2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.11.11 (Thu)

アップルカスタード米粉タルト(小麦・卵・乳製品・大豆・ナッツ不使用)

101106_0943~01

ムスコと私はリンゴが大好き。
特に、砂糖を入れずに作った煮りんごが大好物♪

煮りんごだけで食べてもおいしいのですが、さつまいもが大量にあるので、両方をあわせてアップルカスタードにしました。

それをタルトに流し入れて煮りんごを飾り、アップルカスタード米粉タルトのできあがり♪

タルトはしっとりするタイプでなく、クッキータイプ。
24時間後でもサクサクです。

ゆえに、ナイフで切ろうと思ってもうまく切れず、割る感じになります(笑い)

101106_1324~01

米粉をベースにした優しい甘さのサクサクタルトに、りんごとさつまいもの軽く爽やかな味わいのアップルカスタードがいいコンビ♪
シナモンシュガーをふりかけると、これまたおいしさがアップします。

あまりにムスコと私好みの味になり、あっという間に平らげてしまいました。
簡単にできるのはいいのですが、食べ過ぎ注意です(汗、汗)

【More・・・】

12センチのタルト型1個分です。

中に入れるアップルカスタードのさつまいもとりんごの分量はお好みで加減してください。
さつまいもが多いとしっとりと甘みが強いやや和風の味、りんごが多いと爽やかで軽い味わいになります。

=アップルカスタード=
<材料>
さつまいも      200グラム
煮りんご        100グラム
*私が買ったリンゴでは1個分で100グラムくらいでした。梅酢小さじ1と水小さじ1を入れてコトコト煮ます。梅酢がない時には塩をふたつまみ入れて煮てください。お好みで煮りんごの量を調整してください。
甜菜糖         10グラム
*お好みで増減してください。
塩           1グラム弱
*お好みで増減してください。

くずパウダー      5グラム
*タピオカ粉や片栗粉、コーンスターチに置き換えられます。
寒天パウダー      2グラム
水          70グラム

=飾り=
煮りんご       100グラム
*私が買ったリンゴでは1個分で100グラムくらいでした。梅酢小さじ1と水小さじ1を入れてコトコト煮ます。梅酢がない時には塩をふたつまみ入れて煮てください。お好みで煮りんごの量を調整してください。


<作り方>
1)さつまいもを輪切りにし、厚く皮をむいて水にさらす。さらしたら蒸し器で竹串がすっと刺さるくらいまで軟らかく蒸す。

2)さつまいもと混ぜる分と飾りの用としてリンゴ2個をむき、5ミリくらいのくし形に切る。梅酢小さじ2と水小さじ2を少々入れてフタをして弱めの中火で煮る。水分が足りなくて焦げ付きそうになったら水を足して軟らかくなるまで煮る。
*梅酢がない時には、塩を4つまみと少量の甜菜糖を入れて煮てください。

3)フードプロセッサーに1のさつまいもと、2の煮りんごの半量を入れてなめらかになるまで撹拌する。残りの半量の煮りんごはとっておく。

4)鍋に水とくずパウダーと寒天パウダーを入れて火にかけ、クツクツと沸騰してきたら弱火にして3分ほど加熱する。


=米粉タルト=
<材料>
♡波里お米の粉で作ったミックス粉<料理・菓子用>  50グラム
とうもろこし粉                  50グラム
♡甜菜糖                      15グラム

ショートニング                   40グラム
*生地がまとまりにくい時には、ショートニングを様子を見ながら加えてください。
メイプルシロップ                  25グラム

<作り方>
1)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせる。
2)1にショートニングとメイプルシロップを入れて生地をこねる。なめらかになったらタルト型に押し付けるようにして生地を伸ばす。伸ばしたらフォークで底に穴をポツポツとあける。生地の上にクッキングシートをかぶせてからおもりを乗せる。
3)170度に予熱しておいたオーブンに2を入れて12分焼き、クッキングシートと重りをはずして12分焼く。
4)タルトを型からはずし、冷めたらアップルカスタードを流し入れ、煮りんごを飾る。


コツというほどでもないですが、ちょっと気をつけていただきたいことがあります。

1)煮りんごを作るとき、鍋の中をかきまぜると崩れてしまいますので、かきまぜないでください。

2)煮りんごがやわらかくなって水分が残っている場合には、焦がさないように気をつけながら水分を煮飛ばしてください。そのほうが甘さも味わいも濃厚になります。多少の水分が残るのは問題ありません。

3)アップルカスタードの粗熱をとって人肌よりも温度が下がってから、冷ました米粉タルトに入れてください。熱いまま入れるとタルトがしけってしまいます。
ただ、アップルカスタードが冷たくしすぎると寒天が固まりますので、冷蔵庫などで冷まさないでくださいね。
急いで温度を冷ましたい時には、水を張ったボウルに鍋の底をつけてかきまぜながら冷ますといいですよ。



にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

わあ、美味しそうなリンゴのタルトですね~

本当に、これでこんなに除去してるだなんて思いもしないです。
ああ、食べてみたいです。

近いうちに、粉そろえて作ってみようかしら♪トウモロコシ粉とは、コーンスターチとは違うのですよね??(いかにもアレお菓子普段作ってません、という愚問ですみません)
くるみあちゃ |  2010.11.11(木) 13:10 | URL |  【編集】

おいしそうですね~

ちょうど、このブログを見ながら、「ア―モンドクリームアップルパイ」を焼いていました。
でも、こちらは卵も小麦もバターも入っているタイプ・・・
今度は、こちらのタルトを作ってみたいです。
紅玉りんごがたくさんあるんです^^
ぺんちゃん |  2010.11.11(木) 21:40 | URL |  【編集】

お久しぶりです

今日も美味しそうなケーキです♪
しかも小金千貫以外にも安納芋も試してみようと思っていたので・・・あぁ、楽しみが増えそうです^^

最近バタバタしてたので、なかなかコメントできませんでした。
ずっと報告したかったことが貯まってます。

いくつかリブランDの試作を続けていましたので報告を。。。

ホットケーキでの成功後、まずはリンゴのケーキを作りました。
すいません、水分のプラス量を忘れてしまいました(汗)。リンゴジュース15グラムだったか・・・リンゴ酢は10グラムだったか・・・。でもふんわり焼きあがりました。べったとすることなくです。
一方、市販のゆきひかりMIX粉(フーズテクノさん)で焼いてみたのですが・・・ベッタリ。高かったのに!もう!><。なんて状態でした。(レンジでチン向きでしたし、しかも普段甘いものを食べないから、甘すぎて甘すぎて・・・使えない・・・旦那も甘すぎると・・・とても子どもに食べさせられないわと思いつつ、一口食べさせました。)

話をリブランDに戻しますと・・・

これはお菓子なら意外とイケルのでは!と思い、次はクッキーに。
リブランD 80グラム
さつまいもパウダー20グラム
ショートニング33グラム
メープルシロップ33グラム

かたーいかたいクッキーになるかしら?なんて思いつつ、期待しつつ・・・・
それが意外に意外、サクサク。
冷めるとちょっと硬いですが、アリでした!
これまた市販のアレっ子用オヤツビスケット(米粉)はカチコチなのに・・・。
これなら、今日のケーキのタルト生地にも使えそうだな~なんて思います。(いやいや、まだまだ調整は必要そうですけれど・汗)

リブランDでパンは作れそうになくても、お菓子には化けれそうな気がします。
まだまだ在庫はたくさんあるので、ムスコ体調と私の食欲と相談しながら作ってみます♪

もうひとつ報告です。
以前、引越ししたいなぁーーーと書きましたが・・・叶いそうです。春から夏にかけて引越しができるように話が進んでいます(無事に、旦那の両親から許可がでました。かなり万歳です^^)
アレルギーっ子に優しい住宅を・・・とまた勉強することが増えるのですが、旦那も張り切って調べているみたいで(まぁ本業ですしねぇ)、犬&猫のいるアパートから抜け出せるのが嬉しくて嬉しくて(涙)。

すっかり長くなってしまいました。しかも自分のことばかりですみません(焦)。
また試作したら報告します♪

そよら |  2010.11.11(木) 22:51 | URL |  【編集】

くるみあちゃさんへ

> わあ、美味しそうなリンゴのタルトですね~

ありがとうございます!
お店で買うのとは違い、リンゴとさつまいもの味がしっかりとする(←その味だけともいいますが。笑い)あっさりしたタルトになりましたー。

ほんとうに、ご近所さんだったら「ピンポーン!」ってこのタルトを持っておしかけちゃうのに(笑い)
でもこれ、タルトをサクサクさせるためにクッキーのような感じにしているので、フィリングとタルトを一緒に食べるのがむずかしくて(汗、汗)

ムスコはタルトだけをまず食べ、フィリングをようかんのようにして食べていましたよぉ……(泣)

> 近いうちに、粉そろえて作ってみようかしら♪トウモロコシ粉とは、コーンスターチとは違うのですよね??

とうもろこし粉は皮をむいて微粉末にしたものです。
コーンスターチはとうもろこしの澱粉なんですよ~。

もし、とうもろこし粉をお買いになる時には、「とうもろこし粉」または「コーンフラワー」と記されているものをお求めになってくださいね。

粉末状になった「コーングリッツ」というのもあるのですが、こちらはとうもろこしの皮と胚芽を除去して挽き割りにしたもので、粉末ではないので、クッキーなどに使ってもざらざらしてしまいます。

私はかつて、お店の人に「とうもろこしの粉末っていったら、コーングリッツしかないですよ」と言われて買って失敗した経験があります。
その後、コーングリッツは引き出しの中に眠り続け、賞味期限切れでさよなら、となったのでした……(涙)
えららん |  2010.11.12(金) 06:47 | URL |  【編集】

ぺんちゃんさんへ

> ちょうど、このブログを見ながら、「ア―モンドクリームアップルパイ」を焼いていました。
> でも、こちらは卵も小麦もバターも入っているタイプ・・・
> 今度は、こちらのタルトを作ってみたいです。
> 紅玉りんごがたくさんあるんです^^

うわああああああー、おいしそう!!
もうアーモンドクリームアップルパイと聞いただけで、心がウキウキして、食べてみたくなっちゃいます!

アーモンドクリームアップルパイを作るには、小麦・卵・乳製品を使うのですねー。
ペンちゃんさん、アレルギー除去でもそうでなくても、両方の食材を使いこなせてすごいですね!

リンゴは紅玉がいいですねー。
たくさんあるなんて、うらやましい!
たくさんあったらパイにもしたいし、ジャムにもしたいし、ケーキにもしたいし、いろいろしたいことが思い浮かびますよね~。
リンゴは素敵ですね♪

毎年、紅玉を1箱買いたい衝動にかられますが、置いておいて熟しすぎてくると煮た時に実が煮崩れするようになるので、少しずつ買ってきて煮ています。
いつでもほしい時に紅玉がなるリンゴの木がほしいです(笑い)
えららん |  2010.11.12(金) 06:54 | URL |  【編集】

アレルギー対応には見えないですよ!
クリーム乗せてるのにサクサクだなんて!!

あたしは昨日は、みかんの木さんのブログを読みあさり(笑)上新粉のクッキーを作りました♪
業務用スーパーのキロ500円以下の上新粉が、化けましたよ!!
リブランDでもやってみまーす!

サックサクだったから、タルト生地もこんな感じかな?と妄想してます~(^^)
わが家にあるのは青リンゴなので、これには向かないですよねぇ…
まみ |  2010.11.12(金) 08:15 | URL |  【編集】

そよらさんへ

そよらさーん、いつも読み逃げしててすみません(汗)
たくさんのご報告をいただき、とっても、とっーーーっても嬉しいです♪

> しかも小金千貫以外にも安納芋も試してみようと思っていたので・・・あぁ、楽しみが増えそうです^^

さつまいもの種類が増えると、やれることもあれこれ増えていきますよねー。
そよらさんの書いてくださったことが、今、私のツボに入って心がほわんとしています。
「小金千貫」って……「黄金」がない我が家のよう(笑い)
朝からニコッとさせていただき、今日もいちにち頑張れそうです!
ありがとうございます♪

ムスコに油脂分をあまりとらせたくないので(←今、ものすごくカイカイなのですよ)、このフィリングにさつまいもを足して丸められるようにしてトリュフみたいにしたらとても喜んでいました!

リンゴとさつまいもって、塩とほんの少しの砂糖でおいしいおやつになってくれていいですよね♪

> いくつかリブランDの試作を続けていましたので報告を。。。

ありがとうございます!!!
ところで、たろすけくんのコンタミ疑惑、いかがですか?
せっかくこれだけリブランDの試作をなさっているのですし、大丈夫だといいのですが。

クッキーは大丈夫そうという噂をまみさんから聞きましたが、ケーキでも大丈夫なんですね!
ケーキはできるのにパンができないというのが不思議ですが、それもまたリブランDゆえなのですよね。
あまり細かいことは気にせず、今度はケーキにチャレンジしてみます♪

> 一方、市販のゆきひかりMIX粉(フーズテクノさん)で焼いてみたのですが・・・ベッタリ。高かったのに!もう!><。なんて状態でした。

ミックス粉って、かなり甘いですよね……。
手軽に作れて便利ですが、やっぱり自分好みの味に調整できるほうが安心ですよね。
私もメロンパンの皮とか、特殊な用途以外で、ミックス粉を使うことってあまりありません……。
でも、見かけるとついつい買っちゃうんですけど(汗、汗)

> 以前、引越ししたいなぁーーーと書きましたが・・・叶いそうです。春から夏にかけて引越しができるように話が進んでいます(無事に、旦那の両親から許可がでました。かなり万歳です^^)

きゃあああああああああー、おめでとうございますうううううううう!!!!!
すごい、すごい、すごーい!
一気に進展しましたね!!
そうですよぉ、そよらさんは最高に身体に優しい住環境を実現できる方なんですもん、楽しみですよね。
いろいろな知識もあり、情報もあり、これまで蓄積してきたノウハウなどもあるだけに、迷いに迷っちゃいますね~、うふふ。
うわー、うかがっているだけでもワクワクします☆
また、ぜひぜひ教えてくださいね♪
えららん |  2010.11.12(金) 09:25 | URL |  【編集】

まみさんへ  

> アレルギー対応には見えないですよ!
> クリーム乗せてるのにサクサクだなんて!!

ありがとうございます!
でも、タルト、サクサクですが、ナイフで切れないですから(汗)
タルトと言っていいのか……。
もしかしたら、クッキー&クリームかもしれません(笑い)

> あたしは昨日は、みかんの木さんのブログを読みあさり(笑)上新粉のクッキーを作りました♪
> 業務用スーパーのキロ500円以下の上新粉が、化けましたよ!!
> リブランDでもやってみまーす!

上新粉でも水が入らなければサクサクになるんだったら、リブランDは間違いなく大丈夫ですよね。
リブランDは微粒子ですもん。
私はリブランDの試作はまだできていないのですが、ゆきひかりミクロパウダーというこれまた100パーセント米粉パンにならない米粉でクッキーを作ったらサクサクでした。
水が入って米がアルファー化すると餅化して焼き上がりが固くなるのかもしれませんが、水を入れず油と糖分で生地をまとめれば餅化しにくいのかもしれないですね。
まだまだ米粉は深くてわからないですけど。

> わが家にあるのは青リンゴなので、これには向かないですよねぇ…

青リンゴだったら酸味があっておいしいと思いますよ。
甜菜糖か何か糖分を少し足す必要があるかもしれませんけれど。

えららん |  2010.11.14(日) 07:10 | URL |  【編集】

煮リンゴ

さっき、作りました。
紅玉で作りました。
お砂糖を加えましたが、もうちょっと、入れても良かったかな―という仕上がりでした。
タルトにするのが夢です。(笑)
煮リンゴのリンクをはらせていただきました。
事後ですみません。
ぺんちゃん |  2010.11.19(金) 02:05 | URL |  【編集】

ぺんちゃんさんへ

> さっき、作りました。
> 紅玉で作りました。
> お砂糖を加えましたが、もうちょっと、入れても良かったかな―という仕上がりでした。

煮りんご、作ってくださったのですね。
紅玉だと酸味が強いものだったら梅酢がいらないかもしれないですし、甜菜糖を入れたほうがおいしいかもしれないですよね。

……って、途中までお返事を書いていてぺんちゃんさんの記事を拝見しに行ったのですが、なんて、なんて、なーんておいしそうなケーキ!!
それにものすごく偶然なんですけど、今朝、私もリンゴ煮てました♪
なんだか生のリンゴよりも煮たリンゴがおいしくて、おいしくて。
ぺんちゃんさんと同じようにケーキを作ろうと思っていたところです!
リンクもありがとうございます。

> タルトにするのが夢です。(笑)

私のタルトはクッキーといったほうがいいようなものですが、ぺんちゃんさんはさっくりしたナイフで切ることができるさっくりしたタルトができそうですよね♪

ぺんちゃんさんはどんなフィリングになさるんでしょう。
想像するだけでもワクワクしちゃいます。
タルトを焼いたら、ぜひぜひ、記事にしてくださいね。
楽しみにしています。
えららん |  2010.11.19(金) 21:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/660-90f0e490

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |