2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.10.06 (Wed)

ほうれん草とかぼちゃのアイスボックスクッキー(小麦・乳・卵・ナッツ不使用)

101004_1717~01

保育園のおやつは、おからクッキー。
ムスコは「みんなはきいろなの? じゃあ、きいろがいい」と言っていたのですが、「黄色」というキーワードは守りつつ、かぼちゃパウダーほうれん草パウダーが入ったアイスボックスクッキーになりました♪(←「アイスボックス」と言っても、生地を冷やしてない手抜きです(笑い)

ムスコは出来上がったものを見て、「しかくいねー。きいろとみどりのしかく、はじめてみたよ。みんなはきいろ? でも、かわいいから、まっ、いっか」。
許してもらえました。

帰ってきてからムスコにクッキーの感想を聞いたところ……。

ムスコ「おいしかったよ♪」
母「何か言われた?」
ムスコ「『そのきいろ、なに?』ってきかれた。なにもいわなかったら『バナナなの?』って」
母「ふーん、そうなんだ。緑は何も言われなかったの?」
ムスコ「『みどりは? メロンなの?』ってきかれたよ」
母「えー、緑色はメロンなの? 黄色はバナナ? ちゃんと、ほうれん草とかぼちゃだよ、って教えてあげた?」
ムスコ「(ニコニコしながら)だって、ボク、たべてたんだもーん。たべているときには、おはなししちゃ、いけないんだよ。おかあさん、ちゃんとおぼえておかなきゃ!」

確かに、「食べながらおしゃべりしない!」って言うけど、時と場合ってものが……。
3歳って、理屈っぽいわ、もう!(笑い)

それにしても、食べ物の色と、そこから連想する味にビックリ!
3歳くらいの子にとっては、お菓子で見かける「黄色=バナナ」で「緑=メロン」なのかー。
それとも、単にこのお友だちは、バナナとメロンが大好きなのかな?

でも、言われてみれば、小さい子でも食べるような市販のお菓子の香料としてよく使われている果物でもありますよねぇ……。
生の果物として食べるだけじゃなく、香りとしても触れているなじみのある果物なんですよね、たぶん。

私が小さい頃は、黄はとうもろこし、緑はほうれん草、オレンジは人参、だったけどなぁ(笑い)
味覚というのは、生活環境や食のスタイルを含め、時代性を反映しているものですね。

ムスコの味覚が、自然の味や香りによって培われていくといいなぁ、と思っています。

【More・・・】

<材料>
とうもろこし粉   40グラム
タピオカ粉     20グラム

メープルシロップ  20グラム
ショートニング   20グラム

かぼちゃパウダー   4グラム
ほうれん草パウダー  4グラム

*生地がまとまりにくい時には、様子を見ながらショートニングを足してください。
メープルシロップを足すと歯ごたえが出て、ショートニングを足すとさっくりと焼き上がります。


<作り方>
1)ボウルにとうもろこし粉とタピオカ粉を入れ、泡立て器で混ぜる。オーブンを160度に予熱しておく。
2)1にメープルシロップとショートニングを入れてなめらかになるまでこねる。
*あとで野菜パウダーを入れるため、ちょっとべたべたしています。

3)2の生地を半分にし、片方にかぼちゃパウダーを入れてこねて黄色い生地を作る。もう片方にほうれん草パウダーを入れて緑色の生地を作る。
4)黄色と緑色の生地をそれぞれ3センチ角の棒状にまとめる。
5)棒状にしたものを4本に切る。黄色と緑色が隣り合うようにして手のひらの上に並べ、黄色と緑の生地がくっつくようにおさえる。
6)5の生地を5ミリほどに切り分けて形を整え、天板に乗せて160度で12分ほど焼く。焼き上がったら、天板の上で裏返してから天板の上で冷ます。
*焦げやすい生地ですので、様子を見ながら焼き時間を追加してください。天板の上で裏返し、そのまま冷ましてください。


作り方を見ると面倒そうに見えるかもしれませんが、普通のアイスボックスクッキーのように冷蔵庫で冷やさなくてもダレない生地なので、簡単に作れます。

注意点としては、切り分けた生地をくっつける時に、それなりにしっかりつけておかないといけないけど、強くやりすぎると四角い形が崩れちゃうことくらいでしょうか。
でも、それもあとで直せますけどね。

ベースはとうもろこし粉ですし、ほうれん草パウダーとかぼちゃパウダーがたっぷり入っているので、味わいはサクサククッキーというよりは、サクッとして口の中でほろりと溶ける干菓子のような味わいかもしれません(笑い)

とうもろこし粉と野菜パウダーをたっぷり使ったクッキー、とてもヘルシーな気がします♪

にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

小麦不使用とは思えないですね!
アイスボックスクッキーはできないと思ってましたが、さっすがえららんさん♪

いただいたとうもろこし粉でやってみなくちゃー
かぼちゃパウダーもほうれん草パウダーもあります(^^)

かぼちゃとほうれん草は合うでしょうが、バナナとメロンだったら合わなさそうですね(笑)
色のイメージ、うちのちび達にも聞いてみようと思います♪
まみ |  2010.10.06(水) 14:09 | URL |  【編集】

まみさんへ

> 小麦不使用とは思えないですね!
> アイスボックスクッキーはできないと思ってましたが、さっすがえららんさん♪

えへっ♡
ありがとうございます!

アイスボックスって、たぶん、小麦だとグルテンがあってこねると固まるし、油脂分が多くてだれるから冷蔵しないといけないだけで、グルテンがない米粉とかとうもろこし粉だったら関係がないような気がしますよ~。

> いただいたとうもろこし粉でやってみなくちゃー
> かぼちゃパウダーもほうれん草パウダーもあります(^^)

材料は揃ってますね!
私が差し上げたとうもろこし粉には少し増粘剤が入っているのでレシピの微調整が必要かな、と思います。

レシピのとうもろこし粉を20グラムにして、タピオカ粉は20グラムはまま、米粉(リ・ブランですよね?)を20グラムとベーキングパウダーを0.5グラムくらい入れていただけば、サクッとするかと思います。

レシピよりも若干、水分量が多くなってまとまりにくくなるかと思うのですが、ショートニングを加えていただけば大丈夫かと思います。

調整の考え方は、麻の実クッキーと同じように増粘剤と膨張剤を入れて、空気が入ってサクッとするようにさせる、ということです。
麻の実クッキーは波里のお米で作ったミックス粉<料理・菓子用>なので、米粉の他にでんぷんと増粘剤と膨張剤が入っているので。

バナナとメロンだったら、どうなんでしょうねぇ???
まったく想像がつかないです(汗、汗)
ぜひぜひ、お子さんたちに聞いてみてください。

まみさん、すぐに作りますか?
もし、まだ作らないなら、一週間くらいの間に試作してみますが。

あのとうもろこし粉、パンやケーキに使うとしっとりしますよ♪
えららん |  2010.10.07(木) 15:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/617-17040e86

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |