2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.11.15 (Mon)

小麦粉を使わない春巻と餃子

昨日はたくさんの、ほんとうにたくさんの心温まるメッセージをいただき、ありがとうございます!

みなさんのメッセージを読みながら胸がジーン(涙)
ブログに遊びに来てくださるみなさんに支えていただいた1年だったなぁ、と実感しています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
お返事は少しずつ書かせていただきますので、のんびりお待ちいただけたら嬉しいです。

さて、楽しかった週末は終わり、今日からまたいつもの日常が戻ってまいりました。
ムスコのお弁当を作らねばなりません。

今日のお題は春巻と餃子。
ほんとうはアップルパイという名の春巻だけでいいのですが、皮を作るついでに餃子も試作してみることにしました。

前に作った餃子は増粘剤入りの米粉を使いました。
でも、過日、米粉でうどんを作ってみたらできたので、タピオカ粉でつなげば強度もアップするので問題ないかと。
だって、米麺は米とタピオカ粉で作られているのが多いし、フォーは米だし、できないハズはないですよね。

まずは春巻の皮と餃子の皮。
なかなかいい感じ♪

101108_1119~01
101108_1121~01

春巻の皮に具を巻いて(←この日は春巻の皮に煮りんごを巻いたもの)を揚げてみた。
……が、きつね色にはならず。

101108_1140~01

かなり油っぽいですが、塩をふりかけて食べたらおいしそうな感じのサクサクさ。
ちょっと昔のジャンクな塩せんべいみたい(笑い)

でも、アップルパイとして食べるのは油っぽくて激マズです……(汗、汗)
しっかり味付けした具を入れないととても食べられたものではありません。

こっちは餃子。
試作なので、春巻の具に使った残りの煮りんごを包んでいます。

101108_1143~01

見た目はまあまあなのですが、冷めるとひだの部分が固くなります。
これは増粘剤入りでも同じことだったので、米だと仕方ないのかも。
水餃子とかにしたら緩和できそうです。

結論から言えば、普通の米粉とタピオカ粉があれば春巻も餃子もできます。
でも、冷めると固くなるので、小さな子には向かないかなぁ。

せっかく試作したのでレシピもご報告しますが、春巻はライスペーパーを使ったほうが時間が経っても軟らかくて、食べやすいかと思います。
油っぽさは大差ないですけどね。

ちなみに餃子ですが、ライスペーパーに具を包んでフライパンで焼くと焦げ付いてはがれてしまいます。
クッキングシートを敷いた蒸し器で蒸し上げるのがいいですよ♪

【More・・・】

<材料(餃子6個分/春巻4個分)>

♡リ・ブラン   40グラム
♡タピオカ粉   10グラム

熱湯       40グラムくらい
*練ってみて生地になるよう微調整してください。軟らかくなりすぎたらリ・ブランを少量足してください。

<作り方>

1)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器でかき混ぜる。
2)1に熱湯を入れ、菜箸などでかき混ぜる。冷めてきたら手でなめらかになるまでこねる。
3)2の生地を棒状にまとめ、適当な大きさにちぎって手のひらの上で丸い団子状にする。まな板の上に分量外のタピオカ粉をたっぷりと打ち粉し、麺棒で薄く伸ばす。餃子の時には丸くなるように伸ばし、春巻の場合は丸く大きく伸ばして四角くなるように切り落とす。
*別に丸いままで春巻の皮にしても問題ないですけど、気分的なものです(笑い)
5)分量外のタピオカ粉をといた水を用意する。皮に具を包み、タピオカ粉水をのりにしながら包む。
6)餃子は油を敷いたフライパンを温め、水を50ccくらい入れて中火でフタをして焼き色がつくまで焼く。春巻は大きさによって加減しながら油で揚げる。
*春巻はどんなに揚げてもきつね色にはなりません。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

おはようございます☆。

一昨日は、本当におめでとうございました。
えららんさんが むすこさんを思う気持ち、
一つ、一つの言葉に、胸が熱くなりました。


餃子の皮、つなぎに タピオカ粉を加えるんですね♪。
なるほど~。
早速、試してみたくなりました☆。

米粉でつくると、固くなってしまうのは、仕方ないと思うのですが、
(私が、加藤さんの増粘剤入りで作った時も固くなり、固いまんま持たせましたv-12
えららんさんはどうされましたか?
昼ごろ作って、運ばれたのでしょうか?


加藤さんの増粘剤入りは、確かに上手くできるけど、
できたら、無添加で作りたいほうなので、
私も日々、無添加米粉で失敗しながらも、
パンやケーキに取り組んでいます。

えららんさんが、こんな素晴らしい配合を考案されて、
私も嬉しいです。


私は、増粘剤入りの米粉で作る前に、
「米粉+アツアツの片栗粉」で作った時、撃沈したので、
加藤さんの増粘剤入りの米粉で作る時も、
かなりドキドキしたのを覚えています。

だって、私の周りのアレッ子ママさんたちは、
その「米粉+アツアツの片栗粉」で作る 餃子の皮、
すっごく上手くできる。って言うんですもん・・・。
えららんさんは、この片栗バージョン、試されたことありますか?



桃うさぎ |  2010.11.16(火) 08:22 | URL |  【編集】

桃うさぎさんへ

ムスコの誕生日のメッセージのお返事もまだなのに、こちらが先でごめんなさい。
あちらはもう少しお待ちくださいね。

> 米粉でつくると、固くなってしまうのは、仕方ないと思うのですが、
> (私が、加藤さんの増粘剤入りで作った時も固くなり、固いまんま持たせましたv-12
> えららんさんはどうされましたか?

私は作って持たせて「ひだひだのところは固いから食べないでね」とムスコに説明しました。
ムスコは「どうしてかたいの? どうしてかたいのつくったの? やわらかくしたらいいのに」と痛いところを突いてきて、「ごめんなさい……」と謝りましたよぉ(涙)

> 加藤さんの増粘剤入りは、確かに上手くできるけど、
> できたら、無添加で作りたいほうなので、
> 私も日々、無添加米粉で失敗しながらも、
> パンやケーキに取り組んでいます。

そうなんですよね~。
食物アレルギーがあって卵がダメだと膨張剤は必ず使わないといけないですし、加工食品を買っても食品添加物を使ってあることも多いですしね。
卵や牛乳などの替わりのものは食品添加物が埋めるかたちになっているので、私が取捨選択することができる範囲では食品添加物の量を減らしたいなぁ、と思います。
でも、化学の力を借りると楽々できることって、たくさんあるんですよね(汗)

> その「米粉+アツアツの片栗粉」で作る 餃子の皮、
> すっごく上手くできる。って言うんですもん・・・。
> えららんさんは、この片栗バージョン、試されたことありますか?

私は米粉+熱々片栗粉のコンビは試したことがないですが、たぶん、タピオカ粉でやった時のように簡単にできるんだろうと思います。
でんぷんは熱湯で餅状になって伸びもよくなりますし、丸く伸ばすのもラクチンなんですよ。
我が家に片栗粉がないので試作ができませんが、タピオカ粉と片栗粉では若干、水分量が違うとは思いますが、両方とも同じような感じになると思われます。

もし、機会があれば、米粉+熱々片栗粉または熱々タピオカ粉をお試しくださいませ~。
作るのは楽しいですよ♪

えららん |  2010.11.16(火) 19:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/659-3b1ca38c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |