2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.04.24 (Sat)

ローシュガー苺のコンポート

100422_0851~02


八百屋さんの前を通りかかったら、小さな苺がパックに入って売られていました。
親指の先ほどのサイズですが、1パック250円。
ジャムにするのによさそう♪

こういう小さな規格外苺が出てくるようになると、「苺の本来の季節になったんだなぁ」と嬉しくなります。
苺にはビタミンCも豊富だし、葉酸なんかも含まれているし。
見た目が可愛くて、体にいい果物ですよね。

そういえば、日本だと風邪をひくとビタミンCがいいからと柑橘類を食べたりしますが、イギリスにいた時、ホストマザーはいつも苺でした。
私の枕元に洗った苺をどっさり置き、「さあ、食べなさい」。
「酸っぱくておいしいね」と言うと、「ビタミンCが多いからよ」って。
まるで柑橘類を食べながら話しているみたいですね(笑い)
日本の苺のように大きくないし、甘くないのですが、その自然な酸味がおいしかったです。
苺の季節になるといつも、このことを思い出します。

さて、苺を2パック買ってきたので、ボウルに入れて流水の中で20分ほど。
苺の表面はボコボコしていて農薬が残りやすいらしいのですが、こうすると残留農薬も落ちるそうです。

ムスコもお手伝いしたいというので、私が洗って苺のヘタを切り落とし、ムスコがヘタをとった苺を鍋に入れる係。
鍋いっぱいになったら、甜菜糖をふりかけてからスダチをギューーッ。
そのまま1晩置いて苺から水分を出させてから、コトコト。

ムスコは踏み台を持ってきて、コトコト煮ている鍋をのぞきこみ、「うーん、いいにおい。きれいだね」
しばらく時間がたって苺が煮えてくると、「あれっ? いちごがへっちゃったよ。このままにてたら、なくなっちゃう?」と心配そう(笑い)

鮮やかな赤がキレイな苺のコンポートができあがりました♪
汁がこれまた真っ赤で美しいので、デザートのデコレーションに使えそう♡

煮上がった苺のコンポートをスプーンに乗せてムスコの口元に運ぶと、「おーいーしー♡おいしいね」とうっとりしていました。
旬の果物や野菜の味と香りは、ほんとうに素晴らしいですね。

【More・・・】

<材料>
苺       2パック
甜菜糖     30グラム
スダチ     1個(小さじ1.5くらい)
*レモン汁でもいいですが、風味が強いので加減してください。

<作り方>
1)苺をキレイに洗ってヘタをとる。
2)鍋に1を入れて甜菜糖を振りかけてから、スダチの搾り汁をまわしかける。
3)全体を混ぜてから数時間置く。
*苺からの水分を出させます。水を足さずに煮ることで、苺の味が強くなります。
4)苺が軟らかくなるまでコトコト煮て、煮汁が少し残るまで水分を飛ばす。


一般的なレシピでは苺の腐敗を防ぐため、苺の重量の6割~10割程度の砂糖を加えます。

私の苺のコンポートは糖分が非常に少ないので、悪くなりやすいです。
冷蔵庫で2~3日保存できますが、すぐに使わない時には冷凍してください。

凍ったまま甘酒や豆乳に入れてミキサーにかけると、苺ミルク風のシェイクになっておいしいですよ♡



にほんブログ村 料理ブログへ
よろしければ、クリックをお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.04.24(土) 16:44 |  |  【編集】

鍵コメントさま

小さな苺は旬のしるし、っていう感じがしますよね。

そうですか、アメリカに住んでらしたんですね。
アメリカは大きな国だから、都市部と田舎ではまったく別の国ようだと聞いたことがあります。
外国に住んでいると体重計に乗りながら、「もっともっともーーーーっと緑の野菜が食べたいよぉ」って思ったりしませんでした?(笑い)
イギリスのホストママが持っていた体重計は「ストーン」というイギリス独得の重さの単位でのもので、1目盛り7キロでした。
なので、「あー、体重が増えてる!」って体重計でわかる時は、一気に7キロ!!
タヌキのようなお腹に泣きそうになりながら「あー、おひたしが食べたいよ」と思ってました(笑い)
でも、私、「マズい」と言われがちなイギリス料理ですが、おいしくて大好きでした♪
えららん |  2010.04.25(日) 06:39 | URL |  【編集】

いちごジャム

おしゃれなえららんさんにかかると、いちごジャムじゃなくてコンポートですね。

うちは主人方の祖父が、たくさんの孫たちのために、趣味の畑にいちごを作ってくれていて、この季節はいちご狩りが恒例でした。

息子はジャムにしたものよりもスムージーやミックスジュースで消費することが多かったですが。

いちごがいっぱい食べたくなりました。最近は娘があっという間に食べてしまって(そして娘はたくさん食べると発疹というか肌が荒れるので要注意で・・・。薬理活性物質というのかな。)
私の口に入るのは本当に稀です。w

かごふね |  2010.04.25(日) 07:31 | URL |  【編集】

かごふねさんへ

> おしゃれなえららんさんにかかると、いちごジャムじゃなくてコンポートですね。

そんなふうに言っていただくと嬉しいですけれど、実はビビりで砂糖をたくさん入れられず、ジャムにできなかっただけなんです(汗、汗)
結果的に、そのままデザートとしてムスコに食べさせられるくらいの味でしたし、甘酸っぱくておいしかったので、コンポートと言えばOKかな、と(笑い)

> うちは主人方の祖父が、たくさんの孫たちのために、趣味の畑にいちごを作ってくれていて、この季節はいちご狩りが恒例でした。

いいですねー、羨ましいです。
おじいちゃま農園だったら、農薬の心配もしなくていいし、「入園料のもとをとらないと!」と思わなくてもいいし、理想的ですね♪

> いちごがいっぱい食べたくなりました。最近は娘があっという間に食べてしまって(そして娘はたくさん食べると発疹というか肌が荒れるので要注意で・・・。薬理活性物質というのかな。)

息子さんは飲み物にするほうが好きですか~。
娘さんも苺が大好きなのですね。
ムスコも苺をたくさん食べると湿疹が出て痒くなります。
3歳を過ぎてからは3粒くらいは食べられるようになりましたが、スムージーや苺アイスはもう少し先かなー。
苺は見た目がキュートな割に、好きなだけ食べていい果物でもなさそうですよね。
でも、大好きです、私も♪


えららん |  2010.04.26(月) 12:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/434-39d3f9e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |