから、食べてね」と声をかけると、ふたりとも「はーい!」といいお返事。

途中で様子を見に行くと、ムスコは「にぎりめし屋だよ! みそも出していい? みそおにぎりもメニューに入れるから」と言って、ごはんにおかずを入れておにぎり状にて海苔をまき、楽しそう。

ムスメもお兄ちゃんの真似をして、「おかかしょうゆのおにぎり、つくるんだ〜」なんていいながら、おちゃんによそったごはんの上におかかにしょうゆをまぶしたものを乗せて、ぐりぐりと混ぜていました。

ふたりとも、おままごとの延長みたいな感じで、楽しそうに自分たちで工夫しながら食べてくれている様子を見て、大きくなったなぁ、と感慨深かったです。

まあ、野菜のおかずのほうを食べてほしかったのにそれには手をつけず、もろきゅうや梅干し、おかかしょうゆ、いかなごといった味の濃いおかずばかりを食べ、炊飯器がからっぽになっていたのには驚きました(笑い)

寝室に横になっていると、パタパタとムスメが走ってくる足音がして何かと思ったら、「おかあ、しょっき、ぜんぶ、あらったよ! みーやんのだけだけど、あらっておいたから」と言うではありませんか。
踏み台を持っていって、食器を洗い、背伸びをしながら腕を精一杯のばして蛇口から水を出しているムスメの姿が脳裏に浮かび、ちょっとウルウルしちゃいました。

子どもたちは自分たちで食べることを楽しんでくれるようになり、良かったなー、と思います。

「ピザレストラン」とか「洋食屋さん」ではなく、「おにぎり屋さん」っていうところがアレッ子らしいですよね〜

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT