2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.07.06 (Wed)

にせポッキーとクリームサンドクッキー(小麦・卵・乳・大豆・米不使用)

今回は、ブログ休止中に気になって調べまくっていた放射性物質による内部被曝に少し触れたいと思います。
まずは、軽く「内部被曝というものがあるんだ」と知っていただければ(←もちろん、2回目以降へと続きます♪)。
ちなみに、「内部被曝」とは、放射性物質が身体の中に入った時に与える影響のことです。

役に立った本などは、改めて記事にしますね。
「ひょえ~」「ひゃあ~」な専門知識が満載でしたよ(汗)

おやつの話だけをご覧になりたい方は文末までスクロールをお願いします。

********************************

徹底調査 放射線汚染食「食べてはいけない」 マグロ、カツオ、麦、イモ、大豆・・・政府の言う 「暫定基準値」など、なんの指標にもならないという記事がありました。

記事の冒頭には、こうあります。
「IAEAのモデルは原爆の外部被曝で肌に直接浴びた放射線量に焦点を当てた研究の結果であり、食品などを通じて体内に放射性物質(放射性核種:核分裂反応によって生じた核種で、過剰なエネルギーと放射線を発しながら他の原子核に変わる原子核)を取り込む「内部被曝」には、単純に応用できないというのが専門家の共通認識である」。

これに関連して考えてみると、確かに放射性物質の危険性を指摘する専門家たちは、空気線量や土壌汚染などによる外部被曝を主として考えるIAEAやICRPの基準値ではなく、ECRR(ヨーロッパ放射線リスク委員会)2010年勧告にある「どのような量の放射性物質であってもリスクがある」という見解を支持していますよね。
それに加えて、IAEAやICRPは国家が原発を推進する際、経済性と国民の健康をはかりにかけて、どこまで被曝を許容するかを提言する機関であり、その安全性の基準や提言では内部被曝の深刻な影響は無視されていると指摘する専門家たちも多くいます。

さて、ここからが記事で説明されている具体的な食べ物などの情報です。

リンゴのセシウム吸収率を1として考えた場合、カラシナは39倍、サツマイモは33倍、ソラマメは12倍、ジャガイモは11倍ものセシウムを土壌から吸収するそうです。
さらに、大豆はリンゴの160倍の吸収率であり、大麦も52倍にのぼるため、食べ過ぎないといった注意が必要です。

今回の福島原発事故で大量に放出されて大きな問題となっているセシウム137は、半減期が約30年。
人体に入ると肺や肝臓、筋肉や骨に沈着し、DNAを傷つけて肺がんや肝臓がんなどの発症リスクを高めます。

しかし、セシウム137は、農作物にとって必要なカリウムという養分と原子配列が似ているため、ある種の植物はセシウムをカリウムと勘違いして吸収してしまう性質があるため、セシウムを吸収しやすい植物を知っておくのは意味があることかと思います。
半減期から考えると、半分の量になるまでに30年かかり、4分の1になるのに60年、8分の1になるのに90年……気が遠くなります……。

また、ストロンチウムはカルシウムと似た原子配列。
ゆえに人体は、ストロンチウムをカルシウムと勘違いして蓄積します。
ストロンチウム90の半減期は27.7年。
長きにわたって骨に直接沈着、放射線を放出し続けるので、微量の被曝でも白血病や骨髄がんなどに冒されるリスクが高まります。

福島第一原発の敷地内だけでなく、60キロ域でも検出され、海にも流出した危険性があると言われるプルトニウム239にいたっては、半減期は24,400年。
生き物にとって「永遠」に匹敵するほどの年月がかかります。

海の放射性物質汚染で危惧されているのは、下記のような濃縮経路です。

3月に海水に流出した放射性核種 → 植物プランクトン&海藻に蓄積 → 小魚に蓄積 → 流出後約2か月で小型の魚に蓄積 → 海底であまり動かないヒラメやカレイなどに蓄積 → 流出後約4か月で大型の魚(カツオ、マグロなど)に蓄積

海の中で何段階にも濃縮されていって、最終的にはどれだけ高農道になるんだろう???
同じ重量の小魚と大型魚の切身だったら、大型魚のほうが高いってことなのかなぁ?
小魚は内臓や骨ごと食べるけど、大型魚は内臓や骨を取り除くからストロンチウムは結果的に減るような気がしなくもない、でもヨウ素やセシウムは濃縮されて多いのか?
うーん、さっぱりわかりませんよ(涙)

水産資源学の研究者勝川俊雄さんが国の検査方法は「不検出」になることを見越して行われているため、海産物の検査結果が「不検出」であっても手放しで喜べず、特にストロンチウム汚染の検査が手薄であると指摘なさっています。
リンクを張ったところからスクロールしていくと、水産物の放射能汚染についての記事をずらりと読むことができます。
海洋汚染がわかりやすく説明され、かつ深刻な状況であることが理解でき、とても勉強になりました!

水産庁「水産物のストロンチウム測定結果について」を見ると、はっきりと、「マイワシ及びカタクチイワシの放射性セシウム及びヨウ素の測定は筋肉部のみで行った」と書いてあります。
つまり、魚の頭も骨も内臓もとりのぞいて検査している(!)ということです。
それ、正確な検査ですかねぇ……(汗)

また、放射性核種は海水の中で拡散し、潮の流れなどによってもどの地域にどの程度集まっていくかは、はっきりとわかっていません。
福島県沿岸だけでなく、広範囲にわたって、動かないでその地にとどまっている海藻への濃縮の度合いを長期的に調べることで、今後の魚介類への生物濃縮がどのようになっていくのかを予測する重要な情報になるといいます。
政府はたった数種類の海産物の放射性核種の濃度を測定して「安全ですよ」と言うのではなく、より安全な食べ物を国民が食べられるように、さまざまな海産物のきちんとした調査を行って情報開示してほしいと思います。

心配はともかく、前述の記事で具体例として挙げられた食物をすべて食べないということになると、我が家では食べられるものがなくなります(涙)

なので、ムスコが好きだからと言って特定の野菜や果物、同じ海域の魚ばかり食べさせるのではなく、回転食みたいにしていろいろな場所の多品目の食べ物を食べさせるといいのかな。
これから放射性核種とは何年、何十年という付き合いになるわけですし、「放射性物質からなんとしてでも逃れよう」と自分を追いつめる方向で考えるより、「身体の中にたまりすぎないように回転食みたいにする」って思ったほうが続けられそうな気がします。

日本の環境中には、福島第一原発事故以前からの放射性物質の蓄積もありますし、花崗岩が多いなどといった地理的条件によって空気中で計測される放射性濃度が高い地域もあります。
どんなにイヤだと言ってみても、放射性物質はいやがおうでも存在しています。
もちろん、福島原発以前から私たちの体内にも入っています。

放射性物質をゼロにすることはできない相談なので、私が考えるべきは、自分の目の届く範囲で、ムスコの放射性物質の体内への蓄積量を減らすこと。
ともかく、野菜などはしっかり水洗いする(←できれば、湯がいて、湯を捨てる)。
魚の骨と内臓は取り除いて食べる! 
これシンプルだけど重要なことですよね。
やることは同じですが、「逃げる」よりも「減らす」と考えるほうが、ちょっと気持ちが楽になりませんか?(←私だけかなぁ)

内部被曝がどうしても避けられないことなら、身体へのダメージを与えるリスクを減らすべく、もっとよく知りたいと思うのでした。

******************************************

さて、今日のムスコのおやつです。
夫が海外出張から帰って日が浅いのでムスコと遊びたいらしく、いつもより早い時間に夫がお迎えに行くことに。
なので、ふたりが食べるためのおやつを作りました。

ムスコ憧れのポッキーを真似たにせポッキーとクリームサンドクッキーです♪

110622_0908~01

使ったレシピはタピオカ粉&サクサク粉の紫いもクッキーです。
紫いもパウダーをかぼちゃパウダーに置き換えて、生地を半分ずつに。

クリームサンド用は5ミリの厚さに伸ばして型抜きし、フォークで穴をあけました。
穴を開けたほうが軽い食感になるかな、と思いますが、別に穴なしでもサクサクです(←穴は単なる「おまじない」かも?笑い)
間にはさんだのはマシュマロです。
マシュマロは熱で溶けて軟らかくなり、冷めるとまたふんわり固まるので、クッキーのクリームに最適です♪

ポッキー用の生地を5ミリの厚さに伸ばして5ミリ幅に切って焼き上げ、溶かした乳不使用チョコレートをかけて固まるのを待ちました。
つぶつぶしているのは大きめに刻んだチョコレートの粒で、アーモンドクラッシュポッキー風にしたかったのです。
コンセプトだけはいろいろあれども、あまりに気温が高すぎてチョコレートは固まらなかった……ダメじゃん(汗)

ムスコも夫も「どっちもおいしかったよー」と絶賛。
ほんとうは私も帰ってきてから味見をするはずが、お皿にはクリームサンドが1個残っていただけでした(笑い)
また作ればいいから、ま、いっか。

「おいしいね」と笑顔で食べてくれるのは、嬉しいことですね。
笑顔でニコニコ、自然治癒力もアップで、言うことなし♪(笑い)


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

うんうん、ゼロには無理でも100より80に、50に減らす、って考え方の方が長く続けられるやろうなぁと思う。
私のやってる『ちょっとええこと』も正にそんな感じ(笑)
地球に住んでる以上、空気も水も巡ってるし、放射能からは逃げられへんし。

でもそうやって選んで食べる事をする以上、政府はきちんと全ての食品の検査をして欲しいし、それが大切な税金を生み出してくれる国民を守る為ちゃうんかなぁ、なんて、ちょっと表現アレやろか(笑)

ポッキー、美味しそう♪
美味しいと、作った者の分、無くなるよねf^_^;
よく、良くわかる(T_T)

うちは自分以外に四人おるからさ、えららんさんトコの倍やからさ、あっちゅー間に消え去る事も、あるよ。

でも、その、『美味しい♪』の笑顔がやる気に繋がるもんね(^^)v
chika |  2011.07.06(水) 16:00 | URL |  【編集】

わ~♪

すごく美味しそう‼
穴の謎解けました。
おまじないだったんですね(笑)。
確かに水分も飛びやすそうですもんね。
これは作ってみたーい。

内部被曝をなるべく減らそうと食べ物は勝手に対策してますが(主人に理解がないので…)、外遊びやプールなどは制限できず…。悩ましいところなのですが。できる範囲だけでも頑張りますー。
ハル |  2011.07.06(水) 17:28 | URL |  【編集】

ポッキー

ポッキーあこがれなんですね
でも母のお手製の方が贅沢ですよ~
うれしそうに食べてくれるとヤル気でちゃいますよね
教えていただいたクッキー コーンスターチ使用の2種作りました
反応を待ってられず「おいしい?おいしい?」
と詰め寄ったらほっぺパシパシして
「ハイ」(まだおいしい言えません)
って言ってました
 
原発事故のあとしばらく妊婦だったのもあって
外部被爆も内部被爆も怖くて仕方ありませんでした
出回らないはずの野菜が消費者にわたっていたりするニュースを見てやっぱり自分で気を
つけなきゃ!!
って神経張り詰めてました
庭に(東京の西の方に住んでます)植えた野菜や果物ももう食べれない・・・って沈んでました
今はえららんさんと同じでゼロは無理だしできる範囲でやるしかないな
と庭のミニトマトも食べてます




ばるまよ |  2011.07.07(木) 07:17 | URL |  【編集】

同感☆!!

私も、逃げ切れないなら、回転食で少しでもリスクを減らしていきたいな☆。

それに、回転食って、私たちアレっ子ママの得意分野♪。

同じものばっかり食べさせると、またその食品もアレルゲンとなりやすいとのことで、毎日グルグル色んなものを食べさせていたっけ☆。


ポッキー&クリームサンドクッキー、美味しいだろうな~v-10

「大きめに刻んだチョコレートの粒で、アーモンドクラッシュポッキー風に」って、名案!!
アーモンドが食べられなかったとしても、チョココーティングされたチョコの下がまた大きめに刻んだチョコだと、誰も気づかないよv-238
そんな作戦があるなんて!

料理は愛情。
料理はアイディアが大事だねv-10


桃うさぎ |  2011.07.08(金) 15:10 | URL |  【編集】

chikaさんへ

> うんうん、ゼロには無理でも100より80に、50に減らす、って考え方の方が長く続けられるやろうなぁと思う。
> 私のやってる『ちょっとええこと』も正にそんな感じ(笑)
> 地球に住んでる以上、空気も水も巡ってるし、放射能からは逃げられへんし。

そうそう、そうなんです!
「ちょっとええこと」、そのものですよねー。

あれこれ考えてみると、どんなに理想を高く掲げても、それを続けられなければ意味がないと私は思うし、できることをできるなりに、だと思います。

たとえば、放射性物質の濃度が低い食べ物をと思うと(←地域ごとにきめ細やかな数値が出ているわけではないので、原発から遠いほうが安全度が高いという想定で)、手っ取り早いのが九州地方からの取り寄せとかになるわけですし、水をミネラルウオーターにして、とか、あれもこれもそれもぜーんぶなんてやろうとしたら、我が家はあっという間に破産です(汗、汗)

現実的にどこまでできるか?と考えてみて、できる範囲で、かつ、自分が納得できることを続けていきたいと思っています。

> でもそうやって選んで食べる事をする以上、政府はきちんと全ての食品の検査をして欲しいし、それが大切な税金を生み出してくれる国民を守る為ちゃうんかなぁ、なんて、ちょっと表現アレやろか(笑)

はい、はい、はーい、大賛成!
きっと、そう思っている人、多くいると思いますよ。
国の大きな責務のひとつは国民の健康を守ることなのですから、やはり、さらにきめ細やかな食品の検査体勢が必要ですよね。
そうやって検査をしてくれれば、子どもには食べさせないけど、自分は食べるとか、食べ物を選択できますしね。
家族の健康と農業の未来を両方考えると、あちらを立てればこちらが立たずで、切ない限りです……。

でも、こうやって「放射性物質は危険だー!」とばかり言って、そちらにばかり目をうばわれている間に、他の食品関連の規制などが変更になったり、新たな認可があったりして……食べ物の安全を考えるって、難しいことですね。

> うちは自分以外に四人おるからさ、えららんさんトコの倍やからさ、あっちゅー間に消え去る事も、あるよ。
> でも、その、『美味しい♪』の笑顔がやる気に繋がるもんね(^^)v

そうかー、その2人の差は大きいよね~。
あっという間に消えちゃうと「えええ? もうないの?」だけど、それはそれで嬉しいですよね。

「おいしいね」の笑顔は、幸せの印ですよね♪
ムスコは体調不良でお休みしているので、今日は水ようかんか何か食べやすいものを作ってあげようと思います。風邪とかではないけれど、軽い腹痛と吐き気があってだるいみたい。念のため、こじらせる前にしっかり寝かせて自然治癒力アップさせようと思って。

chikaさんのお宅では、いかがですか?
体調が落ち着き、元気いっぱいになってくれるといいですね。

えららん |  2011.07.13(水) 09:37 | URL |  【編集】

ハルさんへ

> すごく美味しそう‼
> 穴の謎解けました。
> おまじないだったんですね(笑)。
> 確かに水分も飛びやすそうですもんね。
> これは作ってみたーい。

すみません! 
なにかありげに見える割には、単なる「おまじない」で(汗、汗)

フォローを兼ねてそれらしい説明をすると、穴を開けるとちょっと固めに焼き上がるクッキーでも食べやすいということはあるので、糖分や油脂分を減らした固めのクッキーの時にはフォークでちょんちょん穴をあけています。
さつまいものマッシュなどを入れた時には、水分の飛び方が格段に良くなるので、穴は必須ですねー。

あとね、これは手抜きポイントなのですが、型抜きが面倒でナイフで生地を切って焼き上げる時には、四角く切っただけよりも、穴を開けたほうが可愛いです♪
四角く焼き上げると、それを積み木みたいに積み上げるのがムスコのお約束です♪

> 内部被曝をなるべく減らそうと食べ物は勝手に対策してますが(主人に理解がないので…)、外遊びやプールなどは制限できず…。悩ましいところなのですが。できる範囲だけでも頑張りますー。

そうですよねぇ……夫婦の意見が一致するって、難しいことですよね……。
我が家でも、食物アレルギーの対応の時もそうでしたが、今も我が家での温度差がありますよー。
基本的に私がムスコの食べ物のことをやっているので、私があれこれ気にして買ってきても、取り寄せをしても、文句を言われるということはないですが、そこまで必要なのか?とは思っているみたいです(汗)

それに保育園の外遊びもプールもかなり悩んだのですが、この暑い最中、ムスコをプールに入れず炎天下で見学させておくのは熱中症が怖いし、それならお風呂に入っているのと同じことと自分を納得させてプールに入れることを選択するようになりました。

ただねぇ、プールには「+塩素」がありますので、プールに入った日はガリガリ引っ掻きまくりです。
「皮膚がツルツルならいいけど、皮膚に傷があると放射性物質がそこから入るよ」と心の中で泣きつつ、熱中症で救急車もイヤだ、と思う自分がいます。
このお返事を書きながらも、どうしたらいいものか?と頭の中がグルグルです(涙)
えららん |  2011.07.13(水) 09:47 | URL |  【編集】

ばるまよさんへ

いただいたコメントへのお返事が遅くなり、すみません!!
コメントを拝見した時、嬉しくて、幸せで、にやにやしちゃいました(←会社で読んでいたので声を出せなかったので。汗)
あー、やっと、可愛いエピソードを堪能できます♪

> ポッキーあこがれなんですね
> でも母のお手製の方が贅沢ですよ~
> うれしそうに食べてくれるとヤル気でちゃいますよね
> 教えていただいたクッキー コーンスターチ使用の2種作りました
> 反応を待ってられず「おいしい?おいしい?」
> と詰め寄ったらほっぺパシパシして
> 「ハイ」(まだおいしい言えません)って言ってました

「おいしい?」と聞かれて、ほっぺパシパシして「ハイ」ですか~。
きゃー、可愛すぎる、可愛すぎます♡♡♡
もう、その姿を想像するだけで、うっとり。
心の底から幸せな気持ちがこみ上げて来て、身体がほわ~んと温かくなってきます。
私のレシピを参考にしていただいたとうかがうと、さらに嬉しくて、幸せです!!

こんなに素敵で可愛い幸せエピソードを教えてくださり、ありがとうございます♪

> 原発事故のあとしばらく妊婦だったのもあって
> 外部被爆も内部被爆も怖くて仕方ありませんでした
> 出回らないはずの野菜が消費者にわたっていたりするニュースを見てやっぱり自分で気を
> つけなきゃ!!
> って神経張り詰めてました
> 庭に(東京の西の方に住んでます)植えた野菜や果物ももう食べれない・・・って沈んでました
> 今はえららんさんと同じでゼロは無理だしできる範囲でやるしかないな
> と庭のミニトマトも食べてます

そうでしたか、原発事故のちょっと後にご出産なさったのですね。
さらに事故後の環境汚染、食品汚染への不安は深く大きいものだったでしょうね。

そもそも、当初は外部被曝も内部被曝もよくわからないのに、「安全だ」「人体に影響はない」ということばかり言われていたから、よけいに心配になっちゃいましたよね。
ちゃんとした根拠とか、数値を挙げて丁寧に説明してくれればいいけれど、まったく説明なしで、いきなり安全アピールでしたから(汗、汗)

お住まいは東京なのですね!
西のほうですか~。
もしかしたら、ムスコとしょっちゅう電車散歩に行っているような場所かもしれないですし、ばるまよさんとすれ違ったりしているのかも!?(笑い)

東京に住んでいていも、やっぱり気になりますよね……。
放射性物質は濃淡はあっても日本中に飛んでいるわけですしねぇ。

お庭は家庭菜園になっているのですね、素敵♡
今は夏野菜がおいしいでしょうね♪

私は背伸びしてやろうとしても続かないので、とにかく自分ができることだけを続けて行こうと思っています。
家族の安全を決めるのは、国の基準ではなくて、自分自身ですよねー。

お互いに、迷いはなくなりませんが、できることをできる範囲で続けていきましょうね♪
えららん |  2011.07.13(水) 10:00 | URL |  【編集】

桃うさぎさんへ

もうすぐかなー、もうすぐかなー、と思うとソワソワします。
桃うさぎさんの赤ちゃんが生まれるのを待っていると、まるで新しく姪ができるようで、なんだか嬉しくて仕方がありません。

今日は、まーさーか、もうここにいらっしゃっていないですよね(笑い)
そろそろかなー。

> 私も、逃げ切れないなら、回転食で少しでもリスクを減らしていきたいな
> それに、回転食って、私たちアレっ子ママの得意分野♪。
> 同じものばっかり食べさせると、またその食品もアレルゲンとなりやすいとのことで、毎日グルグル色んなものを食べさせていたっけ☆。

そうなんですよねー。
やはり、どんなにいいものであっても一つの食品ばかりに偏って食べるのは良くないですし、いろいろなものをまんべんなく、それがいつの時でも食べ方の基本なのかなぁ、と考えたりしています。

今は放射性物質のことばかり気になりますが、考えてみれば、土地ごとに、季節ごとの野菜によって、微量栄養素も違いますし、農薬の散布量も違いますし(←ここも実は気になる)、いろいろ違うんですものねー。

あれこれ食べ物の本を読んでいて、土地柄で野菜が吸収するカリウムの量などが違い、同じ野菜でも栄養分も違うというのを読み、食べ物の世界は深いし、自然の力はすごいなぁ、と思いました。
栽培用に品種改良された作物と在来種でも違うとかね。
食への興味が尽きません。

> 「大きめに刻んだチョコレートの粒で、アーモンドクラッシュポッキー風に」って、名案!!
> アーモンドが食べられなかったとしても、チョココーティングされたチョコの下がまた大きめに刻んだチョコだと、誰も気づかないよv-238
> そんな作戦があるなんて!

誉めてもらって嬉しいですー!
桃うさぎさん、食のプロでありつつ、食に関心のある人(←私)のことやる気にさせるの上手ですね♪
食べ物全般の専門家なのねー、納得!!

> 料理は愛情。
> 料理はアイディアが大事だねv-10

まさに、まさに、その通りだと思います!!!
「おいしく食べてほしい」「楽しく食べてほしい」といったさまざまな「愛」がかたちになったのが料理ですよね。
うんうん、いいこと言っていただきました!

暑くて料理がしたくなくなっていたけど、頑張りまーす♪

桃うさぎさん、心の中でいっつもいっつも応援しています。
早く出ておいで~、みんな待ってるよ~。
えららん |  2011.07.16(土) 10:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/946-9594e17a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |