2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.05.11 (Wed)

紅茶の葉とくるみの米粉ケーキ(小麦・卵・乳不使用)

昨日はこれまた、政府による原発停止 法整備含め検討示唆があって驚いていたところに、さらにさらに、菅総理大臣の会見でエネルギー計画は白紙にということが表明されましたね~。

浜岡原発全面停止要請から、立て続けの劇的な動きに「そういうことでの首相の存在感をアピールするなら大歓迎♪」という改めて期待しました。
国民の声に後押しされて打ち出している国策の大転換の方針が現政権維持のためだけじゃなく、日本の未来を真剣に考えた結果だといいな、心から願っています。

よくわかる原子力 原子力教育を考える会という学校の先生たちが中心になって立ち上げたサイトがあります。
トップページの説明によると、政府が原子力エネルギーを推進しているのを受けて、学校では「総合的な学習の時間」の中に「エネルギー・環境教育」を取り込み原子力発電について教える学校も増加傾向。
配布される多くの無料教材では原子力エネルギーの不安を解消することに主眼がおかれているために、原子力の持つ根本的な問題点についての充分な記述がなされていないという問題があるそうです。
教育現場にいる先生たち、および子どもたちが公正な情報のもとに、原子力エネルギーのメリットもデメリットも含めて考える場にしたいそうです。

非常に興味深い内容が満載のサイトなので、ぜひ時間がある時にゆっくり読んでいただきたいのですが、秀逸なのが同サイト内のキッズサイトです。
子どもにもわかるように説明してあるので、理系オンチの私にでも理解できるぅ! 嬉しい!!
大きな文字とイラストが入った短いページをめくっていくスタイルなので、「うーむ、なんじゃらほい」と眉間にシワを寄せることもありませんでした(笑い)

特に、キッズページの原発止めたら、電気が足りない?では、「原子力エネルギーが発電量の3割を担っている」とよく言われていますが、それはどういうことを示しているのかなどを説明し、原子力エネルギーの発電効率は実はあまり良くないことなどもわかります。

これまでの私の生活では、「原発」を肯定しないまでも、強く否定しない程度には「当たり前」のものでした。
そして、たとえば、空気も水も食べ物もあって「当たり前」という生活をしていたけれども、3.11代震災後はこれまで「当たり前」と思っていたことが、「当たり前ではなかった」とわかりましたよね……。
「当たり前」と思うと、そのことについて深く考えることをしませんが、「当たり前ではなかった」と感じてからは、「どうすれば清浄な空気や水や食べ物を得ることができるのだろう?」「私の生活は今のままでいいのだろうか?」といろいろと真剣に考えるようになりました。

「当たり前」という感覚は、私たちが生活する土台になったり、価値基準の根っこのところになったりする重要なものなので、「当たり前だから」とスルーするのではなく、「なぜ、これを『当たり前』だと感じるんだろう?」と時々考えてみるようなクセをつけたいですね。
それが、何が起こっても「想定外」と思わずに冷静に対処できる暮らしにつながるのかなぁ、と思います。

私たちがそれぞれに「大切な人たちや大切なモノを絶対に守りたい」と思う気持ちを持てば未来はきっと明るいものになると信じて、毎日の暮らしの一瞬一瞬を大切にしていきたいですね♪

【More・・・】

「当たり前」つながりといえば、そうなのですが……。

昨日、私がそろそろ仕事をあがる時間になった頃、上司から大切なお客様へのお届けものを頼まれました。
お客様が非常にお急ぎだったのですが、必要な書類は本社にあるために本社に立ち寄った……まではよかったのですが。

「時間がないからタクシーで行かないとな」と思い、たまたまお財布の中身を見ました。
なんとそこには、127円しかなかった!
おくらなんでも、数千円は入っていて「当たり前」だと思っていましたのに。
それに、昨日に限って、いつもムスコの診察券と一緒に入れてある「福沢諭吉」さんはどこかへお出かけになった後でした(涙)

銀行にお金を下しにいっている時間はないし、本社だったこともあり、恥を忍んで経理部長のところへ行き、「お金を貸していただけませんか?」。
私のあまりの唐突さに経理部長は非常に驚いた顔をしていましたが、「会社のお金を勝手に貸すわけにはいかないから」と言って自分のお財布からお金を貸してくれました。
ほんとうにありがたかったです。

と同時に、もし、ムスコに誤食などがあって保育園から呼び出しがあってもタクシー代すらなかったら駆けつけて対処することはできない、と、ゾッとしました。

もちろん、保育園では重篤な症状であれば病院に連れて行くはずですが、症状の度合いによっては様子をそのまま見るということもあるうるため、保育園に駆けつけるスピードは大切ですよね。
それに、いつも経理部長のようにお金を持っていて親切に貸してくださる方がいるとは限りませんから。

経理部長への感謝の気持ちと、「当たり前ではなかった」ということを気付かせてもらったお礼に、紅茶の葉とくるみの米粉ケーキを焼きました。

借りたお金とともにケーキを箱に入れて持って行ったら「そんなに気をつかわなくていいよ」と驚いた顔をしていたのですが、どれだけ助かったかを伝えると、「じゃあ、ありがたくいただきます。ごちそうさま」と笑顔で言ってくれました。
なんだか、とてもありがたく、そして、嬉しくなりました♪

110511_0654~01

<材料>
♡米の粉       65グラム
♡コーンスターチ   65グラム
♡とうもろこし粉   20グラム
♡三温糖       65グラム
♡ベーキングパウダー 5グラム
♡重曹        2グラム
♡紅茶(茶葉)    5グラム
*お好みで増減してください。
♡シナモンパウダー  1グラム
*お好みで増減してください。

☆成分無調整豆乳   100グラム
*全量一度に入れず、生地の様子を見ながら調整。できあがりはホットケーキの生地くらいです。
☆菜種油       55グラム

リンゴ酢       10グラム

くるみ        60グラム
*ココナツファイン、ドライフルーツでもおいしいです。

<作り方>
1)ボウルに♡の粉類を入れて泡立て器で混ぜる。紅茶の葉をすり鉢で細かくする。くるみは粗く刻む。
2)1に☆を入れて泡立て器で滑らかになるまで混ぜる。
3)2にリンゴ酢を入れて混ぜてから、1のくるみを加えて軽く混ぜる。分量外の油を塗った型に流し入れる。
4)170度に予熱しておいたオーブンで20分焼き、アルミホイルをふんわりとかぶせて150度の温度を下げたオーブンで25分焼く。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

このケーキ作ってみたいです!!
トウモロコシ粉ない場合何で代用できそうですか?
ゆー |  2011.05.11(水) 22:00 | URL |  【編集】

ゆーさんへ

> このケーキ作ってみたいです!!
> トウモロコシ粉ない場合何で代用できそうですか?

作ってみたいと言ってくださり、ありがとうございます!
若干水分量が変わりますが、米粉に変えていただいて大丈夫ですよ~。

トウモロコシ粉は素朴な風味があるので、味の奥行を出し、どっしりさせるために入れています。
なので、トウモロコシ粉をナシにすると、もっと優しい味になると思います♪
えららん |  2011.05.14(土) 20:05 | URL |  【編集】

粉の種類

はじめまして、遡り記事を読ませていただいております。いつもレシピを参考にさせていただき、勉強させていただいてます。我が家は長男が乳製品と卵にアレルギーで完全除去。エピペンをもってます。小麦にアレルギー反応はでませんが、アトピー、喘息、花粉症もありますので、試しにグルテンフリーも導入したらみるみる改善しまして、今もグルテン、乳製品と卵除去のダイエットです。
当方、オーストラリア在住のため、米粉の種類はタイ米のもので日本のものとはおそらく性質も仕上がりや水分量もだいぶ違うので苦労しています。タピオカ粉は手軽に手に入るのは助かりますが。
コーンフラワー、とうもろこし粉、コーンスターチなどの違いがよくわからないのですが、もしよろしければお教え願えませんでしょうか?
また、ポテトスターチとポテトフラワーの違い、
どの粉がどんな性質で何に置き換えられるかなど、参考サイトなどありますか?

いろいろ勉強させてください!
あっきー |  2014.08.07(木) 23:21 | URL |  【編集】

Re: 粉の種類

あっきーさん、はじめまして。
遊びに来てくださって、ありがとうございます!
記事をさかのぼって読んでくださっているとうかがい、光栄です。

長男くんが乳製品と卵にアレルギーで完全除去なのですね。
小麦はさまざまな品種がありますし、グルテンの含有量も小麦の種類によって違ってきますし、農薬などの関係もあり、食物アレルギーとしてはっきりとした反応は出なくても食べないほうが体調がいいということはあるようですよね。

> 当方、オーストラリア在住のため、米粉の種類はタイ米のもので日本のものとはおそらく性質も仕上がりや水分量もだいぶ違うので苦労しています。

オーストラリアにお住まいなのですね。
そうですよね、米粉は難しいですよね。

おっしゃるとおり、日本の場合、上新粉、製菓用米粉、パン用米粉などなど……それぞれの用途別の米粉があり、米の品種も米粉の粒子の大きさも粉砕方法も異なっていますね。

私が主に使っているのは製菓用米粉とパン用米粉ですが、製菓用米粉は小麦粉の粒子の半分くらいの大きさの非常に細かい粒子です。
そのため、ふんわりとしたケーキを焼くことができます。

タイなど、外国での米粉の用途はお料理が主で、お菓子でも、揚げ菓子や蒸し菓子、クリーム状にしたお菓子などに使われることが多いようですね。

外国では「米粉」とはいえ、日本の米粉を用いたレシピをそのまま置き換えるのは難しいでしょうのに、工夫なさっていて素晴らしいですね。

> コーンフラワー、とうもろこし粉、コーンスターチなどの違いがよくわからないのですが、もしよろしければお教え願えませんでしょうか?

コーンフラワーととうもろこし粉は同じものです。
日本での定義では、コーンフラワーもとうもろこし粉もコーンミールを細かく粉状に粉砕したもので同じものをさすのです。
しかし、イギリスなど国によっては、コーンフラワーとコーンスターチを同じものとして表記しているところもあるようです。

日本ではコーンスターチはとうもろこしのでんぷんです。

簡単な見分け方としては、コーンフラワー(とうもろこし粉)はさらさらとした黄色っぽい粉で、コーンスターチは片栗粉のような白っぽい色をしています。

> また、ポテトスターチとポテトフラワーの違い、
> どの粉がどんな性質で何に置き換えられるかなど、参考サイトなどありますか?

ポテトフラワーとポテトスターチはおそらく、両方とも、片栗粉だと思います。
以前、イギリスでポテトフラワーを買って来て使ってみたら片栗粉でした。

申し訳ありませんが、私は食材をどのように置き換えられるかを紹介しているサイトは知りません。
まとまって紹介されているページがあったらいいですよね〜

お互いに、おいしいグルテンフリーの食べ物で、子どもたちの体調をケアしてあげたいですね。
えららん |  2014.08.08(金) 10:26 | URL |  【編集】

ご丁寧に迅速なお返事ありがとうございます。当方第三子出産控えてまして、返事遅くなりまして大変申し訳ありません。
なるほど、勉強になります。
やはり日本の米粉は質も良さそうで、種類も豊富なんですね。

とうもろこし粉は、片栗粉などもうまく使い分けていきたいです。ありがとうございます。

もう一点、もし差し支えなければよろしいでしょうか?

ホイップクリームの代わりに絞り出せるようなクリームはどのようにされていますか?豆腐クリームなど試してみようと思いますが、豆腐の味が強くなるとあまり好まない可能性が。。
ココナツミルクでクリームにするか、いずれにしても絞り出せるほどに固めにできるかが鍵ですよね。。
あっきー |  2014.08.19(火) 22:23 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

3人目のお子さんのご出産を控えておられるのですね。
おめでとうございます!

> ホイップクリームの代わりに絞り出せるようなクリームはどのようにされていますか?豆腐クリームなど試してみようと思いますが、豆腐の味が強くなるとあまり好まない可能性が。。
> ココナツミルクでクリームにするか、いずれにしても絞り出せるほどに固めにできるかが鍵ですよね。。

豆腐のクリームにはココアを入れると豆腐臭さが消えます。
ココナツミルクだけでクリームにしたことはありませんので、それについては何とも言えませんが、カボチャやさつまいもを裏ごししてココナツミルクで適度な固さにして使っています。

絞り出す時には、しっかりと裏ごしをしないと口金に繊維がひっかかって絞り出しにくいです。
また、絞った後にきれいなかたちをキープできるようにしたい時には、寒天をほんの少し入れて、水分が分離して崩れにくくなるのを防ぐ、という方法を使っています。

イメージどおりのケーキができるといいですね。

出産が近づいていると疲れやすくなるでしょうし、上のお子さんたちのお世話もあってゆっくり休む時間もないくらいではないかと思いますが、くれぐれもお体を大切になさってください。

えららん |  2014.08.21(木) 05:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/875-3c1b7d46

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |