2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.06.01 (Wed)

梅酒の実と煮リンゴの米粉ケーキ(小麦・卵・ナッツ不使用)

「環境破壊」という側面から連日、ニュースとして流れてくる多くは原発事故関連のことですよね。

しかし、原発事故とは別に、とても心配なことがあります。
いずれも、自然と人がともに暮らすための非常に難しい問題をはらんでいます。

生物多様性の重要地域選定 232カ所、被災地にもという記事がありました。
国際環境保護団体が、絶滅の恐れがある生物の生息地や渡り鳥の集中飛来地など、日本の生物多様性保全にとって特に重要な「生物多様性重要地域」を調査したところ、岩手県や宮城県の河口部や沿岸の湿地など、地震と津波の影響が心配される地域も含まれているそうです。
生物多様性重要地域に震災が与えた影響を調査し、今後の復興事業で破壊されないことが必要だ、と環境保護団体は話しています。

農林水産省が遺伝子組み換え食品認可に対するパブリックコメントを募集しています(詳細はこちら)。
遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用をする、ということに関するものです。

なんだかピンとこないので、調べたところ、第一種使用に認定されれば、「一般作物と同じように、囲ったり隔離的な密閉空間ではない場所で栽培してもいい」ということになるそうです。
つまり、生態系にまったく影響を与えない、ということで、遺伝子組み換えでない作物のそばでどんどん遺伝子組み換え作物が栽培される可能性が増すということでもあります。

でも、私、おかしいと思うんですよ。
だって、花が咲いたら実をつけるためには蜂が受粉したりするわけですし、蜂は遺伝子組み換え作物以外の栽培地域を選んで飛び回るわけじゃないですよね?
ということは、隔離された環境で栽培されない限り、遺伝子組み換え作物であっても、組み換えなしの作物であっても、蜂は「うわぁ~い、おいしいそうな蜜がある♪」って思って集めるわけですから、結果的に交配が起こりますよね、たぶん。

それに、遺伝子組み換え作物を食べて私たちの身体にどんな影響があるかは、まだわかっていません。
ここでも、「低濃度の放射性物質の人体への影響はわかっていない → 影響があるとはいえない → 明らかな影響はない」というのと同じ理屈があると思います。
新しい科学技術というのは、人間だけのことではなく、自然界全体に長期的に非常に大きなリスクがあることもまた認識しなくてはいけないことだと思います。
すぐに影響を及ぼすような技術だったら、すぐに「それは毒だ! 害がある!」ってかりますけど。

遺伝子組み換え作物Q&Aのサイトに問題点が列挙されているのですが、遺伝子組み換え作物を避けたほうがいい理由として「遺伝子組み換えジャガイモを食べさせたネズミの実験では、脳を含む臓器の重量が小さかったり、免疫力が低下したりという結果が出ています。アレルギー性についても十分調べられておりません。このように、食品としての安全性が確認されていないからです」と書いてあります。

そもそも、遺伝子組み換え食品を推進しているのは食品会社ですし、開発しているのも食品会社なので、自分たちが作っているものを「環境に悪影響があるよ。身体にも悪いかもね」なんて言いませんよね。

今回の認可申請を行っている遺伝子組み換えを行っているのは、アメリカに本社がある多国籍バイオ化学メーカー日本モンサント社であり、除草剤耐性と害虫抵抗性を持たせたトウモロコシなど遺伝子組み換え作物観察日記などもあります。
サイトを読んでいて、遺伝子組み換え作物を食料危機を乗り越えるための人類の救世主のように扱い、持続可能な農業を実現するための「切り札」のようなトーンで紹介されているのを見ると、怖くて背筋がゾクゾクします。

遺伝子組み換えして虫を殺す特性を持たせた作物を「ほらっ、農薬も使わずに栽培したんですよ、健康的でしょ?」という、まるでオーガニックであるかのような詭弁に使われるのではないかと心配でなりません。

それに今の日本の食品表示の基準では、たとえば、コストが安く市販のお菓子や加工食品の多く使われているコーンシロップは遺伝子組み換えとうもろこしを使われている可能性が高いといわれていますが、仮に遺伝子組み換えとうもろこしを原料としたコーンシロップであっても、それをどこかのメーカーから購入して食品の原材料として用いた場合には、「遺伝子組み換えである/ない」を表示する義務はありません。

つまり私たちは、知らず知らずのうちに、遺伝子組み換え作物を食べさせられてしまうリスクが高くなります。
そして、自然の草花や虫たちが遺伝子組み換え作物の遺伝子を広げ、生物多様性に悪影響を与えることが懸念されます。

遺伝子組み換え作物というのは、もともと日本にあった在来種の植物・虫・動物に悪影響を与える可能性だってありますし、そもそも「命」の問題です。
自然界の「命」の問題は、すなわち、私たち人間の命と未来の問題です。
私は、農林水産省に「私はおいしくて、安全性の高いものを食べたいです。遺伝子組み換え作物の食用などイヤです」とコメントを送りました。
締め切りは6月21日ですので、みなさんもぜひ、パブリックコメントの宛先へご意見をお願いいたします。

************************************************

会社で南高梅で作った梅酒の梅だけもらってきました。
言わずと知れた梅のトップブランドで、和歌山県が発祥地ですよね♪
梅には300種類以上の品種があり、食用として栽培されて流通しているのは100種類前後。
梅の生産量日本一は和歌山県で、6割を占めるんだそうです。

これは空想なのですが、仮に、南高梅の需要が年々うなぎのぼりだからと、遺伝子組み換え南高梅なんかができて、「傷がつきにくいし、栽培が楽だからコストダウンできるよ」と販売されたりしたら、南高梅のありがたさはなくなりますよね。

私は、農作物というのは、地理的要因や気候的要因やさまざまなものが複雑にからみあい、そこに農家の方々の愛があって初めてできあがるものだと思っています♪
食にはその土地の歴史と文化があり、食は人々が生きてきた証そのものですよね。

さて、南高梅の梅酒のビンを開けると、ほわ~んと甘く芳しい香り♪
とってもいい香りで、これだけで酔えそう(←ものすごくお酒に弱いので。笑い)

でも良い香りでぜひ焼き菓子に使いたかったので、梅酒の実の米粉シフォンケーキ杏仁風味をアレンジ。
ムスコの乳の負荷用に買い、ほとんど使わず置いてあったエシレバターを使い、煮リンゴも加えて、味に変化をつけました。

やっぱり、発酵バターって、香りがいいですねぇ(←でも乳製品を食べ慣れない私には、かなり重い……汗)
ふわふわで崩れてしまいそうなほどの食感で、会社の女子にも男子にも大好評でした♪

110601_1051~02
<材料(18センチの丸型1個分)>
♡米の粉      110グラム
♡コーンスターチ     40グラム
♡トウモロコシ粉        20グラム
♡三温糖        100グラム
♡ベーキングパウダー    9グラム
♡重曹           3グラム
☆成分無調整豆乳      100グラム
☆バター          50グラム
☆菜種油              30グラム

りんご酢           10グラム

梅酒の梅           75グラム(正味)
*梅の種をとった状態で80グラム入れていますが、お好みで加減してください。

煮リンゴ             75グラム

<作り方>
1)梅の種を取り、果肉を5ミリくらいの大きさに切っておく。煮リンゴも同様に切っておく。
2)ボウルに常温に戻したバターを入れ、少しずつ三温糖を混ぜてクリーム状になるようヘラで練る。そこに少しずつ♡の粉類を入れてヘラでなじませていく。
3)2菜種油を少しずつ入れてなじませてから、豆乳を入れてよく混ぜる。
4)3に酢を入れてかき混ぜ、1を入れて軽くかき混ぜる。
5)分量外の油を塗り粉をはたいた丸型に4を入れ、170度に余熱しておいたオーブンで20分焼き、150度に下げて25分ほど焼く。
*オーブンによってクセがありますので、竹串を差して生地がつかなくなるまで焼いてください。



にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村今日もよろしくお願いします♪

こちらもどうぞよろしくお願いします。







スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

なんでもそうですが、自然界にないものを作ると、必ず大惨事が起きたり問題が起きますよね
便利さだけに重点をおいてしまうと、後々自分達の首を絞めますよ

そうやって開発した人や、携わった人って、自分は食べなかったりしますもんね
ミートボールの添加物漬けの話は衝撃的でしたが、作った人は身内には食べさせないって言ってました
自分や家族に食べさせないものを、消費者に食べさせるなんておかしいです

ぷりぷりとなったところで…
ケーキに癒されました・:*:・(*´∀`*)・:*:・

あたしもお酒飲めないので、梅酒の梅だけで酔えます(笑)

今年の梅シロップは、完熟南高梅を使うつもりです♪
梅ジャムとか楽しみたいですもん(^^)
まみ |  2011.06.01(水) 12:42 | URL |  【編集】

まみさんへ

> なんでもそうですが、自然界にないものを作ると、必ず大惨事が起きたり問題が起きますよね
> 便利さだけに重点をおいてしまうと、後々自分達の首を絞めますよ

ほんとうに、そう思います!!!
そもそも、人間だって自然界の一部なんだし、「身のほど」っていうのを知らないといけないですよね。
便利さだって、どこまでもエスカレートするのはヘンな話ですし。
至るところにエスカレーターがあり、誰も乗っていないのに動き続けているのはおかしい気がしますし、動く歩道もねぇ……。
たとえば、お年寄りや足の不自由な方は階段を使うのが大変なのでエスカレーターが必要だと思うのですが、使わない時には止まっているようなセンサー式のものを取り入れるとか、不要な場所での節電をしっかりと考えなくてはいけないですよね。
「楽したいから」ということだけで、どんどん電力を使ってはいけないと私は思います。

> ミートボールの添加物漬けの話は衝撃的でしたが、作った人は身内には食べさせないって言ってました
> 自分や家族に食べさせないものを、消費者に食べさせるなんておかしいです

安部司さんの本、衝撃的ですよねー。
読めば読むほど怖くなりました。
年間で考えると10キロ近くも食べている計算になるって(汗)
確かに、私、ムスコが生まれる前はカップラーメンもジャンクフードもばりばり食べていましたよ~。
レトルト食品だって、便利だから冷蔵庫に常備だった!

今は必要最低限の添加物が入っているものを、筆最低限の量だけ購入しています。
そもそも、アレっ子だから買えないんですけどね(笑い)

それに、添加物を避けようと思って一生懸命手づくりしても、市販のつゆの素は化学調味料を使うと結局は大量の食品添加物を身体に取り入れることになってしまう、というのも怖いですし。

いつも書いていますが、良質の食材を選んで調理する除去食って、ほんとうに健康食だと思います。

> 今年の梅シロップは、完熟南高梅を使うつもりです♪
> 梅ジャムとか楽しみたいですもん(^^)

ぜひぜひぜひ~。
完熟梅を使ったシロップは飲んで楽しみ、エキスを出し切った梅はケーキやジャムで2度おいしいですもん♪

梅、どのくらいお買いになりました?
我が家は15キロ(笑い)
えららん |  2011.06.14(火) 07:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/931-a391c012

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |