2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.07.11 (Mon)

鶏手羽中と野菜のオーブン焼き

暑すぎて料理をしたくない日の晩ごはんです。
食材をすべて一緒にオーブンに放り込んでおけばできあがり。
ラクチン、ラクチン♪

手羽中には脂があるので、味付けの目安はちょっと濃いめ。
お好みで調整してくださいね。
色が濃いのが甘辛味で、薄いのがはちみつ味です(←はちみつ味にマスタードをつけて食べると、超おいしい♡)

ムスコに「今日は骨付きのお肉だから、お手拭きを準備して」と言うと、「はーい!と良いお返事。
「できたよ♪」の声にテーブルを見ると、「おかあにはおおきいの、もってきたよ♪」と大小2枚のタオルが置かれ、濡らしてしぼっていないためビッシャビシャで水たまり状態(←骨付き肉の時には手がベタベタになるので、いつもお手拭きを用意します)

「タオルがおねしょしちゃったみたいだねぇ」と言うと、ケラケラ笑いながら「ほんとだー、ボクはしないけどね。だって4さいだもん!もうすぐ5さいだよ」と大いばり(←何かするたび、いばります。笑い)
そうですか、5歳になるというのは、そんなに憧れのすごいことなんだねー。

だからといって、「おかあ、ほんとうのとし、いくつ? ねえねえ、ほんとうはなんサイ?」としつこく聞くのはやめてください(泣)
永遠の28歳でいいじゃないかぁ。

「あんまり食欲ないね」と言いながら、ムスコと一緒に手と口のまわりを脂でテラテラさせながら、もりもり。
骨についてお肉って、どうしてこんなにおいしいんでしょうね~。


110626_1811~01


<材料>
=甘辛味=
鶏手羽中  6本
(漬け込み液)
醤油   大さじ1と半分
酒    大さじ1
はちみつ 大さじ1
塩    ふたつまみ

=はちみつ味=
鶏手羽中  6本
(漬け込み液)
酒    大さじ2
はちみつ 大さじ1と半分
塩    小さじ1
*お好みでカレー粉を入れてもおいしいです。

にんじんは5ミリほど、カボチャ、じゃがいもなど、お好みの野菜を1センチくらいの厚さに切り、アルミホイルに包んで一緒に焼くと簡単です(←蒸し焼きになりますよ♪)

<作り方>
1)鶏手羽中の骨をつけたまま肉を切り開いておく。スーパーで開いた鶏手羽中を買うと便利。
2)漬け込み液の材料を密封袋に入れて振りまぜ、そこに1の肉を入れて30分ほど漬け込む。もみもみする。時々、引っくり返してまんべんなく味がつくようにする。
3)200度に予熱しておいたオーブンで20分ほど焼く。一緒にホイルに包んだ野菜を焼く。焼き上がったらオーブンに入れたまま20分ほど置く。肉を上の段、野菜のホイル包みを下の段で焼くといいです♪
*肉の厚みによって変わりますので、竹串を刺して透明な肉汁になっているかをご確認くださいね。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.07.11(月) 13:47 |  |  【編集】

鍵コメントさま

コメントを残していただき、ありがとうございます。
ご不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。
言葉足らずの表現のまま記事をアップさせてしまい、心からお詫び申し上げます。

ご連絡先を書いていただければ直接ご連絡を差し上げてお詫びしたいと思いましたが、記載されておりませんでしたので、ここでご説明させていただきます。

以前、記事で書いたこともありますが、私は高齢出産です。
決して、若くして順調に子どもを授かったわけではないことをご理解いただければと思います。

そして、夫は私よりも2まわり年上であり、癌をわずらっています。
そうしたこともあり、私は自分の身体のことと、夫のことと両方を考え合わせ、どうしても子どもを授かりたいと願い続けてきました。

計画的に子どもを作らなかったのではなく、子どもを自分の手に抱くことができなかったため、まわりからは「子どもはまだ作らないの?」と聞かれるのが、つらくて、つらくてたまりませんでした。
友人や知人たちから、流産したと言うと「またできるよ」と慰められるたびに、針のむしろに座っているような気持ちになっていました。

何を聞いても、何をしていても、私は自分がなかなか妊娠しないこと、そして妊娠してもすぐに流産してしまうことが、悲しくて、悲しくて仕方がありませんでした。

けれども、病院でいくつもの精密検査を受けても「どこも機能的に悪いところはない」と言われ、治療をしてもらえるわけではなく、ただただ「いつか子どもを授かりたい」という気持ちと、「私は子どもを生むことができるのだろうか?年齢的に、体力的にいつまでそれが可能なのだろうか?」と苦しさでいっぱいでした。

どんなに私がつらいと思っていても、病院では手を差し伸べてくれないし、まわりから同情の言葉をかけられるたび「私の気持ちなんてわからないくせに!」と優しくされればされるほど悲しくて、心がズタズタに傷ついていきました。
心が血を流しているような状態で、どんどん精神状態も不安定になっていきました。

流産するたび、切望感と、妊娠を維持できない自分の身体への嫌悪感でいっぱいでした。
と同時に、自分が生理不順で日数も短く量が少ないこともあり、子宮の状態がいつまで妊娠可能なままであってくれるかを考えると不安と絶望感で、寝込むことも多々ありました。

私はありがたいことにムスコを抱くことができましたが、それを奇跡のように感じていますし、今もムスコがそばにいることが不思議で仕方がない気持ちになることもあります。
ムスコを見つめているだけで、嬉しくて、ありがたくて涙がとまらなくなることがあります。

上記のような気持ちがあって書いた記事でしたので、鍵コメントさんがおっしゃるような意図はまったくありませんでした。
すみません。

私は自分が高齢出産をするにあたって、病院の先生に頼りたくても頼らせてもらえずつらかったこと、不妊治療にあたっては妊娠から出産に至る過程においては、問題があるとほとんどのことが母胎に原因を帰せられるように感じていて、自分を責め、自己嫌悪に陥っていました。
とても言葉にはできないような孤独感の中で「いつか子どもを抱きたい」と願いながら生きてきました。
なので、もしも私と同じように「自分だけのせいだ」と感じたことがおありの方がおられたら、と思い、記事にした次第です。

しかし、鍵コメントさんがおっしゃるとおり、この記事をお読みになって不安をお感じになる方がおられるかもしれませんので、レシピの部分だけ残して記事は削除いたします。

このブログを訪れてくださることはないかもしれませんが、心からお詫び申し上げます。
ほんとうに申し訳ありませんでした。
えららん |  2011.07.11(月) 14:26 | URL |  【編集】

美味しそう!!!

そうそう、お肉って、骨付きが美味しそうに見えるし、本当に美味しいよねv-10!!

1ケ月半前、我が家のオーブンレンジが壊れたので、新しいのを買ったんだけど(いいのを買ったのよ~♪)、パンを焼く以外に活躍してさせていなかったから、これを期にオーブン料理、頑張ってみようかしらv-238

また、メールしまーすv-5v-22



桃うさぎ |  2011.07.11(月) 14:43 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2011.07.11(月) 18:20 |  |  【編集】

うちの娘も大好きです、手羽中!!

こんばんわ、忙しい中お返事くださりありがとうございます。


娘のことも気にかけてくれて・・・えららんさんの優しさを感じることができて・とてもうれしいです!!
ケーキは今年こそ違うところで買ってみようと
思います~えららんさんの過去も記事を参考にさせていただきます!!


話は変わりますが、ここのところの猛暑続きで台所に立ちたくなかったんです~これはお野菜、お肉一度に調理できていいですね。
温野菜というのも魅力です・・・ついつい暑いと生野菜ばかりで。
うちの娘(いい忘れていましたが、アレッコではない姉10歳、アレッコの妹6歳がいます。)
達は骨なしより骨付き肉大好きでもう
口の周りがすごいことになっていてもお構いなしでかぶりついてます・・・・・


早速夕飯に作りま~す!!
夏に簡単レシピまた教えてくださいね、あと
テレビで夏にいい飲み物として
甘酒って言っていたのですが、何か夏に
楽しめる涼しげな甘酒を使ったデザートも是非ともアップお願いします。
いつも応援しています、時々お邪魔させてくださいね。
しのえりお |  2011.07.11(月) 22:03 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.07.12(火) 00:03 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.07.12(火) 06:04 |  |  【編集】

うぉ‼

リ◯さんにコメントを書こうと久しぶりにパソコンを開いたら、ブログを再開されてるじゃないですか~~~‼
お帰りなさ~い^^

息子くんの状態がよくないんですね…心配です
状態が良くないと、本人も見ているほうも辛いですもんね…
うちもや~~っと状態が良くなったと思ったら今度は汗疹(泣
もう少しキレイな状態が続けるように、今度スキンケア入院する予定です
でも前日に減感作をチャレンジするのでどうなることやら(汗

すみません、私事になってしまいました(汗
夏バテということなので、どうか無理をなさらないようにしてくださいね~^^
かつどん |  2011.07.12(火) 16:50 | URL |  【編集】

桃うさぎさんへ

> そうそう、お肉って、骨付きが美味しそうに見えるし、本当に美味しいよねv-10!!

そうなんですよねー、骨付きはおいしいですよね。
手でつかんで食いちぎる(?)、あのダイナミックな感じがいいのかもしれないですねー。
だって、鼻でおいしそうな匂いをかいで、手でしっかりと握り、口も歯も使って、全身で「食べるぞ~」という状態になりますもん。
刺激される器官が多ければ多いほど、おいしさを堪能できるのでしょうね♪

> 1ケ月半前、我が家のオーブンレンジが壊れたので、新しいのを買ったんだけど(いいのを買ったのよ~♪)、パンを焼く以外に活躍してさせていなかったから、これを期にオーブン料理、頑張ってみようかしらv-238

きゃっ♡ 新しいオーブンだなんて、羨ましい♡♡♡
私、オーブンでお肉や野菜を焼いて食べるの、大好きです!
だって、フライパンで焼いているとそばにつきっきりでいないといけないけど、オーブンだったら放ったらかしにできるから(笑い)
焼き時間はタイマー設定になるから、黒こげで「これ、炭!?」みたいになることもないし。

ぜひぜひ、桃うさぎレシピ、教えてくださーい♪

こちらからもメールしますね。
えららん |  2011.07.18(月) 07:04 | URL |  【編集】

鍵コメントさま

いつも一緒に考え、いつも私の味方になってくださり、ほんとうにありがとうございます。
大変な時なのに、それでもご心配してくださる友情、心に染み入ります。
ほんとうに感謝しています。

レシピ、誉めてくださり、ありがとうございます!
とても簡単なので、我が家では定番手抜きメニューになっています♪

> 豚肉にかえてスペアリブ風にしてもよさそうですね♪
> あとは、畑にわんさかあるトマトときゅうりでサラダ作ったら完璧ですね(笑)

思いつきませんでしたが、豚肉のスペアリブだったら、さらにゴージャスで、食べごたえあり!ですね。
豚肉を使う時にはもっとパンチのある味付けになると思いますし、食が進みますね~。
夏野菜のサラダがあったら、パーフェクトですね!!
うーん、想像するだけで、よだれが出そうなくらいおいしそうです♪

> こどもにとって1つ年をとる事は、お兄ちゃんになる事ですもんね
> 来年は年長さん!
> 一番上の学年になるのだから、想像しただけで興奮しそうですね(^^)

実際に、年長さんになった自分を想像して大騒ぎです(笑い)
1つ上の子たちは、自分ができないような動きもできるし、歌も上手だし、体力もあるし、何を見ても「うわあ~、すごい!!」って憧れるのでしょうね。
日々、憧れの存在のようになりたいと思いつつ、楽しく元気に過ごしている子どもたちって、素晴らしいなぁ、と思います。
できない自分よりも、夢見る自分になる日を思い描きながら過ごしてほしいなー、と心から思います♪
えららん |  2011.07.18(月) 07:14 | URL |  【編集】

しのえりおさんへ

いただいたコメントへのお返事が遅くなってしまい、すみませんでした。
いつも励ましてくださり、ありがとうございます!!

> ケーキは今年こそ違うところで買ってみようと
> 思います~えららんさんの過去も記事を参考にさせていただきます!!

アレルギー対応ケーキ、選ぶ楽しみもありますが、選んだ後に家族がどう評価してくれるかのドキドキもありますよねー。
何を手がかりに選ぶかといえば、ネットで書き込まれているレポートなどが大きな情報源となりますが、味や食感には個人差があるところが難しいんですよね~。

毎年、クリスマスケーキを選ぶシーズンになると、「アレルギーっ子ママたちと一緒に、日本全国のアレルギー対応ケーキを集めた大試食大会がやりたい」って妄想しますもん(笑い)
どうしても高いから失敗した時のリスクを考えると凹むのですが、いろいろなお店のケーキが味わいたい!!
まだまだ、食べてみたいケーキがた~~くさんあります。
選ぶのに迷うほどアレルギー対応ケーキが増えるのは嬉しい限りですね♪

> 話は変わりますが、ここのところの猛暑続きで台所に立ちたくなかったんです~これはお野菜、お肉一度に調理できていいですね。
> 温野菜というのも魅力です・・・ついつい暑いと生野菜ばかりで。
> うちの娘(いい忘れていましたが、アレッコではない姉10歳、アレッコの妹6歳がいます。)
> 達は骨なしより骨付き肉大好きでもう
> 口の周りがすごいことになっていてもお構いなしでかぶりついてます・・・・・

娘ちゃんがふたりなのですねー、可愛いですね!!!
口のまわりがスゴイことになっていても「おいしいね」とかぶりついている姿を想像すると、なんだかとても幸せな気持ちになります♪
一心不乱に食べてくれるのって、嬉しいですよねー。
ムスコはほとんど生野菜を食べてくれないので温野菜になることがほとんどですが、生野菜は身体の代謝を良くする酵素があるし、暑くてほてった身体の熱を冷やしてくれるし、いいですよねー。
冷やしたものを食べ過ぎると内臓が冷えて消化力が落ちるということがあるようですが、これだけ暑いと生野菜がおいしいですよね……ほんと、毎日、暑過ぎです(汗、汗)

> 甘酒って言っていたのですが、何か夏に
> 楽しめる涼しげな甘酒を使ったデザートも是非ともアップお願いします。

我が家のお気に入りレシピを紹介したことがありますので、URLをお知らせしますね。
両方とも凍らせて食べるので、似たような感じではありますが、めちゃめちゃ簡単です♪

甘酒チョコアイスクリーム(http://atopiclife.blog22.fc2.com/blog-entry-905.html)
かなり濃厚な味です。甘酒の麹の風味が出ないくらいまでココアパウダーを入れていますので、甘酒が苦手ではないお子さんだったらココアを減らしてもいいかもしれません。
お好みで調整してくださいね。

甘酒バナナアイスクリーム(http://atopiclife.blog22.fc2.com/blog-entry-486.html)
こちらは、しっかりと甘いです。
バナナがアレルゲンだったら、白桃の缶詰でもおいしいです♪

実は、このところ、甘酒を入れたケーキを試作していたのですが、失敗ばっかりで諦めたところでした(涙)
でも、しのえりおさんが「甘酒のデザートレシピ待ってるよ」と言ってくださったので、試作を再開したいと思います♪
やる気をありがとうございます!
えららん |  2011.07.18(月) 07:38 | URL |  【編集】

鍵コメントさま

こんにちは、はじめまして!
コメントを残してくださり、ありがとうございます。

そして、2年も前から私のブログに遊びに来てくださっていたとのこと、とても嬉しいです♪
私のことや家族のこと、お気にかけてくださり、ありがとうございます。
優しいお心遣い、心に染み入ります。

鍵コメントさんご自身もさまざまなことを感じ、考え、未来のために一歩ずつ大切に、大切に歩んでこられたことを感じます。

私、しみじみ思うのですが、「健康」というもののありがたさを健康な時には決して考えることがないですよね。
でも、どこか不調があったり、不快感が生じるとその部分について考えるようになり、具合の悪い部分のことで自分の心の中がいっぱいになり、不安がどんどん大きくなってしまうと感じます。
まして、自分の身体の中の不調であればまだ自覚できるけれど、家族の身体の中は見えないから、よけいに心配で、しつこく「どう? 今日の体調は? お腹の調子は? どこか痛い?」と質問攻めにしてしまうこと多し(汗)

私の心配性は良くないところがあって、身体の不調ばかり考えていたら、心の中には「絶対に良くなるぞ!」とか「楽しく笑顔でいたいな」といったポジティブな気持ちにはなれないし、ポジティブな気持ちでないと自然治癒力は心の不安にがんじがらめにされて、その治癒力が充分に発揮されないと思うので、不安じゃなくて、良いところを見るようにしています(←そこまで人間が出来ていないので努力目標です。笑い)

心の不安は身体の不調にもつながり、身体の不調は心の不安にもつながっていて、心と身体は切り離せないからこそ、ネガティブな連鎖ではなく、ポジティブな連鎖を作り上げたいなー、と思います。
適度に心配性、適度にずぼらが理想的です♪

ホメオパシーにもご興味を持っていただき、ありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

えららん |  2011.07.19(火) 14:04 | URL |  【編集】

鍵コメントさま

いつも支えてくださり、ほんとうにありがとうございます。
情熱と愛情にあふれ、率直に意見をおっしゃってくださるお人柄、ほんとうに素晴しいと思います。

いつも、いつも、いつも、どんなに言っても足りないくらい、感謝しています。
えららん |  2011.07.19(火) 14:05 | URL |  【編集】

かつどんさんへ

ご心配をおかけし、ほんとうに、ほんとうにすみませんでした。
「うぉ!!」というコメントの件名、ものすごく嬉しかったです!
かつどんさんの気持ちがすぱーんと私の心にまっすぐに届き、心の中に入ってほかほかしました♪
ムスコの体調へのお気遣いもありがとうございます。
ただいま帰りました。

なんだか、> リ◯さんにコメントを書こうと久しぶりにパソコンを開いたら、ブログを再開されてるじゃないですか~~~‼

リエさんのケーキ、堪能なさったようですね~。
おいしいですもんね、とっても。
私もそろそろ注文したくなっています。
何の名目でケーキを買おうかな(笑い)

> うちもや~~っと状態が良くなったと思ったら今度は汗疹(泣
> もう少しキレイな状態が続けるように、今度スキンケア入院する予定です
> でも前日に減感作をチャレンジするのでどうなることやら(汗

減感作とスキンケア入院なのですね。
夏には汗疹で敏感な肌がさらに過敏に反応してしまいますが、ひどくなってしまったのですね。
かき傷に汗がしみるし、それでさらに引っ掻くしで、デリケート肌の子どもにはつらい季節ですよね(←ムスコもガリガリです。涙)

減感作とは負荷入院とは違うのですよね?
アレルゲンをごくごく少量、身体に入れるのを数日間、続けるのでしょうか?
花粉症の減感作くらいしか知らなくてすみません。

スキンケア入院は、入院してしっかりステロイドを使って肌の状態を安定させて、すぱっとステロイドを止める、ということでしょうか?
以前、そういうやり方を本で読み、皮膚が持っている力を弱めないギリギリのところまでステロイドでケアし、肌の不調による精神的なストレスを取り除いて健康な状態がより長く続くようにする、という考え方はすごいなー、と思いました。
もし、私の理解が違っていたら、すみません。

両方とも順調に進み、日常生活の中でのストレスが少しでも軽減されるといいですね。

お互いに、夏をひとつ超えるたび、肌が強くなっていくと信じ、ケアしていきましょうね♪
とはいえ、暑過ぎて、私の気力もバテバテですが……(汗)
えららん |  2011.07.19(火) 14:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/954-2bbc91e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |