2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.11.18 (Thu)

我が家のお弁当箱たち

私、実はお弁当箱を買うのが趣味。
とはいえ、収納場所の関係もあって、いろいろ持っているわけではないんですけれど(笑い)

デパートのキッチン用品売場なんかに行ってしまうと、お弁当箱売場で目が釘付けです。
昔はショーウインドウのケーキに目がいったけど、今はとにかくお弁当箱。

手づくりのぬくもりを感じさせてくれるようなものが大好きです♡

【More・・・】

これは自然素材チーム(笑い)

101113_1337~03

後ろにつんであるのは竹で編んだカゴとお弁当箱。

竹のカゴは結構大きくて、パンが1斤入ります。
なので、家族みんなでお出かけする時に、おにぎりやお稲荷さんを入れたり、サンドイッチを入れています。

竹のお弁当箱は主におにぎり用。
おかずはラップにくるんで入れると汁もれもしなくて便利です。
とても軽いんですよ、これ。

手前にあるのが曲げわっぱ。
すべすべした木肌も曲線も、とにかく美しい。
ずっと撫でていたいくらい、うっとりします♡

この曲げわっぱは優れもので、写真では二段になっていますが、食べ終わったら上段が下段に収納できてコンパクトに。
私はほぼ毎日、ムスコのお弁当の残りを曲げわっぱに詰めて会社に持って行っています。

雑な性格なもので、以前、曲げわっぱを棚から落としてしまいました。
「木だから平気」と思いきや、大きなヒビが(涙)

あまりのショックに買ったお店に持って行くと、曲げわっぱにヒビが入ると接着剤でくっつけるわけではなく、作った職人さん本人にお願いして、分解してイチから作り直してもらうことになる、とのこと。
新しいものを作るよりも手間がかかるらしく、修理をお願いして戻ってくるまでに3か月以上かかりました。

修理代金は、新品を買った時の半額くらい(汗、汗)
捨てるのはしのびなくて直してもらいましたが、高かった……。
職人さんに「曲げわっぱは割れ物ですからね。可愛がってやってください」とお願いされました。
はい、これからは大切に、大切にします。

私が買ったのは大館工芸社の曲げわっぱで、一般的なお弁当箱の数倍の値段(←ケタが変わるかも。汗)ですが、買えば一生もの。
落とさないようにさえ気をつければ、軽くて肌触りも優しいし、余分な水分を吸ってくれてご飯もおいしいし、とてもいいですよ♪
別なサイズかかたちのを買おうかなと計画中です♡

こっちはステンレスチーム。

101113_1338~02
101113_1340~01

ムスコのお弁当を保育園に持って行くために使ったり、私が使ったりしています。
ステンレスは油汚れがついても落ちやすいですし、丈夫ですし、食材の匂いもうつりませんし。
でもちょっと金臭いかな。

ムスコはお弁当を持って行くと、調理室でみんなと同じお皿に盛りつけてもらいます。
なので、あまりムスコ仕様のお弁当箱は買わなくていいのです。
あー、よかった(笑い)

お弁当箱とともに水筒も必需品。
保育園ではムスコのお茶を入れてくれないので、水筒に入れてほうじ茶を持って行っています。

大きな水筒はalfi(ドイツ製)
ドイツの製品らしく丈夫で機能的なので、とても気にいっています。
他の水筒やポットもおしゃれなんですよ~。

白い水筒は言わずと知れたサーモス
容量は0.3リットルと少なめなので、短時間の外出の時に持ち歩いています。

私は基本的にプラスティック製のお弁当箱は使いません。
軽くて丈夫だという利点はありますが、熱いものを入れたり、油などの溶媒に接すると環境ホルモンが遊離することがあるというのを知ってから避けるようになりました。

人体に悪影響があると思われること、また廃棄された後に環境に悪影響があると思われること、そういったことを考えると、わざわざプラスティック製のものを選ばなくてもいいな、と。

プラスティックよりもステンレス、ステンレスより木や竹。
そんなふうに考えてお弁当箱を買っています。

目下のところ、恋い焦がれているのが、倉敷意匠 イイホシユミコさんの器 boldlineトレイ
料理を入れる部分は磁器で、フタはくるみの木。
これは、文具を入れたり、お料理を入れたり、使う人が自由に組み合わせ、無限の可能性がある器。

ちょうどお弁当に良さそうな大きさなんですよね~。
磁器だから落としたら割れちゃうけど、こんな素敵な器に詰めたら、ムスコのお弁当の残り物だって、素敵に変身して楽しく食べられそう♪
でも、持ち運びするには重いかなぁ……。

こっちの倉橋意匠 ミツさんのお弁当箱も欲しくて、欲しくて。
私が大好きな野田琺瑯製なので、デザインが可愛いだけじゃなく、作りもしっかりしてるんですよ。
この間、デパートで陳列してあって、うっかりレジに持って行こうとしちゃいましたよ(笑い)

お弁当箱は毎日使うものだけに、気に入ったものを使いたいですよね。

今年の私の誕生日には何も買わなかったことだし、サンタさんにお願いしようかな(笑い)




にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.11.18(木) 16:09 |  |  【編集】

木のお弁当箱、素敵ですねー!
そのままインテリアとして、出しっぱなしでも違和感ないですよ~(^^)

うちのちび達の、キャラクターのプラスチックのお弁当箱です(汗)
有害物質…そうなんですねぇ(>_<)
年に数回しか使わないですが、食べ物だけじゃなく、そういう所にも気を使わないといけませんね


あ、連日の息子くんの写真、くりくりっとしててかわいいですねぇ( ´艸`)
思わずなでなでしたくなっちゃいました(*^^*)
小2になると可愛いげがないので、あの頃に戻って欲しいです(笑)
まみ |  2010.11.19(金) 07:38 | URL |  【編集】

鍵コメントさま

お弁当箱、おほめいただき、ありがとうございます。

もしかして、私がリンクを貼らせていただいたりしたことでご迷惑などがかかっていないでしょうか?
ご連絡を差し上げずにご紹介し、失礼いたしました。

わざわざコメントを残していただき、ありがとうございました。
えららん |  2010.11.19(金) 08:33 | URL |  【編集】

まみさんへ  

> 木のお弁当箱、素敵ですねー!
> そのままインテリアとして、出しっぱなしでも違和感ないですよ~(^^)

うわー、嬉しいほめ言葉!
それを夫に伝えて、もっとどんどん買っちゃおうかしら(笑い)

木のお弁当箱、もともとはムスコ用にと思って買ったのですが、落とすと割れるということがわかってからは私用になりました。
触っている時にも、お弁当を詰めている時も、食べる時も、洗った後も、いつでも触れると気持ちが良くて、使えば使うほど愛着がわきます♪
曲げわっぱのお弁当箱を見かけたら、ぜひぜひ触ってみてくださいね。

> うちのちび達の、キャラクターのプラスチックのお弁当箱です(汗)
> 有害物質…そうなんですねぇ(>_<)

ムスコの場合は毎日、お弁当を持っていくので、私はとてもプラスティックに含まれる環境ホルモンが気になりますが、年に数回しか使わない場合、軽くて丈夫で子どもが好きなキャラクターの絵のものを使ってあげる、という選択肢はあると思いますよ。

環境ホルモンは私たちの身近なものにいろいろと含まれていますので、プラスティックの恩恵を受けている私たちはすべて避けることはできないとは思うのですが、できる範囲で、ということになるでしょうかね。
以前は哺乳瓶にも環境ホルモンを含むものが使われていたことがあり、そうなると粉ミルクを溶かすために熱いお湯を入れた時に溶け出すことも考えられ、非常に問題になったことがあります。

もしご興味があるようでしたら、内分泌撹乱物質=環境ホルモン(http://ja.wikipedia.org/wiki/内分泌攪乱物質)をご覧になってみてくださいね。

子どもは小学校入学を境に非常に大人っぽくなるように感じますが、でも、大人に近づくにつれ、しっかりと意志を持つひとりの個人として魅力を放ち始めますよね。
まみさんの息子くんは、きっと、親に頼る赤ちゃんぽさがなくなり、自分の足でしっかりと歩き始めたのでしょうね。
えららん |  2010.11.20(土) 15:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/664-21a39425

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |