2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.04.25 (Sat)

アトピー肌にやさしい洗濯洗剤

重曹洗剤090323_0727~01

今日は雨ですね~。
それに寒いし。
数日前まで夏のような暑さだったのに、変な気候ですね。
この不安定な陽気のせいか、ムスコはバリバリ掻いてますー。

さてさて、子どもがいると、毎日大量な洗濯物が出ますよね。
ウチでは、週末のうち、土曜日か日曜日はほぼ1日、洗濯機をまわしているような状態です。
衣類からタオル類、寝具あれこれ、洗えども洗えども、洗濯カゴは空になりません。

週末の天気がいい朝に最優先するのは洗濯!
天気が悪い時は退屈しているムスコの遊び相手をしなくてはならず、洗濯はお昼寝タイムにずれこみますます。

【More・・・】

晴れているうちにとにかく何度か洗濯機を回して干し、その後にムスコを散歩に連れて行きます。
なのでムスコは「いま、せんたく? おわった? ほすの?」と言いながら、手伝ってくれようとします。
そのお手伝いが、これまたタイムロスになるんですよねー。

アトピーだからというわけじゃないですが、ムスコは一日に何度も着替えます。
必然的に洗濯物は増え、いつも洗濯機の前には汚れ物が山のよう。
洗濯するのは苦になりませんが(←乾いてさえくれれば)、どんな洗剤を使うかは悩みどころです。

うちでは以前、「石鹸洗剤」を使っていました。
「合成洗剤」を使うより肌にやさしいのではないかと思って。
でも、繊維の間に入り込んだ洗剤の刺激なのか、ムスコの肌は赤くなり、バリバリと引っ掻いていました。
どんなに注水すすぎをしても、洗剤を完全に洗い流すのはムリなんですよねぇ。

ある時、ムスコが生後4か月からお世話になっているアレルギー専門医が、「もしかしたら、洗剤を変えれば、多少、アトピーを改善できるかも」と言って、界面活性剤が含まれていない洗濯洗剤を教えてくれました。

名前は「Eせんじょう剤」。

食品や薬の成分としても用いられる重曹が主成分であり、界面活性剤を含まないので、多少流し残しがあったとしても、肌への刺激は低いということでした。

ただし、汚れ落ちは、合成洗剤と比べると格段に落ちます。
また、洗剤を洗濯機に投入する時にぬるま湯で溶いてから入れないと固まってしまうので、ポンと入れてピッと洗濯機のスイッチを入れれば洗濯スタート! とはなりません。

その先生によれば、全身にアトピーが出ている場合、複合的な要素があるが、洗濯洗剤による刺激も見過ごせないとのこと。

洗剤に含まれる界面活性剤とは、通常では交じり合わない油と水を混ざり合うように界面の性質を変えるために用いられるものです。
洗剤はその界面活性剤の特性を利用して、衣類についた汚れを浮き上がらせ、水で洗い流すことができるようにするのだそうです。
肌の表面も乾燥しないように、いわば油の膜で覆われているので、界面活性剤はこの皮膚にとって重要な働きをする油の膜にも影響してしまうと説明してくれました。

「石鹸洗剤」だと「合成洗剤」よりも肌への影響は少ないと思いがちだけど、両方とも界面活性剤を含んでいるので、デリケートな肌を持つアトピーっ子へはかなりの刺激になる、というのがアレルギー専門医の考えでした。

彼女は、洗濯洗剤や体の洗浄剤などを変えることでアトピーが改善する例をたくさん診て来たそうです。
合わない洗濯洗剤による肌への刺激に気付かずに、「アトピーがぜんぜん治らない」と悩みながら、子どもの体にステロイドを塗り続けているお母さんもいたりするそうです。
もし、単に洗剤よるアトピー肌の悪化だとしたら、肌に合う洗剤に変えれば、不要なステロイドが減らせる、ということでした。

その当時、ムスコの肌は非常にもろく、まだらに赤くなっていました。
肌着の縫い合わせた部分が肌に当たっているだけでも痒みが生じ、スナップが触ると皮膚の表面がこすれて傷つき、浸出液でベタベタになるほどでした。
浸出液がやっと固まってきたと思っても、また肌着がこすれると固まったところがはがれて血がにじむ……。
ステロイドばかりに頼りたくないし、でも何とかしないと痒くて、痛くて可愛そうだし……。
そんな状態だったので、汚れ落ちが悪かろうが、ムスコのアトピー肌への刺激が軽減されることを願って「Eせんじょう剤」を使いはじめました。

半信半疑でしたが、ムスコの場合は、洗濯洗剤を変えて2か月ほどで、肌の状態が改善したのを感じることができました。

衣類は長時間身に付けるものなので、刺激自体は小さなものでも、日々繰り返されていくうちに、ムスコのアトピー肌が悪化していたんですね。

ムスコの肌には良いのですが、前述したとおり、汚れ落ちが悪く、保育園からは「よく洗ってください」と言われました。

たぶん、汚れは落ちているとは思うのですが(ひどい油汚れでなければ水洗いで汚れは落ちるといいますから)、合成洗剤のように蛍光増白剤が入っていないため真っ白にはならないので、それが保育園からすれば不衛生に見えたんでしょうね。
でも、そういう風に真っ白になるために入っているものがムスコのアトピーを悪化させてたんだから、仕方ないですよねー。

今は事情を理解してもらえていますが、いちいち説明するのが面倒でした。
でも、ムスコにとっては、とてもいい洗濯洗剤です。
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

11:00  |  アトピー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/44-636f3b32

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |