2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.05.05 (Wed)

蒸気機関車に乗りに行こう♪

今日はこどもの日ですね。

こいのぼりや兜がない我が家。
ムスコへのこどもの日のプレゼントは?

じゃじゃじゃーん、なんと、蒸気機関車の指定席です♪

SLばんえつ物語号というのが福島県・会津若松駅と新潟県・新潟駅の間を1往復しています。
毎日運行してるわけではないですが、定期的に運行していているのでスケジュールを確認しておきました。

福島県・会津若松駅から新潟県・新潟駅まで蒸気機関車で行くと約4時間。
蒸気機関車に乗った後、東京の自宅まで戻って来れる体力なんてムスコにはありません。

しーかーし、会津若松駅から喜多方駅(←両方とも福島県内の駅)までだったら乗れる!
だって、私の実家があるのは福島県。
乗り終わったら、実家に泊まればいいんだもーん(←泊まる不安は大有りだけど)

【More・・・】

いやー、すごい!
蒸気機関車、ほんとうに石炭を山ほど積んでました。

ホームに入って来たばかりの時には、煙突からは煙は出ていません。
でも、石炭が燃えて温度が上がってくるとシューシューいいながら、煙をもくもく出し始めます。
やかんが沸騰しているみたいですよ~。
蒸気の白い煙と石炭の黒い煙の両方が出ていましたよ。
うまく写真にとれなかったのが残念ですが。

100503_1501~02

運転室にある火室(石炭を燃やすところ。1000~1500度になる)に石炭をくべるためなのか、たくさんの人が運転席に入っていきました。

発車する準備が整った合図なのか、汽笛を「ピョー!」
ムスコはあまりの音の大きさに驚きすぎてよだれをたらしちゃいました(笑い)
ホームで聞く汽笛の音は圧巻です!!
100503_1519~03

蒸気機関車にはブルートレイン風の客車が連結されていました。
昭和21年に作られたそうですが、客室は赤いシート、サロンは羽根付きの照明がクルクル回っていて風情があります。

100503_1518~01
100503_1544~01

外が25度にもなる暑い日だったのですが、客車が古いからなのか、なかなかクーラーがきかず、涼しくなりません。
トイレにはクーラーなどはないらしく、まるでサウナでした!
汗だくになりなつつムスコのトイレをさせながら、「ああ、古い客車なんだな」と感慨深く思いました(笑い)

今回は偶然、SLばんえつ物語号と磐越西線との乗り継ぎがうまくいったからいいのですが、乗り継ぎ時間3分しかなかった!
汗だくになり、ホームからホームへと走りまくりですよー。

乗車してもらった「乗車手帳」で初めて知ったのですが、車内には郵便ポストがあるんだそうです。
そこから投函すると、SLばんえつ物語号オリジナルの消印で郵送されるそうです。
切手は売っていないので、切手は準備して行かないといけないですけどね。
事前に知っていたらムスコに届くようにハガキを出してあげたかったなぁ、残念。

我が家と同様、家族を連れて乗りに来ている家族がたくさんいて、駅でも車内でも大記念写真大会になってましたー。
記念スタンプも長蛇の列。
みんな「一生に一度の記念」と思って来ているんでしょうね(←大げさかな?)

100503_1506~01

そうそう、SLばんえつ物語の乗車料金ですが、思うほど高くないんですよ。
普通乗車券+指定席券の値段です。
乗車区間は、会津若松駅―喜多方駅(ともに福島県内の駅)で指定席510円。
実家のある郡山駅から会津若松駅または喜多方駅までのWキップという往復キップがあり、これがめちゃめちゃお得!
普通に往復乗車券を買うよりもずっと安いです。
みどりの窓口でしか買えない乗車券なので、もしもSLばんえつ物語に乗ろうと思う方がいたら、ぜひぜひ、駅で相談してみてくださいね。

さて、実家に帰省して蒸気機関車に乗りましたので、ほかにもいろいろコネタがあったりします。
実家に戻って「楽しかったです」なーんて報告で済むわけがありません(笑い)
また、後日、記事にしますね♪

にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡








スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

いいですね~
良い想い出になりましたね☆こちらのSLもいつか息子を乗せてあげたいと思ってました^^
今日は偶然にもうちもSLでしたよ^^
http://www.city.moka.tochigi.jp/mokasl/
あまりの音に怖がる怖がる^^;
基本的に小心なのか、もぅ写真とるdころじゃありませんでした。

こちらもほんと暑かったです☆
 |  2010.05.05(水) 21:43 | URL |  【編集】

すごいですね~!
あたしも長男の卒園旅行で蒸気機関車乗りましたが、博物館の敷地内なので5分くらいしか走りませんでしたよ(;^_^A

実家の過去記事も読ませていただきました
一筋縄ではいきませんよね(*_*;
日記、楽しみにしています♪

そうそう、親戚の家に米粉パン持って行って、食べてもらいました~
おいしいねって言ってもらえたんですが、味見止まり…
朝はパンのおじさんは一口も食べず(怒)袋に残ってたけど、わざと置いてきました(((^^;)

「米粉」ってだけで、食べてもらえないなんて悲しいです
おいしいのに~!!

そして今日は実母の実家で親戚の集まりに行きましたが、昼はバーベキューだったから食べれましたが、そのあとに手打ちそば(つなぎに小麦使用)、手作りカステラ(たっぷり卵、小麦使用)が続々と出てきて、作った人にみんなが口を揃えて「おいしいよ~!!」と大絶賛してました

それを同じ部屋で見ながら、末っ子を抱っこしていたあたし…

除去中なのはみんな知ってるのに、やっぱり一人のために20数人が我慢するってあり得ない事なんですよね…

えららんさんのお母さんが、息子くんの前で天ぷら食べてたように、アレルギーっ子の前で(末っ子はまだ分からないけれど)食べるのって、なんだか失礼だなぁと怒りを覚えました

末っ子が物事がわかるようになって、まだアレルギーがあった時は、連れて行きたくないなって思いました

泊まりに行った親戚のおじさんに、有名なお煎餅やさんでたくさん買った♪と喜ぶあたしに、「そんなに煎餅買ってどうする?他のお菓子を食べれないお前が悪いんだ」って言われ、泣きたくなりました
とっさに、あたしが悪いんじゃなくて、末っ子がアレルギーだから悪いんだよって言ってしまって、自己嫌悪に陥りましたよ…


長々と愚痴ってすみませんでした
まだまだアレルギーっ子に厳しい世の中ですね
高速のSAのフランクフルトとか露店にアレルギー表示があったのはいいなあと思いましたが(^^)
まみ |  2010.05.05(水) 22:56 | URL |  【編集】

楽さんへ

> 今日は偶然にもうちもSLでしたよ^^

偶然ですね!
やっぱり子どもが電車に興味を持っていると、SLに乗せてあげたいと思いますよね。

いいなー、真岡鐵道。
本当はずっと乗りに行きたかったのは、真岡鐵道のほうだったんです。
ムスコが持っている電車の本にもたくさん写真が載っていて。
今回、ムスコの体力や移動の時間などを考えると、泊まりがけで実家に行ったほうがいいかな、ということにはなったのですが。
お話を聞いたら、「SLは一生に一度」じゃなくて、「関東近郊のSLは乗りたいわ!」って思っちゃいました(←ムスコよりも私が蒸気機関車に惚れました♡)
せっかく走ってるんですもんね。

> あまりの音に怖がる怖がる^^;
> 基本的に小心なのか、もぅ写真とるdころじゃありませんでした。

ほんと、あんな音がするなんて想像していませんでした!
何かするたびに「シュー」やら「ピョー」やら、耳をつんざくような音がしますもんね。
大人たちは「おおー、すごい!」と感動でどよめきますが、子どもには怖いかも。
ムスコもビビりまくりで、蒸気機関車の前での写真は1枚も撮れませんでした……。

お互いに楽しいこどもの日でしたね♪
またいろいろ教えてくださいね!
えららん |  2010.05.06(木) 06:14 | URL |  【編集】

まみさんへ

> あたしも長男の卒園旅行で蒸気機関車乗りましたが、博物館の敷地内なので5分くらいしか走りませんでしたよ(;^_^A

博物館の敷地内で蒸気機関車に乗ったんですか!?
それは羨ましい!
私は今回、わざわざ新幹線で実家へ行き、実家から1時間半かけて会津若松駅まで行き、乗車時間は20分でした。
楽しかったけど、移動でほんとうに疲れました。
博物館だったら蒸気機関車体験以外にも楽しみどころ満載ですし、いいですね♪

> 「米粉」ってだけで、食べてもらえないなんて悲しいです

食べ慣れないものを食べてもらうって、大変なことなんですねー。
おじさんたちは「米はご飯で食べるもので、パンにするなんて邪道」と思っちゃったのかもしれないですね。
食べてもらえなかったのは残念ですが、味見だけでもしてみてくれたなら、今度、テレビで米粉パンを見かけたら「あれ、この間、まみちゃんが作ってきたね。流行ってるんだね」なんて話題になることがあるかもしれませんよ♪
まみさんが「米粉パン先生」になった時にも、「えええー、そんなのおいしいですか?」とか「これ、普通の米粉パンの食感と違ってイヤ」って反応する人もいるかもしれないですし、その時の予行練習になったのかも!?

> 除去中なのはみんな知ってるのに、やっぱり一人のために20数人が我慢するってあり得ない事なんですよね…

ないですよね~、基本的にアレルギー除去食を考えてはくれないですよね。
私も弟の家に夕ご飯を食べに行くことになり、「何にするの?」と聞いたら「オレがお好み焼きを作るよ♪」と上機嫌で言われ、「ムスコが食べられないからやめてほしい。私がそっちに行って作ってもいいから」と慌てて言ったら、「なんでだよ!せっかく作ろうと思ってんのに」とムッとされ、それでもめげず「小麦も卵も長芋も使うから、絶対にムリ。アレルギー反応がひどくなるから。どうしてもやるなら行かない」と言ってやっと「じゃあ、おまえが作れ。オレ、そんなこと言われたら怖くて料理なんてしたくない」と強い口調で言われました……。
ムスコの体調ありき、じゃなくて、自分たちが食べたいもの、になりがちですよね。

まみさんと同じで、私は3年以上、両親に「ムスコの目の前でムスコの食べられないものを食べないで」と言っていますが、それでもまだ食べますもん(涙)
でも、前よりはその頻度が減ってはいるので、頑張ってアレルギー教育していこうと思います。
ムスコが「あれ、たべちゃだめ?」と私に聞き、「痒くなるから食べられないんだよ」と答えると文句も言わずに諦めるのが可哀想なので、周りの意識を変えていかないと!

> とっさに、あたしが悪いんじゃなくて、末っ子がアレルギーだから悪いんだよって言ってしまって、自己嫌悪に陥りましたよ…

言っちゃいますよ、言っちゃいます。
大丈夫、そのくらい。
だって、アレルギーを改善するために食事をコントロールしているんですもん。
アレルギーの知識がない人にしようとしたら、そういう説明の仕方じゃないと伝わらないですから。
そこで、「体のアレルギー反応を起こさないようにするためにアレルゲンを除去した食事をしているから、小麦アレルゲンを使わないおせんべいを食べるんだよ」と丁寧に説明しても「アレルゲンって何だ?まったくわからない」って言われちゃいますから(←私の両親がそうでした)
まみさんはとっさに相手が理解しやすいような表現で説明したんだから、自己嫌悪にならないでくださいね。

みんながもう少しずつ食物アレルギーへの理解を示してくれると、アレっ子たちももっと食べることを楽しめますよね。
お互いに「おいおい!」って思うことはたくさんありますけど、子どもたちのために身内への食物アレルギー教育を続けていきましょうね。
えららん |  2010.05.06(木) 06:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/447-b6a3cf66

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |