2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.07.19 (Mon)

梅の天日干し

100718_0742~01

夫が、朝、きびきびと動き始めました。
すでに気温30度以上。
朝に弱い夫にしては、かなり珍しいことです(笑い)

“梅干し奉行”の夫によると、これから数日、晴れる日が続くということで、塩漬けしておいた梅を干し始めるとのこと(←ちなみに私は“梅シロップ奉行”です)

ムスコが起きてきて、「うめ? うめ、ほすの? やる!」とはりきりモード。
そのまま飛び出して行きそうな勢いなので、押しとどめて帽子をかぶせました。

大きな南高梅は水分が出て少し小さくなったようですが、甘い香りはそのまま。
うっとりするような良い香りが漂っていました。

赤じそを入れていないので、梅の色はオレンジ。
そのオレンジがこれまた可憐な色です。
自然の色はほんとうに美しいですね。

100718_0751~03

梅をキレイに並べ終わると、ムスコは「あちー、すごく、あち~ね」と言いながら部屋に入ってきました。
ベランダなので、輻射熱もすごいんですよねぇ。
私は外に出た途端、溶けそうで即、部屋の中に戻りました(笑い)

梅を天日に当てるのですが、2日間は朝から夕方まで、3日目は土用干しといって外に一晩中出しておいて夜露に当てます。
干し終わったら容器に入れて、涼しい場所に保存しておきます。

食べるのは、梅を干し終わってから3年後。
干し終わってすぐに食べることはできるのですが、塩がまだなじんでいないので味の深みがありません。
そして長く保存してから食べるというのは、梅干しの種の中の天神様からもよい成分がにじみでてくるから、という理由もあります。

昔から「申年の梅は薬になる」と言われていますよね。
「申年」は12年に1度めぐってきますが、2004年は60年に1度めぐってくる「甲申年(きのさるえどし)」と呼ばれる最高の年でした。

毎年梅を漬けてらっしゃる方が去年、貴重な2004年の「甲申年の梅」をムスコにくださいました。
その時に、「甲申年の梅」は特別な意味があるのだと初めて知ったのですが、ムスコは「このうめ、おいしい、おいしい」と、毎朝、食べていました。
普通の梅を出してもそれほど食べないので、味わいも特別だったようです。

次の甲申年を迎えるのは2064年。
「甲申年の梅」を漬けるのは子どもの世代、いやもしかすると孫の世代に任せる感じですね(笑い)

申年は12年に1回ずつめぐってきます。
「申年の梅」の民間信仰は、健やかにこれまでの12年を過ごせたことに感謝し、これから先の12年も家族が無病息災でいられますようにという願いとともに継承されてきたもの。
一粒ずつ梅の下処理をして丁寧に漬け、食べる人への愛情を込めて何年も大切に保存することで、梅が持つ自然のエネルギーと無病息災への祈りが凝縮され、心と体に効くということなのでしょうね。

今思い出したのですが、夫が“梅干し奉行”になったのは、私が原因不明の習慣性流産と不育症で落ち込んでいた時でした。
流産していますが、毎回つわりがひどくて、おいしく食べられるのは梅干しだったため、それで夫が梅干しを漬けてくれるようになりました。

よくよく考えてみれば、夫が梅を漬け始めたのは、たぶん甲申年。
その時に漬けてくれた梅は、貴重な「甲申年の梅」とは知らず、漬けた翌年には食べてしまったけど。
あー、もったいないことしちゃったな(涙)

でも、そのおかげなのか、翌年2006年にムスコを授かったので、やはり「甲申年の梅」の効き目というべきかもしれませんね(笑い)

今年は、夫とムスコがふたりで丁寧に作っている梅干しなので、さらにおいしいだろうと思います。
今から家族みんなで3年後の梅干しを食べるのが楽しみです♪

にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

Comment

きれいな色!

まさに完熟!って色ですねー。紫蘇を入れない梅干しですか~この色は酸っぱい梅干しになっても残るんですか?
赤いのしか見たことないのでとっても不思議な光景です~。
ベランダに干してあったらあんずと思ってぱくっと食べちゃいそうです。笑

梅干しエピソード、ほっこりしました。素敵なお話ありがとうございます♪
かごふね |  2010.07.19(月) 19:52 | URL |  【編集】

心温まるお話 ♡^▽^♡
そして、お日さまみたいなきれいな色!
良い梅干しになってくれる事でしょう!

うちの梅は紫蘇漬けが遅かったので、
まだ梅酢の中。
干す日が待ちどおしいです♪
あおむし |  2010.07.19(月) 19:53 | URL |  【編集】

綺麗にびっちりと!

私も今日梅を干していました!
最終日だけ夜も出しておくんですかf^_^;
夜露にあてると皮が柔らかくなるから夜も天気ならば出したままでと書いてあったので、出しっぱなしです(+_+)

旦那様は奥様おもいの素敵な方ですね♪
長女のつわりの時は私はたくあん食べてました(笑)
ご飯を炊く匂いにしんどくなってたなぁ。
今やったら考えられん、美味しい匂いなんですけどね。
干支のお話も、面白いですね~。
甲子園球場の話は有名なんでしょうけど、梅干しにもそんな当たり年とゆーか、いい方をする年があるんですね~♪

張り切ってザルを買ったものの、子供達が触ってささくれで負傷。
安物はなぁ…
でもザルだけで一万円近いの買っても、高い梅干しになるわ~(笑)
えららんさんトコは平らですけど、何を使ってはるんですか?

しかし、三年も置いとけないわっ。
えららんさんの話を聞くまで、干し終わったら食べるつもりでいたので。
置いときたくもあり、食べたくもあり、ってな感じです。

干した後は梅酢とは分けて味噌の様に常温で大丈夫なんでしょうか?

梅雨が明けて、朝から快晴で、いよいよこの日が来たなぁ、とワクワクして干しましたよ(笑)
早く食べてみた~い!
chika |  2010.07.19(月) 22:28 | URL |  【編集】

うわあ。こうやって干すのですね!
並んでいる梅の数の多いこと!素敵な梅になりますのが納得です♪

旦那さんとムスコくんの姿、来ているものもさることながら、なんとなくオーラがそっくりで、くすくす笑ってしまいました^^

3年後のためにこうやって今があるのですね。
どんなことでも、きっとそうなのだろうなと思いながら読ませてもらいました。
先を見据えて子育てしたり、今が頑張れたり。決して今だけの苦労ではないのだなと。
なんか心洗われましたー。

えららんさんの写真の上手なこと!それにも感激した私です。
くるみあちゃ |  2010.07.20(火) 16:50 | URL |  【編集】

かごふねさんへ

> まさに完熟!って色ですねー。紫蘇を入れない梅干しですか~この色は酸っぱい梅干しになっても残るんですか?
> 赤いのしか見たことないのでとっても不思議な光景です~。

そうなんですよー、完熟梅だったので、赤い色が抜けるとこういう色になるんですよぉ。
「梅干し」っていうイメージとは違いますよねぇ。

すでに今もすっぱ塩っぱい味なんです。
なので、時間がたっても少しくすんでいくとは思いますが、基本的に黄色っぽい色です。
私も赤い梅に慣れていたので不思議な気持ちで見ていたのですが、赤じその風味がない分、梅の味わいがダイレクトかもしれないですね。

> ベランダに干してあったらあんずと思ってぱくっと食べちゃいそうです。笑

ほんと、香りも干しアンズみたいですよー(笑い)
ムスコは梅シロップを漬けるのも手伝ってくれていたので、この梅を見ても「これ、たべられる?」と聞いていました。
家にあるものは全部、食べられると思っているので、食べないとソンみたいです(笑い)

夫が最初は私のために梅干しを作ってくれていたんだと思い出し、忘れていて申し訳なかったと思いました。
最近、物忘れが激しくて……(汗、汗)

かごふね家の仲良しぶりには叶いませんけどね♪
えららん |  2010.07.20(火) 20:17 | URL |  【編集】

あおむしさんへ

> 心温まるお話 ♡^▽^♡
> そして、お日さまみたいなきれいな色!
> 良い梅干しになってくれる事でしょう!

ありがとうございます!
そっかー、「おひさまみたいな色」って、素敵な表現ですね♪
オレンジ色っていうよりも、おひさま色っていうのがぴったりなキレイな色の梅なので、おいしい梅干しになってくれると嬉しいです!

> うちの梅は紫蘇漬けが遅かったので、
> まだ梅酢の中。
> 干す日が待ちどおしいです♪

シソの色と風味がついて梅も、とっても、とってもおいしいですよね~。
今、梅酢の中でおいしく、おいしくなっているのですね。
これからはお天気が続くそうですし、おひさまに当たって、さらに風味を増してくれることでしょうね!

昔ながらの日本人の知恵って、美しくて、おいしくて、素晴らしいですよね♪
えららん |  2010.07.20(火) 20:20 | URL |  【編集】

chikaさんへ

> 私も今日梅を干していました!

一緒に梅干ししていたんですね!
なんだか、嬉しいです♪

最終日だけ出しておくというのは、夫のやり方なんです。
夫は小さい頃、おばあちゃんが梅を漬けるのを毎年手伝っていたそうで、おばあちゃんがやっていた通りのものすごく塩っぱい梅干しを作ります。
やり方はいろいろありますし、太陽と夜露に当てると皮が軟らかくなるそうなので、ずっと出しておいても、毎日、とりこんでも、どちらでもおいしい梅干しになると思いますよ♪

> 旦那様は奥様おもいの素敵な方ですね♪

そうだったみたいです(笑い)
すっかり忘れていて、申し訳なかったです(汗、汗)

> 長女のつわりの時は私はたくあん食べてました(笑)
> ご飯を炊く匂いにしんどくなってたなぁ。

つわりでたくあんでしたかー。
へぇ~、私は漬物系は一切ダメでしたけど、ほんとうにいろいろですね。
そうそう、ご飯の炊ける匂いはヘビーですね(笑い)
あと、台所の食器を洗うスポンジの匂いもダメだったし、シャンプーとかもうぇ~、でした。
小さな命を守るために、嗅覚が過敏になるのかもしれないですよね。

> 張り切ってザルを買ったものの、子供達が触ってささくれで負傷。

えええー、大丈夫ですか?
竹って、割けちゃうことがあるんですよねぇ。
我が家も、ムスコには怖くてザルとか触らせられません……。

うちで使っているのは、バーベキュー用につかう網です。
最初はchikaさんと同じような竹ざるを使っていたのですが、劣化してきて危ないので。
梅は酸性が強いから金属よりも植物性の素材のザルのほうがいいようにも思うのですが、安全重視ということになりました。
あと、板状になっているので、収納が楽なので。

> 置いときたくもあり、食べたくもあり、ってな感じです。

うふふー、私も最初の年は作ってすぐに食べちゃいましたよ♪
何粒か残しておいて、あとは召し上がったらいかがですか?
1年おいただけでも、ずいぶんと味がなじんで、味わいが変化しますよぉ。
梅を漬けたときの塩分濃度によりますが、かなり塩分が強いなら常温でも大丈夫ですが、塩分控えめだと冷蔵庫保存ですね~。

最初の一口、きっと感動しますよ♪
レポート、楽しみにしています!
えららん |  2010.07.20(火) 20:32 | URL |  【編集】

くるみあちゃさんへ

> うわあ。こうやって干すのですね!
> 並んでいる梅の数の多いこと!素敵な梅になりますのが納得です♪

いえいえいえ、並べて干さないといけないわけじゃないんですよ~。
夫がめちゃめちゃ几帳面な性格でして(汗、汗)
料理をしてもらっても、料理番組みたいに材料の大きさを5ミリ厚だったら全部がそうなるように丁寧に切りそろえるような人なので、こんな光景になっている次第です……。

> 旦那さんとムスコくんの姿、来ているものもさることながら、なんとなくオーラがそっくりで、くすくす笑ってしまいました^^

まさにその通り!
写真を通じてくるみあちゃさんにはわかってしまいましたか!
ムスコは夫の遺伝子だけでできあがっているかのうように、顔も体系も歩き方も一緒です。
おまけに几帳面なところも似ているし、何よりも、私にとってはがらくたに見えるものでも「すてないで!」と言うところがソックリです(笑い)
苦労して生んだんだから、一度でいいから、「お母さんに似てるね」と言われてみたい(涙)

> 3年後のためにこうやって今があるのですね。

未来というのは、今の積み重ねですもんね。
日々を丁寧に過ごしていたら、未来はとても素敵なものになるんじゃないかと思います。
くるみあちゃさんがよく書いておられるように、苦労のように思えることでも、よくよく考えてみると、それが学びの機会になっていて、それによって大きなステップをのぼっている、ということもありますしね。

シュタイナー教育に携わっている吉良創さんが書いた本の中に「音楽には、音が響いているときのほかに、楽譜上は休符であるところ、メロディとメロディの間の『間』があります。その音がない部分は、音が響いているところと同じくらい、あるいはそれ以上に大切なのですが、それは、音楽の音が成る前提として、音がない状態、つまり『静けさ』があるからです」という表現があります。
音楽というのは、単に「ド」というひとつの音や休符に触れただけでは、ひとつのメロディとして受け止めることはできないし、感動することもありませんよね。
でも、音符と休符を積み重ねた何分とか何十分という時間の幅で聞いた時、心を揺さぶるような感動を呼び起こされますよね。

日々の生活も音楽と同じで、ひとつの行為そのものは意味を持たないように見えても、それが積み重なることで意味が生まれ、それらによって自分の中に経験した時間の幅が生まれ、素晴らしい思い出になるんじゃないかと思うんですよね。
そういう意味で、未来を充実させようとすることと、今を大切にすることは同じ思いが土台にあると感じます。
今を大切にすることで未来が生まれ、未来から過ぎ去った「今」の集積を振り返った時に素晴らしい思い出が出来上がっていて、そういう思い出があるからこそ、さらなる幸せな未来をイメージするようになるのかな、なんて。

くるみあちゃさんが、いつも、いつも、書いて教えてくださっていることが、やっと自分の心から沸き上がってくるようになりました。
ありがとうございます♪
えららん |  2010.07.21(水) 06:32 | URL |  【編集】

きれいな梅ですね~。
並べ方も非常に丁寧だわ~。
今年はムスコくんも加わって、美味しい梅干しができるといいですね。
温かいお話、ありがとうございました。
大事な梅をしっかり食べて、えららんさんの今があるんですもの、充分役目を果たしてくれたと思います。
パパさんの心もとても素敵ですね。
↑あちゃさんへのコメレスでのお話も素敵。

>未来を充実させようとすることと、今を大切にすることは同じ思いが土台にあると感じます。

あーここ激しく共感。
日々、答えってすぐ出たりそれが求められることの方が多くて
今の積み重ねが未来なんだって忘れがちですよね。
今が良けりゃいいーみたいな。
でも実はそうじゃないんだよ、とスローフードが教えてくれる気がします。
今日もがんばりましょー♪
あおい |  2010.07.22(木) 05:54 | URL |  【編集】

えららんさん、愛されていますねぇ。
旦那さまの梅干し奉行はえららんさんへの愛から成り立っているのね。素敵♥
男性は淡々と同じことを繰り返す事によって積み重ねていきますもんね。
何でも積み重ねって大切なのね。と思いました。

今年の梅干しはムスコくんも加わって、更に美味しい梅干になるのでしょうね。3年後が待ち遠しいですね♪
ちなみにウチはベランダに干した梅をSOUがピラミッドのように積みなおしてました…
Norino |  2010.07.22(木) 12:55 | URL |  【編集】

あおいさんへ

うわ~い、あおいさんだ♪
夏休み、楽しんでらっしゃいますか??

> 並べ方も非常に丁寧だわ~。

やっぱり、丁寧すぎですよね~。
夫の几帳面な性格がよく出ているのですが、今度は畳んだ洗濯物もお見せしたいです(笑い)
びしっと形がそろっていて、ムスコが「おてつだいする~」と言うたび、「あっ、やめて! 触らないで! だめー!!」と絶叫。
その夫の必死さがおもしろくて、ムスコはわざと足で洗濯物の山をつついたりします(笑い)

そんな夫ですが、梅干し作りの最初は私のためだったということを思い出せてよかったです(汗、汗)
記事を書かなかったら、たぶん、私の記憶の奥底に埋もれていたことでしょう……。

> 日々、答えってすぐ出たりそれが求められることの方が多くて
> 今の積み重ねが未来なんだって忘れがちですよね。
> 今が良けりゃいいーみたいな。

そうなんですよね~、アレッ子の母をやっているとさらに感じたりします……。
子どもの体のケアが日常になっていて、それを続けていくことで体内のバランスが良くなり、アレルギー反応も
小さくなっていくのだろうということはわかっているのですが、ちょっと前は食べられたものを食べて強いアレルギー反応を出されると、「どうしてよ? なんで前は良くて、今日はダメなの?」と焦りを感じたり。

でも、何事も一直線に右肩上がりにうまくいくわけじゃなくて、でこぼこ山を越え、谷を越え、気付いたら、もっと高い山も越えていた、みたいな状態になるんですよね。
山につぶかった時や、谷に落ち込んだ時だけを見ているとつらいけど、ある時間軸の中で見れば上向きなんだから、それで上等ですよね♪

前にあおいさんが言ってくださった言葉がいつも心の中にあります。
ついつい自分ができる以上のことを望み、夢見た結果が出ないと落胆して自分を責めたりしてしまいますが、自分ができることを、自分なりに続けていけばいいんですもんね。
いつもありがとうございます。
えららん |  2010.07.23(金) 11:47 | URL |  【編集】

Norinoさんへ

> えららんさん、愛されていますねぇ。

かつては愛されていたんですねー、私(笑い)
今では、ムスコLOVE×10000くらいになっていますけどねー。

> 男性は淡々と同じことを繰り返す事によって積み重ねていきますもんね。
> 何でも積み重ねって大切なのね。と思いました。

言われてみれば、そうかもしれませんねー。

女性は子どもを生んで、その子が育つ様子を見て、自分が命を張ってこの世に送り出した奇蹟に触れて毎日感動していられますが、男性には子どもを見ても「可愛いな」とは思っても、命への感動というのは薄いかもしれないですし。
でも、毎日をワクワクして過ごしている子どもの姿に接していると、エネルギーが充満してくるように感じているのかもしれないですね。

特別なことをしなくても、一緒に過ごす時間を重ねていくことが大切ですし、それを幸せと感じられるなんて、これほど素晴らしいことはないなと思います。

> 今年の梅干しはムスコくんも加わって、更に美味しい梅干になるのでしょうね。3年後が待ち遠しいですね♪
> ちなみにウチはベランダに干した梅をSOUがピラミッドのように積みなおしてました…

そうなんです!
ムスコの手についた雑菌がいい仕事してくれるかな?(笑い)

SOUくんには梅に対する美学があるのですね~。
そうですかー、ピラミッドですか~。
ピラミッドは太陽の力を凝縮して受けるような造りになっていると聴いたことがありますが、SOUくんの梅もおひさまの力をたっぷり浴びて、おいしくなるでしょうね!
お互いに楽しみですね♪
えららん |  2010.07.24(土) 06:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/528-30b6b0b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |