2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.04.19 (Tue)

ローシュガー&オイル米粉チョコクッキー(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

ムスコが毎日のように私に聞くことがあります。
「ねえ、おかあ。まだたくさんのひとがないてるから、わらっちゃいけない?」

ムスコが小さな胸を痛めていることを感じつつ、「笑っていいだよ。でも泣いている人がいることを忘れないで、その人たちのためにできることをしようね」と私が答えると、ムスコは「うん! じゃあ、どうやったらわらってくれるか、いっしょに かんがえようね!」

子どもであっても深く傷ついている人たちがいることを認識していて、その事実とどう関わっていこうかと模索していています。
人への風評被害はあってはならないことです。
相手を思いやる気持ちは、いついかなる時であれ、忘れてはいけないですよね。


3.11大震災の夜、避難所で20歳の大学生が一晩で作りあげたサイト
#prayforjapan.jpをご存知でしょうか?
そこには世界中から寄せられた被災地への愛に満ちています。

インターネットに投稿された心に残るエピソードや、海外から寄せられた応援メッセージからまとめられたメッセージは心に染み渡り、素晴らしすぎて説明する言葉が見つかりません。

以下にメッセージを一部、抜粋します。

☆子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。
店員さんがその子供の背中に向けてかけた「ありがとうございます」という声が、震えてました。

☆亡くなった母が言っていました。
「人は奪い合えば足りないが分け合うと余る」
被災者で実践されていた、この国の東北関東被災者の方々を、日本を、誇りに思います。
頑張ってください。

☆NHKの男性アナウンサーが被災状況や現況を淡々と読み上げる中、「ストレスで母乳が出なくなった母親が夜通しスーパーで開店待ちの列に並んでミルクが手に入った」と紹介後、絶句、沈黙が流れ、放送事故のようになった。すぐに立ち直ったけど泣いているのがわかった。
目頭が熱くなった。

☆いつか自分の子供や孫に話そう。
おばあちゃんが若かった時、東日本大震災があって世界中が一つになった。皆が一つのために必死に支え合って輝いていたんだよ」って。
相手が聞き飽きるまで話そう。
だから一人でも多くの人に元気になってほしい。

#prayforjapan.jpに寄せられたメッセージは累計100万件以上にものぼります。
そして1秒ごとにさらに増えています。

このサイトにまとめられた言葉はPRAY FOR JAPAN - 3.11世界中が祈り始めた日という本として4月26日に出版され、この本の印税はすべて被災地のための義援金として寄付されます。
予約の受付が始まっています。

被災地の状況は刻一刻と変わり、被災者が必要としているものも、必要としている支援も変わっていきます。
けれども、偶然にも今回被災しなかっただけの私たちが、被災地のために、安全に過ごせるような日本にするために、支援を続けていくことが必要ということは変わりません。

決して、3.11大震災のことを忘れないように、そして長く、長く、被災地を支援しつづける勇気を持つために、私はこの本をかたわらに置きたいと思います。

【More・・・】

私がムスコのためにできることは、ムスコのために心をこめて食事を準備すること。
ムスコの笑顔が夫と私の元気になって、これから築かれる新しい日本はよりよくなるための選択と行動をするためのエネルギーとなります。

これまでのことを振り返り「これでいいのか?」と問いかけ、ムスコが暮らしていく世界が美しいものになるようにと祈りをこめて、浴びるように使っていたエネルギーや資源のムダを見直し、風評被害にまどわされず、なんでもかんでも「ほしい、ほしい!」と欲望ばかりが肥大しないよう、大切なものだけを選び取る生活をしていきたいと思っています。

今日のおやつは、被災地にいる食物アレルギーの子たちの支援を一生懸命行っている辻安全食品の米粉を使いました。
糖分も油脂分も少なめで、サクサクなクッキーができました♪

110414_0540~01

米粉マジック         40グラム
♡タピオカ粉          45グラム
♡三温糖            10グラム
♡ココアパウダー        5グラム
☆ショートニング        30グラム

沸騰湯             20グラム

1)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせる。
2)1に☆の材料を入れてよくこねまぜる。手のひらや指で粉とショートニングをつぶしながらすりあわせていると、ショートニングのかたまりがなくなり、粉がややしっとりになる。握った時にかたまりになるくらい。
*手のひらの熱でショートニングが溶けて粉類がしっとりしてきます。
3)2に熱湯を一気に入れてよくこねる。
*生地がまとまりにくい時には熱湯かショートニングを微量ずつ足してください。熱湯を加えるとクッキーに固さが出ますが、ショートニングだと加えてもサクサクします。
4)ラップを敷いたまな板の上に生地を乗せ、麺棒で3ミリほどの厚さにする。お好みの型で抜く。抜きにくい時にはクッキングシートの上で生地を3ミリに伸ばし包丁で食べやすい大きさに切った状態でオーブンへ。
*薄くてもろいので丁寧に作業してください。
7)160度に予熱しておいたオーブンで20分ほど焼く。焼き上がったら裏返して天板の上で冷ます。クッキングシートの上で焼いた場合には、クッキングシートは取り除く。
*天板の上で冷ますことで、さらに熱が入って余分な水分が抜けます。


作り方のポイントが2点あります。

1)米粉とショートニングをしっかりとなじませること。
2)熱湯を入れて米粉をアルファー化させて結着性を良くすること。

米粉の種類によって熱湯の量が変化します。
米粉自体の水分含有量が多いもののほうが加える熱湯の量が少なくて済み、食感が良くなります。

熱湯は少なければ少ないほどサクサクします。
もし生地がまとまりにくい時にはショートニングを加えてまとめたほうがいいのですが、油脂分が気になる場合には微量ずつ熱湯を加えて調整してください。

生地は3ミリほどにしてください。
薄めにして生地をまとめるのに使った熱湯がしっかりと蒸発することとサクサクします。
厚みがでると内側の水分が抜けずにサクッとしませんので、ご注意くださいね。

にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/853-c387839c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |