2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.05.12 (Wed)

さつまいもの甘みそ入りおやき(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

100511_0850~01

今日のおやつは「おやき」。
給食では、じゃがいものおやきをバターで焼いたものです。
バターが使えるなら香り高く美味だろうけど、油で焼くだけだと冷めたらギトギトしておいしくなさそうだなぁ……。

ということで、またまた自分勝手にメニュー変更(笑い)
さつまいもを使い、風味を良くするために、中に甘い味噌を入れることにしました。

さつまいもに白玉粉を混ぜて焼き上げたら、しっとり、なめらか~♪
焼いてから7時間経った今も、羽二重餅のような軟らかさです。

焼き立てを味見したのですが、熱々のふわとろのさつまいもの内側から、甘い味噌がとろりん♡
いやん、ヤケドしちゃう♪

熱々だとおやきの軟らかさと味噌の甘さが口中に広がって至福の味。
冷めてからだと、羽二重餅のようなしっとりとしたさつまいもの優しい甘さがあり、その後から味噌の風味が追いかけてきます。
どっちも、私好み♪

和菓子好きなムスコ、きっと狂喜しながら食べていることでしょう。
いや、あんぐりと口をあけて全部突っ込み、冬眠前にエサを食べまくるリスみたいになっているかも(笑い)

砂糖が入らなければみそ汁を作るのと同じ材料だっていうのに、和菓子ってスバラシイわぁ。
白玉粉を使っただけで、こんなにおいしいお菓子に変身しちゃうんだもん。
あー、日本人に生まれてよかった♪


断面図の写真も載せておきますね。
軟らかすぎてキレイに切れず、崩れちゃってます。
あまり食欲をそそらない写真ですみません(汗)

100511_0853~02

【More・・・】

<材料>
さつまいも    1本
*厚く皮をむいた後の重さが200グラムくらいになるもの。
白玉粉      40グラム
水        適宜
*私は50グラムくらい入れました。白玉団子を作るくらいの固さになるのが理想なので、生地の状態で加減してください。

味噌       40グラム
三温糖      35グラム

菜種油      大さじ2くらい


<作り方>
1)白玉粉をすり鉢で細かくしておく。味噌と砂糖を混ぜて甘みそを作っておく。
2)さつまいもの皮を厚くむき、さつまいもがしっかりとかぶるくらいの水に入れ、竹串がすっと通るくらいになるまで茹でる。
*茹でている間にさつまいもが水から出る時には、お湯を足してください。
3)熱いうちにすりこぎなどでつぶして冷ます。冷めたら1の白玉粉とよく混ぜる。白玉団子を作るくらいの生地の固さになるよう水を入れて調整する。
4)3の生地を5等分に丸める。生地を手のひらの上で伸ばして1の甘みそを乗せ、丸めておやきの形にする
*たくさん甘みそを入れると焼いた時に膨張して生地の間から漏れ出します。それはそれでおいしいのですが、手で持とうと思うとくっついて食べにくくなっちゃいます(笑い)
5)フライパンに菜種油を敷き、4の成形したものを乗せ、フタをして弱めの中火で5分ほど焼く。焼き色がついたら、裏返して焼き色がつくまで焼く。


コツとしては、あまり早く引っくり返そうとすると、生地に白玉粉が入っていて軟らかくなっているため、フライパンにくっついてはがれたりします(←経験済み)
はがれたらくっつけて焼いてください。白玉粉が入っているのでくっつきます。
フライ返しで、やさしく、やさしーく引っくり返すと、キレイに焼き上がりますよ♪

火力によって焼き時間が変わるので、調整してくださいね。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡









スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/452-e34187d0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |