2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.10.16 (Sat)

食物アレルギー検査って、一体……。

100923_0824~01
100923_0817~01

ムスコが起きてくる前、数年ぶりにベイクドビーンズ・オン・トーストを作りました。
ベイクドビーンズを、大丸ピーコックで「waitrose」のを見つけたので。

ええ、ええ、そうです。
目の錯覚じゃないですよ、目玉焼きが乗っています。
パンはトーストした米粉食パンですけどね。

とにかく大好きで、イギリスにいた時に、一日1回はこれを食べていました(←ここにソーセージとフライド・トマトが添えてあるものをランチにするのが至福の時でした♪)
甘いトマト味の豆に、目玉焼きの黄味がとろりと混じって、それはそれはおいしく感じたものでしたよ。

ところが、今は、おいしいもなにも……。

【More・・・】

これ、卵の白身コンタミネーション負荷のためにやっています。
わざとフライパンで目玉焼きを焼いて、それを洗ってからムスコの食べるものを調理してみようと思いまして。

以前、白身の微量負荷で、「キミ、そこまでダメですか」と諦めモード。
計量できるほどの量を口にできる期待なんてしてないのですが、フライパンの傷に入った白身の分子(?)くらいはOKであってほしいですよねぇ。

1か月ほど前、ムスコがおたふく風邪にかかった時、おたふく風邪の抗体を調べるために血液をとるので、一緒にアレルギー検査をしました。

で、結果は……?
前回よりも上がっていたとはいえ……低い、低すぎる……(汗)
最初に検査した4か月の時には、IgE600を超えたくらいだったけど……。

書いているとむなしくなるので今まで書いたことがないですが、食べ物関係のところを抜粋してみます。
「血液検査なんて、あてになるかーーー!」って絶叫したくなるような数値ですけど(笑い)

<2歳4か月>
IgE110
卵白     クラス3(6.72)
卵黄     クラス2(2.07)
オボムコイド クラス3(5.27)
ごま     クラス3(5.36)
小麦     クラス2(3.12)
グルテン   陰性
大豆     陰性
ミルク    陰性
チーズ    陰性
タラ     陰性
牛肉     陰性

<3歳10か月>

IgE323
卵白     クラス3(7.91)
卵黄     クラス2(2.97)
オボムコイド クラス2(1.94)
ごま     クラス3(3.77)
小麦     クラス2(2.03)
グルテン   陰性
大豆     陰性
ミルク    陰性
チーズ    陰性
ピーナッツ  陰性  
タラ     陰性 
牛肉     陰性     


陰性のオンパレードなんですよ、これが。
「おいおい!」な感じです。

検査結果の説明をしていた主治医が「血液検査はめやすですから。年に1回くらいしましょうか。数値が低いですが、気にせずに……」と慰めような、妙なコメントになっていました(笑い)

ムスコの場合、特にグルテンなんて食物アレルギーの検査をして一度も数値が出たことがないので、米粉パンにグルテンを入れて焼けそうなものなんですけどねぇ……。
牛乳だって、腰に手をあててグビグビ飲めそうなもんだけどなぁ……。
そんなにした日にゃあ、何が起こるか想像するだけでも血の気がひきます(涙)

検査結果の数値を見ていると「現実」を反映している錯覚に陥りますが、別に「数値=現実の状態」ではないんですよねぇ。
結果が「OK!」と出ていても、ムスコが身体が「ノー!」と言っているのだから、それはムスコの身体に出る症状を尊重すべきですもんね。

血液検査の結果が良いと一瞬嬉しいような気持ちになっちゃうのですが、数値とはまったく関係なく食べられないムスコを見ると、「血液検査って、一体……」と思ってしまいます。

この低い数値のせいで、ムスコの保育園の辞めた看護士は「それって、単にお母さんが大げさなんじゃない? 神経質なだけで大したことないんじゃないの?」みたいな対応でしたよ(涙)
主治医の指示書で「血液検査では低いが症状が出るので、弁当持参が望ましい」と書いてあっても、「先生なんて、お母さんが頼めば何とでも書いてくれますから」って言い放ちましたから(←医療従事者としてありえない態度)
思い出すだけでも、手がプルプル震えちゃいます(笑い)

主治医は今回、「保育園に提出するためだけの血液検査は必要ない」宣言(笑い)
「検査結果と症状がリンクしているわけではないし、書類が必要なら書きますから」と言ってくれました。
もう犬猿の仲の看護士も辞めて、きちんとしたムスコの状態を尊重してくれる看護士になったことだし、ありがたい、ありがたい♪

ですから、もう血液検査なんてしなくてもいいんですけどねぇ、ほんとは。
だってね、「チュウシャがんばったから、なにか、ごほうび、ちょうだい!」ってムスコにおねだりされるだけですから(笑い)

「おはよー!」と元気に起きてきたムスコ。
初めて見たベイクドビーンズに反応し、「それ、まめ? ケチャップでにたの? ボク、たべられる? たべてみたいなぁ」
ムスコのアレルゲンは含まれていないので、お昼ご飯の時、「じゃあ、この豆もあげるから、野菜炒めもどうぞ」と言って目玉焼きを作ったフライパンで作った野菜炒めを出しました。

ドキドキドキ……
耳の奥にまで心臓の音が響いていました(汗、汗)

フライパンを水洗いしただけで使ってみたけど、痒みはないらしい。
卵の白身のコンタミネーションは、どうやら大丈夫だったようです。
ほっ。

安心したとたん、妄想が爆裂(笑い)
ムスコ用の調理器具が不要になって、その分のスペースを食材置き場にできたりして♪

今回はそんな空想にふける余裕があっただけでも、収穫あり、でした。
自宅負荷って、私の寿命を縮めながらやっているような気がします……。

白身のコンタミの後は、目玉焼きを焼いて洗わないフライパンで調理かな?
……うっ、怖い……心臓が痛い……。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  食物アレルギー  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

血液検査は目安っていいますが、こうも陰性だと何も信じられませんね(汗)
うちはしっかり数値に出てるから、除去しなきゃって思いますが…
前に小麦うどんが5センチいけたって言いましたが、あれからスパゲッティ5センチあげたら嘔吐&咳で、怖くなってやめました(>_<)
うちは肌に出ないようなのですが、下痢にもなります…

息子くん、コンタミでのアナフィラキシーはなさそうでよかったですね!
息子くんのように症状出ちゃうと、本人もですが見ていて辛いですもんね

洗わずに調理、ドキドキしますね!
クリアできますように!!
まみ |  2010.10.16(土) 17:06 | URL |  【編集】

 はじめまして。いろんなアレっ子母のブログからきました。

 うちの息子はIgE,HRT共に正常値なのに食べられないタイプの食物アレルギーでした。なので正直数値があるだけうらやましいです。

 過去形なのは負荷試験、経口減感作で克服しつつあるからです。

 ちなみにアレルギー症状も稀なタイプで中枢神経に異常が出て止まらなければいけないところで止まれない、親の言うことが聞けない・・・という症状が出ました。これを認めてくれる医師も稀でした。

 しかし、食べたものと飲んだものでアレルギー症状が起こっていることが医師に目にも明らかでしたので除去食指導を受けることができましたが・・・。

 年齢が上がっていくにつれて身体が丈夫になってきて食べられるものが増えていきます(食事管理も大切ですが)。これからも除去食作り、お互い頑張りましょうね。
ちらかし魔 |  2010.10.17(日) 08:01 | URL |  【編集】

はじめまして。

日本の血液検査はあんまりアテにならないのかもしれませんね…。

私はジンマシンとかのわかりやすいアレルギーはないのですが、ちょっと気になったので
米国に血液を送って調べるアレルギー検査(遅延型アレルギーを調べるもの)を自費で行ってみたところ、乳製品と卵と小麦がダメでした…。ヨーグルトは毎日食べていたし、パンが好きなのでショックです…。
(野菜・果物・白米のアレルギーはありませんでした)
結果がわかったばかりなのですが、困ってます(苦笑)
74 |  2010.10.18(月) 02:43 | URL |  【編集】

まみさんへ  

> 血液検査は目安っていいますが、こうも陰性だと何も信じられませんね(汗)

すごいでしょー、まったくめやすじゃないでしょー。
とうもろこしは検査してみたら数値が高かったのですが、食べられていたのでそのまま続行。
不思議なものです。

> 前に小麦うどんが5センチいけたって言いましたが、あれからスパゲッティ5センチあげたら嘔吐&咳で、怖くなってやめました(>_<)
> うちは肌に出ないようなのですが、下痢にもなります…

うううー、切ないですね。
もう少しいけるかな?と思ったら、下痢になっちゃったのですね。
娘ちゃんもまみさんも切なかったですね。

アレルギー専門医から、小麦負荷にはうどんがいいと聞いたことがあります。
スパゲティを作る品種の小麦にもいろいろありますよね。
古い小麦の品種(http://www.amazon.co.jp/アルチェ・ネロ-スペルト小麦スパゲッティ/dp/B000LZNWPY)もあったりして、どなたのブログか忘れてしまいましたが、この古い品種のほうがアレルギー反応が小さいようだった、というのを読んだことがあります。
でも、個人差があるので、それもまた血液検査と同じでめやすでしかないですが……(笑い)

> 息子くん、コンタミでのアナフィラキシーはなさそうでよかったですね!

ほんとうに、よかった!
これで調理器具の共有から、料理で卵の乗っていないところをとりわけもできるようになったらいいのになー、なんて夢見ています(笑い)

> 洗わずに調理、ドキドキしますね!
> クリアできますように!!

ありがとうございます!
まずは妄想をふくらませるより、そこをクリアしないと!
私の気持ちが前向きでムスコの体調がいい時にチャレンジしてみたいと思います。
えららん |  2010.10.18(月) 06:29 | URL |  【編集】

ちらかし魔さんへ

はじめまして!
はるばるいろいろな方々のブログから私のところへ遊びに来てくださって、ありがとうございます♪

>  うちの息子はIgE,HRT共に正常値なのに食べられないタイプの食物アレルギーでした。なので正直数値があるだけうらやましいです。

すべて陰性で数値に出ないのに、食物アレルギーの反応が出るのですね。
検査の数値を見てアレルギーの度合いを判断することが多いので、ムスコのように数字と症状がリンクしないだけでも理解を得られずにつらいのに、まったく数値が出ないとなるとまわりの人に理解してもらうための話し合いや説明なども気をつかって大変でしょうね。

>  過去形なのは負荷試験、経口減感作で克服しつつあるからです。

そうですか!
負荷試験では実情を反映するような症状が出て、経口減感作で頑張っておられるのですね!
理解のある先生に出会って負荷試験を行い、励ましながら減感作を行うことができ、よかったですね!
そして、食物アレルギーを克服しつつある、というくらい順調なようで何よりです。

>  ちなみにアレルギー症状も稀なタイプで中枢神経に異常が出て止まらなければいけないところで止まれない、親の言うことが聞けない・・・という症状が出ました。これを認めてくれる医師も稀でした。

そういう症状があるのですか。
白砂糖などをとりすぎるとバランスが狂い、自分の運動や意思をコントロールができなくなることがあるというのを何かの本で読んだことがありますが、白砂糖は精製して作られるという意味で化学薬品に近く、刺激も強いといいますから、そういうこともあるのかな、と思ったりします。
ちらかし魔さんのお子さんはそういう衝動的な反応に近かったのでしょうか。
さぞご心配だったことと思います。
原因が食物アレルギーゆえだと確定診断してもらえて、よかったですね。

>  年齢が上がっていくにつれて身体が丈夫になってきて食べられるものが増えていきます(食事管理も大切ですが)。これからも除去食作り、お互い頑張りましょうね。

そうですね、私もムスコの成長とともに食べられるものが増えているのを実感します。
身体からのメッセージを受け止めて、丁寧にケアしていけば食物アレルギーをいつか恐れなくてもよくなるのかな、なんて期待しています。

秋冬はアレルギー反応が出やすくなる季節でもありますし、お互いに、除去食作り、頑張っていきましょうね♪
えららん |  2010.10.18(月) 13:36 | URL |  【編集】

74さんへ

はじめまして!
遊びに来てくださって、ありがとうございます。

> 日本の血液検査はあんまりアテにならないのかもしれませんね…。

そうですね、食物アレルギーの検査結果は必ずしも現状を表しているわけではないみたいですね。
数値が高くても食べられる人もいますし、その逆もありますしね。

食物アレルギー自体は古くからある病気でも、そのメカニズムがまだまだわかっていないから、よけいに血液検査を重視するようになり、わからないものを数値で読み解こうと試行錯誤しているような状態になっているのかもしれないなー、と個人的には思っています。

> 米国に血液を送って調べるアレルギー検査(遅延型アレルギーを調べるもの)を自費で行ってみたところ、乳製品と卵と小麦がダメでした…。ヨーグルトは毎日食べていたし、パンが好きなのでショックです…。
> (野菜・果物・白米のアレルギーはありませんでした)
> 結果がわかったばかりなのですが、困ってます(苦笑)

急に血液検査で「これとこれとこれは数値が高いので要注意ですよ」と言われても、困ってしまいますよね……。

ムスコも血液検査でやってみたらとうもろこしが高かったけど、それ以前から食べていたということもあり、主治医から「数値はめやすだから、食べられるなら食べていきましょう」とアドバイスされました。

74さんもドキドキだとは思いますが、これまでに食べていて特に目立ったアレルギー反応などがなかったなら、食べてもよいようにも感じます。
検査数値を持って、一度、アレルギー科を受診なさってみてはいかがですか?
もしかしたら同じような臨床例もあるかもしれませんし、74さんの「困ったなぁ」を解決する糸口が見つかるかもしれませんよ。

今までどおり、心配せずに、おいしくヨーグルトやパンが食べられるようになるといいですね♪

えららん |  2010.10.18(月) 13:54 | URL |  【編集】

こんにちは
はじめまして
ちょこっとブログみせてもらいました
また、ゆっくり見せてもらいます***

うちも陰性タイプなのでコメしちゃいました
二ヶ月に粉ミルクでアナフィラキラシー
2才6ヶ月で卵・乳アナフィラキラシー
起こしてますが
六ヶ月の血液検査から、もうすぐ7歳ですが、定期的にとりあえずやってますがずーっと食品も環境系も全て陰性です
IgEもずーっと30位


周りにあまりアレルギーちゃんもいなく
たまに会う機会があって
どれくらいなの数値と必ず聞かれるけど
正直あんまり答えたくない・・・
みんな はぁ?って顔をするから

幼稚園は対応悪かったな
なんか後から泣けてきた
みんな数値で判断するから

小学校は弁当持参で行ってます
学校に給食室があって、アレっ子は除去食を作ってくれるのですが
アナフィラキシー経験者は全部弁当持参なのです

二ヶ月からのもうすぐ7歳までの完全除去生活も
今年から始まった卵・乳の入院負荷試験で
すごい進展しました
卵は加熱1/2個クリア
乳は加熱25mlクリアしました

小学入学とともに、ぐんぐん良くなって
のんびり自宅負荷中です***

初めて食したゆで卵も牛乳も大好きなようです***
娘の夢のソフトクリームまで光が見えてきました***



maru |  2010.12.07(火) 00:05 | URL |  【編集】

maruさんへ

こんにちは、初めまして!
遊びに来てくださり、コメントを残してくださってありがとうございます♪

> うちも陰性タイプなのでコメしちゃいました

> 二ヶ月に粉ミルクでアナフィラキラシー
> 2才6ヶ月で卵・乳アナフィラキラシー
> 起こしてますが
> 六ヶ月の血液検査から、もうすぐ7歳ですが、定期的にとりあえずやってますがずーっと食品も環境系も全て陰性です
> IgEもずーっと30位

maruさんの娘も陰性タイプの食物アレルギーなのですね。
2回もアナフィラキシーショックを経験していたら、ほんとうに心配でたまりませんよね。

ずっと30くらいということは、アレルギーがない子と同じくらいの数値ですし、「一体、血液検査って何なのよ!?」ですよね……。

ムスコはmaruさんの娘さんよりもまだ数値がありますが、それでも一生懸命説明しても「それって、神経質なだけなんじゃない?」くらいの感じでなかなか理解してもらえないので、maruさんの切なさがわかるように思います。

そもそも、血液検査をすればアレルギーのことはすべてわかると錯覚している人がいるから困りますよねぇ。
検査が食物アレルギーを決めるのではなく、日常生活の中で症状が出ていれば検査の数値にかかわらず、それが食物アレルギーの証拠なのに(涙)

> 幼稚園は対応悪かったな
> なんか後から泣けてきた
> みんな数値で判断するから

わかります! わかります! わかりますよ!!!
私もどれだけ話し合って、くやしくて、やり場のない怒りがこみあげてきて、どれだけ隠れて泣いたかわかりません。
せめて、食物アレルギーには個人差があって数値だけでは判断できないということだけでもわかってほしいですよね。

ちょっと大げさな言い方になってしまいますが、子どもが長時間過ごすことになり、命を預けなくてはならない場所で、きちんと理解してもらえないというのは、ほんとうに辛いことですよね。

> アナフィラキシー経験者は全部弁当持参なのです

小学校はお弁当持参で行かれているのですね。
ムスコの通う保育園もアレルギー対応をしてくれるのですが、ムスコだけはずっとお弁当でした。
やっとこのところ、少しずつ、ムスコのアレルゲンがまったく含まれていないメニューのみは出してくれるようになりましたが、小学校は除去が基本なので、除去して食べるものがなくなってしまう場合はお弁当になります。
みんなと一緒に食べさせたいと思いますが、なかなか難しいですね……。

> 卵は加熱1/2個クリア
> 乳は加熱25mlクリアしました

すばらしい! すばらしい! すばらしいです!!!!
おめでとうございます!!!!
そんなにたくさんの卵と乳が摂取できたなんて!!

初めて食べたゆで卵も牛乳も嬉しくて、おいしかったのでしょうね。
ほんとうに、ソフトクリームも夢ではないですね!
娘さんがソフトクリームをにこにこと手に持っている姿が目に浮かぶようです。

maruさんが7歳になるまで頑張って完全除去をし、身体が受け入れることができるようになるまで待つことができたため、卵も乳もクリアできたのですね。
maruさんと娘さんの頑張りに拍手喝采です!

いただいたコメントを読んでいて、たくさんの勇気と希望をいただきました。
ありがとうございます!
えららん |  2010.12.09(木) 08:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/628-e401efd5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |