2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.03.20 (Sun)

心のケアと私たちにできること

kofuyuさん、未来ある子どもたちのためにの記事は、子どもたちの未来の闇の中に閉ざしたくないという私の切実な叫びでした。
その私の気持ちを察して、記事中で参照した原発がどんなものかしってほしいを読み、一緒に考えてくださってありがとうございます。

ニュースなどで報道される情報は今、現時点での「現実」を伝えていますが、その報道から見る「現実」の裏側には、いろいろな立場のたくさんの「現実」がありますよね。

kofuyuさんがおっしゃるように、流通業界で「節電のため」と電気を切っているのも、消費者の生活を支える企業としてのパフォーマンス的な側面がまったくないとはいえないかもしれませんが、でも、東北地方で苦しんでいる人たちがいるのに、自分たちだけが何もせずにいることはできないという思いの現れでもあると思うのです。
原発だって、便利な生活を支えるという使命のもとに作られたという「現実」があり、その便利な生活のために被曝の危険にさらされている現地の人たちの「現実」があります。

「現実」というのは、ひとつだけではありません。
私たちそれぞれにも、個々の事情があり、価値観があり、それらによって構成される「現実」がありますよね。
こういう大変な時だからこそ、私は、情報の中から垣間見える「現実」を一側面から見て非難するのではなく、感情的になったりするのではなく、多面的に見て、自分がなにをすべきかしっかりと考えたいと思っています。

私も結婚する前のほうが、いろいろなことに社会的なことに危機感を持っていましたが、結婚して子どもが生まれ、日々の生活のほうが大切で考えなくなってきていました。
でも今は、日本の大きな転換期になっているからこそ、そして子どもが大切だからこそ、きちんと考えなくてはならないと思っています。

難しい問題を一緒に直視しようとしてくださり、感謝いたします。

*******************************

福島原発のニュースを見ていると、1歩進んで、半歩下がって、また1歩進んで、トータルでは微妙に前進という感じですね。
食物アレルギーを連想しつつ、「少しずつでも進んでいるということが大事。時には後退したように見えても、最終的にはきっと乗り越えられる!」と信じています。
現場で活動している方々は気力と体力の限界などもうとっくに超えたような状態でおられると思いますが、どうか、どうか、頑張ってください。

いつもなら、週末はお掃除&お買い物DAYS。
お布団の洗濯や部屋の掃除などをしているのですが、震災後からどうにもこうにもそういう気持ちにならず。
着替えがなくなってしまうので必要最低限の洗濯はしますが、あとは雑巾で床を拭くくらい。

必要なものがあってスーパーに足を運ぶと、空っぽになった商品棚と長蛇の列を見てげんなり。
ガソリンスタンドの前の車の列を見ると悲しくなります
ムスコの大好きな電車散歩も今、できるような状態じゃないので、外出せずにいます。

ムスコは外出できないので、「おかあ、あそぼう」「おかあ」「おかあ」「おかあ」と、まあ、うるさい。
会見のライブ中継があったりすると、「うるさい! 大事なお話してるよ、黙って!」とつい叱ってしまい、ほんとうに可哀想です。

そして、普段は聞き分けのいいムスコが非常にわがままになってきました。
食べたいと言われて作ったものを「これじゃなかった。いらない」と言ったり、返事をしないとか、急に奇声を発するとか。
テレビからは不安感を煽る映像が流れて来るのに、それが心の中に入ってきても吐き出すことができず、強い感情のエネルギーが変な状態でくすぶるのでしょうね。
それを私が受け止めてあげないといけないのに、それをしてあげられないのは本当に不甲斐ない。

通常からそれほど神経質ではないですが、さらにそうしたことはどうでもよくなっている私。
ムスコに「おかあがよごしたままにしておくから、かがみにほこりがついたよ。だから、くしゃみがたくさんでるんだよ。きれいにしてくれないと、いやだねー」とキレイ好きな夫が言ったのであろう言葉を言われました。
普段だったら聞き流せることですが、聞き流せず。

「そんなこと言われると、おかあはとっても悲しい。みんなのために頑張っているのに、みんなが文句ばっかり言うのは、ほんとうに悲しい」と言い、生まれて初めてムスコの前で涙を流しました。
その後も気持ちがおさまらず、布団にもぐりこみ……。

私をおいかけてきたムスコは「ごめんね、ごめんね、ごめんね、っていっぱいいって、おかあは『もう、いいよ』といったのに、どうしてゆるしてくれないの」と涙をポロポロ。
ムスコだってずっと緊張を強いられているのに、いくら原発や両親たちが心配だからとはいえ、母がこれではダメですね……。

今さらながら自分の精神状態の不安定さを痛感したので、災害時の「こころのケア」の手引きを読んでいたら、被災地の人はもちろんですが、大災害にあたってはそれ以外の人の心のケアも必要とのこと。
また、被災地で生活する子どもたちの心のケアは、被災時のみならず、日常的な子どもの心のケアにも役立ちそうです。

未曾有の大災害にあたり、何年、何十年にわたる被災地や被災者へのサポートが必要になります。
そのためには、支援したいと思っている自分自身の心身の状態が健康であることが必要なのだと再認識しました。
福島の両親だって弟だって、「もうそろそろ原発だって落ち着くだろうし、大丈夫だから」と気丈にしているのに、離れた場所にいる私がこんな状態では情けない。

16年前に阪神淡路大震災で被災なさった西宮市議会議員・今村岳司さんがブログを読み、目からウロコが落ちるようでした。
2011年3月13日の記事では、プロの訓練も受けていない素人が「ボランティア」と称していきなり被災地に入ることは迷惑この上なく、要請されないものを被災地に送っても「単なるゴミ」でしかないことなど、ご自身が被災なさったからこそわかる被災者の気持ちと被災者が必要とすることを明確に書いてらっしゃいます。
また、2011年3月14日の記事では、テレビが刻一刻と変わる被災地の状況そのものを報道するのではなく視聴者の感情に訴えかけるドラマティックなストーリーとして震災を扱うようになった頃、やっと必要な物資や支援が明確になってくるので、その時までできるのは無闇に動かず、とにかく赤十字などきちんと機能しているところに募金をすること、と。

今、被災地ではない場所にいる私たちができることは、やはり募金ですね。
復興するための費用は16兆円ほどになるだろうという試算もありますが、住宅の倒壊や半壊によって住む場所を失った人たち、壊滅的な打撃で漁業や農業などができなくなる人たちの生活のことも考えたら、もしかしたら天文学的数字が必要になるかもしれないですよね。
震災復興のために、お金はどんなにあっても多すぎることはありませんものね。

私のように神経を張りつめすぎてプツンと切れ、子どもにつらい思いをさせるのは本末転倒です。
頑張りすぎると長続きしないのは、食物アレルギーやアトピーのケアと似ているのかもしれません。
みんなで、無理せず、できることを長く続けていきましょう。

************************************

できるだけ多くの方々に必要な救援の手が差し伸べられるよう、インターネットや携帯サイトなどでクレジットカードによる義援金が行われています。
また、さまざまな場所で募金箱が置かれています。

復興のためには長期的に多額の資金が必要ですので、少しずつでも長く続けていくといいそうです。

日本赤十字義援金受付
Fujisan.co.jp義援金サイト
googleから日本赤十字社への義援金
東北地方太平洋沖地震Yahoo!基金
@nifty Web募金 東北地方太平洋沖地震災害救援金
T-SITE(TSUTAYA)東北地方太平洋沖地震募金
KDDI(au)義援金支援サイト
ソフトバンク義援金サイト
mixi支援ミクコレ(モバイル専用)

節電ですが、みんなが家庭や職場で下記のことを行うと計画停電の範囲を減らすことができるほどの効果があるそうです。

1)パソコン、エアコン、洗濯機など、すぐに使わないもののコンセントを抜く。
*使う時だけ差し込むことで待機電力を減らせます。
2)電話の子機のコンセントを抜く。
3)給湯器の給湯温度を下げる。
*給湯温度を下げることで保温のために必要な電力を減らすことができます。
4)電気湯沸かし保温ポットを使わない。
5)トイレの保温便座のスイッチを切る。
6)厚着して寒くないようにし、室内では暖房器具の使用を減らす。
7)不必要な場所の照明機器の使用を控える。
8)移動する際にエレベーターを使わない。
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

えららんさん、泣けて良かった。良かったです。
何かね、すんごい、肩に力入ってるし、やらな!やらな!ってめちゃめちゃ頑張り過ぎに見えてて。
被災地の人達もね、頑張ってるから、頑張ってって言うんも、これ以上はしんどいんちゃうかなぁ、と。

ブログで色々呼び掛けたりするんも力になると思うけど、1番身近なムスコさんを不安にさせてまうくらい、テレビも見ん方がええし、えららんさんがいっぱいいっぱいなってたら、それはあんまり良くないんちゃうかなぁ、と。
生活を見直すきっかけ、ホンマそう思います。
Norinoさんの記事にもあったけど、引っ込んでばっかりでも回らんもんも、ある、と私も思いました。

子供の前で泣いたらアカン事なんか全然ない。大人が泣いたらアカン事も全然ない。
でも泣いてスッキリして、ちょっと落ち着いたんなら、えららんさんが楽しいと思える事を思いっきり、やって欲しいです。
笑ってるおかあの方が、きっと、ええよ。
chika |  2011.03.20(日) 16:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/809-9d4882b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |