2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.08.11 (Wed)

翡翠色の究極のデザート

100811_0557~01

岡山県出身のくみどんさんからご連絡をいただきました。
「岡山はフルーツ天国。安心、安全で皮ごといけちゃうブドウ、いかがですか?」
きゃー、なんてスバラシイ!!

ムスコも私もブドウが大好き!
ムスコがブドウ好きなのはいいのですが、ブドウを渡すと皮ごと食べちゃうので農薬が心配……。
「だめ、だめ、だめー、皮を食べないのっ! キミは農薬に弱いんだから!」と叫ぶのが常。
皮ごと食べられるブドウなんて、夢みたい♡

この魅惑的な言葉をムスコに伝えたところ、ウキウキして宅急便がインターフォンを鳴らすのを今か今かと待ちわびていました。
インターフォンが鳴るたび「きたっ!」と焦って転びそうになりつつ玄関に行くムスコ(笑い)

そして昨日、うっとりとするほど美しく、おいしいブドウが届きました。
名前は「瀬戸ジャイアンツ」。

このブドウ、種がなく、皮が薄くて丸ごと食べられるブドウで、しっかりした肉質で驚愕するほど甘い!
でも、その甘さが舌にねばりつくような、膜を張ってしまうような単調な甘さではなく、全身にみずみずしさが染み渡っていくような爽やかな旨味と甘さなので、次から次へと食べたくなります♪

ムスコが割と早く食べられるようになった数少ない果物のため、我が家ではいろいろな種類のブドウを食べたと思い込んでいましたが、錯覚でしたー!
私が一番おいしいと思い込んでいたロザリオ・ビアンコよりも、マスカット・オブ・アレキサンドリアよりも、どのマスカット系のブドウよりも、もっとバランスがいい味で、芳しい甘さ。
まさに、翡翠色の究極のデザートです。

ムスコは口に入れた途端、目を見開いて「むふっ、むふふむー」と感動のあまり身もだえしていました(笑い)

【More・・・】

ちょっとわかりにくいのですが、瀬戸ジャイアンツは丸い形ではなく、ちょっと変わった形をしています。
別名「桃太郎ぶどう」と言うんですって。
こうして見ると、ちっちゃなお尻みたいで可愛いです♡

100811_0608~01

そして、そして、なんと嬉しいことに、この瀬戸ジャイアンツ、おいしいだけじゃなく、農薬・化学肥料を使っていないので、安心・安全なのです。

このブドウを栽培しているのは上松美智夫さんとおっしゃるのですが、調べてみたら、すごい方!
化学肥料は使わず、米ぬか、有機堆肥(牛糞・豚糞・鶏糞を使い分け)を使い、シマミミズを土に入れてミミズが動き回りつつ有機物を分解してできるふかふかの土で、大切に大切に瀬戸ジャイアンツを育てているのだそうです。

青果市場(野菜や果物を扱う市場)に務めている叔父がいて、趣味は野菜作りだったのですが、「土はミミズを使ったものがいい。肥料は自分で葉っぱと鶏のフンを混ぜるんだ(←鶏も飼ってます)。農薬や化学肥料を使っちゃうと土が固くなるからダメだ。土の中をミミズがいつも動き回っていないと、おいしい野菜はできないんだ」。

叔父は流通させる野菜や果物のプロであり、品質やサイズといった規格に合わせ、一定量を確保するために用いる農薬や化学肥料は「必要悪」と考えていたようで、市場で取り扱うものが「有機栽培」かどうかというより「見た目が揃っている&味がいい」ということを重視していました。

でも、上松さんの瀬戸ジャイアンツのように、安全であり、かつ、驚くほどおいしい果物があると知ってしまうと、農薬や化学肥料は「必要悪」として許容するのもなぁ……と思ってしまいます。
別に見た目が揃ってなくたって、そんなの味とはまったく関係ないことだしなぁ。

でも、スーパーで並んでいたら、傷だらけの果物よりも、傷が少ない果物を選んじゃう私。
それが良くないんですね(←反省)

だって、スーパーだって見た目が良いもののほうが売れるんだったら、そっちを仕入れますもんね。
自分が買い物に行った時の選択が、「味重視」ではなく、「形のキレイな果物」を肯定していることになると考えると、自分が思っていることとやっていることの矛盾に凹みます(汗、汗)

「買う」という行為は、「あなたが作ったものを支持します」という意思表示と一緒ですよねー。
たくさんの人たちが買えば、頑張って作っている農家の方たちの生活を支えることができるし、生活の基盤が安定すれば、よりよい作物を作ってくれますもんね。
どんなに志を高く持っても、食うや食わずで生活できない状態だったら、作り続けることはできないですよね。

食べるということは、単に空腹を満たすためではなく、誰かが大切に丁寧に作ってくれたものを口にすることで食べ物として植物の命をいただき、それによって自分の体を作っていくことだと思います。
そして「おいしくなれ、おいしくなれ」と丁寧に作ってくれている農家の人たちへの感謝を忘れないことも大切だと思います。

人間の体というのは6兆個もの細胞が集まってできていますが、その細胞のそれぞれが死に、新たに生まれて、6年ほどで体のすべての細胞が入れ替わるのだそうです。
人の体が食べることなしに維持できないことを考えると、日々の口にする食べ物に支えられながら細胞が分裂・再生をしつつ細胞が入れ替わり、6年ごとに体まるごと生まれ変わっているようで、食べるという行為を軽視してはいけないと感じます。

毎日は難しいけれど、時間的・金銭的に余裕がある時には、わざわざ足を運んだり、手間をかけて注文したりして、「作ってくれてありがとう!」と感謝の気持ちを伝えつつ、体にいいものを選び、幸せな気持ちで食べたいと思っています。

くみどんさん、こんなに素晴らしいおいしさを味わう機会をくださり、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡








スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  食物アレルギー  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

そんなに甘くておいしいんですかぁ!!
それは食べてみたいです!
しかも形もかわいい(*^^*)

農薬使わずに栽培って、難しいんですよね~
うちの畑は鶏ふんや石灰しか使ってないので、虫食いだらけです(笑)
ミミズもたくさんいますよ~

旬には一気に収穫できるので、朝市にでも出せば?なんて話すんですが
朝市でも形がきれいじゃないと売れないんだそうです…

形が悪くても、味は格段にいいはずですし、見た目を気にしなければ、廃棄する野菜も減ると思うんですけどねぇ~

あ、うちの末っ子は女の子でした(笑)
13日に1歳になります!
ケーキは食べれないから、米粉でケーキ作ります♪
もち、えららんさんのレシピです(^^)v
まみ |  2010.08.11(水) 13:01 | URL |  【編集】

美味しそう♪

ぶどうってかなり種類が豊富ですよね。
知らない品種もたくさんありそうです。
それにしても「瀬戸ジャイアンツ」は美味しそう。
美味しいものとの出会いときっかけをくれた縁に感謝ですね。

私もぶどうが好きで毎年ぶどう狩りに行っています。意外と無農薬で作っていらっしゃる所が日帰りで行ける距離に数件あり、今年はどこの農園へ行くか?となるのが常でした。2年前から無農薬で美味しくて近い農園さんを知りそれからは毎年そこに通っています。本当に美味しくてスーパーで買う気がしないぐらいなんですよ。今月中には行く予定なので行ったらブログで書きますね。
ほしみかん |  2010.08.11(水) 16:10 | URL |  【編集】

まみさんへ

> そんなに甘くておいしいんですかぁ!!

そうですよー、目からウロコが何枚も落ちますよ。
こんなにおいしいブドウが世の中にあっていいのか!みたいな。
おまけに安心、安全で、皮ごとぺろりといけるなんて、手間いらずで夢見たいです♪
作ってらっしゃる上松さんのご苦労と愛情ゆえだなぁ、と感動します。
>
> 農薬使わずに栽培って、難しいんですよね~
> うちの畑は鶏ふんや石灰しか使ってないので、虫食いだらけです(笑)
> ミミズもたくさんいますよ~

そうですよねー、人にとっておいしい野菜は、虫にだっておいしいにきまってますもん。
ミミズがいるとふかふかな土になるんですよね~。
私も実家の家庭菜園や叔父の畑に行くと、土がふっくらと空気を含んでいて土のベッドが気持ち良さそうですもん。
それにがっちり固い土に育つ野菜よりも、緑がキレイで元気一杯な感じがします。
虫食いなんて、なんのその!
でも、おひたしにした時に、ふわりと緑色の長細いものが浮かび上がってくると、うぎゃっと凹みます(汗)

> 旬には一気に収穫できるので、朝市にでも出せば?なんて話すんですが
> 朝市でも形がきれいじゃないと売れないんだそうです…

見た目重視ですもんねー。
日本人は特にその傾向があると叔父も言ってました。
まみさん、今度、たくさん取れた時に交換しましょうか?(笑い)
たとえば、まみさんから着払いで野菜を送っていただいて、私はパンやお菓子をお送りするとか。
なんだか考えていると、楽しそうなんですけど♪

> 形が悪くても、味は格段にいいはずですし、見た目を気にしなければ、廃棄する野菜も減ると思うんですけどねぇ~

せっかく育てたものを廃棄しなくてはならないっていうのは、作っている甲斐がないですよね。
切ないことだと思います。
手間をかけて作ったものを捨てるくらいだったら、作らないほうがいいや、って思っちゃいますもん。

> あ、うちの末っ子は女の子でした(笑)
> 13日に1歳になります!

ああああああー、ごめんなさい!!!!
なんて、失礼なことを。

あらためて、明日で1歳、おめでとうございます♪
1歳さんから市販のケーキを食べてたら、ちょっと糖分と油脂分をとりすぎだと思いますし虫歯も心配なので、アレルギーがない子でも安心な手づくりケーキを食べるほうがいいですよぉ♪

これからたぶん、お誕生日の準備を始められるのですよね。
おいしいケーキができますように☆☆☆
えららん |  2010.08.12(木) 08:52 | URL |  【編集】

ほしみかんさんへ

> それにしても「瀬戸ジャイアンツ」は美味しそう。
> 美味しいものとの出会いときっかけをくれた縁に感謝ですね。

ブドウ好きなら、瀬戸ジャイアンツ、ほんとうにおすすめです!
できれば、上松さんのを食べていただきたい。
送ってくださる日に収穫するらしく、その鮮度の良さもあり、すばらしくおいしい究極のデザートです♪

> 私もぶどうが好きで毎年ぶどう狩りに行っています。意外と無農薬で作っていらっしゃる所が日帰りで行ける距離に数件あり、今年はどこの農園へ行くか?となるのが常でした。

いいなー、いいなー、いいなー。
無農薬のブドウ園、行ってみたいなぁ。
ほしみかんさんが住んでらっしゃる地域、有機栽培が多いのですね。
恵まれてますね~。

ムスコが生まれてから、何よりの贅沢は、食材の鮮度と安全さを堪能すること、と思うようになりました。
もう、手間や時間を惜しまずに作ったフレンチとかいらないなぁ~(笑い)

ぜひぜひ、ブドウ園レポートしてくださいね♪
羨ましい、行ってみたいな。
楽しみにしています。
えららん |  2010.08.12(木) 08:57 | URL |  【編集】

物々交換みたいで、たのしそうですね♪
日持ちがする、すくなカボチャを送りたいですが、重いから送料高くなりそうですが(汗)

また送料など調べてから、畑と相談して(笑)連絡したいと思います(^^)


ドキドキ(*^^*)
まみ |  2010.08.12(木) 11:09 | URL |  【編集】

まみさんへ

> また送料など調べてから、畑と相談して(笑)連絡したいと思います(^^)

「畑と相談」っていい言葉ですね!
畑の土をちゃんと手入れして、そこに作物を植え、虫がきて味見して、人がおいしいと食べるというのは、とても素敵なことですね。

もし今後、「あー、もう、こんなに食べきれないよ!」というくらい作物がスクスク育ってくれた時には、「交換しましょ♪」と声をかけてください、「そーしましょ♪」と私も答えますから(笑い)

もしかしたら初回はすくなカボチャかもしれないのですね。
お手数ですが、送料&畑とご相談くださり、教えてくださいね。

私は朝市や、道路の脇で農作物を売っているのを見るのが大好きです。
まみさんのお宅が近所だったら、すぐに飛んでいくのにな(笑い)
実家のほうでは、道路脇に作物を摘んでお金を入れる箱があって「100円です」とか「50円です」と書いてあったり、眺めていると「もってっていいよー!」と畑仕事をしている人が声をかけてくれることもあったりしたのですが(←さすがに今はもうないかなぁ)、そういう善意や優しさに基づいたが大好きでした。
そこには野菜をただの商品ではなく、人に食べる喜びを与えてくれる大切なもので決してムダにしてはいけないという気持ちがありますよね。

大規模な流通ルートだけでなく、ご近所さんや友だち同士での顔が見える小さな流通が起こると安心・安全な野菜が入手しやすくなりますよね♪
えららん |  2010.08.13(金) 06:57 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2013.08.04(日) 17:54 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/550-a1528dd0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |