2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.01.16 (Sun)

素朴でおいしい郷土のおやつ

110110_1507~01

田舎から届いたムスコのためのおやつです。
手づくりの干し芋と干し柿。
私の両親はこういうのを作れるマメな人ではないのですが、近所の人が持ってきてくれたムスコが食べられそうなものはせっせと送ってくれます(←買ったおやつは送らないで、と言っているから。笑い)

干し芋は噛み締めるとじわじわと甘く、干し柿はうなるほど甘い!
自然の甘さって、ほんとうに、素晴らしい♪

渋い柿ほどおいしい干し柿になるというのも不思議ですよねぇ。
調べてみたら、渋みの元になるタンニンは血液サラサラ効果が期待されるポリフェノールの一種なのですが、干すと渋味を感じる「水に溶けるタンニン」から渋味を感じない「水に溶けないタンニン」に変化するのだとか。
それに、白い粉をふいたみたいな干し柿もありますが、それは柿から染みでたぶどう糖が結晶したものなんだそうです。

これだけではなく、干し柿が身体にいい、と言われるのは、いろいろな理由があるようです。
それに干し柿は日本の和菓子文化の元祖ともいいますし、干し柿って興味がつきないですね~。
干し柿についてご興味を持たれた方は、この記事をどうぞ。
おもしろいですよ♪

こっちは既製品の郷土のおやつです。

【More・・・】

こちらは私の実家・福島県のおやつです。
たぐり飴というのですが、要は水飴です。

110103_1244~01

でんぷんを麦芽糖で糖化させたものなので、優しい甘さです。
私は小さい頃、割り箸にたっぷりつけて、くるくると箸同士をまわして白っぽくさせてから食べてました♪
空気が入ると白っぽくなりますよね。

ムスコにもやって見せたら、「なんで、はしにくっついてんの? なんで、おかあ、おはし、くるくるしてるの?いつもおはしであそばないで、っていってるのに」と興味半分、不満半分(汗、汗)
手に渡してやったら大喜びしてくるくる上手にまわしていました。

私が子どもの頃には「紙芝居」というのが団地の広場にきてくれて、そこで紙芝居屋さんがミルクせんべいにジャムや水飴を塗って2枚でサンドして食べるのが大好きでした♪
そのヴァリエーションのひとつが、割り箸につけた水飴だったんです。

とはいえ、こんな紙芝居屋さんを知っている方なんて、このブログをご覧になってらっしゃる方の中にはいませんよね……。
私の年がわかりますね……(汗)

こちらは義妹が旅行に行った時に買ってきてくれた熊本県のおやつ。
焼き米です。

110103_1054~01

そのままでもぽりぽり食べられ、香ばしくておいしいのがまず嬉しい♪

そして、温めたココナツミルクと甜菜糖を入れてふやかすと、まるで香ばしいライスプディング!!
ココナツミルクではなくて温めた豆乳と甜菜糖だと、オートミールで作るポリッジみたいです。

日本全国いろいろなおやつがありますが、おばあちゃんの世代、そのまたおばあちゃんの世代も知っているようなずっと食べ続けられてきたおやつって、ほんとうに素朴でおいしいですね。

こういう郷土のおやつを食べ歩くため、日本全国を旅してみたいなぁ、と思ったりします(笑い)


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコが食べられる市販品/レストラン  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

!!!

こんばんは。
干し柿・干し芋、我が子も大好きです。
干し柿を管理人さんにいただいて大喜び。
スーパーでも、「干し柿買って―!!!」と駄々をこねます。(汗)
ちょっと、他の子とは違う駄々ですね。。
絶対、こっちのほうが体にいいですよねー。
そして、焼き米。
近所のお店で見つけて、私は「非常食になるかしら。。。」と思い、買ってみたところです。
実際、食べたことないので、どんなふうにしたらいいのかしら。。。と思っていた所です。

あまりに、どんぴしゃな内容に、思わず、コメントしました!
ぺんちゃん |  2011.01.16(日) 20:42 | URL |  【編集】

続きです。

すみません。途中で、送信してしまったみたいです。
私が小学生の頃に、団地に紙芝居のおじいさんが来てました。かちんかちんと拍子木を鳴らして、それを聞いた子供達が集まってくるのです。まず、紙芝居をおじいさんが読んでくれて、そのあと、みるくせんべいにソースをつけたものや水あめ(割り箸にくるくるしたもの)の販売(?)がありました。あと、ルーレットとか型抜きもありました。すごく懐かしいですね。今はもう無いのですね。私にも4歳になる子供がいますが、今それがあったらすごく喜ぶと思います。えららんさんと私は歳が近いのかもしれませんね。
豆腐ドーナツ |  2011.01.16(日) 21:06 | URL |  【編集】

太陽の恵たっぷりだし、体がほっとしますよね(^^)
自然の力ってほんと素晴らしいです!
栄養価も上がるし、保存もできるし…
添加物がないと保存できない食品って、自然の摂理に反している気がします
ますます体によくないですよね

恵那川上屋には、干し柿に栗きんとんを入れたものがありますが、最高においしいです♪
あー、食べたい♪
まみ |  2011.01.17(月) 10:50 | URL |  【編集】

おいしいですよね。

干し柿も干し芋もおいしいですよね♪
干し柿も干し芋も2年前に一度作ってみました。簡単で、自分の手作りって思い入れがあり良かったです。
食事療法中の今、お芋は回転して大丈夫なので干し芋も食べていたら、先日先生に干し芋はNGを出されてしまいました。干し芋は作って干してあり、時間が経っているのでカビがあるとのこと。
カビの菌はアレルギーに良くないと言われ、食べられなくなってしまいました(;_;)残念です。
でも、焼き芋もおいしいのでめげませんよ~☆☆
干し柿も干し芋も高いので、ご実家から送られてくるのは羨ましいですね☆
おちょぼ |  2011.01.17(月) 12:05 | URL |  【編集】

ぺんちゃんさんへ

> 干し柿・干し芋、我が子も大好きです。

干し柿と干し芋で大歓びになるのは、ペンちゃん家も一緒なのですね。
おいしいですよね。

干し柿をくださる管理人さんもありがたいですし、スーパーで欲しいというのは干し柿だなんて、素敵です♪
絶対に、絶対に、ぜーーーーったいにジャンクフードよりも身体にいいですよね!
昔から受け継がれてきたおやつには、身体が求める何かがあると思います。
だって、身体に悪いものだったら食べ続けたりしなかったと思いますもん。
アレっ子は身体の声を聞き逃さずに、受け止められるんですよね♪

> そして、焼き米。
> 近所のお店で見つけて、私は「非常食になるかしら。。。」と思い、買ってみたところです。

すごーーい!
なんて偶然♪
ペンちゃんさんが感じてらしたことが私にも伝わってきていたのでしょうか。
「米」という言葉が見えると、ついつい手にとってしまいますよね。
そうそう、何かあった時に使えそう、って思いますから。
お買い物に出られなかった時に使えるかな、とか。

あっちでもこっちでも「保存食」みたいなものを見つけると必ず買い込みますし、いつも目を光らせている感じですし。
なんだか私、自分が冬眠する動物みたいな気分になることがあります(笑い)

ペンちゃんさんが同じようなウキウキした気持ちで昔ながらのおやつを手にしていたとうかがい、とても嬉しいです♪
えららん |  2011.01.18(火) 08:45 | URL |  【編集】

豆腐ドーナツさんへ

> すみません。途中で、送信してしまったみたいです。

コメントありがとうございます!
こちらのブログの調子が悪いのか、豆腐ドーナツさんからいただいたのは1件のコメントのみになっていますが、大丈夫でしょうか?
すみません。

> 私が小学生の頃に、団地に紙芝居のおじいさんが来てました。かちんかちんと拍子木を鳴らして、それを聞いた子供達が集まってくるのです。まず、紙芝居をおじいさんが読んでくれて、そのあと、みるくせんべいにソースをつけたものや水あめ(割り箸にくるくるしたもの)の販売(?)がありました。あと、ルーレットとか型抜きもありました。すごく懐かしいですね。今はもう無いのですね。私にも4歳になる子供がいますが、今それがあったらすごく喜ぶと思います。えららんさんと私は歳が近いのかもしれませんね。

そうそう、そうです!!!
私が見たのはそういう紙芝居のおじさんです。
豆腐ドーナツさんがおっしゃるとおり、私たち、同世代かもしれないですね♪

今も紙芝居はあるんですよ。
公園などで見かけることがあるのですが、でも、イベントの一環としてお願いするものらしく、若いお兄さんとお姉さんが絵本のようなキレイな紙芝居を、キレイなフレームの中に入れて見せてくれるようなもので、お菓子も売るのですが、小さな袋に入ったかわいいお菓子ばかりです。
ちょうど保育園の先生がいるような感じでした(笑い)

私が子どもの頃のように、おじさんが自転車に紙芝居とお菓子を積んできて、よれよれの紙芝居をまるで無声映画の弁士のように読んでくれたのとは雰囲気が違います。
そういう「声の力」というのか「言葉の魔力」というのか、紙芝居のおじさんたちは子ども心に体感させてくれましたよね。

豆腐ドーナツさんのお子さんも4歳さんなのですね。
きっと、4歳の子どもだったら引き込まれちゃいますよね。
豆腐ドーナツさんとお話していたら、昔の紙芝居が見たくなってきました♪
子どもたちにも見せてあげたいですね。


えららん |  2011.01.18(火) 08:59 | URL |  【編集】

まみさんへ  

> 太陽の恵たっぷりだし、体がほっとしますよね(^^)
> 自然の力ってほんと素晴らしいです!

ほんとうにそう思います!
身体が必要としているものを与えてくれますしね。
太陽に当てると栄養価が上がるっていうのもすごいことですしね♪

> 添加物がないと保存できない食品って、自然の摂理に反している気がします
> ますます体によくないですよね

私もそれ、強く思います!!
確かにいつでも食べられるというのは便利なことですが、でも、添加物が入っているし、それを大量にとるとどうなんだろうと思いますもんね。

添加物は安全だということも言う人もいますが、でも、添加物の安全性を確認する場合の実験はたいてい1種類の添加物で行うから、複数の添加物を用いた時にどうなるか、とか、長期間とった時にどうなるか、ということまではわからないと指摘する人もいますよね。

私は専門家ではないのでよくわかりませんが、でも、聞いたことがない家庭にないようなものをいくつも使っているもの、というのは避けたほうがいいかな、と思います。
そういうのは、特殊なものであることが多いですもん。

あ、そういう言い方をしたら、アレっ子の食材も一般的にはなじみのない食材がありますね(笑い)
でも、まあ、タピオカ粉もとうもろこし粉も世界的に見たら、ごく一般的な食物ですもんね♪

> 恵那川上屋には、干し柿に栗きんとんを入れたものがありますが、最高においしいです♪

きゃー、いやー、食べたい!!!!
もう、聞いただけでもおいしそう!!!!
うーむ、うーむ、栗のペーストを作ったのがあるから干し柿につめてみようかな。
うううう、食べたいです。
えららん |  2011.01.18(火) 09:04 | URL |  【編集】

おちょぼさんへ

> 干し柿も干し芋も2年前に一度作ってみました。簡単で、自分の手作りって思い入れがあり良かったです。

素敵!!
ご自身で作ってらしたのですか。
おいしさもひとしおですね♪

> 食事療法中の今、お芋は回転して大丈夫なので干し芋も食べていたら、先日先生に干し芋はNGを出されてしまいました。干し芋は作って干してあり、時間が経っているのでカビがあるとのこと。

干し芋にカビあると言われたのですか?
なぜでしょう???
干し芋はカビがはえたり、腐敗しないように加工した保存食品なので、カビはないハズですが……。
固く干さずにやわらかく干すと水分が残ってカビやすくなりますが、実際にカビがはえていたら食べられないですし。
干し芋や干し柿には白い粉がふくことがありますが、あれは内部の糖質が外側に出てきて結晶したもので、オリゴ糖ですしね。
そのオリゴ糖の白い粉が悪いとおっしゃっているわけではないですもんね。

食事の専門家がおっしゃることなので、干し芋が良くないという理由があるのでしょうけれど、素人の私には知識が足りなすぎてちょっとわからないです……。
日本人が昔から食べてきたすばらしい保存食のひとつと言われているのに、不思議ですねー。

> カビの菌はアレルギーに良くないと言われ、食べられなくなってしまいました(;_;)残念です。

イーストコネクションなどもあるくらいですから、カビを多く摂取すると腸内で悪さをすることがあるとは本で読んだことがあります。
アレルギー症状が強くでている時にはパンを食べてもアレルギー症状が出やすくなるのと同じですよね。
パンには酵母が使われていますから。

ご存知かと思いますが、腸内などにいるカンジタ菌は酵母の一種なのですが、日和見菌なので、腸内の状態によって良い菌になったら悪い菌になったりしますものね。
腸内環境を整えることはアレルギー体質の改善にもいいですし、バランスよく食べることや食物繊維の摂取は大切ですよね♪


> でも、焼き芋もおいしいのでめげませんよ~☆☆

焼き芋、おいしいですよね!!
冬の最高のごちそうですね♪

おいしくて食物繊維が多くて、さつまいもはすばらしい食材ですね!
えららん |  2011.01.18(火) 11:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/732-3b3bbec6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |