2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.04.14 (Thu)

やった! 福島から東北新幹線がやってくる♪

今日は待ちに待った福島から両親が東北新幹線に乗って遊びに来る日。
ムスコも6時前から起きて、ルンルンしています♪

実家の両親とともに、家族みんなで春の東京を満喫してきたいと思います。
いってきます♪

と、その前に。
昨日から今朝にかけてのニュースで怒りが炸裂していまして……。

【More・・・】

東京電力の社長が記者会見を行いましたね。

福島第一原発の事故がまだまだ深刻な状況であることを踏まえ、東京電力が避難住民に原発事故によって支払う賠償金の一部を支払う意向を示しています。
原発から半径30キロ以内は農業も漁業も盛んな地域なのに、そこにあった産業のすべてを壊滅状態にして、避難している住民の今の生活はもちろんのこと、今後の生活にも大きな影響を与えているのですから当然のことです。

でも、記者会見について報道された東電社長、賠償仮払い表明を読んでいて、「えええええー!? ありえない」と思いましたよ。

「福島第一の1~4号機については、廃炉の意向を改めて表明したが、5、6号機と福島第二原発の廃炉は『未定』とした」
ええええーーーーー? 

だって私、福島第一原発の1~6号機は廃炉だと信じてました。
それに枝野官房長官も個人的な意見としながらも5、6号機も廃炉という方向性を示していました。
これだけの事故を起こしているんだから、甚大な被害と近隣の住民感情に配慮して「5、6号機は動かしたいなぁ」なんていう東電の気持ちもなくなったと思っていましたよ。

廃炉は未定ってことは、政府は廃炉の方向性を示したのにそれに従わない、ってことですよね?
空前の巨額な賠償になるであろうことが予想される賠償金についてだけは「国と協議しながら原子力損害賠償制度に基づき、誠意を持って対応する」とかなんとか言っていて、ズルくないですか、それ?
言葉は悪いですが、住民のことも、国民のことも、国家のことも軽んじて、自分たちのことだけしか考えていないように私には思えてしまいます。

福島第一原発5、6号機のことだけでも驚きました、私。
なのに、さらに驚愕の発言。
「2007年の新潟県中越沖地震以来、耐震補強工事を施している柏崎刈羽原発2~4号機については、再稼働に意欲をみせた。とくに3号機は『できれば年内に了解を得る手続きに入りたい』との意向」だそうです。

柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会のサイトに詳しく書かれていますが、柏崎刈羽原発はまだまだ問題が多く、地域住民の疑念も払拭されていないですよね?

まさか、まさかですが、「福島の原発事故を踏まえて同様の震災があっても耐えられるように耐震補強をしたし、津波対策もしましたから、もう、安全対策は万全ですよ」なんて軽々しく言ってのけるつもりなんでしょうかねぇ。

福島第一原発だって、以前から事故はいくつもあったのにその場しのぎの対処をし、のらりくらりと「絶対に事故は起きません」って言いながら運転していましたけどね。

福島第一原発の事故が福島県だけでなく日本全体に多大な被害を及ぼし、国際社会からの評価も失墜させ、日本の国家の財政破綻さえ起こしかねない危機的状況であることをわかっているのでしょうか。
理解に苦しみます。

福島第一原発の賠償金に関して、東京電力の天災時の特例で国が賠償を肩代わりするのかどうかに注目が集まっていましたが、3月25日に東電に賠償免責の適用ないと枝野官房長官が発言しました。

原子力損害の賠償に関する法律では「異常に巨大な天災地変または社会的動乱」の場合は、原子力災害に対する東電など原子力事業者の賠償責任を免除し、国が負担する免責条項を定めていますが、今回は国民感情としても、政府の認識としても「免責にすることはない」ということです。

となると、まったくお金が足りない。
他の電力会社も負担する補償原案も出ていますが、それでまかないきれるはずもなく、事故賠償補償料足りず、差額は国民負担だそうです。

ありえない、ありえなすぎます!
とにかく一企業の背負いきれないほどのリスクを負う事業を、安全面を充実させるコストも削って利益をあげていた東京電力も東京電力ですし、それを監視できなかった国も国です。

さらに、原発を監視すべき経済産業省(←国としては原発推進だったんですから、もうここから矛盾してますが)自体が経済産業省OBが東電に天下りを許してきたのも信じ難いことです。
癒着が起こって監視が甘くなって当然です、そんなの!

批難したって何も生まれないから今までこういう言い方は避けていましたが、日本の一企業である東京電力の営利目的のために福島県は見捨てられ、日本の財政が底をつき、国家的な危機を引き起こしかねない責任をどう考えているのでしょうか?
今もまだ東京電力は自分たちの会社の営利目的だけを優先しているかのように見えるのは、私の脳みその錯覚なのでしょうか?

東京電力を責めても仕方がないことだとはわかっています。
わかっていますが、誠意のない対応も責任感を認識していないかのような社長の発言は私には納得できません。

原発の現場で命がけで必死に働いている人たちにおんぶにだっこで危険なところだけ任せて、経営サイドだけが今後も原子力エネルギーによる利益追求の姿勢で、縮小するきざしすら感じさせないというのは倫理的にどうなんでしょうか?
代替エネルギーによる電力供給についても検討する姿勢を見せてもいいんじゃないでしょうか。

このまま原発事故が収束しなければ、日本国内の経済がさらに萎縮することは明らかですし、日本からの輸出品は売れず、外国からの観光客もこなくなってしまうでしょう。
今だけでなく、これからもどこまで膨らむかわからない原発事故の賠償。
頻発している地震で他の原発に万一、何かあったら、もう想像するのも恐ろしい事態になります。

東京電力がすべき第一のことは、福島第一原発の事故を収束させてしっかりと賠償を行うことであり、次にすべきことは代替エネルギーの実現性をまじめに迅速に検討し、国内の原発施設、再処理施設を段階的に縮小していくことだと思います。
それ以外に、福島県民に、そして日本国民全体に責任を果たす手段はないと思います。

私は、子どもたちの被曝のリスクを背負ってまで未来永劫続く原発の悲劇を見たくはありません。
原発はいらない、その意思表示をしていきたいと思っています。

私たちが生活の中でできる意思表示は「必要以上の電力を使わない」ということです。

どんどん施設を作ってどんどん使ってもらったほうが電力会社はもうかるわけですが、使わなければ新たな原発を作らなくてもいいですし、休止中の原発を動かす必要もないんですから。
勝手に作ってさんざん使うようにしむけておいて、「あなたたちが使うからこそ、必要な分を供給できるように私たちは頑張って作っているんですよ」なんていう電力会社の詭弁をまずやめさせないといけないですよね。

日本全国で同じように意思表示をしていけば、お住まいの管轄の電力会社の原発を止める一助となるはずです。
東京電力と国は原発事故を終わらせるために最善の処置を、私たちは子どもたちの未来のために節電を。

変えたいという思いがあれば、未来はきっと変わる。
そう信じています。


怒り炸裂でまとまりのない記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.04.14(木) 13:41 |  |  【編集】

晴れ

今日は、お天気に恵まれて、最高でしたね^^

さらに、原発を監視すべき経済産業省(←国としては原発推進だったんですから、もうここから矛盾してますが)自体が経済産業省OBが東電に天下りを許してきたのも信じ難いことです。

ほんと、がっかりですね。
どんな有力情報でも、不利なものは(国に?)
ツイッターでさえ、ふるいにかけられてるというし(ある程度の管理は必須なんでしょうけど)、誰のための国家であり施設なんでしょうね。
マスコミや報道も。
みんな利益重視ですよね。
何か見失っていませんかーー?って聞きたいです。
 |  2011.04.14(木) 23:07 | URL |  【編集】

鍵コメントさま

実家の両親が遊びに来てくれてお散歩した時、とてもお天気が良くて、とても花粉も元気でしたよ(涙)
鍵コメントさん、花粉で大変なのですね。
私も一緒です~。
目が痒いし、なんてったって鼻水がだらだら……。
女性としては、鼻をずびーずびーとかんで、鼻のまわりの皮膚がかぴかぴになっているのは、なんとも切ないです……。

> 上の方達は、安全な場所にいるから痛みがわからないのでしょうか?
> 他人事のような発言ですよね

誰かのことを真剣に思いやるとか、自分の言動が部下を傷つけることがあるなんて、思いもしないのかもしれないですよね。

「あの人は仕事ができる」と言われる人のことを考えると、仕事ができるということは部下を上手に使うことができる、ということもあるかもしれませんし、仕事を効率よく行える優先順位の付け方がうまいということかもしれませんが、別な側面から考えたら、クライアントへのごますりや接待が上手とか、会社にいる時間が長くて家庭を省みないということもあるのかもしれません。
どれもが少しずつバランス良く混じり合って「あの人は仕事ができる」という評価につながっているのであればいいですが、どれかだけが突出していると、結局は「誰かの犠牲の上にある人の有能であるという評価がある」ということになりかねないのかな、と思います。

東電の社長は、一部の報道によると、会社のムダな経費をカットするのに長けていて「有能」な方だったらしいですよね。
その「有能」さが裏目に出たのですよね。
今の社長ひとりの責任ではなく、これまでの代々の「有能」な社長たちが培ってきた社風のようなものもあって、今回の大事故が起こり、今は会社が国有化されるかもしれないと言われているほどの大惨事になったのでしょうね。

会長退任に伴い、役員刷新を打ち出していますが、原発事故の収束と、今後の原発の扱いについて革新的に、迅速に行う決断力と愛情のある組織になって、原発の対処にあたってほしいと思います。
そして原発によって生じたさまざまな意味の差別を引き起こしている人道的、倫理的な責任も感じ、その責めもしっかりと受け止めていってほしいと思います。

それと同時に、これ以上、被災した上、原発事故の影響で苦しんでいる人たちを傷つけないでほしいです。

お互いに、必要以上に放射性物質におびえることなく、でもその状況をしっかりと把握しながら、冷静に過ごしていきたいですね。

えららん |  2011.04.19(火) 07:39 | URL |  【編集】

楽さんへ

> 今日は、お天気に恵まれて、最高でしたね^^

ほんとうに楽しい一日でした!!
機会があったらぜひ、皇居東御苑のお散歩へ♪
広くて綺麗な上、子どもが走り回っても危ないものはないし、自動車が走って来ないという安心感が大きなポイントですよ~。

> さらに、原発を監視すべき経済産業省(←国としては原発推進だったんですから、もうここから矛盾してますが)自体が経済産業省OBが東電に天下りを許してきたのも信じ難いことです。

やっと天下りの自粛要請が政府から出ましたが、何百人単位で天下りしていたんだから、癒着していて当然ですよね。
ネットやメディアが騒ぎ出したから自粛要請が出たような印象がぬぐえなくもないですし……。
「国民にわからなければ何をやってもいい」みたいな状態がなんとも腹立たしいです。

> ほんと、がっかりですね。
> どんな有力情報でも、不利なものは(国に?)
> ツイッターでさえ、ふるいにかけられてるというし(ある程度の管理は必須なんでしょうけど)、誰のための国家であり施設なんでしょうね。
> マスコミや報道も。
> みんな利益重視ですよね。
> 何か見失っていませんかーー?って聞きたいです。

ほんとうに、この情報統制はなんなんでしょうね!!(激怒)
国民を不安にさせないようにっていう名目でどんどん都合の悪い情報が出ないようにしていって保身をはかろうとしていて、でも隠しすぎて信用してもらえなくなるなんて、本末転倒ですよね。
政府もそうですし、メディアもそうですよね。

でも、あまりのひどい状態に、さすがに異論を唱えるメディアも出てきましたし、政府のお抱え学者たちも疑問を呈するようになってきましたね。
3.11大震災を機に、日本全体が大きく方向変換をして、よりよい日本になろうとしないといけないですよね。
そうじゃないと、必死に我慢している福島県民も被災地の人たちも風評被害で苦しむ人たちも、そして私たちも、一緒に希望を持って未来へと進むことができなくなってしまいますから。

お互いに、正しいことは何なのかすぐにはわからないけれど、「何か見失っていませんかーー?」と自分自身に問いかけながら、一生懸命考えて、子どもたちの未来のために良いと思えることを積み重ねていきましょうね。
えららん |  2011.04.19(火) 07:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/838-f08a84e1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |