2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.04.23 (Sat)

ただいま、あれこれ勉強中です

風力発電で原発40基分の発電可能 環境省試算という報道がありました。
「風力発電を普及できる余地が最も大きく、低い稼働率を考慮しても、最大で原発40基分の発電量が見込める結果となった。風の強い東北地方では、原発3~11基分が風力でまかなえる計算」とのこと。

やっと政府が本気で動き出したのでしょうか!?
市民団体だけでなく、環境庁が原発ではなく自然エネルギーを肯定するような試算結果を発表したことが大きな前進です♪

風力発電では、機械に鳥がぶつかるとか、広い場所が必要だから山などを切り拓くことになって環境破壊や生物多様性が壊される可能性があるという議論はもちろんしなくてはならないですが、それこそ日本の技術力をもってしたら、海上とか、他のより環境負荷を減らした方法も考えられるのではないかと思います。

「揚水発電」をカウントすれば原発なしでも夏の電力間に合うという政府内での極秘資料が存在するという記事もあったりして、政府の内部でも自然エネルギーへ本腰を入れなきゃならないんじゃないか、というムードが漂っているような気がします。
まあ、でも、「極秘」として公開しないのも「国民の知る権利はどうなってるのか?」とつっこみたくなりますが……。

ちなみに、「揚水発電」とは、夜間の余剰電力を利用して下貯水池から上貯水池にポンプで水を汲み上げ、日中の電力消費の多い時間帯に水力発電をする仕組みによって作られるエネルギーです。

いずれにせよ、現在でも使える状態であり、これまでは供給できるエネルギー量としてカウントされずに無視されてきた「揚水発電」というものがあるのなら、ぜひともそのエネルギーも盛り込んで、「夏の停電ありき」ではない「原発なし」のエネルギー量試算をしてほしいと思います。

「原発はイヤだなぁ」と思いつつ、自然エネルギーのことをよく知らないので、本をあれこれ読んでいます。
今読んでいるのは、コレ。

110423_1027~01

エネルギーと環境の話をしよう(著:西尾漠)という本です。
この本の良さは、数字は最小限にとどめ、言葉で平易に説明してあること。
この本は、理系の科目は赤点ぎりぎりだった私でも理解できるほど、わかりやすく書かれています(笑い)
ページを開いた途端、数字がたくさん書かれていたら、私、もう凹んで、凹んで読み続けられませんから(汗)

さまざまなエネルギーの基本をしっかりと踏まえ、それぞれの利点と欠点をあげつつ、「自然エネルギーの普及も省エネルギーの推進も、一人ひとりの力を抜きにして成り立たない」というメッセージを伝えてくれる良書です♪

こちらも今、猛勉強中です。

【More・・・】

私の自習として、こんなクッキー作りました♪
小麦・卵・乳・大豆・とうもろこしを使わないレーズンクリームサンドクッキーです。

110420_1136~01

中のクリームはレーズンの甘酸っぱくて、外側はサックサク♡
味にうるさい夫も珍しく「うん、おいしいよ」と言ってくれました~。

いつものクリームサンドはクッキーの間にマシュマロをはさんでいるのですが、マシュマロにはコーンスターチが使われていますし、とうもろこしって結構強いアレルゲンですから、今回は使いません。
ムスコだって、マシュマロを食べても大丈夫になったのは3歳過ぎですもん。

必要最低限の食材で、身体にやさしいレシピ。
それをテーマに、6月12日(日曜日)に開催するチャリティーお料理教室で制作するお菓子はできるだけブログに発表していないオリジナルレシピにしたいと思い、あれこれ試作しています。

しかし、はじめてのお料理教室ゆえ、緊張しまくって、失敗しないハズがない!という状態(汗)
でも、せっかく来てくださる方のお役に立たなかったら申し訳ないので、普通のお料理教室とは違うやり方を考えています。

今回は、お菓子実験教室という感じにしようかな、と。
クッキーに使う米粉とでんぷん質の配合や糖分の量や種類などの違いで、どのように食感が変化するのか、化学実験のようなことも参加者のみなさんにやっていただこうと思っています♪
そういう「組み合わせの方程式」のようなものがわかると、あとで自分で作る時に手許にある材料でアレンジしやすいと思うので。

あれやこれやとおしゃべりしながら、ワイワイがやがやとお料理をするのが今からとても楽しみです。
もしご都合が合うようでしたら、ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね♪


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  私の役に立った本  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

明るい話が、出て来ましたね♪

原発に頼って、あまり詳しく知ろうともせず、今を迎えて、『反』原発はおかしいかと思うんで、『脱』原発出来るんなら、そっちに進みたいなぁと思ってます。
『反』って別に反対せんでも切り替えていけるんやったら、それでええし、原発をひたすら批判するんもちゃう様な。
だってお世話になってきてるんやし。

レーズンサンド、めっちゃうまそ~♪
旦那に軽く、行って来たらと言われましたが、往復の交通費を試算したら、旦那を抜いて子供達と四人で行くにしても、ちょっと、ちょぉぉっと厳しいかな、と思ったし、料理教室だけやと、滞在時間よりも往復の移動時間のが長いので、夏休みとかにも開催して貰えたら、旅行がてら、行きやすいなぁ、なんて…。
片道3時間はかかるのでf^_^;

実験やなんて、内容もめっちゃ楽しそうやし、子供達連れて、お邪魔したいわぁって思うので、今から貯金して、ロト6も買わな(笑)

福島のお米を買うた話、載せました。
えららんさんの勉強量や知識量にはかないませんが、私には、私の出来る事があると信じて、やっていきたいと思います♪

いつも、沢山の吟味された情報を、ありがとうございます♪
chika |  2011.04.23(土) 14:11 | URL |  【編集】

chikaさんへ

> 原発に頼って、あまり詳しく知ろうともせず、今を迎えて、『反』原発はおかしいかと思うんで、『脱』原発出来るんなら、そっちに進みたいなぁと思ってます。

私もchikaさんの意見に賛成です!
いきなり「原発をすべて廃炉に」というのはムリだと思いますし、現実的じゃないと思うんですよね。
原発を作るにはとても莫大なお金がかかるのですが、運転して減価償却できるまでには長い年月がかかります。
それだからこそ、できるだけ長く使いたいということみたいですよね。

ネット上で見つけた2004年のちょっと古い資料なのですが、福島第一原発事故は起こるべくして起こったのだと感じさせるようなことが書いてありました。

「従来の原発の運転年数(=耐用年数)は減価償却の終わる「法定耐用年数」16年でした。しかし、ここ数年、電力会社や経済産業省などは、初期投資が大きく、燃料費の割合が化石燃料に比べて比較 的に小さい原発の"耐用年数"を40年として、コスト計算をするようになりました。
 このことから言えることは、電力会社は原子力発電の経済性をアピールするために、耐用年数を引き上げ、原発を40年も使い続けることを想定しているようです。それで福島第一原発みたいに老朽化して問題視されていても使い続ける、ということが起こってしまうようです」(http://www.nuketext.org/yasui_cost.html
自分でこれまでに調べたことや、このサイトを見る限りにおいては、法定耐用年数を超えて使わないと利益が出ないから古くても使おうという判断で原発の安全性よりもコスト面が優先されてきたという印象をぬぐえません。
実際に大事故が起こってしまいましたし、ここまで危険な箸渡りをしてまで、原子力エネルギーを中心に据えることはないと思うので、政府は、他の自然エネルギーとも併用しつつ、エネルギー政策を根本的に見直してほしいと思います。

> レーズンサンド、めっちゃうまそ~♪

うっふっふ~、おいしいんですよ、これが♡
ぜひぜひ、いつか食べてみていただかなくては~。

今回のお料理教室は米粉餃子なので、chika特級点心師にいらしていただきたいところですが、そうですよね、東京までの交通費高いですよね……。
夏休み……どうでしょう、いらしてくださる方、いますかねえ?
ロト6で大当たりしますよう、こっちからも「当たれ~、当たれ~」と念を送らせていただきますね(笑い)

福島県・会津のお米屋さんの記事も、私の実家を応援してくださる記事も、いつもいつもchikaさんの優しさに励ましていただいています。
ありがとうございます!
えららん |  2011.05.01(日) 06:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/862-f6092757

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |