2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.11.17 (Wed)

もうひとつのムスコのバースディケーキ/Apt-cakeのお絵描き入りケーキ

ムスコのバースディパーティは日曜日に終わったのですが、祖父母(←私の両親)とともにもう1度、バースディパーティをすることになりました。
というのも、ムスコと祖母の誕生日が同じなので。

今回のバースディパーティはApt-cake
いろいろなスポンジケーキとクリームの中から米粉焼きスポンジ<卵・乳製品・大豆・小麦除去>りんごクリームを選び、甜菜糖で煮た特製りんごのコンポートをサンドしていただきました

去年のクリスマスにはApt-cakeの米ひえとうもろこし蒸しスポンジケーキ&りんごクリームをお願いして、そこからすっかりりんごクリームのファンになりました♪

スポンジは雑穀を混ぜたものよりも米粉のほうがしっとりしていますが、どちらもおいしいです。
他のアレルギー対応ケーキよりも甘さ控えめかな、と思います。
甘さ控えめなので、粉の風味もしっかりしますよ。

今回もクリスマスケーキと同様にお絵描き入りケーキをお願いし、ムスコの好きな「East-i-e」という電車の絵を描いていただきました。
このケーキは冷蔵で届くので、解凍するのを待つ時間がなくてありがたい♪

そして、色素などもできるだけ化学合成ではなく、自然の色素。
この絵を描く手間、ものすごく大変だろうと見る度に思います。

101116_1608~01

しっとりとした米粉スポンジケーキに、さっぱりとなめらかなりんごクリーム。
スポンジの間にたっぷりとりんごのコンポートをはさんであるので、りんごクリームのなめらかさと、コンポートの存在感で、味わいに深さがあります。

101116_1619~01


<原材料>
=スポンジ台=
国産米粉・タピオカ粉・甜菜グラニュー糖・青森県産完熟無袋りんご100パーセント果汁・徳島産無農薬有機栽培カボチャ、調製豆乳、アルミニュームフリーベーキングパウダー

=クリーム=
青森県産完熟無袋りんご100パーセント果汁、信州産りんご100パーセント果汁、国産ひえ粉、タピオカ粉、甜菜グラニュー糖、天然塩、青森県産りんごの自家製コンポート(甜菜糖で煮たもの)、甜菜グラニュー糖、無漂白寒天

=お絵描き=
オーガニックキャロブ粉、オリゴ糖粉砂糖、アレルギー対応マーガリン、紅麹、天然コウリャン色素、天然クチナシ黄緑色素、天然赤ビート色素、天然紫芋色素、海藻の食用色素


ムスコは「イーストアイのところ、ぜんぶ、たべる! うえのところ、ぜんぶ!」と主張。
大きく切ってお皿に載せるとすべて平らげ、「ふわぁ~、たべた、たべた。おなかいっぱい」とご満悦。
夫は「僕は日曜日に食べたマロンケーキのほうが好きだな」とぽつり。
祖父母には「これ、うまいない。さっぱりしてる」と大好評でした♪

【More・・・】

余談なのですが、本当はバースディケーキはリエさんのマロンケーキを日曜日に食べたのでいらない思っていたので、ケーキもプレゼントも用意しないつもりでいました。

それを母に言ったところ、即座に却下。
「あんた、ケーキもプレゼントもなかったら可哀想だばい! お金を出してやっから、買いな!」

べ、別にお金がないから買わないってわけじゃないんだけど……(汗、汗)

私が子どもの頃、自営業の両親は休みもなく朝から晩まで非常に仕事で忙しく働いていました。
そのため、私はいつもひとりで遊んでいて、弟は朝、迎えにきてくれる子守さん(今でいうベビーシッターさんですね)に連れて行ってもらっていました。
私の記憶の中にある両親というのは、忙しく立ち働いて、お昼ご飯をそそくさとかき込んですぐに仕事に戻る姿です。
そうやって必死に働いて私と弟を育ててくれ、ほんとうにありがたいと思います。

仕事で休みの日もなく、子どもと遊ぶ時間がなかった両親。
人なみ以上に「子どものために何かやってあげたい」と思う人たちなので、やってあげるための時間がない切なさや、子どもに淋しい思いをさせる罪滅ぼしなどいろいろな愛情が錯綜し、私たちにお金を渡し、好きなものを買ってせめてもの喜びを感じさせてやりたいと思っていたのでしょうね。
今、自分でムスコと一緒に過ごす時間がなかなかとれないので、両親の気持ちがよくわかります。
両親にはほんとうに感謝しています。

そんなこんなで、今は孫のために、ことあるごとにプレゼントを買ってくれようとするのですが、私はモノを買ってくれるよりも一緒に遊んでくれるほうが嬉しいのでそう伝えています。
でも母は「あんたたちを育てる時には、遊んでやったりできなかったからない」と言い、父は「ほしいものはなんでも買ってもらえ!」と拍車をかけてくれます(汗、汗)
ふたりとも、子どもにできなかった分、孫には、愛情もモノも両方ともたっぷりと与えたいと思うらしい……。

「買ってあげて孫の喜ぶ顔を見たい」という気持ちも、よーく、よーくわかります。
でも、モノを買ってもらったことは一時的に嬉しいけれど、それが思い出になるわけではなくて、モノが壊れて捨てられる時に一緒に忘れられちゃうよ~。
一緒に時間を過ごすことで、たくさんの思い出ができていくほうが贅沢だと思うんだけどなぁ。
大切なのはモノを買ってあげることじゃなくて、「何かを孫のためにしてあげたい」という愛情のほうですよぉ。
モノだけ買ってくれるのは本末転倒なんですよぉ、わかってくれてますかぁ?

でも、親の世代はなんでも買ってくれたがる……(汗、汗)
強く断ると、とても悲しそうな顔をされます。
その顔を見るのも切ない。

かといって、「じゃあ、電車の絵のタオルを買ってやって」と言っても、「そんな安いの、いつだって買えっぱい。それはそれで買ってやるから、もっと高くてなかなか買えないの、ないのかい」となってしまうし。
この「そんな安いの、プレゼントになんないばい」という感覚も困ったものです(汗)

親の気がすむまでしてもらうのが親孝行なのか、それともモノを大切にする気持ちをムスコに教えたいからと言って断り続けるのがいいのか、迷うところです。
両親のムスコへの愛情はありがたいし、嬉しいんですけどね。

昨日も帰る間際に、「なにがほしいかサンタさんにお願いしときなね。サンタさんが持ってきてくれるからね」とムスコに話していました。
サンタさんからのプレゼントは私たちが買うし、一家にひとつでいいよ……。

小学校の遠足で「持ってくるお菓子は300円までね」とルールがあるように、「クリスマスのプレゼントは1000円までにしましょう」とかいう決まりがあるといいのに(笑い)
そうしたら、孫のために高価なプレゼントを買ってあげたいという祖父母の気持ちもおさまるだろうのに。
クリスマス・プレゼントの世界ルールがないなんて、残念だわ(笑い)

ごちゃごちゃといろいろ書き連ねましたが、とにかく思うのは、親というのはありがたいなぁ、ということです。
子どものために、孫のために、持っている限りの愛情を注いでくれようとするのですもんね。

「人のために使えば使うほど増えていくのは愛情である」という言葉を本で読んだことがあるのですが、ほんとうにそうだと思います。

私もムスコに、「もういいよ、わかった、わかったから」と言われるくらい、「大好き! 大好き! 大好き!」と伝えていきたいなぁ、と思います♪


にほんブログ村 料理ブログへ
クリックしてくださり、ありがとうございます♪



こちらもどうぞよろしくお願いします。





スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

楽しいお誕生日会、ムスコくんも、さぞうれしかったことでしょう^^
うちも、去年の4歳の誕生日は、Apt-cakeで注文しました。
なんといっても、希望のデザインで、名前も入れて作ってくださる!!というところがすばらしい。。
もう、キャラデコケーキも、お名前プレートも無理、とあきらめていましたが、(ほんとは、何とかレンジャーのキャラデコなんて、食べられなくてもいい、と思いますが、子どもには、魅力的なんですね)、大好きな、赤いスポーツカーを書いてもらいました。
優しい色合いで、ほんとに、優しい味がしましたね。

うちも、実家の母がおもちゃを買ってくれます。孫の好きなものということで、おもちゃ屋に連れて行って選ばせます(汗)ほとんど、連れていったことがないので、大興奮。
仮面ライダーのベルトやら、合体ロボやら・・・。家には、お下がりでもらったおもちゃが、溢れているので、これ以上増やしたくはないのですが。先日も、「七五三だから。」とおもちゃを買ってくれました。七五三は去年、数えでやったときも、お祝いの自転車をかってくれたのですが。。。たった一人の孫なので、目線もお財布も集中します(笑)
買ってもらうのも、親孝行、と思いますが、あんまり負担も掛けたくないし、子どもにも、物を大切にしなさいと教えたいし。。
母や妹は「旬のもの(レンジャー系)を楽しませるのも大切だ!」と押されますが。
・・難しいですね。(笑)
長々と失礼しました!
ぺんちゃん |  2010.11.18(木) 05:30 | URL |  【編集】

うふふ。

えららんさんが書かれていること
うんうん、あるわ~わかるわ~って思いながら読みました。

祖父母世代からしたら、自分たちが以前よりは経済力も時間もあって、目の前にいる可愛い娘の、さらに可愛い孫に何かしてあげたい、そういう気持ちがよくよくわかります。

でもね、母体としての気持ちもよくわかるぅ。

我が旦那は、は?もらえるもんはもらっとこ主義なので、平気で「じゃあお金で」と言えてしまうひと。 初めは、えーーってどん引きしたのですが、ちゃんと最後に「ありがとう」を言うのですよね。
そうすると相手も嬉しいし、こっちもにやりw

困るのは、実際、それは私が買いたかったと思うものを、もう一度子育てしてるように錯覚した親がなにがしかの教育的用具を買ってしまうときかな。

それ以外は、わざと、これは、というのがあればリクエストすることにしています。

えららんさんがおっしゃるクリスマスなどはもちろん、サンタ(両親)からだけ。誕生日は祖父母からだけ。両親からは料理と言葉となにがしかのお話だけ。

あとは、何か子供のビックイベントでそういうのをあたえることがあります。

自分の話ばかりすみません。
着色料の原材料がすごいと思いました♪
くるみあちゃ |  2010.11.18(木) 11:50 | URL |  【編集】

二度目のお誕生日会おめでとうございます!

これまた美味しそうなケーキ!
手描きの絵が…凄すぎる!
ムスコさんの喜ぶ雰囲気がこちらまで伝わります♪

私の親側は誕生日だからクリスマスだからとはくれません
でも、毎月絵本が届く(童話館ぶっく倶楽部?かな?)を契約してくれてて、毎月贈られてきてます
普段電話もしてない親不孝娘ないので、月1御礼電話で交流です(´∀`)テヘ


我が家は離婚してまして、子供は毎月子供の父親と祖父母の所にお泊りに行きます
以前は行く度に(祖父母から)おもちゃを買い与えてもらってましたが、『有り難みがなくなる!』と、特別なクリスマスやお誕生日だけにしてもらう事にしました(笑)

おかげで、自分の親からも元義両親からも、我が家は今いいペースでプレゼントが届きます(o^ー')b


『何かしてやりたい!』→自分も相手にもわかりやすい『物』になっちゃうのは、どこも同じなんですね~(;´▽`A``

あ、我が家、欲しいクリスマスプレゼントは子供の父親に、サンタ(私)からは、サンタ独断で決定プレゼントです(笑)


えららんさんとこも、何とかいい感じに落ち着きますように☆

私の事ばかり長々書いて失礼致しました
みさりん |  2010.11.18(木) 22:27 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.11.18(木) 22:45 |  |  【編集】

ぺんちゃんさんへ

> うちも、去年の4歳の誕生日は、Apt-cakeで注文しました。

うわーい、同じですね!
Apt-cakeのケーキを食べたことがあるだけじゃなく、それも4歳のお誕生日の時だなんて♪

そうなんですよね、とにかく丁寧で、できるだけ安全なものを使ってこちらが希望するものを作ってくださろうとしますよね。
その子どものために作ってくださろうとする思いも嬉しいですし、優しい味で安心して食べさせられるのもいいですよね。

> うちも、実家の母がおもちゃを買ってくれます。孫の好きなものということで、おもちゃ屋に連れて行って選ばせます(汗)ほとんど、連れていったことがないので、大興奮。

あああああ、同じです……。
ムスコはトイザラスに連れて行った時にはいろいろありすぎて理解できず(笑い)、デパートのオモチャ売場に連れて行った時には片っ端から手に取って「これかう! こっちもかう! あれも!」と大変なことになりましたが、いざ、オモチャを買って家に帰ってくるとたいして遊びもせず、放ったらかしでした……。
きっと買うまでが楽しんでしょうね。

オモチャ売場のあのものすごい音もムスコを尋常じゃない状態に導くんだろうなぁ、と思うと、やっぱりオモチャ売場は禁断の場所かも(汗)

> 買ってもらうのも、親孝行、と思いますが、あんまり負担も掛けたくないし、子どもにも、物を大切にしなさいと教えたいし。。
> 母や妹は「旬のもの(レンジャー系)を楽しませるのも大切だ!」と押されますが。

まさに、まさに、まさにそのとおり!
でも、お母様や妹さんの意見も一理ありますよね。
その歳に応じた「旬」のオモチャというのはあるでしょうねぇ。
ムスコはほとんど戦隊もののテレビを見たことがないので知らないはずなのにポーズをとったりするのを見ると、「ああ、これがはやりなんだな」と思います(笑い)
えららん |  2010.11.19(金) 07:38 | URL |  【編集】

くるみあちゃさんへ

> うんうん、あるわ~わかるわ~って思いながら読みました。

わかってくださいます?
嬉しいです!
でも親の気持ちもわかるし、私があまり言い過ぎるのも親不孝かもと思うので、その加減が……。

> 我が旦那は、は?もらえるもんはもらっとこ主義なので、平気で「じゃあお金で」と言えてしまうひと。

と思っていたら、なんと、くるみあちゃさんの旦那様、単刀直入で素敵ですね!
確かにそうなんですよ、正直言って。
いらないものにムダなお金を使ってくれるな、ってことなんですよね。

このところ私があまりに「ほしいものはない。別に買って来なくていいからね」と言うもので対策を考えたらしい母が「あんたの好みは面倒くさいから、じゃあ好きなのを買って」と言ってムスコにお金をにぎらせようとし、私が「お金には何がついているかわからないから絶対に触らせないで! 絶対にだからね!」と注意したら、「あ、そう。じゃあ、かわりにあんたにあげる」とお金を置いていきました……(汗)
これがいいのか悪いのかわからないですが、もらったお金をムスコために貯金しました。
一件落着でしょうかねぇ(笑い)

> それ以外は、わざと、これは、というのがあればリクエストすることにしています。

リクエストを、と言われても、それがまた困っちゃうんですよねー。
調理器具や型やら収納場所ならいくらでもほしいけど(←私のものばっかり。笑い)、ムスコに必要と思うようなモノってあまりないんですよね。
でも両親は遊びにくるたび「おみやげ」を持ってきたがるので、何回かに1回、服や靴を買ってもらうようにしています。

> えららんさんがおっしゃるクリスマスなどはもちろん、サンタ(両親)からだけ。誕生日は祖父母からだけ。両親からは料理と言葉となにがしかのお話だけ。
> あとは、何か子供のビックイベントでそういうのをあたえることがあります。

いい役割分担ですね~。
それにくるみあちゃさんは季節ごとの行事をちゃんとご自宅でもやってらっしゃいますし、素晴らしいですよね。
私も四季折々の行事をやりたいと思えず実行できなかったので、来年こそは!と思います。
えららん |  2010.11.19(金) 08:31 | URL |  【編集】

みさりんさんへ

> これまた美味しそうなケーキ!
> 手描きの絵が…凄すぎる!

このお店もまた、すばらしくいいお店なのです。
アレルギーっ子は油脂や糖分をとりすぎるのを避けようとするためか、甘さも控えめです。
松風やカステラなど、和菓子が好きな人ならきっと好きな味です♪(笑い)
しっとりふんわりで優しい味なので。

> でも、毎月絵本が届く(童話館ぶっく倶楽部?かな?)を契約してくれてて、毎月贈られてきてます
> 普段電話もしてない親不孝娘ないので、月1御礼電話で交流です(´∀`)テヘ

素敵な交流ですね♪
私も絵本が大好きです。
でも実際に選ぼうと思うとかなり迷いますし、月に1回送られてくるスタイルだと「書店で見つけても買わないな」みたいな本もあったりしますよね。でも、そういう本がいい内容だったりして(笑い)
親が選ぶと親の好みに偏りますが、絵や色味などいろいろなタイプのものに触れられるのは、情操教育にもいいでしょうね。
楽しい、素敵なプレゼントですね♪
「そろそろ電話がくるかな」と思いつつ待ってらっしゃるのも、親御さんの楽しみのひとつなのではないでしょうか。

> 我が家は離婚してまして、子供は毎月子供の父親と祖父母の所にお泊りに行きます
> 以前は行く度に(祖父母から)おもちゃを買い与えてもらってましたが、『有り難みがなくなる!』と、特別なクリスマスやお誕生日だけにしてもらう事にしました(笑)

そうですか、パパのところとおじいちゃま&おばあちゃまのところにお泊まりするのですね。
お母さんとお父さんは一緒にいなくなっても、ずっとお父さんと交流があり、一緒に過ごせるというのは素敵なことですね。
おじいちゃま&おばあちゃまも嬉しいでしょうね。
みさりんさんのご両親はきちんと可愛い娘の気持ちをわかってくださったのですね。
いいご両親ですね。

> あ、我が家、欲しいクリスマスプレゼントは子供の父親に、サンタ(私)からは、サンタ独断で決定プレゼントです(笑)

いい役割分担ですね!
私も独断派です(笑い)
モノをあげるのは簡単ですけど、どんなモノをあげるかとか、いろいろと考えると最適なモノを選ぶというのは難しいですよね~。

もうあまり猶予はないですし、私もそろそろ決めて注文しないと!
みさりんさんはもう決まったのでしょうか?
なんだか文面から余裕が感じられて羨ましいです(笑い)
えららん |  2010.11.19(金) 20:58 | URL |  【編集】

鍵コメントさま

素敵、素敵、なんて素敵なクリスマスプレゼントなんでしょう!
お誕生日から次のお誕生日の前日までの写真を入れたアルバムなんて、母じゃないとできないプレゼントですよね~。
ビデオやDVDで撮影してもなかなか見られませんが、写真だといつでも見られるし、時間の経過とともに子どもの成長も感じられるのでいいですよね♪

うーん、これもまた素敵!
サンタとしては、レゴや子ども用包丁ですか!
母として選ぶプレゼントと、サンタとして選ぶプレゼントが違うなんて、いいアイディア!
私もそのアイディア、いただきです!(笑い)

今年は母としてはクリスマスケーキをプレゼントして、サンタとしてはオモチャにしようっと♪
でも、「何を選ぶか?」が大切ですよね(汗、汗)
これまた真似して包丁にしちゃおうかしら(笑い)

鍵コメントさん、素敵すぎます!
お誕生日はケーキをプレゼントして、部屋を風船でいっぱいにして飾るんですか~。
その素敵なアイディアはどこからくるんですか。
やってみたーい、想像するだけでも可愛いですし、子どもが喜びそうですよね。

クリスマスでも誕生日でも、それぞれに違う趣向で、自分を愛してくれる人たちが祝ってくれるというのは素晴らしいことですね。

いただいたコメントを拝見していて、やってみたいことがたくさんできてしまいました♪
私、真似まね子になっちゃいそうです(笑い)
えららん |  2010.11.19(金) 21:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/667-dabb83e3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |