2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.05.18 (Tue)

言い方って大切ですね

100516_1154~01

「しんかんせんで、こうえんにいきたい!」と言われ、ムスコを連れて新幹線に乗った時のことなんですが……。

「袖振り合うも多生の縁」と言いますが、しばらくの間、ずどーんと落ち込みました。
知らない人と偶然に出会ったように見えても、そこには何か深い意味があるとわかっていても、あまりに予想外のことが起こるとねぇ……。

自分に起こることは無意味なことは何もないと思ってはいるのですが、相手から矢継ぎ早に責め立てられたりすると、「ありがたい」と感謝する境地に到ることは難しいですね。

ムスコは公園についた途端、ニコニコと遊び出しました。
子どもは、気持ちの切り替えが上手ですね♪

私って、ほんと、心が狭いな~。
考え出すとどんどん闇の中に迷い込んで行くけど、上を向けば爽やかな空が広がっていたりするんですもんね。
いつも、上を向いていないとね♪
あ、上ばっかり見ていると転んじゃったりするから、前も見ないとね(笑い)

愚痴と言えば、愚痴なので、嫌いな方はスルーしてくださいね。

【More・・・】

新幹線に乗り、一駅で降りました。
ムスコはもう少し新幹線を見ていたかったようなので、ムスコを新幹線ホームの防護柵側にして手をつないで歩いていました。
ムスコは新幹線に何度も手を振り「ばいばーい! ばいばーい!」。
とても嬉しそうな顔でした(←この顔を見るためにムスコと電車散歩をしているような感じです)

私たちのそばで、新幹線の窓に手をつけんばかりの近さで車内の人と別れを惜しむ年配の男女4人。
駅員が何度も「新幹線に触れないでください! 手を出さないでください!」と絶叫。
やっとのことで新幹線がホームから出発して行きました。

ムスコが「しんかんせん、いっちゃったね」と言った瞬間、私の斜め前を歩いていた70代くらいの女性(見送りの人とは別です)が、クルリと振り向いて睨みました。
「ちょっと、今のアナウンス、あなたたちのことよ。あぶないじゃないの!」

私はきょとんとして、「今のはあちらの見送りの方達のことで、私たちのことではないと思いますけど」と答えると、その女性は「なに言ってんの! そんな小さな子どもを新幹線の側を歩かせるなんて非常識でしょ! 新幹線はスピードが早いんだから、手をまきこまれたらどうするの!」と激怒。

ムスコは防護柵から離れて歩いていたし、私は事実を説明したつもりだったのですが、理由はどうあれ、言い返したことがシャクだったらしい。
「あなた、母親だったら子どもを新幹線の側を歩かせたりしないでしょ! 最近の母親は、子どもを車道側に歩かせているけど、親が車道を歩いて守るべきでしょ! 私はそうやってケガをする人たちをたくさん見てきたから知ってるのよ! 母親が子どもを守らないでどうするの!」と立て続けに女性が怒鳴りました

ムスコは私と女性のやりとりを見ていて、フリーズ。
ただならぬものを感じるのか、こわばった顔をして一言も発しなくなりました。

確かに、この女性の言うことが正しいです。
私も同感です。
普通に会話をしている時に言われたら、「私もそう思います」ともちろん答えます。
確かに、子どもが予測外のことをすることを考えたら、ムスコを新幹線の側を歩かせるのはしてはいけないことですよね。

でも、いきなり、知らない人に怒鳴られても、「あなたのおかげでいいことに気づきました。ありがとうございます」とは言えませんでした(←心が狭い私)

そして私がつい、「出来の悪い母親ですみません」と言ったもんだから、それが女性の怒りの火に油を注いだらしい。

その女性はそれこそ髪の毛を逆立てそうな顔で、「あなたみたいのが嫁だったら、私、ただじゃおかないわ! あなたみたいな人が子どもを殺すのよ。あー、いやだ、いやだ。子どもを殺すなんて、ほんとうにイヤだわ。今どきの母親って、最悪。あー、子どもを殺しちゃう、殺しちゃうんだ」。

ずっと「殺す」を連呼。
そばを歩いている人たちが何事かと思ったらしく、チラチラと私たちのことを見ていました。
おそらく、嫁と姑のケンカみたいに見えたのでしょうね。

離れて行ってくれればいいのに、なんでそばにいるんだろう?
ホームから改札までずっと私の少し前を歩き、この女性はずっと私に小言を言い続けました……。

楽しいはずの休日だったのに、私はもう、落ち込みまくり。
「嫁だったら、ただじゃおかない」と言われたけど、私が嫁だったら精神的にまいっちゃって一緒にいられないよ。
どんなに正しいことを言われているにしても、こういう言い方はないだろう、って思っちゃいますもん。
相手にしてみれば、正論だからこそ声高に厳しく言うんでしょうけど。

ムスコを喜ばせたいと新幹線の側を歩かせていたのは私の軽率さでとがめられても仕方ないことだけど、でも、「殺す、殺す」と大声で責められても……。
「危ないよ」と伝えるにしても、もっと言い方ってものがあるよなぁ……。

でも、家に帰ってきてから冷静になって考えてみました。
この女性が言っていることは正しいし、わざわざ見知らぬ私に言ってくれたのも、女性なりの親切ゆえですよね。
ムスコのことを気遣ってくれたからこそ、言葉をかけてくれたんですよね。
取り返しがつかないことになる前に、「次回からは新幹線の防護柵側は私が歩こう」って思うように強烈な記憶が刻みつけられた、ってことですもんね。

そう思うと、ありがたいな、と思わないといけないですよね(←自分に暗示をかけてみる)
まあ、まる一日落ち込み、しばらく心の中がモヤモヤ……。

私は父から、「おまえは理屈っぽすぎて、他の人が言ったことを『はい、そうですね』と聞けない。そんな心の狭い人間でどうするんだ。誰からどんなことを言われても『はい、そうですね。教えてくださって、ありがとう』と感謝できる人間になれ。一歩下がっていることで見えることがあるんだから、自分だけが正しいと思うな!」と叱られ続けていました。
「うるさいなー」と思って聞き流していましたが、はからずも、父の言ったことを実感する結果となりました。

親って、ありがたいですね。
諦めずに何度も言ってくれてたからこそ、私の脳裏に刻みつけられていました。
言い続けてくれてウン十年、やっと私は理解しましたよ。



<今回の学び>
伝えたい思いがあるなら、丁寧に言葉を選んで伝えよう。
相手の心に愛情がすんなりと届くように。



なにはともあれ、ムスコが喜ぶからしてあげよう、じゃなく、ムスコの安全第一と思い知った貴重な経験でした。
まあ、こういう経験はそうそうしたくはないけれど(笑い)


にほんブログ村 料理ブログへ
クリックしてくださり、ありがとうございます♪



こちらもどうぞよろしくお願いします。






スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(22)

Comment

ぎゃーーーー

これはこれは、何と言っていいのか、パワーを頂ける記事でした。いい意味で。

落ち込まなくったって全然いいですよ、えららんさん。この女性がふっかけてきたことなんだし、この女性は正しいことを言って下さってるのかもしれないけれど、きっと初めの自分の間違い「4人の男女にアナウンスがかかった」を認めたくなかったのだろうなと思います。

その負の気持ちが、そんなひどい言葉になるのでしょうね。。><
息子さんが聞いていたのは悲しいですけれど、いくらでも訂正がきくように思います。
あれはいくらなんでも言ったら駄目だよね~に始まって。

そんな年齢になっても、そういう言葉を平気で発することが出来るなんて、なんとまた気の毒な方・・にも思えるし、元気すぎる人にも思えるし、その女性が学ぶ機会がないままにこられたことを想います。

だから、気にはなるでしょうけれど、えららんさんの非じゃないと思います。

火に油を注いだと書かれている「出来の悪い母親で~」のくだりは、うわ、よく言わはった・・・とちょっとニンマリしてしまいました。
まあたしかに、この手の方は言い返されたら、何十倍にもして返す方でしょうね><
子どもを守ろうと、必死にその女性に抵抗された姿が、想われます。
こころ、大丈夫ですか?

怒り冷めやらぬと思いますが、せめて素敵な音楽聞いてくださいね♪♪
くるみあちゃ |  2010.05.18(火) 13:14 | URL |  【編集】

ついてない

それはついてない!

すごい出来事でしたね。
せっかくのお休みと息子さん思いのデートが違う思い出になってしまったことがとても残念です。

情景がありありと浮かぶような仔細な描写ですが、怒りに支配されない文章で書き表していらっしゃるのはまさにえららんさんの人柄のなせる技なのだろうな、と。
すごい。

私に降りかかったなら、それはもうしばらく落ち込む日々が続きそうです。

教訓や学びとして吸収されている、えららんさんの器の大きさに感服です。

これを読んででたくさんのお友達が「それは理不尽だ!」とえららんさん以上にお怒りでしょう。私も。

ついてないあとはいいことあります、きっと。
かごふね |  2010.05.18(火) 13:16 | URL |  【編集】

それはそれはご愁傷様・・・としかいいようがないですね~。
運が悪かったと。
そういうおばあちゃんはどんな子連れにも文句を言っていますよ。あら捜しがお好きなんでしょうよ、きっと。

確かに正論ではあるでしょうが、モノにはいい方がありますよ、くそばばー!と私はおばあちゃんの方にいいたいわ。
えららんさんの反撃は天晴れ!ですよ、うふふ。返り血も浴びちゃったみたいですけど。
おまえのいる家に嫁に行くか!!と思わない人はいないww

ムスコ君の性格や新幹線を見にいっている、危険は特に感じないから新幹線側がムスコ君だったんですよね?
だから時と場合、子供の月齢によってつなぐ側をそのときに応じて変えているんじゃないか?って思ったんですけど。

私は右耳が聞こえないので車道と歩道が近い場所では聞こえる側につないでいないと何度か命の危機を感じたことがあります。
車がね10センチまで近づいたところでやっと気づいたの。
自転車の脅威もあるし。
それで杓子定規に車道は・・なんていっていたら逆に命が危ないわ~って聞こえる側がチィの指定席になったんです。
こういうこともあるわけだし、親は人が思うより子供のことを考えているんだっつーの!ってことでww

とうこmama |  2010.05.18(火) 16:15 | URL |  【編集】

ついてなかったですね。このモヤモヤはどこへぶつけたら!?って感じでしょうね。

私は仕事中に、こういう「ついてなくって火の粉を浴びちゃったね」なことが多々あり、翌日もモヤモヤします。
言われた言葉がいつまでもリフレインして忘れられず、自分の言動がそれでよかったのか、いつまでも気になります。

手っ取り早く忘れる方法は無いのですが、気分転換するしかないですよね。

私はこないだ、カーディオキック(ボクササイズみたいなの)で、主任をボコボコにしました(笑)。ボコボコにしたつもり、ですが。
とんとん |  2010.05.18(火) 16:59 | URL |  【編集】

ありゃまあ、通り魔に当たっちゃいましたねーーー。私なら、多分、言い返すにとどまらず、子どもの前でも我慢できずに怒鳴り返してだろうなー。(お父君の言われたこと、真にもってごもっとも。昔母に同じこと言われたことあるんですが、売られた喧嘩は買う性格はこの年になっても直らないまま(笑))
気にしない、気にしない。いろんな人、いるもんですね。ま、とりあえずそのようなお人が近い身内にいなくてラッキー♪
にゃあ |  2010.05.18(火) 18:42 | URL |  【編集】

子供を連れてるとありますよね、こういうこと。
「え?!何も悪い事してないのに何故見知らぬあなたに怒られる???」みたいな通り魔的な人(苦笑)に怒られること。

きっと、その相手の方の虫の居所がかな~り悪かったんでしょうね (;´д`)トホホ

こういう人は適当に流すに限るのですが(笑)言われた方はモヤモヤですよね~。

えららんさんのモヤモヤが早く晴れますように(^_^)
アトピーっ子かーちゃん |  2010.05.18(火) 21:30 | URL |  【編集】

ご無沙汰しています。
ホント、こんな方のいるところへお嫁に行ったんじゃなくてよかったww。
言い方って大事ですね。
ムスコくんがその後楽しく遊べてよかったです。

ワタシもつい反論してしまう方なのですが、
コドモがいるときは別になりました。
”もしも”相手が根に持つタイプで、
コドモの顔覚えてて、どこかで何かされたら・・・
という壮大な被害妄想の元に・・なんですけどww。
あ、でもこういう人は何も言わなくても粘着したよね、きっと。
こむぎこ |  2010.05.19(水) 00:43 | URL |  【編集】

学びとゆーても…

えららんさんが一方的に学んだだけでしたね。
しかもそのオバハンはえららんさんの話を最初から聞く気ありませんやん!
そういう人は自分の正しさ押し売りで、人の話を聞けないので、あちらの人がとゆー話は耳に入ってないでしょう。
防護柵の側は子供には歩かせない、それで良いじゃないですか。
ムカついて(後寝不足で)うまく言えませんが、 書くのもおぞましい言葉を連呼出来る人が立派だとは思えません。
最近の親は、って常日頃から不満たらたらなんでしょうけど、それをえららんさんにやいやいゆーのもオカシイ。
他人に注意出来るのはええ事やと思いますが、一言二言三言多いんじゃと思います。
せっかくのお出かけやのに、テンション下がりますね
私も自分を責めたりへこんだり、他人を憎く思ってしまったりする事、あります。
未熟者ですから、まだまだ。
やから私もえららんさんみたいに全ての出来事や出会いには意味があると思っていても、苛立ちや高ぶる感情を抑えられへん事もあります。
全てにありがとう、ってのも頭ではわかっているつもりでも気持ちがついていけない時もあります。

えららんさんが柵側を子供に歩かせない、って気づかせてくれた事には感謝。
でもそれ以降はただの決めつけと普段からの鬱憤晴らしやと思うので、忘れてええんとちゃいますか?
えららんさんがムスコさんに愛情たっぷり子育てしてはるのはブロクの隅々から伝わるし、そういうムスコさんやからきっと将来ムスコさん自身も優しい愛情たっぷりの子育てをしていけるんやと思います。
あーゆーオバハンにはならんとこ、とも学べたとゆー事で(笑)
言い方は大切やし、人の話をきちんと聞いて理解するのも大切。
年を重ねているからとゆーても中身が相応かどうかは、これからの自分次第なんやし、えららんさんはきちんと出来事を受け止めてはるから、あんなオバハンになる事は有り得ません。
絶対大丈夫!!

さ、学べる事を学んだら要らん事は忘れましょ~♪

考案してくれはったレシピもいつ作れるやら分からん状態ですが、作ったら必ずブロクあげるし、えららんさんの事も紹介さして貰いますので(^^)v
…きっと忘れた頃に…

なんやうまくは言えんかったけど、ごめんなさいでしたf^_^;
chika |  2010.05.19(水) 10:13 | URL |  【編集】

ひゃ~…

ポカ~ンと、口をあんぐり開けて読んでる自分に気付きました!!

すごい人がいるもんですね。
いや、色んな事が起こるご時世、注意するのをためらうほどなので、この方の行動はすごい事だとは思うのですが、それにしても…ですね。

きっと、相当の現場(?)を見てこられたんでしょうから、たまりにたまったものがあったんでしょうけど、自分の価値観を押し付ける、見た目?状況?で全てを一緒に考える、思い込みの激しい方なんでしょうねぇ。
注意というか、気をつけなさいよと教えてくれる人が周りにいなかったんでしょうか。あ~…でも、こういう人って言われても耳を傾けないですかね^^;

確かに、ちゃんと考えて気をつけて行動していても、何かあった場合には「ほらね!」と言われる事たくさんあるかもしれませんが、言い方ってありますもんね!この場合、注意と言うよりただの暴言にしか聞こえませんもの。感情のままに連呼した言葉…

私もえららんさんに非はないと思いますが大丈夫ですか?負の言霊を浴びせられてモヤモヤが渦巻いてしまったでしょうけど、愛あふれる言葉で浄化していきましょうね^^
でも、こんなにすぐに学びに変えるえららんさん、尊敬します!
pekklenn |  2010.05.19(水) 11:08 | URL |  【編集】

ご年配の女性、すごい言い方ですね・・・
そんな言葉を発するから、危ないような場面に出くわすんだよーって思います。
日本語には言霊があるんだから、なるべく美しい言葉を使いたいな。
ネガティブな言葉にはネガティブなことが引き寄せられるから、ご年配の女性はきっとご自分も気分が良くなかった事でしょう。

言い方って大切だと学んだえららんさんは素晴らしい~
心のもやもやはどうですか?
思考の転換ができたのだから、もう晴れているんじゃないかしら。

ぷ。今アンパンマンの歌を思い出しましたw
「もし、自信をなくしてくじけそうになったら 
 いい事だけ いい事だけ 思い出せ!」
こんな感じでいかがでしょう(笑?
Norino |  2010.05.19(水) 13:58 | URL |  【編集】

くるみあちゃさんへ

> これはこれは、何と言っていいのか、パワーを頂ける記事でした。いい意味で。

そういってくださって、ありがとうございます。
こういうことは初めての経験だったため、ものすごーく驚いて記事にしたのですが、時間がたってから考えると、別に大したことじゃなかったですね。
お騒がせしました。
言葉が言葉だから「ええええー?」だったのですが、言葉だけにとらわれなければ「善意」ですもん……。

> その負の気持ちが、そんなひどい言葉になるのでしょうね。。><

「負の気持ち」って、やっぱりよくないですよね。
自分自身にとっても、相手にとっても。
「愛情」とか「親切」ではなく、「攻撃」に見えちゃいますもんね。
「攻撃」されたら、こっちも身構えちゃうし。
声のトーン、言い方でまったく違うメッセージになっちゃうんだと、ほんとうに勉強になりました。
夫婦喧嘩にも相通じるものがあるような?(笑い)

> 火に油を注いだと書かれている「出来の悪い母親で~」のくだりは、うわ、よく言わはった・・・とちょっとニンマリしてしまいました。

いやー、これ、よくなかったですよね、めちゃめちゃイヤミですもん(汗、汗)
思った時には口に出ちゃっていたのですが、これが両親から「あんたは一言多い」といわれるゆえんなんですよー。
カチンときたら無視、のほうがよかったのかなぁ(←それもどうよ?ですかねぇ)
こういう時、「そうですよね、うんうん、危ないですよね」と笑顔で世間話ができる母になりたいです……。

心の傷といっても予期せずできたかすり傷なので、もう、すっかり元気です♪
ご心配、ありがとうございました!
えららん |  2010.05.20(木) 04:58 | URL |  【編集】

かごふねさんへ

> せっかくのお休みと息子さん思いのデートが違う思い出になってしまったことがとても残念です。

そうなんですよね、それがもやもやでした。

ムスコはこのことについて何も言わなかったのですが、昨日、保育園に行く時に横断歩道の赤信号でとまっていたら、「おかあさん、ダメでしょ! きいろいところ、ふんじゃいけないって、おばさんがいったでしょ! ちゃんとしないとあぶないよ!」。

私が黄色い点字ブロックの上に足を乗せていたことを大声で注意してくれたのですが、それを聞いて、あのおばさんは「ホームの黄色い線」とも何とも言わなかったけど、ムスコなりに「黄色い線に近かったから叱られた」→「近づくと危ない」→「ホームと道路の黄色い線は踏んじゃいけない」と理解したんだなぁ、と思い、嬉しくなりました(←親ばかですね)

私はカチンときてしまいましたが、ムスコは相手の女性の言葉の中にあるメッセージをちゃんと受け止めていたんだな、と思って。
3歳のムスコはできたのに、ウン十歳の私にはできなかったなんて、やっぱり母は修業しないと。
ムスコを見習わないといけないですね(←さらに親ばかです。笑い)

> 情景がありありと浮かぶような仔細な描写ですが、怒りに支配されない文章で書き表していらっしゃるのはまさにえららんさんの人柄のなせる技なのだろうな、と。

いやいやいやいやいやー、そんなんじゃないですよぉ(汗)
そもそもは私の軽率さなので、相手の言葉を一方的に批難できるような状態じゃないですから。
私が器のちっちゃい、ものすごくちっちゃい人間なので、腹が立ったし落ち込んだのですが、ぐるぐる考えてみても私も悪い。
だったら、悪かった私の行動を改めないと、と思っただけなんです。
たしかに、「ついてない」ってことなんですよね(笑い)

「ついてないあとはいいことあります、きっと」と言っていただいたので、いいことに出会うのを楽しみにしていたいと思います♪
えららん |  2010.05.20(木) 05:12 | URL |  【編集】

とうこmamaさんへ

> 運が悪かったと。

そうですよねー、相手も虫の居所が悪かったのかもしれないし、私たちを見かけるちょっと前にイヤなことがあったのかもしれないし、もしかしたら感情が波だっている時に私たちを見かけたから、「まったく!」となったのかもしれないですよね。
普段だったら、世話好きのおばあちゃん、みたいな人なのかもしれないですもんね。

> ムスコ君の性格や新幹線を見にいっている、危険は特に感じないから新幹線側がムスコ君だったんですよね?

確かに月齢によって変えていて、ムスコがもっと小さい時には歩きながら見る、なんてことはしていなくて、立ち止まらせて両肩を手でおさえて見せていたんです。
走り出したり、身を乗り出すと困るから。
最近、こちらの言っていることもわかるようになったし、受け答えも割とちゃんとしているので、ついつい大人扱いしてしまっていたのですが、まだ、たった3年しか生きてきていないから、「どこまでどうすると危ないか?」っていうのはわかってないですよね。
今回、そのことに改めて気づいたので、ありがたいなと今になって思っています。

> 杓子定規に車道は・・なんていっていたら逆に命が危ないわ~って聞こえる側がチィの指定席になったんです。

チィちゃんは、ママのことを理解して、自分が注意深く周りを観察しつつ、お散歩できるって、すごいことですね。

私、ムスコにもっとも学んでほしいのが「命を守る術」です。
チィちゃんのように、しっかりと周りを観察して、大丈夫か大丈夫じゃないかを見極めて適切な行動を取れるようになってほしいです。
私は食物アレルギー関連ではうるさく言っているのに、外での安全にはおろそかだったと気づきました。
まず、私自身がチィちゃんに学びたいと思います。
えららん |  2010.05.20(木) 05:33 | URL |  【編集】

とんとんさんへ

> ついてなかったですね。このモヤモヤはどこへぶつけたら!?って感じでしょうね。

とんとんさんをはじめ、みなさんから温かいコメントをいただいたおかげで、モヤモヤが晴れました!
その渦中にいる時には、前が見えないほど黒い雲がモヤモヤしていたのですが、今は晴天の空で遠くに雷がなっている感じです(笑い)
やっぱり、そもそもは私の軽卒な行動がいけなかったので、万が一ムスコを危険な目にあわせることになったかもしれないという意味で、自分のことを責めたい気持ちが遠くの雷みたいにチカチカしています……。

> 言われた言葉がいつまでもリフレインして忘れられず、自分の言動がそれでよかったのか、いつまでも気になります。

そうなんですー、そうなんですー、そうなんですよー!!!
まったく同じ、同感、同感です!
とんとんさんと同じく、私も「あーあ」と思った状況を何度も思い返し、「ほんとうにそれでよかったのか?」と思い返すクセがあります。
たいていは楽しかった時のことよりも、つらかったとか悲しかったとか不本意だった状況を思い出すことになるので、悪い記憶がより強く自分の中に残りやすく、その記憶の一部が増幅されて、悪いことが起こった原因を自分に結びつけてしまうことが多々あり……。

> 私はこないだ、カーディオキック(ボクササイズみたいなの)で、主任をボコボコにしました(笑)。ボコボコにしたつもり、ですが。

主任をボコボコですか、それいいですね!
激しい感情が心の中に沸いた時は、その渦巻いている感情を何らかのかたちで外に出したほうがいいですもんね。
そうですね、悪い感情は心の中にためず、発散しちゃうことが大切ですよね。
気づかせてくださってありがとうございます!
私もそうします♪ 


えららん |  2010.05.20(木) 05:44 | URL |  【編集】

にゃあさんへ

ほんと、不測の事態って、思いもしない時に起こるんですねー。
驚きました!

> 私なら、多分、言い返すにとどまらず、子どもの前でも我慢できずに怒鳴り返してだろうなー。(お父君の言われたこと、真にもってごもっとも。昔母に同じこと言われたことあるんですが、売られた喧嘩は買う性格はこの年になっても直らないまま(笑))

私も怒鳴りたくなったんです、実は。
でも、私があれこれ言ったら何倍にもなって戻ってくるだろうな、と考えて思いとどまったんですけど(←実は私、ビビりです)、でも、つい一言言っちゃったからなぁ。
スカンクが強い動物に攻撃をしかけられるとおならをして反撃する、ってのと似てる気がします、私の性格って(笑い)

にゃあさんはお母さまに、私の父が言ったようなことを言われたことがありますか!
我が家は父が母のようで、母が父のようなんです(笑い)

時と場合によるかもしれないですけど、「売られた喧嘩は買う」っていうのも勇気かな、とも思うんでよねー。
たとえば、食物アレルギーだとただ受け身でいるだけだと「ああ、あれがない」「これがない」って「ないない」になってしまいますが、自分で「ないなら、作ってやろうじゃないの!」とか「こっちを使えばいいわ」とか、現状に甘んじないで積極的に行動していくっていうの、とても大切ですもんね。

> 気にしない、気にしない。いろんな人、いるもんですね。

ありがとうございます!
世の中にはいろんな人がいて、何が起こるかわからないものですねぇ。
済んだことは気にせず、「なるようになるさ♪ 今日はいいことあるのかな♪」とムスコのお弁当作りに励みたいと思います。
えららん |  2010.05.20(木) 06:14 | URL |  【編集】

アトピーっ子かーちゃんさんへ

> 子供を連れてるとありますよね、こういうこと。

そうなんですよねー。
子どもを連れている時のほうが怒られることが多いかも?
大人だったら見過ごしてもらえることなのに、子どもだと「あーあ、親のしつけが悪いから」と言いたくなるんでしょうかね。

ムスコがまっすぐ歩けずに少しずつ斜めに歩いてしまうがために、後ろから来た人が行く手をさえぎられたかたちになってしまい、「チッ」と舌打ちして「ったく、じゃまだな。ちゃんとしろよ」みたいに言われたりすると、スミマセンって思います。
子どもは大人と同じくできないから、ふざけているわけじゃないんですけど、ご迷惑おかけしました、みたいな。
大人だったら「なんだ? 酔っぱらってるのか?」くらいでスルーしてもらえるだろうのに、と思っちゃったりしましたよ。

ものすごく些細なことですけど、この手のことは、道路やらスーパーやら、毎日といっていいくらい起こっている気がします(笑い)

> きっと、その相手の方の虫の居所がかな~り悪かったんでしょうね (;´д`)トホホ

たぶん、そうなんですよね。
私と別れた後、相手は今回のことをどう自分なりに処理したのか気になるところではあります。
だって、これでさらに他の人に当たられたら、それこそ当たられた人は最悪ですもん……。

>こういう人は適当に流すに限るのですが(笑)言われた方はモヤモヤですよね~。

それが正解ですよね。
私も今後、何か言われても適当に流せるようになるべく、修業したいと思います。
おかげさまでモヤモヤも晴れました~。
ありがとうございます♪
えららん |  2010.05.20(木) 06:26 | URL |  【編集】

こむぎこさんへ

> 言い方って大事ですね。
> ムスコくんがその後楽しく遊べてよかったです。

こちらこそ、ご無沙汰しています。いつも読み逃げですみません!

今回、言い方次第で、善意にも悪意にも取れるように変わってしまうんだと思うと、自分も言い方に気をつけないと、と思いました。

私は女性とのやりとりをムスコがどう感じていたのだろうとは思っていたのですが、昨日、保育園に行く時に横断歩道の赤信号でとまっていたら、「おかあさん、ダメでしょ! きいろいところ、ふんじゃいけないって、おばさんがいったでしょ! ちゃんとしないとあぶないよ!」とムスコに大声で注意されました。
私が黄色い点字ブロックの上に足を乗せていたからなのですが、女性は「ホームの黄色い線」とは言わなかったけど、ムスコなりに「黄色い線に近かったから叱られた」→「近づくと危ない」→「ホームと道路の黄色い線は踏んじゃいけない」と理解したみたいなんです。
子どもだからわからない、と思いがちですが、実は子どもってよく観察していて、そこにある真意もわかっているんだなー、と感心しました。

> ”もしも”相手が根に持つタイプで、
> コドモの顔覚えてて、どこかで何かされたら・・・

確かにそうですよね! こむぎこさんに言われて、私も怖くなりました。
「イヤなことがあっても時間とともに記憶が薄らいでいく」と思いがちですが、そうじゃない人もいるんですよね。
ニュースを見ていたりすると、イヤなことがあった腹いせに思いもよらない行動を起こす人もいるんですもんね。
子どもの身を守るためにはそういう危険の予測や、リスクを極力減らすというのは重要ですよね。

リスクというほどのことじゃないですけど、ムスコがおしゃれをした女性を見かけて「おかあさん、いまのひと、へんなかみがただったね。ここ、ふくらんでたよ。おようふく、やぶれてたよね、なんで?」と大きな声で私に聞くことがあるんですが、同じようなことを若いお兄さんにもやって、いつか殴られたりするんじゃないかとヒヤヒヤしています……。怖い……。
えららん |  2010.05.20(木) 06:54 | URL |  【編集】

chikaさんへ

chikaさんへ
chikaさん、一緒に怒ってくださって、ありがとうございます!
寝不足で疲れてらっしゃるのに、楽しくない記事を読んで思いやりあふれるコメントを残してくださり、感謝です。

> ムカついて(後寝不足で)うまく言えませんが、 書くのもおぞましい言葉を連呼出来る人が立派だとは思えません。

聞く耳を持たなかったというのは、その女性も私もお互い様かもしれないのですが、その言葉がイヤですよね。
そもそも、ムスコには聞かせたくない言葉です。
ムスコは意味なんてわからないでしょうけど、その言葉に込められている「念」というか、まがまがしさみたいなものには触れてしまうでしょうから。

> 他人に注意出来るのはええ事やと思いますが、一言二言三言多いんじゃと思います。

あははは! その通り(笑い)
chikaさんのタンカ、気持ちいいですね♪
なんだか嬉しいな、そんなふうに自分の身に置き換えて考えてくださるなんて。

> 全てにありがとう、ってのも頭ではわかっているつもりでも気持ちがついていけない時もあります。

そうなんですよねー、気持ちがついていかないんですよねー。
私、何かあった時に自分の中で納得できるようになるまで時間がかかるんですよ。
その時にはムカッとしても、後でいろいろと考えると「ありがとう」って思うことも多くて。
上手なコミュニケーションって難しいですね。

> さ、学べる事を学んだら要らん事は忘れましょ~♪

その通りですね。学べることを学んで、後は「ありがとう」って忘れちゃうのがいいですよね。
イヤだ、イヤだと思っていると、いつまでもその記憶のまわりをぐるぐる回って、忘れられないですしね。

> 考案してくれはったレシピもいつ作れるやら分からん状態ですが、作ったら必ずブロクあげるし、えららんさんの事も紹介さして貰いますので(^^)v

いえいえ、そんなお気になさらないでくださいね。
興味津々で面白くて試作をしているので、私のほうこそ、忘れた頃にまた試作をして改良レシピをアップしたいと思っています。
もしも、私のレシピを見てくださる際には、古いレシピではなく新しいレシピを見て、「ふーん、こんなふうにしてんのね」と見てやってくださいませ。
素人なもので、レシピの出来にものすごくばらつきがあり、自分でよく出来たレシピだと思った時には、そのレシピをアレンジしていろいろ作っているので、「あ~、このレシピ、おいしいのね」って解釈してくださいね(笑い)

力いっぱい励ましてくださって、ほんとうに、ありがとうございます♪
えららん |  2010.05.20(木) 11:50 | URL |  【編集】

pekklennさんへ

> ポカ~ンと、口をあんぐり開けて読んでる自分に気付きました!!

すみません、そうですよね、びっくりしちゃいますよね。
「え?え?え?」と思っているうちに、どんどん相手がエスカレートしちゃって……。
軽卒だったり、言い返した私もいけないとは思うんですけど……。

> きっと、相当の現場(?)を見てこられたんでしょうから、たまりにたまったものがあったんでしょうけど、

そうなんです、「一体、何を見てきたんですか?」って聞きたかったんですけど、それをしたら火に油をもっと注ぐことになりそうで、できませんでした(笑い)
これまでに経験してきたことで私の行動が危ないと思ったのでしょうから、それを伝えてくださったことはありがたいと思うんです。
でも、言い方が……使う言葉がアレではよろしくないですよねぇ。

> 言い方ってありますもんね!この場合、注意と言うよりただの暴言にしか聞こえませんもの。感情のままに連呼した言葉…

注意をしてくれているうちに、たまたま虫の居所が悪くて、これまでにたまりにたまったものが噴き出しちゃったんだろうと今になると思うのですが、渦中にいる時には私も「そうですねー」と笑顔で聞き流せなかったので……。
聞き流していたら、ムスコにそんな言葉を聞かせることにならなかったかもしれないと思うと、私も悪かったなと反省しています。

> 負の言霊を浴びせられてモヤモヤが渦巻いてしまったでしょうけど、愛あふれる言葉で浄化していきましょうね^^

ありがとうございます!
pekklennさんをはじめ、みなさんの温かいコメントのおかげで、もうすっかり元気です♪
たしかに、イヤな言葉の「負の言霊」なので、連呼されるとほんと、心に残ってずーんとのしかかってきますね……。
でも、負の磁石に引きつけられちゃうと、感情的にどんどん負の連鎖が起こってしまいますよね。
でも、pekklennさんの「愛あふれる言葉で浄化」していただき、ありがとうございました♪

えららん |  2010.05.21(金) 04:48 | URL |  【編集】

Norinoさんへ

> そんな言葉を発するから、危ないような場面に出くわすんだよーって思います。

そう言われてみれば、そうかも!?
私、この女性にいろいろ言われながらムスコの手を引いて歩いていたのですが、もう、ムスコのことを見る余裕もなくなったし、言われた後にはその言葉に気をとられて、クヨクヨしてムスコへの注意力散漫になってたもんなー。
言われている渦中も、言われた後もまがまがしい言葉は、そのままぺったりと体に貼り付いたような感じで、ほんとうに気持ちが悪かったです……。

> 日本語には言霊があるんだから、なるべく美しい言葉を使いたいな。
> ネガティブな言葉にはネガティブなことが引き寄せられるから、ご年配の女性はきっとご自分も気分が良くなかった事でしょう。

まさにその通り! 言霊って、絶対にありますよね。
言霊を発するほうも、聞くほうも、同じように言霊のエネルギーを浴びるんだから、やっぱりポジティブなエネルギーであったほしいですよね。
言葉の力って形がなくても影響力がとても大きくて、負の言葉が心に刺さるとトゲのように抜けにくいから、それをスッと抜かないとね。
「トゲがささった、痛い、痛い」ってそこばかりみていると化膿しちゃって、大きな傷になっちゃいますもんね。

> 「もし、自信をなくしてくじけそうになったら 
>  いい事だけ いい事だけ 思い出せ!」
> こんな感じでいかがでしょう(笑?

いやーだー、Norinoさん、どうしてわかったの?
私、アンパンマンの歌がリフレインしてましたよぉ(笑い)
私の頭の中で大音響で響いていたのは「そうだ おそれないで みんなのために 愛と勇気だけがともだちさ」っていうフレーズでした。
やっぱり、子育てに必要なのは、「愛と勇気」よね~。
すごいねー、アンパンマン♪
さすが、教育番組だわー(笑い)
えららん |  2010.05.21(金) 05:25 | URL |  【編集】

はじめまして

はじめまして。

実はこのたび「多生の縁」をテーマに文章を書く関係で
このキーワードで検索しているうちに、
こちらを覗かせて頂くことができました。

勉強させて頂きました。

ありがとうございました。

このブログも多生の縁がテーマでしたが、
面白かったですよ。
 ↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/kiku-tan/
千葉直樹 |  2010.06.18(金) 11:05 | URL |  【編集】

千葉直樹さんへ

はじめまして。
わざわざこちらまでお運びくださり、さらにコメントまで残していただき、ありがとうございます。

>実はこのたび「多生の縁」をテーマに文章を書く関係で
このキーワードで検索しているうちに、
こちらを覗かせて頂くことができました。

「多生の縁」に関する考察を深めておられる途中でこのブログにお立ち寄りいただき、ご想像なさったような深い内容ではなかっただろうと思うと申し訳ない気持ちですが、逆に、すばらしいサイトをお教えいただき、ありがとうございます!

心の闇とはどういうものなのか、人を信じるというのはどういうことなのかを考えさせられ、しばらく身動きができないくらいでした。
少し前に読んだ小説で「一体、悪とは何なのか? 愛とは何か? 人と人とがかかわるとはどういうことなのか?」といったことをぼんやりと考えていたため、千葉さんから教えていただいたブログがとても心に響きました。

かえっていろいろと教えていただき、勉強になりました。
ありがとうございました。
えららん |  2010.06.18(金) 16:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/460-054b3790

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |