2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.03.25 (Fri)

おかわり、おかわり、おかわり、おかわり♪

今日はもう、嬉しくて、嬉しくてたまらないんです。
だって、chikaさんが私に「幸せの種」を届けてくださったんですもん♪

【More・・・】

110325_0643~01

うっふっふー、chikaさんからめちゃめちゃおいしいご飯のお供をいただいたんです♪
大好きな、大好きないかなごのくぎ煮。
chikaさんの旦那さんが丁寧に、家族のために愛情をたっぷり入れて作ってくださったのをいただいちゃいました!

それにchikaさんの手づくりのお味噌2種類や布ナプキン、麻の実ナッツもギフトボックスのように詰めてあって、嬉しいのなんのって♡
開けた瞬間、ムスコとふたりで「うわー、すごーい!」と絶叫でした(笑い)

ムスコは「たべる、たべる、すぐたべる! いいにおい♪ みそつけてごはんたべる、いかなごたべる、たべるー!」とうるさいったらありゃしない(笑い)

昨夜の夕飯は一応、「久しぶりに元気を出すのに豚スキヤキでもするか」なんて思って作ったけれど、いかなごに完敗。
ムスコは「ごはんにいかなごのせて。これたべたらおかわりね」と言いながら、スキヤキなんて見向きもせず、ごはんにいかなごを乗せて海苔で巻いて食べ続け、結局、お茶碗4膳食べました……(←食べ過ぎです。汗)

chikaさん家のいかなご、魚の風味はありつつも、臭みはまったくなく、甘さが何層にも重なって広がりのある味わいなんです。
私がこれまでに食べたいかなごのくぎ煮で1、2を争うおいしさ♪
とっても、とっても丁寧に作った優しい味がしました。

私も1膳でやめておこうと思ったのに、おいしくて箸がとまらず、ついつい、ご飯をおかわり。
ムスコと一緒にお腹パンパンではちきれそう(←ジーンズのファスナーを開けてゆるめたくなったくらい。笑い)
炊飯器のご飯はからっぽ。
それを見ていた夫は、「確かにとてもおいしいけど、キミたち、食べ過ぎじゃない?」と呆れ顔(汗)

このところ、食卓で笑い声をあげながら食べるということはなかったのですが、ゆうべは「おいしー、おいしすぎ!これって、おいしすぎてこまるんですけど!」「もっとー!」「いかなご~~~~~」とムスコの嬉しそうな声が響き渡り、それにつられて夫も私も笑いっぱなしでした。

chikaさん家族のおいしい笑顔を、真心が込めて作られたいかなごのくぎ煮が、我が家の食卓にも運んできてくれたように感じました。
とても楽しく、おいしい食事でした。

感謝の気持ちとともにいただくことは、心も身体も満たしてくれるものですね。
chikaさん、ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。

そして、さらなる感動のプレゼントがこれ。
あっちゅくんが描いてくれた私。

110325_0705~01

ムスコも一緒に見ていたのですが、すぐに「これ、おかあ? おかあのかお?」と大興奮。
しばらく考えた後、「このえはメガネないね。メガネかけてない、おかあのかお、みたことあるのかな? どこでみたの?」と(笑い)

髪形はほんとうにこんな感じで、肩くらいの長さで耳にかけています。
前髪はヘアピンでとめて、イヤリングをしてるのねー。
私もオシャレしないとね!

ムスコにお願いしても似顔絵を描いてもらえないので、あっちゅくんに描いてもらったのが初めての経験です。
あっちゅくん、美人さんに描いてくれて、どうもありがとう♪

にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

豚スキヤキに勝ったどぉぉ~!!!

ふふふ、勝った。勝ったで(笑)

…コホン。いやぁ、良かったです、めっっっちゃ喜んで貰えたみたいで。
うちも旦那が呆れる程に子供達も私も毎朝ご飯に山盛りのっけて食べてますが、飽きません!
だって今しか楽しめへん味やもんっ♪

こんなに喜んで貰えるんやったら、もっと早くに送ったら良かったなぁ。
ムスコ君、今度はおかあにパン焼いて貰って、のっけて食べてみて!米粉パンやから、案外、イケるねんよ(笑)

あっちゅ画伯ですが、あくまでえららんさんのイメージを描いたもんやからf^_^;
でも、楽しく描いてたし、パソコン画面みて、えららんさんがあっちゅの絵を喜んでくれてるよ、ってゆーたら、照れながら、喜んでました(笑)

ムスコ君も、対抗意識メラメラ燃やして、似顔絵、描いてくれるんちゃいますか??

楽しいご飯のお話を聞けて、ホンマ、めっちゃ嬉しいです♪
えららんさんの急なテンションアップに読んでてびっくりする方もいてはるかも(笑)

でも、笑顔で、炊飯器からっぽになるまで、ムスコ君もたくさんおかわりしてくれて、ありがとうございます♪

メガネのおっちゃんとおばちゃんも嬉しいわ♪♪
chika |  2011.03.25(金) 12:57 | URL |  【編集】

こんにちは。
久々に笑顔いっぱいの食卓だったんですね♪

美味しい食事は健康の源だし、楽しく食べると心の栄養にもなりますよね!

えららんさんのお家にこれからも少しずつ笑顔が増えますように…。



パチママ。 |  2011.03.25(金) 13:42 | URL |  【編集】

chikaさんへ

> ふふふ、勝った。勝ったで(笑)

もう、豚スキヤキなんて、1ラウンドに入った途端、ノックアウトでしたよ~。
もう香りもいいし、味もいいし、栄養もあるし、最高ですよね♪
季節の味というのが、また味わいを深めてくれますもんねー。

> ムスコ君、今度はおかあにパン焼いて貰って、のっけて食べてみて!米粉パンやから、案外、イケるねんよ(笑)

そうですねー、いかなご、米粉パンをトーストして乗せたらものすごくおいしそう!
今朝の朝ご飯は、いかなごおにぎりでした。
もう、毎日、朝晩、ほんとうに楽しませてもらっています。
こんなに素敵な幸せをありがとうございます!!!

> あっちゅ画伯ですが、あくまでえららんさんのイメージを描いたもんやからf^_^;
> でも、楽しく描いてたし、パソコン画面みて、えららんさんがあっちゅの絵を喜んでくれてるよ、ってゆーたら、照れながら、喜んでました(笑)

あっちゅくん、想像力豊かですよね。
ものすごく嬉しいですもん!!
ムスコは「何か考えて書いてごらん。カッコいい電車でも考えてみれば?」と言っても、「どのほん、みる? どのでんしゃにする?」と言って想像して書く、というのがとても苦手みたいで……。
あっちゅくんは感受性があって、思考に柔軟性もあるから書けるんですよね。
ムスコはあっちゅくんの上手さに感心して、もう完敗している感じだったので、対抗意識がわくなんてこと、なかったみたいです。
ああ、へたれです(汗)

chikaさんから笑顔の種をいただいたおかげで、毎日、もりもり食べて、ニコニコ過ごしています。
心が前向きだと、何事にも感謝をできますよね。
ほんとうに、ほんとうにありがとうございます♪
えららん |  2011.03.27(日) 16:48 | URL |  【編集】

パチママ。さんへ

> こんにちは。
> 久々に笑顔いっぱいの食卓だったんですね♪
>
> 美味しい食事は健康の源だし、楽しく食べると心の栄養にもなりますよね!
>
> えららんさんのお家にこれからも少しずつ笑顔が増えますように…。

こんにちは!
ご心配いただき、ありがとうございます。

ほんとうにニュースばっかり見ているのはいけないですね。
テレビは視聴者にメッセージを強く刻みつけるため、情報の特にインパクトの強いところを見せているというのを頭では理解しているのですが、やっぱり視覚的な情報は強くて心がついていかなくなっちゃいますね。
なので、映像として流しにくい、原発に近い場所では被災した人たちの救援も捜索も行われず立ち入り禁止になって震災があった時のまま放置されている、ということなどは報道されませんしね……。

あ、こうやって書いていると、また暗くなっちゃいますね。
すみません。

おかげさまで、「おいしいね」と家族で食べています。
楽しく食べるというのは、ほんとうに素晴らしいエネルギーをくれるものですね。

食べることを楽しめるようになって心が前向きになりました。
なので、「大変な人たちにお米持って行こうね」なんて話しながら、ムスコにも支援するということを伝えていきたいと思っています。
もしかしたら、被災地の復興や原発の大きなダメージを受けた福島が立ち直るには、5年、10年とかかるかもしれませんので。
ムスコが成人する頃までには、被災地の人たち、そして福島の人たちに笑顔が戻っているといいな、と願っています。

えららん |  2011.03.27(日) 17:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/816-fe39a702

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |