2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.05.07 (Sat)

練馬のおいしいものたち

昨日の夜、すごいことが起こりましたねー。
3.11代震災後、はじめて「総理大臣ってすごいんだ!」と感心しました(笑い)
「浜岡原発の全面停止要請」と表現していますが、事実上、「要請」ではなく「決定」となるということなのでしょうかねぇ(浜岡原発停止要請・菅総理の記者会見全文紹介

浜岡原発は大地震が予想される震源地の真上で尋常じゃないリスクがあるといわれて議論がなされるようになり、ストップ浜岡原発などの市民運動も活発でしたし、国民からの不安の声が非常に高くなっていましたよね。
福島第一原発後の浜岡原発の運転に対しては政府内外でもさまざまな点から意見がわかれていたようですが、政府が根回しなしに方針を決めたからこそ、「浜岡原発全面停止」という判断が可能だったのではないかと思います。

「財界は猛反発するが、国民は支持する。やっと市民運動出身政治家の本領を発揮した」と評価する見方も政府内にあり、また、「原発震災」という言葉も提唱した石橋克彦・神戸大学名誉教授(地震学)は「もっと早く浜岡原発を止めていれば、福島第一原発の事故も防げたかも」と、浜岡原発を機に原発の安全性への見方が厳しくなり、日本の原発行政が変わり、今の福島の惨状を引き起こさなかった可能性を指摘しています。

東北電力株主 原発廃止提案へというニュースが数日前にありましたが、中部電力の取締役会および株主がどのように原発の「健全性」や「安全性」を評価し、地域住民のために、国民のためにどのような決定を下すのか注視していきたいと思います。

国民の命を第一に浜岡原発を全面停止要請をした英断には力一杯の拍手をおくります!
しかし、代替エネルギーの調達と環境負荷の少ないエネルギーの開発、経済活動がこれ以上、困窮しないような対策も早々に打ってくれることを心から願っています。

日常生活で節電しているのはいいことだと思うのですが、しかしながら、これだけ経済が停滞すると、私もそろそろ本気で「失業するんじゃないか!?」と思いはじめました……(汗)

さて、こちらは東京・練馬区のお散歩で出会ったおいしいものです♪

【More・・・】

夏の電力不足が懸念されるなかで、ゴーヤのカーテンで節電協力として、東京都練馬区が「みどりのカーテンプロジェクト」と銘打つ節電対策に乗り出しました。
つる性植物のゴーヤの苗を区内の1千世帯にプレゼントし、窓を覆うように育ててもらうことで、冷房の使用を控えつつ室内の暑さを和らげる効果を期待してのことです。
窓を覆う緑の葉が涼しげですし、ゴーヤの実がなれば食べられますし、一石二鳥ですね♪
そもそも「ヒートアイランド」が問題になっている東京では、練馬区以外の区でも緑のカーテン作りを推奨し、苗や種を配布していることもありますので、お問い合わせなさってみてくださいね。

我が家のベランダでも植物を育てています。
つるをからませる植物としては、去年はあさがおでしたが、今年はきぬさや。
スイートピーのような白い可愛い花が咲き始めました♪
小さな山椒の木の鉢植えでは、キアゲハの幼虫たちがおいしそうに若葉を食べてました~。
他にも苺やルッコラ、じゃがいもなどを栽培しているので、緑がたくさんあることでベランダからの輻射熱も軽減するのではないかと期待しています♪

練馬つながりなのですが、ムスコにせがまれて電車に乗りに行き、練馬駅構内の練馬観光案内所でいろいろ買ってきました!

練馬は郷土野菜「練馬大根」の産地なので、ゆかりの品物がいろいろありましたよ~。

まずは定番の練馬大根の漬物。
天日干しした練馬大根を有機米の糠と天日塩でつけた完全無添加です。すばらしい♪

110505_1600~02

練馬大根最中本舗 栄泉の練馬大根まんじゅう(上)と練馬大根もなか(下)。
両方とも大根のような包み紙を開くと、大根の形の和菓子がでてきて可愛いです(商品の原材料はこちら)。

今の季節だけ、練馬大根入りの大根最中があります(最中の写真の真ん中)
目を閉じて舌に気持ちを一心に集中すると……。
うーん、うーん、うーーーーーーむむむぅ。
……やっぱり、感じない(←バカ舌、スミマセン。汗)

110506_0936~01
110505_1601~01

そして、練馬区は東京23区の農地面積の37%以上を占め、第1位。
栽培作物はキャベツや大根などの定番野菜はもちろんのこと、苺、ぶどうなど多岐にわたります。
練馬区大泉学園周辺の生産者の方々の野菜を使った練馬野菜カレー
化学調味料・着色料・保存料なしのレトルトカレーです(←小麦・乳・大豆を使っているため、夫用に購入)

110505_1600~01

その年にとれた秋冬の野菜を使った「練馬野菜カレー」は、2005年からずっと作られていて、毎回変わるパッケージには誇らしげな農家の方々のお顔があって、素敵です♪

日本全国にはたくさんの直売所がありますし、東京の直売所もあちこちにあります。
直売所に行くと、販売している作物を見て季節を感じますし、多彩な色や形に個性があってキレイなので、ワクワクしながらあれもこれもと買ってしまいますよね(←スーパーだとどれでもほぼ同じ大きさですけど)
とれたて野菜や果物を買うのは、楽しくて、おいしくて最高ですね♪

茨城農業総合センターの農地の有用性の説明にあるように、農地、二酸化炭素の排出を減らし、水や大気を浄化し、生物多様性を保全し、食料を安定的に供給するといった、さまざまな有益な作用があります。
長期的にみると、郷土野菜などを含む、それぞれの地域の文化を保全し、農家の経済活動を向上させ、環境を改善することにもつながりますよね。
農業人口の減少を留めるのは、国の政策よりもむしろ、消費者の「おいしい!」という声なのではないかと最近、思うようになりました。

緑があるというのはとても豊かなことですよね。
お互いに、季節を感じながら、緑とともに生活していきたいですね♪


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡







スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコが食べられる市販品/レストラン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

びっくりですよねー!
つい先日、岐阜新聞に「浜岡3号機7月に再開」なんて見出しがあったばかりですし、中電は電力供給が2年ぶりに増益になったと書かれていたところです
久しぶりの増益になったのに、簡単に停止に応じるとは思いませんが…
地震が起きた時のリスクを考えて、ぜひ停止させていただきたいですね!
もし事故が起きた場合、東電の社員のように劣悪な環境で被曝の恐怖に怯えながらの作業を強いられる事も…

エネルギーの代替えは?となると大変でしょうが、またまた新聞に面白い記事が書いてありました
いつの記事か新聞が探せなかったんですが、地熱発電、太陽光発電、風力発電を有効活用すれば、54基の原発を止めても、2020年頃には今の何十倍もの電力を生み出す事ができると海外の詳しい方の意見が載っていました
なんとかしようと思えば、なんとかできるんですよね!
各家庭で太陽光で自家発電できるようになればいいなと思います


そうそう!都会なのに、意外と直売所が多いですよね!
前に何かのテレビで直売所をめぐっていましたが、すごく楽しそうでした♪
安いし新鮮ですもんね(^^)
まみ |  2011.05.07(土) 12:52 | URL |  【編集】

まみさんへ

> 地震が起きた時のリスクを考えて、ぜひ停止させていただきたいですね!
> もし事故が起きた場合、東電の社員のように劣悪な環境で被曝の恐怖に怯えながらの作業を強いられる事も…

ほんとうに浜岡原発の全面停止が決まりましたね!
このところ、立て続けにエネルギー政策大転換を示すニュースが報道されていますよね。
国の政策が大きく見直されることになるわけですので、菅総理大臣が言っただけじゃなくて、それが滞りなく実行に移されていくといいな、と思います。
考えなきゃならない問題点だって、ものすごくたくさんあるわけですしね。

日本のあちこちの原発も地震の多発で不具合が出たニュースも多いですね……。
地震は止められるものではないので仕方ないのかもしれないですが、かなり不安です。

毎日何が起こるか気になって、ネットニュースから目が離せません。

> いつの記事か新聞が探せなかったんですが、地熱発電、太陽光発電、風力発電を有効活用すれば、54基の原発を止めても、2020年頃には今の何十倍もの電力を生み出す事ができると海外の詳しい方の意見が載っていました

私も読みました!!
まみさんがおっしゃるとおり、自然エネルギーもありますし、原子力発電をする際に生じる揚水発電もありますし、使用可能なエネルギーを使えばなんとかなりそうですよね。
ただ、火力などだと資源が枯渇していくわけですから、早急に再生可能なエネルギーの実現化にも着手しないといけないですよね。
太陽光の自家発電が家庭に普及するように、太陽光発電機の効率が良くなり、値段が下がるように改良したり、国が支援してくれたりするといいですよね♪
えららん |  2011.05.12(木) 06:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/883-b11e5e15

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |