2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.02.03 (Thu)

さごやし粉のリッ○風クッキー(小麦・米・大豆・乳・卵・ナッツ不使用)

今日は節分ですね。

ビビりなムスコは口を開くたびに、「おに、いる? こわい?」
恵方巻と称して納豆巻きと梅巻きを食べさせ、「もう、元気もりもりだから大丈夫だよ! 鬼のお面も作ったから、かぶっていれば鬼が人間の子どもだってわからないから行っちゃうよ」という変な励まし方をしつつ、保育園に連れて行きました(笑い)
この尋常じゃない怖がり方も今だけかと思うと、可笑しくもあり、愛しくもあり、ですね。

さて、アレルギーっ子がいるご家庭だと本棚にある率が高そうなアトピッ子のお料理ブック
この本の中に「型抜きサクサクかぼちゃビスケット」というさごやし粉(サクサク粉)レシピがあります。

この本を買った時から、ずっとずっとずーーーっと作ってみたかったのですが、「サクサク粉に熱湯を加えて練る」という工程がどうしても面倒でやっていませんでした。
でもさごやし粉を使ってみたくて、キャロブ&さごやし粉クッキーという熱湯を加えずに作るクッキーを作ってみたりして(←なかなかおいしいんですよ。笑い)

でも、リエさんの記事を読んでいたら、なんともおいしそうなさごやし粉のクッキーなのでウズウズ。
やっと作ってみました♪

【More・・・】

110202_0910~02


レシピを少しだけ変更しました。
詳しいレシピや手順は本を見ていただき、自分の覚え書きとして書いておきます。

♡さごやし粉(サクサク粉)   同量
♡タピオカ粉          同量
♡重曹             同量
♡三温糖            30グラム
☆ショートニング        15グラム
☆菜種油            20グラム
☆レモン汁           1グラム
沸騰湯            55グラム

かぼちゃパウダー+塩ひとつまみ 7グラム
キャロブパウダー        6グラム

1)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせる。
2)1に☆の材料を入れてよくこねまぜる。手のひらの上でこねこねしたりしているとポロポロから、ややしっとりになる。握った時にかたまりになるくらいに。
*手のひらの熱でショートニングが溶けて粉類がしっとりしてきます。
3)2に熱湯を少しずつ入れてよくこねる。
*こねているうちになめらかな感じになってきて、その後に油が浮いたようになってきます。
3)生地を2等分して、それぞれにかぼちゃパウダーと塩、キャロブパウダーを加えてよくこねる。
4)ラップを敷いたまな板の上に生地を乗せ、麺棒で5ミリほどの厚さにする。お好みの型で抜く。
5)170度に予熱しておいたオーブンで15分ほど焼く。焼き上がったら天板の上で冷ます。
*天板の上で冷ますことで、さらに熱が入って余分な水分が抜けます。


キャロブパウダーのほうは固くてガリガリでしたが、かぼちゃパウダーと塩を入れたほうはサクサクして、まるで味はリッ○のよう♪
まさにビスケット!!

いやー、おいしいです!
熱湯を入れる手間だけあります!!
さごやし粉、極めたいなぁ~。

もしも引き出しの中にさごやし粉が眠っていて、アトピッ子のお料理ブックをお持ちの方がおられたら、ぜひぜひお試しください。
米粉クッキングでは体験したことのない新しいおいしさですよ♪



にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

さすがです!!

難関サクサク粉クッキーを1回で成功するなんて、さすがえららんさん!!

サクサク粉クッキーはうまくいくと本当に小麦粉のクッキーやビスケットに負けない味になるんですよ~。
でも失敗する率も高いんですけど。

私もかぼちゃアレルギーの方のためにかぼちゃPなし、キャロブバージョンで作ったら硬かったんです。
師匠はさつまいもパウダーで作ったら成功したとのこと。
他の上手な方はチョコを溶かして混ぜ込んだり、カレー粉を混ぜてクラッカーにしてらっしゃいました。
ココナッツを混ぜて薄くのばして焼いたのもいただいたら美味しかったですよ~。

サクサク粉クッキーはチャレンジ精神を掻き立ててくれるレシピですよね♪

リンク、ありがとうございました!



リエ |  2011.02.03(木) 12:32 | URL |  【編集】

リエさんへ

> サクサク粉クッキーはうまくいくと本当に小麦粉のクッキーやビスケットに負けない味になるんですよ~。
> でも失敗する率も高いんですけど。

ほんとうにサクサクでおいしいですね!
あの食感がたまりません!!

私はレシピ本を見て「こんなに水分を入れて大丈夫なのか?』と思っていたのですが、リエさんの記事で「水分量が鍵」と書いてらしたのを見て、やっと腑に落ちたんですよー。
おかげさまで、おいしいサクサクのクッキーを作ることができました。
ありがとうございます!!

> 私もかぼちゃアレルギーの方のためにかぼちゃPなし、キャロブバージョンで作ったら硬かったんです。
> 師匠はさつまいもパウダーで作ったら成功したとのこと。
> 他の上手な方はチョコを溶かして混ぜ込んだり、カレー粉を混ぜてクラッカーにしてらっしゃいました。
> ココナッツを混ぜて薄くのばして焼いたのもいただいたら美味しかったですよ~。

やっぱり、キャロブはダメなんですね。
カレーを混ぜたクラッカーなんて、おいしそう♡

かぼちゃやさつまいもだとサクサクするということは、糖質と食物繊維の両方が必要ということなのでしょうかねぇ。
キャロブだって食物繊維はありますもんね。
うーん、不思議だわぁ。
お菓子って、ほんとうに微妙な化学反応を利用して作るんですよねー。
化学実験をしているみたいですもんね(笑い)

ココナツパウダーを入れたら、ココナツパウダーの油脂分でサクサクした感じになりそうだなぁ、と考えています。
これでタルトも作ってみたいなぁ。

さごやし粉、ものすごく魅力的なので、あれこれやってみたいと思います!

リンクのご報告が遅くなり、失礼しました。
ご承諾、ありがとうございます。
えららん |  2011.02.06(日) 05:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/758-ab4093f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |