2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.05.02 (Sat)

いちごの米粉ケーキ

いちごの米粉ケーキ090502_0813~01


いちごがたくさん出回るようになったので、いちごの米粉ケーキを焼きました。

甘酸っぱいいちごの味ときれいな色が出るように、いちごのコンポートを作って、ケーキの中に混ぜ、残りをソースとしてかけました。
しっとりした焼き上がりなので、冷蔵庫で1時間ほど冷やして食べると、初夏のスイーツの趣になります。


【More・・・】


<材料>
=いちごのコンポート=
いちご          200グラム
果糖(グラニュー糖タイプ) 20グラム
*白っぽい砂糖じゃないとできあがりの色が茶色っぽくなるのですが、もちろん甜菜糖でもできます。
レモン汁           5グラム

=いちごの米粉ケーキ=
♡リ・ブラン         65グラム
♡とうもろこし粉       25グラム
♡コーンスターチ       20グラム
♡甜菜糖           30グラム
*いちごジャムを使う時には、甘さを加減してください。
♡ベーキングパウダー      3グラム

☆水           85~90グラム
*バナナやコンポートの水分量で変わるので、様子をみて調整してください。
☆完熟バナナ         50グラム
☆菜種油           25グラム
☆りんご酢          10グラム

いちごのコンポート   できあがりの半量
*残りの半量は飾りに使う

<作り方>
=いちごのコンポート=
1)いちごを水洗いしてヘタをとってから半分に切る。
2)厚手の鍋にいちごを入れ、果糖をまぶしてからレモン汁をまわしかけ、20分ほど置く。
3)いちごから出てきた水分で煮るので、フタをして弱火にかけ、水分がほぼなくなるまで煮る。薄手の鍋だとこげやすいので、注意する。
4)鍋に入れたまま冷ます。

=いちごの米粉ケーキ=
1)♡の粉類をビニール袋に入れて、振り混ぜておく。
2)完熟バナナをフォークでつぶたところに1を入れ、続けて☆の液体を入れて泡立て器でよく混ぜる。
3)小さく刻んだいちごのコンポートを入れ、さっくりと混ぜる。
4)分量外の油を塗ったエンゼル型に3の生地を流し入れる。
5)140度に余熱しておいたオーブンに4を入れ、上にアルミホイルをかぶせ(フタのようにガッチリとかぶせてしまうと酢の匂いが飛びません。隙間が空いているくらいに)、40分焼く。竹ぐしなどを刺して生地がつくようなら、さらに焼く。
6)焼き上がったら型から取り出し、粗熱をとってからサランラップで包み、冷蔵庫で1時間冷やす。
7)適当な大きさに切り分け、いちごのコンポートを飾る。



高温で30分前後焼くとまわりが固くなるので、火が通りやすいエンゼル型を使い、低めの温度で時間を長めにして焼いています。
そのため、焼き菓子と蒸しパンの間のような、しっとりとした感じになっています。
パウンド型を使うとエンゼル型よりも時間がかかるので、50分~1時間くらい焼くようになってしまうかもしれません。

焼きたてでも食べられますが、水分がまわりきらないため、ややべたつくような食感ですねー。
冷蔵庫で冷やしている間に水分がまわり、味にしまりがでます。

いちごのコンポートを作るのが面倒だったらかけなくてもいいですが、とうもろこし粉の匂いが私には気になります。

乾燥しにくく、冷蔵しても固くならず、でも油を大量に使わない米粉ケーキ。
しっとりしすぎない、というのも大きな課題です。


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

11:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/66-9526f86b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |