2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.04.06 (Wed)

混ぜるだけでできる乳&油不使用チョコムース風(小麦・卵・乳・ナッツ不使用)

宮城県警のおまわりさんたちが避難所を訪れ、被災した方々のお話を聞いて歩いている様子が小さなことを積み重ねるという記事で紹介されていました。
「話を聞いてくれてありがとう」と涙を流す方もおられるそうです。
悲しすぎて、苦しすぎて、涙を流すことも、言葉を発することもできない方たちもおられるでしょうけれども、それでも心を通い合わせようとそばにいてくれる人がいる、ということは大きな意味を持つのではないかと思います。

人の心の傷を癒せるのは人の心だけ。
何の本で読んだのかは忘れてしまいましたが、ほんとうにそうだと感じています。

【More・・・】

福島県の山間などには、今も「駐在さん」がいます。
交番は複数のおまわりさんが交代で勤務しますが、駐在所はおまわりさんとその家族が住んでいて、あちらこちらを巡回しながら「今日はいい天気だない。じいちゃん、体調はどうだ? ムリすんでねえぞ」と声をかけ、ご近所さんと密接に関わりつつ、地域が安心して暮らせるように見守っています。

宮城県警の方々の活動は、まるで駐在さんのようですね。
治安のためにルールにのっとって杓子定規に物事をこなしていくことも時には必要でしょうけれども、被災した方々の心に寄り添っているおまわりさんたち姿はとても素敵だな、と思います。

きっと、報道されていないだけで、こうした活動をなさっている方々はたくさんおられるのでしょうね。
心が寄り添い合って、受けてしまった大きな、大きな傷がほんの少しずつでも癒されていくことを願ってやみません。

子ども向けのネットニュース「月刊ニュースがわかる」で原発頼りの日本という記事がありました。
日本各地にある原発の数と運転状況とともに、日本で用いているエネルギー(原子力・水力・石油・石炭・液化天然ガスなど)の内訳が色付きの棒グラフで描いてあって、とてもわかりやすいです。

さんざんエネルギーを消費しただろうと勝手に思い込んでいたバブルの時期よりも今のほうがたくさんエネルギーを使っているんですね。
何にそんなにエネルギーを使っているのか、ほんとうに不思議です。
こうやって考えてみてもまったく思いつかないということは、別になくてもいいようなもので気付かずにムダ使いしているエネルギーがあるっていうことなんじゃないのかなぁ……。

日本の家庭の消費電力内訳というタイトルで、平均的な家庭の何に電力が使われているかまとめられた記事がありました。
トップ3はエアコン、照明、冷蔵庫だそうですが、これらを省エネ家電に買い替えると20~30パーセントの節電効果があるそうです。
やってらっしゃると思いますが、使っていない電化製品のコンセントを抜くのも、節電効果がありますよね。

前福島県知事が告発しているように、原発の安全性に疑問があったとしても隠蔽して運用していたのだとしたら、たとえ原発事故が収束したとしても、原発が集中している福島県民は断固、運転再開を拒否するでしょう。
すでに福島県では福島第一原発の増設は撤回されて福島第一原発はすべて廃炉にされる方向になり、政府も日本各地の原発の新設を白紙にして見直しを始める姿勢を打ち出しています。

今後、福島県の原発が稼働しない分を他の地域の原発を新設して電力供給量を増やすという理論がまかり通らないようにするには、日本全国で節電を続けていき、各地で原発の運転再開が必要ないくらい、もはや新設は不要になるような状態にすることが大切だと思います。
節電は福島県のためであり、原発のある地域のためになり、ひいては日本のためにもなると私は思います。

なので、使っていない電化製品のコンセントを抜き、被災地の特産品や農作物を購入したり、スーパーやコンビニで買い物した時におつりを義援金箱に入れたり……日々、自分ができることをできるペースでしていくことが、被災地の人たちと心を寄り添わせていることにつながるんじゃないかと思います。
「離れていても、いつもあなたのことを思っているよ。応援しているよ」と伝えることになりますよね。

小さく思えることであっても、ずっとずっと長く続けていって、被災地を支え、社会を変える大きな力にしたいですね。

*****************************

昨日からやっとムスコが保育園に行き始めました。
久しぶりの登園のため、帰ってきたら疲れ果てて超不機嫌……。

でも頑張っているご褒美に、乳製品&オイルフリーのチョコムースを。
以前、よく作っていた時よりももうちょっとココアパウダーを足して大人っぽい味にして、さらに材料を減らしましたました。

110322_0855~01


ほんとうに、ただ混ぜて、さらしあんに水分を吸わせるだけ。
昨日ご紹介したお湯だけでできる☆さらしあんデザートと同じ理屈です。
レシピというのもお恥ずかしいですが……。

レシピはすべて目安量です。
大人用には甜菜糖やココアをさらに増やしたほうがチョコの味が濃厚になりおいしいです。
もちろん、お好みで減らしていただくこともできますが、減らすと豆腐の味がします。

<材料>
絹豆腐     120グラム
甜菜糖      35グラム
*量を減らすことができますが、減らすと豆腐の味がします。
さらしあん(粉末) 25グラム
ココア      15グラム

甘納豆(飾り)   お好み


<作り方>
1)材料をすべてミキサーに入れ、なめらかになるまで混ぜる。以上。
*ミキサーを使わない場合には、すり鉢を使ってください。豆腐を先に入れてなめらかにしてから、他の材料を少しずつ入れてグリグリとすっていくとできます。材料をいっぺんに入れると豆腐がつぶつぶになって残りやすいです


さらしあんを使って少し固まるようにするので、ミキサーでかけた後、ちょっと置いて水分を吸わせてくださいね♪
チョコムースとはいえぷるんとしているわけではなく、濃厚なチョコクリームのような感じです♪♪♪



にほんブログ村 料理ブログへ
よろしければ、クリックをお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/828-1d22bbd3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |