2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.01.05 (Wed)

粉ふきいものリサイクルおやき

あまりにビックリしたことがあったので、本題に入る前に、いいですか?

昨日、ムスコのためのクリスマス・スイーツBOXを作った時に取り出しておいたチョコレート菓子を食べました。

ああいうお菓子って、おいしいんですねぇ~。
4年ぶりにくらいに食べるせいか、甘~~~~~い!
結局、1つでは止められず、2つ食べたのですよ、3時のおやつに。

そして、ムスコのお迎え前にスーパーに行ったのが6時ちょっと前。
買い物をしていたら視界がぼやけてきて目が見えにくくなり、背中にじっとりと脂汗。
身体がふらついたのですが、意識を失うほどにはならず、なんとか買い物を終えて、ムスコの保育園まで徒歩でたどり着きました。
到着した頃は背中が汗びしょびしょで、吐き気も。
30分ほど涼しい場所に座っていたら落ち着いたので、それほどひどいものでもありませんでした。

想像するに、これって、チョコレート菓子を食べて急激に血糖値が上がった後、消化して今度は血糖値が急激に下がったために起こった不調なのじゃないの!?
精製された糖分ががっちり入ったお菓子なんて、この数年、ほとんど食べてないもんなぁ。

血糖値が上下が激しくなると、身体の身体のバランスが崩れたり、精神状態が不安定になったりするんですねぇ。
食べ物って、ものすごい影響力があるんですね。
アレルギー反応ではないですが、ちょっと怖かったです。

長い余談で失礼しました。

さて、今日のお題は「じゃがいものおやき」です。
せっかくの昔ながらのおやつなのに、バターソテーなんだそうです。
不思議だわぁ……。

ということで、ムスコのおやつに持たせるため、じゃがいものおやきを作ることにしました。
それも、ちょうど残っていた昨夜の夕ご飯の粉ふきいもで。
リサイクルおやきですね(笑い)

【More・・・】

さつまいもの甘みそ入りおやきじゃがいもの甘みそ入りおやきがおいしかったのを思い出しました。
白玉粉を使っても、タピオカ粉を使ってももちもちしておいしいのですが、私としては白玉粉のほうが好きかなぁ。

粉ふきいものリサイクルおやきの作り方はさつまいもの甘みそ入りおやきと同じ。
レシピと分量がちょっと違います。

粉ふきいもを70グラムを温めてからつぶし、すり鉢で細かくした白玉粉15グラムを加えて生地にします。
このままだと生地をまとめるための水分が足りないので、小さじ2杯弱の水を加えてまとまりやすくしました。
これで、ムスコのお弁当用のじゃがいものおやき1個分です。

レシピを見ていただくとわかるのですが、私のおやきはそもそも芋を水で茹でて、その水分で生地をまとめるので、粉ふきいもして水分を飛ばしちゃうとその分、生地をまとめるための水分が不足するのですよね~。

ということで、夕飯の残り物で作った粉ふきいもの甘みそ入りおやきです♪

110104_0806~01

見た目はまるで、丸餅ですよね(汗、汗)
丸餅以外の何物でもない感じ……うーん……。

もっとしっかりと焼き色をつければよかったのかしら。
あ、でも、そうしたら、さらに焼き餅風でしょうか???

焼き餅みたいでも、粉ふきいものリサイクルおやき、おいしいんですよぉ。

外側はちょっとじゃがいもの風味がある軟らかなもちもち感があって、中身はとろりとした甘みそ。
素朴な味です♪

ムスコの分しかなかったので断面を載せられないのですが、ムスコには大好評でした♪
断面がどんなふうかご興味がある方は、さつまいもの甘みそ入りおやきをご覧になってくださいね。

粉ふきいもが残ったら、ぜひお試しください。
残り物とは思えないおやつになりますよ♪(笑い)


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

あー、わかります(;><)
そこまでではないんですが、年末年始は実家義実家で常に食べている状態で…
甘いものも結構食べてました汗
一昨日帰宅して空腹で夕飯作っていると、手がぶるぶる震えて、血の気が引く感じでふらふらでした(>_<)
血糖値あがったまんまだったんでしょうね~
おそろしいです(((°Д°)))

あたしは家にいたからよかったけど、えららんさんは大変でしたね
暴飲暴食は気をつけないといけませんね汗


話は変わりますが、さっきマイベイクフラワーが届きました!
角型も届いたんですが…小さい…
1斤用だと思ってたのに、12cm角だと半斤くらいでしょうか??
ショックです~
えららんさんはどの大きさの角型を使ってらっしゃるんでしょうか?
1斤レシピでは溢れちゃいますよね(泣)
まみ |  2011.01.05(水) 13:39 | URL |  【編集】

私は授乳しているからか(?)よく低血糖を起こしていました~。最近は減ったのですが、アンパンマンみたいに「力がでない」状態でめまい・・・。
たかが二つのチョコレート菓子と思ったらダメっていうくらい、急激な血圧の上下があったのですね(汗)。
普段食べなくなった、糖分の固まりの威力はすごいものなんですね・・・冷や冷やです。


帰省した時に義母が言っていたのですが(義母は昔、保育士をしていました)、「最近の子ども達はみんな太っていたり大きかったりするわ~」と。
たまに食べるだけなら良いかもしれませんけど、毎日スナック菓子に毎週ハンバーガーに・・・成人病予備軍な食事ばかりですもんね(汗)。
息子がアレルギーで良かったのか悪かったのか考えさせられることが、ふと周りを見た時にあります。
姪っ子は、ご飯前にかっぱえびせん&ラムネ片手にご飯食べてましたから(冷汗)。うちの旦那に「ええのん?」って大きな声で聞きましたよ・・・旦那も苦笑いでした。
そよら |  2011.01.06(木) 11:47 | URL |  【編集】

まみさんへ  

> あー、わかります(;><)
> そこまでではないんですが、年末年始は実家義実家で常に食べている状態で…

まみさんも、手がぶるぶるで血の気が引く感じになったのですね。
やっぱり、年末年始にずっと食べていて、いつも胃がいっぱいになった状態だと胃腸が疲れるんでしょうね。
そこに糖分ががつん、がつんと入っていくと血糖値が急激に変動するんだろうなぁ、と思いますよね。
規則正しく食べて、急激に血糖値があがらないよう適度にとるのが大切ですねぇ~。

でも、久しぶりに食べるチョコレート菓子、ほんとうにおいしかったんです(苦笑)
チョコホリック(チョコレート中毒)だったかつての自分が甦ってきました(汗びっしょり)

> 話は変わりますが、さっきマイベイクフラワーが届きました!
> 角型も届いたんですが…小さい…

角形、小さく感じちゃいましたかぁ。
私も届いた時に焦りましたよ(笑い)

私は正方形と長方形の2種類使っています。
正方形はこのパン型(http://item.rakuten.co.jp/majimaya/1424195/)とほぼ同じです。
12センチ四方ですが、ちょうど1斤くらいになります。
長方形の1斤型と同じ量の生地を入れて作ってみると、発酵時間もほぼ同じです。
大丈夫ですよ♪

米粉パンだととにかく型にくっつきやすいので、きちんと型焼きしてショートニングをたっぷり塗って冷まして下準備しておくといいですよ。
前に記事にしたことがありますが、型から抜けやすくするには、イチにも二にも型に油を馴染ませることですから。

まみさんのパン型バリエーションのレポート楽しみにしています♪
えららん |  2011.01.08(土) 09:30 | URL |  【編集】

そよらさんへ

> 私は授乳しているからか(?)よく低血糖を起こしていました~。最近は減ったのですが、アンパンマンみたいに「力がでない」状態でめまい・・・。

あります、あります、ありますね!
授乳していると、ほんとうにくらくらしますよね。
そもそも母乳で血液から出来るものだから、身体の栄養分がどんどん流れ出ちゃうんでしょうね。
だからこそ子どもがすくすくと元気に育ってくれる、ということはありますけどね。

ご飯を毎食1合くらい食べ、授乳マシーンみたいになっていた我が身を思い出します(笑い)
あの頃は、どんなに食べても太らなかったなぁ(←遠い目)

> 帰省した時に義母が言っていたのですが(義母は昔、保育士をしていました)、「最近の子ども達はみんな太っていたり大きかったりするわ~」と。

そうなんですよね!
ほんとうに、身体が大きいです。
あるママは「保育園でちゃんとしたものを食べさせてもらっているから、家では別にお菓子を食べててもいいと思うの。別に夕飯なんて食べなくていいし」と言っていて、ビックリしました(汗、汗)
食べ物はお腹を満たすものじゃなくて、身体と心をバランス良く育てるものなんじゃないかと思うんですが……。

四六時中、食べ物のことを考えている自分をふりかえって、日常的な食事を適度に手抜きしつつ済ませられるママが羨ましくないと言えばウソになります。
私は給食のメニューを持ち歩き、いつもチェックして買い物をしているのに、給食のメニューすら見たこともないとか。

でも、母の手間がかかる分、子どもの心と身体が調和しながら育っていてくれると思えば、「苦労」ではないなぁ、と思いますよね。
えららん |  2011.01.09(日) 10:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/726-88c7b9a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |