2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.03.13 (Sun)

どうぞ節電をお願いします

ロビンさん、いただいたコメントのお返事が遅くなっていて、申し訳ありません。
ご無事でいらっしゃいますか?

パチママ。さん、かごふねさん、chikaさん、まみさん、ゆーさん、アケミさん、pekklennさん、大きな被害がなくてなによりでした!
ライフラインは確保できていますか?
情報や励ましをありがとうございます。

楽さん、同郷でしたか。
ご実家も震災で大変な思いをなさっていることでしょうね。
そして、原発から離れてらっしゃるのでしょうか……。
やっと電話がつながっても「あっ、揺れがきた!」と叫んで電話を切る母の声を聞くと、つらくて、つらくて。
もう涙なしにはニュースを見ていられませんよね。

m_1さん、大変な中でコメントを残してくださってありがとうございます!
やっと電気が使えるようになったということで、復旧のきざしが見えてきたのだといいのですが。
避難をなさっていて疲れがたまっているかと思います。
大変かと思いますが、今後もどうぞ余震にもご注意なさってください。

****************************

とうとう昨日、恐れていた、福島第一原発の1号機が爆発しました。
今朝になって、第一原発と第二原発のうち、原子力施設6基が非常事態になっています。

朝の報道では、近隣から避難していた100人のうち、9人の検査をしたらみんな放射線による被曝を受けていたそうです。
11時20分のニュースでは19人の被曝と増えており、最大150人が被曝している可能性があるという新聞もありました。
こんなに被曝するなんて尋常ではありません。

今も被爆者がいないか確認作業をするとともに、地表や施設などに放射性物質が付着していないか検査をしているそうです。
もし、放射性物質が飛び散っているとなれば、野菜や果物、井戸水なども汚染されていることになるでしょうし、そうしたものを食べると身体の中での内部被曝が長期間にわたって起こるため、口にすることもできなくなります。
そこまでひどい状態になっていないことを願うばかりです。

福島第一原発の原子炉の炉心溶解の可能性もある大事故はすでに、日本で最悪の原子力事故といわれた東海村JCO臨界事故と同じ、国際原子力事故評価尺度(INES)の暫定値レベル4の深刻さ。

核戦争と同様の悲惨さだったといわれるチェルノブイリ原子力発電所事故がレベル7、米スリーマイル島原子力発電所事故がレベル5。
しかし、さらにまだ福島第一・第二原発の危険性が去らないと思うと、もう、どうしたらいいのかわかりません。

私の家族は命は助かりましたが、この状態でつぎつぎと原発の施設が爆発、あるいは放射能漏れの状態が続くようでしたら、被曝の可能性も高くなります。
政府や関係各所の会談や発表を見ていても「安全に」「全力で」という言葉ばかりで具体的なことは何もわからず、もどかしくてたまりません。
昨日はさすがに涙がとまらず、食事も喉がとおりませんでした。

日本各地、原発のある地域はいくつもあります。
余震や津波がまだ続いている状況で、きっと、みなさん同じような不安をかかえてらっしゃると思います。

どうか、どうか、みなさん、節電をお願いします。

日本全国でたくさんの発電施設が地震などの被害を受け、電力供給量が減っています。
震災で被害をこうむった地域に電力が供給されるよう、ぜひとも不要な電化製品の使用を控え、待機電力を切るなどして少しずつでも節電をしていただければ、小さな節電のひとつひとつが積み重なって、大きな節電につながります。
そして、この節電がいつか原発に今ほど依存しない生活へのうねりにつながるかもしれません……。

まだまだ余震が続いていますし、津波の危険性も続いています。
今後、福島の原発が使えなくなったことによって、日本各地でのさらなる停電の可能性も高いです(←日本の東と西では電力の種類が違うそうですが、きっと近い内に変電して供給しないと不足する事態になるのではないかと私は個人的に思っています)。

防災的な見地からも、お風呂に入った後の水は抜かずいざという時につかえるように残しておく、というのも必要かと思います。
ニュースを知るためにテレビをつけっぱなし、というよりは、避難時にも使えるラジオをつけておくというのも、節電と情報収集に有効かと思います。

福島県にいる義妹にとって、ラジオと携帯電話手動式充電器はもっとも大切なツールになっていると言っています。
どんな状態であっても食料と防寒具と同様に、情報と通信手段の確保は大切ですね。

地震や津波によって壊滅的な打撃を受けた地域のひとつ、宮城県南三陸町では町民の半分近くにもなる1万人の安否確認もできていない痛ましい状態だそうです。
そのほかにも、水が入り込んで状況確認ができない地区が多々あるといいます。
それに持病をもっておられる方々、身体の不自由な方、ケガをなさった方々、住む場所を失った方々、たくさんの方々が助けを求めてらっしゃると思います。

できるだけ多くの方々に必要な救援の手が差し伸べられるよう、インターネットや携帯サイトなどでクレジットカードによる基金が始まっています。

Fujisan.co.jp義援金サイト
東北地方太平洋沖地震Yahoo!基金
@nifty Web募金 東北地方太平洋沖地震災害救援金
T-SITE(TSUTAYA)東北地方太平洋沖地震募金
KDDI(au)義援金支援サイト
ソフトバンク義援金サイト
mixi支援ミクコレ(モバイル専用)

必要な方々に医療の手が届きますように。
食料や水、病人やけが人などを手当てを受けられる場所に移動されるためのガソリンなど、必要な物資などが届きますように。

どうか、もうこれ以上、この美しい日本が破壊される悲劇が起こりませんように。
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

08:30  |  セルフケア  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

以前リブランD記事にコメントしたものです。
私は千葉に住んでいますが実家は青森、主人の実家は福島で、妹は仙台に住んでいます。
昨日ようやくみんなと連絡がつきましたが、私自身も郡山や仙台に住んでいたことがあり、今回のことでは胸がつぶれる思いです。
なかなか食事がのどを通らない状況ではありますが、主人から、「私たちにできるのはまず健康であることだ」といわれました。被災地の皆さんのことを考えると、ごく普通の生活を送ることに違和感(というか罪悪感)を感じてしまいますが、私たちはできることをできる限りやって、まずは見守ることしかできないのでしょう。
そして被災地がショックから立ち直るには、たくさんの時間が必要なはずですから、その時私たちが少しでも支えられるよう、私たち自身は健康でいなければなりません。
えららんさんも体調崩されることのないよう、どうぞご自愛下さい。
節電するぞ~!
はなみ |  2011.03.13(日) 13:02 | URL |  【編集】

海藻を食べましょう。

原発きましたね。目に見えないものですから防ぎようがありません。被曝しても、被曝されていないヨウ素を摂り、甲状腺を満たしておく事によってガンの発症が防げます。被曝後でも発症率は半分になるとか…
子供が心配なので、昆布パウダーを入れてご飯を炊き海苔おにぎりで食べさせています。
あとはイソジンかー

あ、遅れましたが無事です。
断水中ですが、電気はきてるし、生活用水は確保したからお風呂は無理でもご飯が炊ける。
家の中でキャンプ生活♪な気分で過ごそうと決めました。

えららんさん、なるようにしかならない。時もあります。
出来るだけの事をしたら、あとは自分が健康でいることですよ。
Norino |  2011.03.13(日) 15:50 | URL |  【編集】

えららんさんのご実家、福島でしたね、思い出しました。私の姉一家も福島にいます。旦那様は福島市の銀行で働いていて、新幹線通勤だったので、新幹線が不通のため、まだ帰宅していません。帰宅しないまま、色々な対応に追われているようです。ご本人が被災者でありながら、医療関係者や役場の方など、家族の近くにいたいでしょうに動いておられる方々に頭が下がります。姉の家、旦那様の実家は原発からは離れているものの、「怖い」というメールがきて、旦那様もいないし、その精神状態が心配です。原発に実際に対応されている方々は、どれだけの精神状態で動いているのでしょう・・・。節電も西日本の関西電力からは東日本に変電しないと提供できないらしく、力にはならないようですが、節電、節約をして、募金できるように、自分達と周りの人々が健康に気を遣い、元気でいる事が大事だと思いました。あとは、この事を忘れずに、これからも行動していく事ですよね・・。被災していないと2年、3年、10年経つと忘れてしまいす(><)阪神大震災があったのに、我が家に防災グッズなどは少ししか用意されていません・・。私に出来る事は、これからも忘れずに行動していくこと、何か出来る事がないかアンテナを張っておくこと・・・でしょうか。できることを頑張ります・・・。
kofuyu |  2011.03.13(日) 19:10 | URL |  【編集】

自分を大切に!

えららんさん、今日は少しでも食べれましたか?
原発も、Norinoさんがゆーてはる様に、海藻や納豆や味噌などの発酵食品、玄米が解毒作用があるみたいです。
ご実家の事もどんだけ心配やろう、と思います。
でもえららんさんが倒れては、これから力になる事も出来んのですよ。
国内外各地から救助も向かってますし、沢山の祈りも、被災地に向かっています。
助けられた命の報道もあります。
暗く、怖いことばっかりではありません。
キャンプ♪と言えるNorinoさんも素晴らしいですが、こんな時やからこそ、ポジティブに考えて、日々をおくるのも大切なんちゃうやろか、と思います。
不安な気持ちは子供にも、まわりにもうつります。笑顔が無くなると元気もなくなります。
阪神淡路大震災も、復興してきました。立ち直れます!!助け合って、学びあって、下を向かないで!前を向いていましょうよ。
まず、自分を大切にして下さいね。
chika |  2011.03.13(日) 21:55 | URL |  【編集】

福島の原発、本当に心配ですね
地震大国でこんなに危険な発電所がいるのか、この機会に全国民が考えなおさないといけませんね
そうでないと、原発のある地域の方は幾度となく危険にさらされてしまいます
決定権のあるお偉いさんは、いつも一番安全な場所にいるからわからないのです

こちらで節電しても、電力供給には役に立てないですが、原発反対を唱えるためにも節電します!

mixiでも、赤十字にも募金してきました
物資を送れない今、できる事は節電と募金しかないですよね!

今募金したから終わりではなく、長い目で定期的に支援していけたらなぁと思います

えららんさん、大丈夫ですか?
ご実家も心配ですが、えららんさんが食べれてない状態だと、ご両親が心配されますよ(;><)
ご両親に心配かけないためにも、息子くんのためにも、少しでも何か口にしてくださいね
まみ |  2011.03.14(月) 08:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/801-1013d222

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |