2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.03.31 (Thu)

卵たっぷり風カスタードクリームトースト(小麦・乳・卵・大豆・ナッツ不使用)

被災地での子どもの心のケアを行うボランティアが増えてきましたね。
そして、ママたちの話を聞くボランティア活動もスタートしているようですね。
ボランティアスタッフの方が「ママは家庭の太陽。ママの不安な気持ちは子どもにも伝わりますから、少しでも心を軽くするお手伝いしたい」と話していたのがとても印象的でした。

「えほんをおくろう。えがおをおくろう。」というテーマで、0~14才までを対象とした「絵本・児童書・紙芝居」を送る「ユニセフ ちっちゃな図書館」プロジェクトがスタートしました。
被災地での読み聞かせのために、当面、全国100か所に送るそうです。
読み聞かせの科学的な効能というのも報告されていますし、これまでの日常生活と違う環境だからこそ、読み聞かせのような心の絆を深めるコミュニケーションを行っていくのはとても大切なことですよね。

ネットニュースで、14歳アイドルが原発のリスクを語るブログのことを知りました。
藤波心ちゃんは批難覚悟で……という記事の中で原発について自分の意見を書いているのですが、強く共感!
原発について自分の身近なこととの関連性で深く考えていて、とても14歳とは思えません。すごいです。

「今の現状、私が思うのは……テレビが言う、安全・大丈夫ではなく、やっぱり『危険』なのだとおもいます。どーんと爆発したり、急に明日何万人何十万人が死ぬということはないかもしれないけど、5年、10年の歳月を経て、じわじわ私たちを蝕むとおもいます。原発のリスクとリターンを考えたら、あきらかに、リスクが高すぎる」。

アイドルというのは政治などに触れるのはタブーになっている職業なのに、14歳のアイドルがここまで踏み込んだ発言するのはとても勇気がいったと思います。
また、藤波心ちゃんのところや所属事務所宛に「専門家でもないくせに何を言っているんだ」的なクレームもあったと言いますが、原発のことは命にかかわることで国民みんなで考えるべきことなので、「専門家でもないくせに」という批難はヘンですよね……。
原発に賛成でも反対でも意見は自由でいいけれど、節電はしてほしいという藤波心ちゃんのメッセージは、まさにそのとおりだと思います!

しかも、藤波心ちゃんのテレビ業界をよく知るアイドルらしい視点にも思わず苦笑。
「テレビはこんだけ安全・大丈夫って言い続けているので そのうち、『放射能を跳ね返す!! スーパー健康法』とか『放射能にも負けない!! 体質改善・げんき体力づくり』特集とかやりだすんじゃないでスカ???・・・( ̄ー ̄;そんなの、いくら頑張っても跳ね返したり、勝ったり出来ませんから。なんてったって、相手は放射能ですからね」

藤波心ちゃんはパンドラの箱の「希望」という記事では、自分のおばあちゃんに言われたことを例に、今回の原発事故に端を発した計画停電のことについて書いています。
ぜひ、お時間を見つけて、中学生の女の子の意見にも耳を傾けていただけたら嬉しいです。

「専門家」や「専門家」の意見に振り回されてしまいがちな大人よりも、むしろ子どものほうが物事の根っこにある大切なところをしっかりと見ているのかもしれないなぁ、と感じました。

昨日からムスコは熱を出して保育園をお休みしています。
おまけに、座って遊んでいたらそこで失禁しちゃいました……。
被災地でなくても不安・動揺 保健室駆け込む子が急増という記事にもあるように、親も子どもも心が安定しない状態になって身体のバランスが狂い、免疫も下がっているのかもしれないなぁ、と思ってみたりしています。

どうぞ、みなさんも体調にはくれぐれもお気をつけくださいね。
食欲のないムスコのブランチはこんなのでした。

【More・・・】

110330_0814~02

このところ、地元のことばかり考えていたら、子どもの頃に食べたもののことをあれこれ思い出しました。
私が子どもの頃ずっと大好きで、東京に住むようになっても帰省するたびに買っていたのが、近所にあったパン屋さんのクリームボックス
食パンに甘いクリームを乗せて焼いたシンプルなパンなのですが、それがたまらなくおいしくて。

なんだか懐かしくて、卵も牛乳も使わず、似た雰囲気のパンが作りたくなりました。
クリームボックスは真っ白い牛乳の風味がたっぷりのパン。
でも、私が作りたい菓子パンのイメージとしては、コクのあるカスタードクリームを乗せて焼き上げたトースト。

通常、卵を使わないカスタードクリームは、卵も牛乳も使わないプッチンプリン風のようにコーンスターチやタピオカ粉を加えて煮てとろみをつけます。
でも、材料を混ぜて、お鍋で焦げ付かないように煮るというのも面倒ですよね。

なので、そのひと手間をやめ、卵たっぷり風カスタードクリームトーストはトーストしている間に材料に混ぜたタピオカ粉がとけ、お皿に乗せた頃に固まります。
ココナツミルクの甘い香りがふわ~んと香ります。

リンゴジュースのくず湯しか食べてくれなかったムスコが、一口食べて「うん、おいしい。あまいね」。
嬉しそうに1枚ぺろり。
なんとか食べてくれて、よかった~

<材料>
米粉パン     2枚

ココナツミルク    60グラム
かぼちゃの黄色い部分 50グラム
*さつまいもでもおいしいです。
甜菜糖        20グラム
*お好みで増減してください。がっちり甘いほうがおいしいので、このレシピの分量だとかなり甘いです。
タピオカ粉      2グラム
*コーンスターチやくずに置き換え可。
塩          ひとつまみ

かぼちゃの種          適宜
*見た目のアクセントに乗せているだけなので、味には関係ありません。なくてもいいです。

<作り方>
1)かぼちゃを竹串がすっととおるくらい軟らかくなるまで蒸す。皮の部分をとりのぞく。オーブンを250度に予熱しておく。
*オーブントースターでも大丈夫です。
2)1と残りの全部の材料をミキサーに入れて、なめらかにまるまで撹拌する。
3)パンに2の半量ずつ乗せ、250度のオーブンで10分ほど焼く。
4)焼き上がったら熱いうちにかぼちゃの種を乗せる。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

ムスコくん、お熱出しちゃいましたか。
被災地ではなくても、周囲がこれだけ騒いでいる以上は子供に影響が出るのは必至ですよね。


藤波心さんのブログは私も目にしています。
14歳という年齢だからこそ、書けた内容でしょうね。

福島第一の事故で、世界中がエネルギーに関して見直しを進めるでしょう。原発に関しては廃炉方向で向くのかもしれません。
ただ、代替エネルギーの確保ができなければ原子力はすぐに撤廃は出来ない。というのが現実です。(アメリカではスリーマイルの事故から反対派が多くなったものの、不自由さから原発推進に方向転換しているそうです。)

火力でも十分とするニュースもありますが、その分、石炭・天然ガス・原油の価格が高騰します。
世界中が、火力に目を向けたら5年もつかどうか?というデータもあります。
次世代がイラナイ。という原子力発電は見直すべきだと思いますが、反対・賛成の両極端から意見を言うのではなくどういうデータがあって、どう対応するのが可能なのかを探っていくのが真っ当な道ではないかと。

技術立国ニッポンを謳うなら、放射線除去技術くらい数年で確率させてみろー。とか言ってみたくなるんですが(笑)


ムスコくん、美味しそうなフレンチトーストだから食べたのね♪
しっかり栄養をとって元気が出ますように!
Norino |  2011.03.31(木) 16:40 | URL |  【編集】

Norinoさんへ

> ムスコくん、お熱出しちゃいましたか。
> 被災地ではなくても、周囲がこれだけ騒いでいる以上は子供に影響が出るのは必至ですよね。

ほんとうに、そうですよね。
子どもの心は外側に開かれていて、外からの刺激を受けやすいですし、いつもは頼っている大人が不安になっていたら、その不安は子どもの心の中にどんどん蓄積していくんでしょうね。

ムスコの保育園でもクラスの半数くらいが休んでいるそうです。
過剰なストレスがかかり心が不安定になると、身体に出るんでしょうね。

> 藤波心さんのブログは私も目にしています。
> 14歳という年齢だからこそ、書けた内容でしょうね。

やはり、ご存知でしたか!
そうですね、先入観や既成概念がないからこそ書ける、ということはあるでしょうね。

電力をお菓子に置き換えて考えていたり、中学生の女の子らしい視点があって、私にとってはとても新鮮でした。
それに、実際に次世代を担う年齢の子がここまで考えているのか、と頼もしくも思いました。

> 福島第一の事故で、世界中がエネルギーに関して見直しを進めるでしょう。原発に関しては廃炉方向で向くのかもしれません。

今日、福島第一原発6基は廃炉にする方向性が打ち出されましたね。
それに、今後、新設する予定だった原発に関しても白紙撤回、再検討が打ち出されましたよね。
世界中でエネルギー政策に対する見直しが行われていますね。

> ただ、代替エネルギーの確保ができなければ原子力はすぐに撤廃は出来ない。というのが現実です。

Norinoさんのおっしゃる通りですよね。
代替エネルギーが確保せずに原発撤廃という極論は現実的でないにしても、原発の新設はせず、原子力以外のエネルギーの割合を増やしていく、原発に依存しないエネルギーのあり方を考える、という姿勢を示すことが今、必要なのだと私は思っています。
どちらの方向を向いて社会全体で進んで行くのかを決めない限り、どこへも行きつけず、迷走するだけですから。

> 火力でも十分とするニュースもありますが、その分、石炭・天然ガス・原油の価格が高騰します。
> 世界中が、火力に目を向けたら5年もつかどうか?というデータもあります。
> 次世代がイラナイ。という原子力発電は見直すべきだと思いますが、反対・賛成の両極端から意見を言うのではなくどういうデータがあって、どう対応するのが可能なのかを探っていくのが真っ当な道ではないかと。

そうですね。
化石資源だけに頼る、というのは難しいでしょうね。
自然エネルギーとしては、太陽光もあるでしょうし、日本は海に囲まれた国ですし、風力や水力といったもののウエイトも大きくなるでしょうね、きっと。

今までは日本が国として原子力エネルギー推進の方向を強く打ち出していましたし、「原発はクリーンな次世代エネルギー」という前提のもと、どんどん推進してきたという側面が強く、その方向性に沿ったデータが出てきていたと思います。

Norinoさんは統計学についてもお詳しいと思うのですが、統計とか、数字というのは信憑性が高く感じられ盲信してしまいがちですが、どこをどう取り出して理論づけるかで、いかなる結論でも導き出せますよね。
統計の数字によって、白は白にもなりますし、白は黒にもなりますし、白をグレーにすることもできますし、ね。

「原子力は安いエネルギーだ」と言われてきましたが、実際には設備投資費や維持費などを考えると、もっとも高いと言われる火力発電よりもコストは高くなります。
「原発がなくなったら電気はまったく足りない」と言うばかりで、原子力エネルギーを推進するにあたって都合の悪いデータはまったくといって出てこない、というのもおかしな話です。
今後は原子力以外のエネルギーに関するデータや研究などもきちんと出されて、バイアスがかかった視点からではなく、原子力も含め、公平に議論されるといいですね。

また、原発に関して、公平な立場で判断すべき原子力安全・保安院が、原子力を推進する経済産業省の中にあっては経済優先の考えた方になって当然ですが、やっと両者を切り離す方向で政府も動き始めましたね。
やっと日本がエネルギーに関して、“民主的”な方向になってきたのかなぁ、と感じます。
規制する団体が、推進する団体の中にあるなんて、ヘンですもんね。

そして、政府だけではなく広く意見を募って多角的なエネルギー政策のあり方をしっかりと議論するとともに、経済界では構造改革も必要でしょうし、私たちは不要なエネルギーを大量に消費するライフスタイルを見直す時期にきていると思います。

いろいろな研究者が、いろいろな視点や思想から、さまざまな研究が行われて来たデータが出て、それらを事前に取捨選択するのではなく、同じ土俵の上できちんと議論して、精査してほしいと思います。

> 技術立国ニッポンを謳うなら、放射線除去技術くらい数年で確率させてみろー。とか言ってみたくなるんですが(笑)

ほんとうに、そうあってほしいですよね。
原発は廃炉になってからも、ずっとずっと冷やし続け、放射線が出なくなるまで長い、長い時間とお金がかかりますよね。
危険性が一気になくなるわけではないですし。

現にチェルノブイリでは廃炉にして石棺になっていますが、それでも毎年、何百億もお金がかかっていますよね。
1986年4月に事故があって、半径30キロ以内の立ち入り禁止区域にやっと立ち入りが許されたのは、去年の2010年12月ですからね。

技術立国ニッポンのプライドにかけて、チェルノブイリでは数十年かかったことを、数年でやり遂げてほしいと願ってやみません。

ムスコの熱は上がっていて、今、39度です。
それでもおしゃべりしている気力があるのが救いです。
このまま悪化せず、熱が下がってくれるといいのですが。
えららん |  2011.03.31(木) 20:53 | URL |  【編集】

えららんさんの記事、本当に、ためになります。おお!それも知っておいて良かった!って思えるモノをピックアップしていてくださる!!!Norinoさんも!!!(ン~~、どうしよう、言っちゃおっかなあ・・・。私、お今の今まで、Noricoさんやと思っていて・・・ドド~~~~~~ン!コレ、書いたら、Norinoさん宅(ブログ)にオジャマして、告白してきますわ・・・。自分でビックリ!!!)
ユニセフのプロジェクトも素敵です!人は、言葉や気持ちの大きな力で支えられること、救われる事って多いし、反対に、言葉一つが人を殺してしまう事もある。絵本の世界は、子供の心の栄養になると思います。
安斎育郎さんという方が「原子力発電の方が火力発電よりも二酸化炭素を出さないという事が言われていますが、原子力発電を作る際に多くの二酸化炭素を生み出して原発施設が作られている事から考えると、二酸化炭素量に関しては大差ない」というような事をコメントしていました。なるほど、と思いました。原子力に替わる何かを生み出さないとストップはしないだろうという思いと、「(電力確保が)できない」という問題ではなく、「事故が起こったら、取り返しがつかない」ので、まずはストップしないといけないのだろうと思います。経済が低迷する・・そうかもしれませんが、今までの人々がイイトコ取りして裕福に暮らし、未来の人々にマイナスを押し付けて、イイトコ取りした人々は責任を取らずに、自然を元通りにできずに死んでいく。これから産まれてくる子供達は、原発を使わなくとも、その処理、その影響を背負っていく・・。それでは、いけない。計画停電など大変だけれど、関西でも看板などの電気が消えたりしているけれども、それが出来るんだから、使用電力を減らそうと思えば減らせる。病院や、自宅で電力を必要としている介護や病気の方の家の停電は困るけれど、将来的に、火力発電も少なくして、自然エネルギーを利用した発電内での生活に切り換えないといけないでしょうね・・。その事で、社会は荒れるかもしれないけれど、勝手に地球を汚して、それを治す事も出来ないような事をしてはいけないですよね。例えば、タイとか中国で、朝食は家で食べずに外食にしている人を多く見かけたのですが、家で個々に使うのでなく、一気に作ってしまってもイイのかな?とか、もっとジムなどを作って、仕事帰りに一人1時間くらいは発電できる自転車で身体を動かして、メタボも解消、少しは電力を生み出せる・・・とか、昔みたいに、とにかく仕事は日没までに終わらせる・・・とか・・すみません、フザケているみたいですけど^^;なんて言うのか、とにかく、やっていくのがスジでないかと・・。元の自然に戻せないほどの原発事故の可能性が少しでもあったのに、「そんな万に一つのリスクを考えていたら、何もできない」と言って、海沿いや 予想される地震の震源地エリアに原発を作ってしまうのは、返せないほどの借金せずに、あるお金で やりくりしないとイケナイのに、感覚が麻痺して、「そんなリスクは、ほとんどナイから大丈夫」「返せる、返せる」と言って、自己破産する人を連想しました。あ、そんな感じの人が身近にいる私だけですか、こんな連想するのは~^^;

子供達には、「素敵な未来」を見せてあげないといけないですね。馬などのように、産まれてスグに走り出す産まれ方と違い、人間の赤ちゃんは、まだまだ十分に育っていない間に、お母さんから離れるんですよね^^そう思うと、乳幼児の間は、母の胎内にいるのと同じような感覚になれるよう守ってあげたいですね。絵本の世界は、子供の心を包んで守ってくれる作用もあると思います。そうだ。もう小4になる長男ですが、彼にも物語を読んであげようと思います。
kofuyu |  2011.04.01(金) 00:01 | URL |  【編集】

ドワアアア~~~。ちょっと、ちょっとスミマセン~~~~~~、私、めっちゃめちゃ長く書いていますね(><)すみません~~~~~~~~~~~~~~~~~。流して読んでくださいませ・・・m(_ _)m
kofuyu |  2011.04.01(金) 22:30 | URL |  【編集】

kofuyuさんへ

とても丁寧に読んでくださり、コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。
私がピックアップした記事で多少なりともkofuyuさんのお役に立っているようでしたら、とても嬉しいです。

日本ユニセフのプロジェクトもいいですよね。
震災や津波の恐怖を乗り越え、今なお、不安な状態にいる子どもたちにとって、心のケアはとても大切なことですもんね。
専門的なケアとなると医療従事者がいないと、ということになるかもしれませんが、絵本だったらそばにいる大人たちが読んであげることができますから、もっと多くの子どもたちの心に届けることができますよね。
子どもたちに「怖くないよ。一緒にいるよ」と言葉と態度で伝えることも大切ですし、物語を通じて困難を乗り越えていく勇気を感じてもらうのも必要なことなのかな、と思います。

> 安斎育郎さんという方が「原子力発電の方が火力発電よりも二酸化炭素を出さないという事が言われていますが、原子力発電を作る際に多くの二酸化炭素を生み出して原発施設が作られている事から考えると、二酸化炭素量に関しては大差ない」というような事をコメントしていました。なるほど、と思いました。原子力に替わる何かを生み出さないとストップはしないだろうという思いと、「(電力確保が)できない」という問題ではなく、「事故が起こったら、取り返しがつかない」ので、まずはストップしないといけないのだろうと思います。経済が低迷する・・そうかもしれませんが、今までの人々がイイトコ取りして裕福に暮らし、未来の人々にマイナスを押し付けて、イイトコ取りした人々は責任を取らずに、自然を元通りにできずに死んでいく。これから産まれてくる子供達は、原発を使わなくとも、その処理、その影響を背負っていく・・。それでは、いけない。計画停電など大変だけれど、関西でも看板などの電気が消えたりしているけれども、それが出来るんだから、使用電力を減らそうと思えば減らせる。病院や、自宅で電力を必要としている介護や病気の方の家の停電は困るけれど、将来的に、火力発電も少なくして、自然エネルギーを利用した発電内での生活に切り換えないといけないでしょうね・・。その事で、社会は荒れるかもしれないけれど、勝手に地球を汚して、それを治す事も出来ないような事をしてはいけないですよね。

ほんとうに、ほんとうにkofuyuさんの考えに同感です!!!!
原子力エネルギーを撤廃したら電力をまかなうのが難しいという現実があるのかもしれませんが、でも、だからといって未来にどんどんツケを押しつけ続けていくのは避けなくてはならないことだと思います。
たくさんの命を担保にして、便利な暮しをするためのエネルギーを得る、という考え方は間違っていると私は思います。

kofuyuさんのおっしゃるとおり、いろいろな家庭で一律に節電ができるわけでもないし、自宅でも医療器具を使っている人は継続的に電力を使えないといけないので、社会の仕組み自体を変える必要もあると思います。
だれもが使いたいだけ電力を使うのではなく、必要なところに必要な電力が届くようにして、省エネ家電などライフスタイル全般を見直していけるといいですよね。

私もkofuyuさんと同じことを考えていました。
日の出から日没まで仕事をする、っていいですよね~。
夜中までたったひとり、会社に残って残業をしている、というのもエネルギー的にも、心身の健康面でもどうなんだろうとも思いますし……。
もしかしたら、太陽とともに仕事をするようになったら、人々が健康になって増大する一方の医療費の削減に繋がるんじゃないかとも想像してみたりしています。

不足するのはピーク時の電力で深夜電力なら余剰があるとも聞きますし、すでに工場を稼働するのを深夜の時間帯にしている企業もありますよね。
そうした、企業の棲み分けというのか、そういうものが可能になるようだと、電力不足解消の大きな助けになるのではないかと思います。

アジア諸国の朝食を屋台でテイクアウトするというのも、言われてみればとっても省エネなライフスタイルですよね。
エネルギーを削減できるだけでなく、人と人とか顔を合わせ、「おはよう~、今日は何にする?」みたいな声をかけあうのもいいかな、と。
人と人との付き合いも希薄になっているから、さまざまなことを想像する力も失われつつあるのかもしれないと思ったりします。

ほんとうにkofuyuさんのおっしゃるとおり、子どもたちに「素敵な未来」を見せてあげたいですね。
そのために、大人たちは頑張らないと、ですよね。
えららん |  2011.04.03(日) 12:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/823-ece2306d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |