2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.07.25 (Mon)

リンゴジュースのリンゴ酢ゼリー

台風の前後、ちょっと涼しくなったと思ったら、今度はそれを吹き飛ばすような暑さになりましたね。

週末はムスコのお供でいやおうなく外出。
散歩に行って10分くらい歩いただけで、私は頭がガンガン痛み、帰ってきてから動けなくなります(←だから行きたくないんだけどねぇ。汗)
去年まではそんなことなかったのになぁ……。

私の場合、その「ガンガン」は、「熱がこもって発散してないよ。涼しくして!」という身体からの切実なメッセージらしい(←熱中症の手前か、日光過敏症か、というくらいつらい痛みなのです)。

そして、どうやら身体が「酸」を欲するようなので、酢やクエン酸を含む梅などを摂取しています。
通常はそれほど冷たいものを欲しないのですが、激烈に暑いと人工的な冷たさがほしくなるものなんですねー。

そんなわけで、最近、リンゴ酢を使ったさっぱりゼリーがお気に入り♡
ゼリーとはいえ、寒天と葛でふるんと固めたものです。
ゼラチンのようなプルプルする感じとは違いますが、寒天と葛の組み合わせは涼しげな食感だなー、といつも思います♪
冬場はリンゴジュースだけで作るのですが、リンゴ酢が入ると夏バテ防止、疲労回復になるかなと期待してみたりして。

ドイツでは「リンゴが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど身体にいいものとされています。
また、最近では体内からのセシウムを排出しやすくなるということでリンゴに含まれるペクチンが注目されていますよね。

言っても仕方ないけど、連日のセシウム牛のニュースは食品汚染の氷山の一角だと思うと気が滅入ります。
そもそも「セシウムを排出する食生活」でなんて考えなきゃならないのがおかしいですよねぇ(涙)
日本のあちこちで地震が多発してるし、原発のさらなる事故が起こったら、と思うと、こんな不安がいっぱいの暮らし、ヘンだと思います、私……。

さて、気をとりなおして。
我が家は一年中、リンゴ・リンゴジュース・リンゴ酢にお世話になっています♪
リンゴの旬はリンゴを、旬ではない時にはリンゴジュースを。
リンゴ酢はお菓子づくりに、お料理にと、通年、使っていますねー。

私がゼリーを作る時には、寒天と葛をミックスして使っています。
それは寒天だけだと固めの食感、葛だけだとぷるりと軟らかいお餅みたいになるので、それらを組み合わせることでふるんとした食感にするためです。
それに、葛は免疫力アップや整腸作用があるといわれていますし、寒天にも整腸作用がありますので、良いところ取り!みたいな(笑い)

腸内環境を整えることは、アレルギーにも放射性物質にも負けない身体作りにはきっと良い!……と私は信じています(←少なくとも、アレルギーに関しては。放射性物質に関しては不明ですけど)。

腸は免疫系に大きな影響を与える器官ですし、日常的に良い状態にしておきたいですね♪

110716_0850~01

<材料>
リンゴジュース    1カップ(200cc)
甜菜糖        小さじ2杯~大さじ1杯半
*お好みで量は加減してください。
粉寒天        小さじ3分の1~半分くらい
*粉寒天の強さによって固まり方が違います。使ったことがないものであれば、最初は若干多めにして作っていただき、様子を見て2回目から調整していただいたほうがいいと思います。酸性のものが入るので、リンゴジュースだけを使った通常の時よりも固まりにくいですから。
葛パウダー      小さじ1
*葛パウダーは本葛を粉末にしたものです。入れない場合は、寒天の量を小さじ1に増やしてください。食感は変わりますが、それはそれでおいしいです。
*葛パウダーがない場合には、タピオカ粉、片栗粉、コーンスターチなど、とろみがつくものを入れるか、寒天の量を小さじ1に増やしてください。いずれも、葛を入れた時と食感は固めに変わりますが、それはそれでおいしいです。


リンゴ酢       小さじ1杯半~2杯

*それほど酸っぱい感じではありません。お好みで調整してください。酢を多くする度合いにもよりますが、その時には寒天や葛も増やしてくださいね。
*加熱を始める最初から酢を入れてしまうと寒天が固まらなくなります。仕上げに入れてくださいね。


<作り方(小さめのプリンカップ程度の容器2~3個分)>
1)小さな器に粉寒天と葛パウダーを入れ、少量のリンゴジュースを入れ、指先でかたまりができないように潰しながら混ぜる。
2)小さな鍋に1を入れ、器についたものもリンゴジュースで洗い流すようにしつつ入れる。甜菜糖を加える。竹べらなので鍋肌と鍋底が焦げ付かないように絶えず混ぜながら、最初は強めの中火でクツクツするまで、クツクツしてきたら弱めの中火にして3分間加熱する。
*かき混ぜないと、あっという間にダマになり、焦げ付きますので、ご注意ください。
3)火を止める直前にリンゴ酢を入れ、ひとまぜしてから火を止める。容器に流し入れ、氷水をはったバットなどで冷やし固める。
*酢には寒天を固まらなくする性質がありますので、加熱時の最初から酢を入れないでください。
*寒天は常温でも固まる性質がありますが、夏場は固まるまでに長い時間がかかりますし、時間がかかると寒天の化学的な組成が変わり固まらなくなるため、冷蔵庫でできるだけ短時間で固めてください。



レシピはお作りになる際の目安になさってくださいね。
ちなみに、ムスコの好みは甜菜糖大さじ1と半分にリンゴ酢が小さじ1と半分。
これだと、ほのかな酸味。
ムスコは「これ、オレンジゼリーなの?」と聞いていました。オレンジゼリーはムスコにとっては「ちょっとすっぱいけど、おいしい」そうです。

私の好みは甜菜糖小さじ2杯とリンゴ酢が小さじ2杯。
少し後味にリンゴ酢の酸味を感じて、爽やかです。
ムスコは「すっぱいだけのゼリーだねぇ」と言っていましたので、子ども向きの味じゃないみたいです(笑い)

このゼリー、リンゴ酢の量を調整しながら何度も作っていたのですが、ムスコは酸味に敏感。
リンゴ酢をたくさん摂らせたいからと増やすと「おかあ、おいしいねー。これ、すきなんでしょ? じゃあ、あ~げ~る♪」とほとんど自分では食べず、ニコニコしながら私にくれます(笑い)
気に入れば絶対にくれずにひとりで食べちゃうので、酸っぱすぎて好きじゃない、ってことなんですねー。

お子さん用に作る時には、まずリンゴ酢小さじ1杯から様子を見て増やすのがいいですよ♪


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

りんご

息子たちは昼寝中です♪
ふたり一緒に寝てくれた~
なんて親孝行!
ゼラチンでりんごゼリー作ったばかりでした
長男はつめたいおやつにご満悦でした
葛と寒天でもやってみたいです
からだにも良さそうだし

えららんさんのパンが作ってみたくてチームアレルギーさんで粉を買いました!
いまからフワフワぱんが楽しみです
ばるまよ |  2011.07.25(月) 14:43 | URL |  【編集】

この間はご心配頂き、ありがとうございました。もうすっかり元気です。

暑さで疲れている体を癒してくれそうなゼリーですね♪
確かにうちの子供達も酸味に敏感なのでリンゴ酢は少なめにしないと食べてくれなそうf^_^;)
息子さん、酸っぱいと思ってもその反応優しいですね~。
去年のリンゴゼリーのレシピも葛と寒天の食感が美味しくて、よく使わせて頂いていました♪
今年はリンゴ酢でさらにパワーアップですねー!
私もなるべくリンゴを摂取してほしいので、早速作ってみます。
ハル |  2011.07.26(火) 07:50 | URL |  【編集】

10分の外出で頭がガンガン痛いなんて、つらいですね。
私は熱中症の手前かしら?と思いました。
一時期息子も私も同じような頭の痛さを感じました。
その時は自然塩を指につけて舐めたら体調が良くなりました。
その時は体が求めているのか、塩がいつもより甘く美味しく感じたんですよ。
よかったら試してみて下さい。

ゼリーはお子さんとえららんさんでは体が欲している量が違うんでしょうね。
ニコニコ顔で「あげる♪」って言うムスコさん、可愛いわぁ。
ほしみかん  |  2011.07.26(火) 23:20 | URL |  【編集】

ばるまよさんへ

いつもコメントへのお返事が遅くて、すみません。
ばるまよさんの息子さんたちの試食レポートをうかがうたび、ほんとうに心がほっこりと幸せな気持ちになります♡
ありがとうございます。

> 息子たちは昼寝中です♪
> ふたり一緒に寝てくれた~
> なんて親孝行!

いい子たちですね!
兄弟がいると、片方だけが眠ってももう片方が起きていてそばで騒いで起こしてしまう、ということが多いようなイメージですが、ふたりで一緒に寝てくれるのですね♪

アレッ子ママは自分ひとりでほっと一息つく時間が必須ですよね~。
今日ものんびりタイム、できそうですか???

> ゼラチンでりんごゼリー作ったばかりでした
> 長男はつめたいおやつにご満悦でした
> 葛と寒天でもやってみたいです
> からだにも良さそうだし

ゼラチンで作るゼリー、つるりんとしておいしいですよね!

ムスコの除去食を兼ねて葛と寒天で作るのですが、両方とも整腸作用もありますし、小さい子向きの食材だなー、と思います。
葛と寒天を混ぜるのが面倒かもしれないですが、両方混ぜることでゼラチンに負けないつるんとしたおいしさも出るような気がしています。
ぜひ、一度、お試しください♪

> えららんさんのパンが作ってみたくてチームアレルギーさんで粉を買いました!
> いまからフワフワぱんが楽しみです

うわーい、うわーい、ばるまよさん、マイベイクフラワー米粉食パン仲間になってくださったのですね♪
嬉しいです♪
米粉食パン、ふんわり、しっとりで、おいしいですよ~。
それに、ご飯の延長線上で食べられるのも良い点ですしね。

きっと、米粉食パンのおいしさに、はまっちゃいますよ♡
えららん |  2011.08.02(火) 14:15 | URL |  【編集】

ハルさんへ

> この間はご心配頂き、ありがとうございました。もうすっかり元気です。

こちらこそ、かえってお手数をおかけして申し訳ありませんでした。
元気になったとうかがい、ホッとしました。
いろいろと考えられる不安要素があるだけに、目に見える症状が出ると心配ですよね。

> 暑さで疲れている体を癒してくれそうなゼリーですね♪
> 確かにうちの子供達も酸味に敏感なのでリンゴ酢は少なめにしないと食べてくれなそうf^_^;)

ハルさんのお子さんたちも酸味に敏感なのですねー。
蒸し暑い日が続いていますので、さっぱりしますよ♪

基本的に、子どもたちの舌には、甘味と塩味しかおいしく感じないんですものね。
以前、子どもがどうして野菜を食べないのかというのを書いてある本を読んでいたら、子どもたちにとって、ほうれん草などに含まれる苦味は「毒」、酢などの酸味は「腐敗」のサインだから、食べないんだという説明が書いてあって、納得でした。

たしかに、いろいろな食材を食べて、舌が味覚の経験値を積み重ねていくからこそ、それも食材のおいしさの一部と感じられるようになるのですよね。
私が山菜をおいしいと思うようになったのも、高校生くらいになってから、ですもん。
場所柄、小さい頃から食卓には大量の山菜があったのに、タラの芽でも何でも「こんな苦いの、いらない!」でした。
今、考えると、なんて贅沢な~(笑い)

子どもが食べないからと言って避けるのではなく、ちょっとずつ、気にならない程度に味わっていくことで、それが味覚教育になるのかもしれないですよね。
それに身体にもいいですし。

寒天と葛も整腸作用があり、自然治癒力をアップしてくれ、体調を整えてくれるから、子どもは特にとりたい食材ですよねー。

今、リンゴペクチンとクエン酸は、最強の組み合わせかもしれないですよね♪
ぜひぜひ、お試しくださいね。
えららん |  2011.08.02(火) 14:27 | URL |  【編集】

ほしみかんさんへ

> 10分の外出で頭がガンガン痛いなんて、つらいですね。
> 私は熱中症の手前かしら?と思いました。
> 一時期息子も私も同じような頭の痛さを感じました。
> その時は自然塩を指につけて舐めたら体調が良くなりました。
> その時は体が求めているのか、塩がいつもより甘く美味しく感じたんですよ。
> よかったら試してみて下さい。

ほしみかんさん、ご心配ありがとうございます!!
そうなんです、私、前にほしみかんさんが教えてくださったことを思い返し、「身体を冷やさないと!」と思いいたりました。

私の場合、帽子をかぶると頭部に熱がこもるし、帽子に頭がおさえつけられているようで頭が痛くなるため、ほとんどかぶらないので、そのため、強い陽射しがダイレクトにあたって良くない、ということはあるのでしょうね。
ものすごくツバの大きな麦わら帽子みたいのをかぶればいいんでしょうけどねぇ。

曇っていると外出しても平気ですし、仕事をしている間だと炎天下でいても具合が悪くなるということもないので、もしかしたら、交感神経と副交感神経の働きが狂っているのかもしないですね。

年々どんどん暑くなっていくのが恐怖でもあります(汗)
私が子どもの頃は、夏はもっと過ごしやすかったけどなぁ。
30度を越すのが毎日じゃなくて、年に数回だった気がするんだけど。

ほしみかんさんは塩を舐めると甘くおいしく感じたんですね。
今度、やってみます!!
塩には血液の流れを良くする働きがありますし、それによって身体の中にの細胞に酸素が多く運ばれるのかしら????

> ゼリーはお子さんとえららんさんでは体が欲している量が違うんでしょうね。
> ニコニコ顔で「あげる♪」って言うムスコさん、可愛いわぁ。

子どもは熱に強いんですかねー。
熱中症にはなりやすいと聞くけれど、外で元気に遊べるパワーがすごいですよね。
たしかに、私はへろへろバテバテなので、クエン酸がものすごくたくさん必要ですぅ~。

ムスコは笑顔で拒否する方法をあみだしたようです(笑い)
母の気分をそこねるとおやつを作ってもらえなくなるし、上手な操縦法法ですよね。
子どもの知恵はすごいですねー(笑い)
えららん |  2011.08.04(木) 07:09 | URL |  【編集】

熱中症予防

熱中症を予防するにはナトリウムとカリウムが必要だと言われています。
汗で失った分を体に補うのです。
自然塩にはカリウムも入っていますし
カリウムよりもナトリウムの方が量が必要らしいので、丁度いいと思います。
熱中症予防の商品にも塩飴など塩を使った商品もありますよね。

私と息子が頭が痛くなった時は外出していませんでしたので、
紫外線じゃなく熱中症だと思ったのですがえららんさんの場合は外出もしてますし、
紫外線の可能性も否定できないですね。

曇っている時の外出はOK、
仕事中の炎天下もOK、
休日の散歩はNG。ですか~。
体温が高くなって汗をかくぐらいだとダメって事なのかなぁ。
原因は1つじゃないのかも知れませんね。
紫外線が原因だと日傘やサングラスが有効です。

目から入ってくる紫外線は意外と知られていませんが、
頭痛や全身の倦怠感を感じる人もいます。
UVカット率が明記された商品を探し、
できるだけカット率の高い商品を試してみてください。
黒や茶など色の濃いサングラスだと目の瞳孔が開く為
かえって紫外線が目に入ってしまいます。透明なクリアタイプを選びましょう。

日傘は完全遮光がオススメですがちょっと高いので
まずはUV99%カット等手に入り安い商品を試してみて下さい。
太陽の方を見て、日傘の内側から外側を見たとき、
外側に置いた手のひらの形が見えないor見えにくい商品を選ぶと良いです。

長袖やUVカット率の低い日傘だと、
私は正直言うとほどんど効果を感じませんでした。
UVカット95%程の商品を取り寄せてから、初めて体が楽だと感じました。
上記はあくまで私の感想です。
個人差が大きい部分なので、効果が感じられて
体が楽だと感じるUVカット商品があればそれを利用すればいいと思います。

頻繁に頭痛が起こるようでしたら参考にしてみて下さい。
ほしみかん |  2011.08.04(木) 10:28 | URL |  【編集】

ほしみかんさんへ

いただいたコメントへのお返事がとっても遅くなり、ほんとうにごめんなさい。
丁寧にいろいろと教えていただき、とても参考になりました。

> 自然塩にはカリウムも入っていますし
> カリウムよりもナトリウムの方が量が必要らしいので、丁度いいと思います。
> 熱中症予防の商品にも塩飴など塩を使った商品もありますよね。

そうですよねー、塩をバランスよくとることが不可欠ですよね。

テレビの受け売りなのですが、運動して汗をびっしょりかくのと、私のようにろくな運動もせずに汗をかくのとでは汗として出ている塩分量も違うらしく、塩だけをとりすぎてもいけないことを知り、ビックリしました。
高齢者やあまり運動量が多くない人が熱中症予防にと梅干しをたくさん食べたりするのは、かえって高血圧を招く危険性がある、ということでした。
汗と一口にいっても、ずいぶんと違うものなんですねー。

ほしみかんさんのおっしゃるとおり、精製された塩を料理などに用いて塩分多めの食事にするではなく、自然塩を舐めたりするほうが良いのでしょうね。
「おいしい」と感じる程度、つまり身体が欲する程度に摂取できますもん。
頭で「これがいいから」と思って口にするのと違い、身体が必要量を教えてくれますよね。
身体って、たくさんのことを教えてくれていて、すごいですよね。

> 原因は1つじゃないのかも知れませんね。
> 紫外線が原因だと日傘やサングラスが有効です。

いわれてみれば、私の場合は、身体の温度調節をする機能がうまく働かないこと(←異常に冷え性だったりしますから)と、紫外線のような気がします。

私はメガネをかけているのですが、一応、紫外線をカットするものにはしています。
以前から、季節を問わず、やけに日光がまぶしくて、目に刺激が強いなー、と思っていたので。

日傘かー、やっぱり日光を遮断できる面積が大きいし、全身をカバーできますもんね。
うーん、持って歩くとどこかに忘れてきちゃいそうだけど(汗)

ムスコを海に連れて行った時にはさすがに頭痛が何日も続きましたが、それ以外では寝込むほどではなくなりました。
汗をびしょびしょにかくようになったのと関係があるのかなぁ???
よくわからないのですが、またひどい頭痛が続くようになったら、ほしみかんさんに教えていただいたような日傘で防御したいと思います。

困った時、いつもいろいろと教えてくださり、ありがとうございます♪

えららん |  2011.08.19(金) 07:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/965-03c0d1db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |