2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.07.26 (Mon)

キャロブ&紫いも&メープルのクッキー(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

100725_1042~01

今日はムスコを3時のおやつ前にお迎えに行くことになっています。
ほんとうだったら保育園でおやつも食べさせたいところですが、仕方ない。
お手拭きとお菓子を準備することにしました。

外出先でも食べやすく、手も汚さないお菓子を、と思い、クッキーを3種類。
写真だとわかりにくいかもしれないのですが、手前のピンク色が紫いも味、白がメープル味、茶色がキャロブ味です。

いつも会社で食べ終わったお菓子の箱をもらってくるのですが、この箱ももらってきたもの。
スチールの容器にプラスティックの中仕切りが入ったチョコレートの箱で、「中身のチョコレートよりも箱のほうが高いんじゃない!?」と思ったほど(笑い)
日本人は、キレイな箱に入ったお菓子が好きですよね。

ヨーロッパだと高級なチョコレートであれ、土産物のようなシンプルな箱に入っていることが多く、凝った箱はお金を払って買うスタイルになっています。
必要最低限の梱包でゴミは減らそうという考え方があるのかもしれないですよね。
クリスマスプレゼントなどでも、お店でクリスマスラッピングがあるのではなく、包装紙やリボンを自分で買ってきてラッピングしますし。

一度だけ、イギリスの高級チョコレートショップでプレゼントを買ったことがあります。
チョコレート1個200~400円くらいのお店なのですが、箱代が4000円くらいから!(←えええええー!)
紙職人が作った紙を使った贅沢な箱ではありましたが、それでもチョコレート20個分って……(汗)

箱に入れないなら、ただのぺらぺらの紙袋。
お礼ということもあり奮発して箱に入れてもらいましたが、そこにチョコレートを10個入れてもらっただけでも私の予算は何倍もオーバー(涙)

私が自分で味見しようと思って買ったシャンパントリュフ1個。
なんと、駄菓子屋の薄っぺらい紙袋みたいのに入れられて、「はい、どうぞ」でした……。
1個400円もする高級チョコレートだったんだけどなぁ。

さて、プレゼントを持っていって渡すと、「うわー、チョコレート大好きなの!キレイな箱ね!」とママが大歓び。
子どもたち2人が「あっ、チョコだ!」と言いながらあっという間に食べてしまい、箱はゴミ箱行き(号泣)
そのお宅はお菓子が大好きで、質より量というのは、あとでわかったことでした……。

お菓子って、キレイな箱に入れた途端、「特別な日のためのおやつ」という雰囲気になりますよね。
小さな箱にキレイなお菓子をちょっとだけ入れるのを好む日本人のスイーツへの美学、大好きです♪

でも、野菜やお肉なんでもかんでもトレーに乗っているのは資源のムダ使い。
美学とムダの境目って、難しいですね……。

【More・・・】

<材料>
♡タピオカ粉    60グラム
♡ホワイトソルガム 30グラム

メープルシロップ  30グラム
ショートニング   30グラム

=キャロブ味=
キャロブパウダー  3グラム
メープルシロップ  1グラム
ショートニング   1グラム

=紫いも味=
紫いもパウダー   3グラム
メープルシロップ  1グラム
ショートニング   1グラム


<作り方>
1)♡の材料をボウルに入れ、泡立て器で混ぜ合わせる。
2)1にメープルシロップとショートニングを入れてなめらかになるまでこねる。
3)できあがった生地の重さをはかり、3等分にする。
4)3でわけた生地のひとつにキャロブ味の材料を追加し、もうひとつの生地に紫いも味の材料を追加し、それぞれよくこねる。
5)できあがった3色の生地それぞれをラップにはさんで麺棒で5ミリほどの厚さにのばし、型で抜く。
*包丁で四角く切ってもOKです。
4)160度に予熱しておいたオーブンで15分ほど焼く。


2色の生地を重ねて5ミリほどの厚さに伸ばして型抜きしても、ちょっと見た目に変化がついて可愛いです♪

100726_0910~03




にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

こんばんわ!
いやいや、とんでもないです・・・。
恐縮です・・・。
たまにポロッと駄目な所が出ると思いますがお願いします。汗
お答えありがとうございます。
そうなんですねぇ!かなり為になりました!
やっぱり何事も自分で試していかなきゃ駄目なんですよね!毎回、自分、中途半端で・・・。
今日も質問です、すみません!
ショートニングを使われていますが、ここはサラダ油などの植物油でもいいと思いますか?
今まで植物油でやっていて、焼いた時に生地が固くなる事がよくあるんです・・・。
それが原因なんですかね?
なんか、こんな質問すいません!!
ゆーあー |  2010.07.26(月) 18:45 | URL |  【編集】

ゆーあーさんへ

> やっぱり何事も自分で試していかなきゃ駄目なんですよね!

たぶん、学校の先生方が教えてくださることというのは、とても貴重なことだと思いますし、大切な知識だと思います。
なので、それをしっかりと学ぶことは何にも増して重要だと思います。
そして、知識として頭の中にあるうえに、自分が実体験しつつ五感を総動員して得た知識を付け加えていけば、何倍も先生から得た知識が活きてきますし、自分がつかみとった知識も十二分に活用できるのではないかと思います。

> ショートニングを使われていますが、ここはサラダ油などの植物油でもいいと思いますか?
> 今まで植物油でやっていて、焼いた時に生地が固くなる事がよくあるんです・・・。

専門家ではないので、化学の知識はまったくないので、素人なりに感じていることをお伝えしますね。

ショートニングを使ったレシピを、サラダ油など液体油脂に置き換えてもさっくりはしません。
ご存知かと思いますが、ショートニングはマーガリンから水分や添加物を抜いて油脂分になるように精製した油であり、その名前は「さっくりさせる」「もろくする」という意味がある「ショート」からきています。
そういった特性を利用してクッキーのレシピに用いるため、少なくとも、私のレシピではショートニングを液体油脂に置き換えると、うまくいきません。

液体油脂を使った時に固くなるというのは、その油脂自体の水分を粉が吸って、粉と粉が結着するからじゃないかと思うのですが……違うのかしら?
ゆーあーさんがおっしゃっているのは米粉のクッキーの話ですよね?

私の場合、米粉でクッキーを使う場合には、タピオカ粉やコーンスターチといった焼いた時に米粉のつながりをもろくする作用があるでんぷん質を加え、ベーキングパウダーも入れて粉と粉の間にガスを生じさせて空気を含ませ、水は入れずに、液体油脂と液体甘味料で生地をまとめています。
お菓子作りをする際、液体油脂は水分の一部として考えたほうがいいと思いますよ。
えららん |  2010.07.26(月) 19:07 | URL |  【編集】

わ~♡

美味しそうなのはもちろんの事、とってもかわいい!こんな風に箱に入れるだけで、ホント特別なおやつになりますね♪ しかも、世界に一つなんて素敵( ´艸`)

キレイな箱や缶って捨てられない性格で、でも、結局何にも活用出来ずどんどん溜まっちゃうので、なるべく残さないようにしているのですが、こう使えばいいのかぁ~φ(.. )メモメモ

ちなみにこれ、FAUCHONのですよね~♪
ここのって、シンプルだけどお洒落で好きです^^
でも、チョコレートショップの箱代が4000円くらいからってーーー!!しかも、食べた後ゴミ箱行き?!(  ゚ ▽ ゚ ;) とっても切なくもやもやっとした気持ちの残りそうなお話ですね(T_T)

美学とムダの境目も、人の価値観というのも、難しいものですね!
pekklenn |  2010.07.26(月) 22:59 | URL |  【編集】

pekklennさんへ

> 美味しそうなのはもちろんの事、とってもかわいい!こんな風に箱に入れるだけで、ホント特別なおやつになりますね♪ しかも、世界に一つなんて素敵( ´艸`)

よかった~、そんな風に言ってくださって!
そうなんです、可愛い包装容器って、捨てればただのゴミになっちゃうけど、また使えば、世界でたったひとつの特別なおやつにしてくれるますよね~。
同じようにpekklennさんが感じてくださって、嬉しいです♪

> キレイな箱や缶って捨てられない性格で、でも、結局何にも活用出来ずどんどん溜まっちゃうので、なるべく残さないようにしているのですが、こう使えばいいのかぁ~φ(.. )メモメモ

そこも同じですね!!!!
私も捨てられない、ほんとうに、捨てられません。
だって、入っているお菓子がメインではありますが、「おいしいお菓子に見えますように」と心を込めて箱をデザインした人もいるでしょうし、その箱をデザイン画から実物に作り上げた人たちもいるでしょうし、たくさんの思いが込められて生み出されたもので、しかも見た目に美しくなるようにと工夫を凝らしてあるのですから、やっぱり捨てられないですねぇ。
でも、収納場所がなくてあちこちに突っ込んであるので、収納扉を開くと落ちて来るのが困ります(汗、汗)

> でも、チョコレートショップの箱代が4000円くらいからってーーー!!しかも、食べた後ゴミ箱行き?!(  ゚ ▽ ゚ ;) とっても切なくもやもやっとした気持ちの残りそうなお話ですね(T_T)

そうなんですよー、中身より箱のほうがずっと高いプレゼントだったのです。
日本人は見た目の美しさ、贈る心持ちというのを大切にしますよね。
やっぱりそれは、日本人の美学なんじゃないかと感じました。

彼女たちにとっては、「箱は箱。キレイでもチョコが入ってたただの箱」だったんですよね~。
私が拾って使いたかったです(笑い)
でも、私の母も同じようにするだろうし、「この箱、高かったんだよ!」と言ったら、「あんた、そんなムダして、バカじゃないの」って言われそうです(汗)

ほんとうに、美学とムダの境目って個人差があって、難しいですね。
えららん |  2010.07.28(水) 06:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/536-7bdc12e9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |