2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.03.27 (Sat)

「お料理バトン」が届きました♪

beanpasteさんから「お料理バトン」が届きました!

「お料理バトン」をいただいたものの、最初は「どうしたものやら?」と戸惑いましたー。
だって、自分の料理のことなんて考えたこと、ないもんなぁ……。

でも、あれこれ思いつくままに書いていったら、なんだか頭の中がスッキリ♪
そうかー、私、こんなこと考えてるんだ、みたいな(笑い)
自分発見のいい機会になりました。

とっても長くなってしまいましたが、お時間のある方はどうぞ♪




【More・・・】

1.料理を始めたのはいつ?

たぶん、初めて包丁を握ったのは2歳くらいだったと思います。
母は放任主義で、私が台所に置いてある道具をいたずらしても「痛い思いをすれば覚えるから」と言って、好き勝手にさせてくれたので(笑い)


2.お料理を始めたきっかけは?

母は忙しかったため、手の込んだ料理などはしない人でした。
ありあわせの食材でチャチャッと料理する母の姿は、「料理って簡単なんだなー」という気持ちを幼い私の心に植え付けました。
小学校に入る前から誰かが来るとチャーハンやカニ玉くらいは作っていましたし、中学生になると朝ご飯を作って家族をおこすようになっていました。
こうやって考えてみると、結局、母の作戦勝ちですね(笑い)

でも、食材の季節や栄養素などに関心を持ち、いろいろと考えながら料理をしたり、お菓子を作るようになったのはムスコの食物アレルギーがわかってからです。


3.お料理をして良かった事は?

医食同源といいますが、何よりもいいのは、ムスコの体調管理をできることです!
食物アレルギーがあるから、という理由だけでなく、できるだけ農薬を使わない旬の食べ物を食べることで、身体のバランスが整ってくるような感じがします。

たとえば、出来合いのお総菜は色合いを良くするために季節感のない食材を使っていることが多いですし、一口食べておいしいと感じるように、白砂糖や油をたくさん使い、味付けが濃くなっていますよね。
でも、家庭で作る料理だと、最後まで味わってから「あー、おいしかったね!」と笑顔になって、心と身体の両方で満足感を得られるのがいいな~、と思います。


4.お料理をして悪かった事は?

小麦・卵・乳製品・ナッツ類を使わないのが私の基本なので、それ以外の食材でどうやったらおいしいものができるだろうと工夫するのがおもしろくて、おもしろくて♪
試作をすれば全部たいらげますし、目新しい食材を見つけるとついつい使ってみたくて買っちゃうので、体重計を見る私の心臓にも、お財布にも優しくないです……(泣)


5.自分の腕を思う存分ほめてください!

うーん、ほめる、ですか……。
悪いところなら、いくらでも挙げられるんですけどねぇ(汗、汗)

あ、ひとつ、ありました!
賞味期限切れギリギリの食材を見つけると、それを使う即席レシピを考えられることです!
食材を無駄にしちゃ、いけないですよね♪
っていうか、買い過ぎを控えろってことかも……(汗)


6.自分は料理に向いてると思う?

大ざっぱな性格なので、時間がない中で作るとか、材料が足りないといったストレスには負けません!(笑い)
そういう意味では、アレンジ料理には向いているかもしれません。

でも、しっかりと計量して、丁寧に作り上げていく料理は絶対にムリですね。
材料を同じ大きさに切りそろえるっていうのが1番苦手なことですから(汗、汗)

5.主に何を作ってる?

米粉と野菜を中心にしたお菓子やパンです。
あと、毎日、ムスコの食物アレルギーに配慮したお弁当を作っています。

小麦・卵・乳製品・ナッツ類・白砂糖を使わず、油も控えめにすることを心がけているのですが、そうやって作っていると、野菜や果物の甘さに敏感になれるのがいいですね。


6.あなたの料理に欠かせないものは?

☆米粉(リ・ブランとささめ雪)
上記の加藤粉体技術研究所製の米粉は、グルテンも何も添加されていないのに、米粉の形状を変えることで、従来の米粉とは異なり小麦粉ような膨らみを得ることが可能にしたスゴイ米粉です!
これらの米粉のおかげで、お菓子もパンもこれまでの米粉の常識を打ち破るような出来上がりになります。
私のお菓子とパンは加藤粉体技術研究所製の米粉頼りなんです(笑い)

☆野菜、豆類、くず粉、寒天
季節の旬の野菜はできるだけ有機栽培のもの。
豆類は小豆やいんげんといったメジャーなものに加えて在来種を買っておいて、お料理やお菓子に使い分けています。
たとえば、虎豆やパンダ豆といった見た目も可愛い豆があったりして、とても楽しいんですよ。
くず粉と寒天は固まりになっているものと粉状になっているものを両方ストックしているのですが、何かしらでほぼ毎日使っていますねー。くず粉も寒天も体のバランスを整えてくれる効果があるし、食材をおいしくしてくれるので。

☆天然塩、醤油、白砂糖以外の糖類
用途によって使い分けているので、何種類もストックしています。
糖類は甜菜糖とメープルシロップをよく使っていますが、デーツシュガー、ココハニー(ココナツの花の密)、やし砂糖、アガペシロップなど、さまざまな原料から出来たものを揃えています。

☆フィスラーの圧力鍋、ハンドミキサー、オーブン
フィスラーの圧力鍋は煮炊きだけじゃなく蒸すこともできるので、とても重宝しています。
ハンドミキサーは鍋に突っ込んでガーッとまわせばいいので、洗い物も増えず簡単なのが気に入っています。
オーブンは、とにかく作って放り込んでおけば焼き上げてくれるので、ほんとうにラクチン☆
これらがないとパニックになるくらい、毎日、大活躍してくれています♪

☆ ワクワク&ウキウキする気持ち
基本的にムスコが食べられるようにと考えるのですが、いわゆる普通の洋菓子やパンに使う食材は使えないので、何か目新しいものを見つけると「これ、使えるかな?」と創造力が刺激されます。
毎日作るものだからこそ、ワクワク&ウキウキして料理をして「おいしいね」って言いながら食べたいですね。


7.ズバリ、あなたにとって料理とは?

まさに、「幸せのクスリ」です(笑い)

私はずっと体調が悪くなったら病院でもらった薬を飲むという生活をしてきましたが、ムスコが生まれてから、対処療法的に病と向き合うのではなく、自然の恵みを身体に取り入れ、そこに満ちているエネルギーをもらって元気に過ごしたいと強く思うようになりました。

食べ物とは単なる空腹を満たすものではなく、心と身体のバランスを整えてくれる「クスリ」のようなものだと感じています。
ですから、料理というのは、自分の健康を病院に委ねるのではなく、自然の恵みを幸せとともに享受して健やかに暮らすための最良の方法だと思います。


8.次にまわすお料理上手3人を!

Norinoさんほしみかんさんくるみあちゃさんです。

どの方のお料理も創意工夫に満ちていて、学ぶことがたくさん♪
食物アレルギーっ子を育てるママたちですが、アレルギー除去食という禁欲的なイメージには収まりきらないくらい、オリジナルな発想のお菓子やお料理を作ってらっしゃいます。

「お料理バトン」を受け取ってくれたら、嬉しいな♪


にほんブログ村 料理ブログへ
よろしければ、クリックをお願いします♪



ランキングに参加しています。こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

バトン♪♪

素敵ですね。これを通して、食に関するブログを書いてらっしゃる方の輪がひろがりそうです^^

にしても、えららんさん、2歳で包丁~~!!
いや~~~ぶったまげました。なかなか我が子にそこまでさせられないです。お母様の肝っ玉には驚き、尊敬です☆

お料理って・・・そうですよね、ほんと、クスリみたい。体をちゃんと管理してるのですもの。そして、幸せになれたら言うことないですものね♪♪
えららんさんのバトンに学ばせてもらいました。

し・・・しかし・・・受け取ったものの・・・なんだか、止めてしまいそう。。。止まったら、どうしたらいいのでしょうか??そこが気になりますです^^  あと、Fc2以外の方でもいいのでしょうか??
くるみあちゃ |  2010.03.27(土) 15:29 | URL |  【編集】

えららんさん中学生で朝ごはん作って家族を起こしてた。って偉すぎる!
私は朝が弱くて遅刻ギリギリまで寝てましたよ(笑

バトン喜んで受け取りますわ♪
でも回す相手が3人かぁ。。。難しいわ(苦笑

えららんさんのお答はブログを読んでたらそこかしこにちりばめられてるものと同じですね☆
私のブログはまとまりがないからなぁ…少しこのバトンで整理でもしてみましょう(笑
Norino |  2010.03.27(土) 21:27 | URL |  【編集】

くるみあちゃさんへ

> 素敵ですね。これを通して、食に関するブログを書いてらっしゃる方の輪がひろがりそうです^^

どなたがやり始めたのかわからないですけど、おもしろいですよね。
お料理バトンを受け取った方の記事を読むと、「そんなふうに考えながらお料理しているんだなぁ」と興味深いです。

> にしても、えららんさん、2歳で包丁~~!!
> いや~~~ぶったまげました。なかなか我が子にそこまでさせられないです。お母様の肝っ玉には驚き、尊敬です☆

あははははー、ほんとうに放任だったんですよー。
言ってみれば、「死なない程度のケガなら、ま、いいか」だったらしいですよ(笑い)
でも、私は階段から転げ落ちて舌を噛んで血が止まらなくなったり、弟は熱湯を腕にかぶって大やけどするやら……。
私は真似できないなー、と思います。

> し・・・しかし・・・受け取ったものの・・・なんだか、止めてしまいそう。。。止まったら、どうしたらいいのでしょうか??そこが気になりますです^^  あと、Fc2以外の方でもいいのでしょうか??

止まったら、止まったで、それはそれですから、あまりお気になさらず。
でも、個人的にはくるみあちゃさんの「お料理バトン」の記事を読んでみたい気持ちがありますが。

3人の方にお料理バトンがまわっているのは、できるだけ長く続いてほしいという思いが込められているからであって、「かならず受け取ってくださいね」という強制ではないですから。
FC2はまったく関係ないので、どなたでもブログを運営なさっている方なら大丈夫ですよー。
えららん |  2010.03.28(日) 09:27 | URL |  【編集】

Norinoさんへ

> えららんさん中学生で朝ごはん作って家族を起こしてた。って偉すぎる!
> 私は朝が弱くて遅刻ギリギリまで寝てましたよ(笑

私はエラいと言われても、当時はそれが当たり前だったんですよ。
両親は夜遅くまで仕事をしていましたし、弟は3歳下だから小学生で、私も弟も学校に行かないといけないですから。
年齢は関係なく「働かざるもの、食うべからず」くらいの感じでした(笑い)

> バトン喜んで受け取りますわ♪
> でも回す相手が3人かぁ。。。難しいわ(苦笑

ありがとうございいます!
そうそう、3人だと、迷いに迷いますよねー。

Norinoさんのお料理バトンの記事、楽しみにしています♪
えららん |  2010.03.28(日) 09:31 | URL |  【編集】

面白いですねー。

私も2歳で包丁を持ち、中学生で家族の朝御飯を作るというエピソードにビックリ!!しました。
バトンって面白いですねー。
私のあんな感じでよかったのかしら。

このバトン、FC2以外の人でもよかったんですねー。
もうまわしてしましました。
私の次にceceさんがもう回答して下さっていますよー。
ほしみかん |  2010.03.28(日) 23:44 | URL |  【編集】

ほしみかんさんへ

> 私も2歳で包丁を持ち、中学生で家族の朝御飯を作るというエピソードにビックリ!!しました。

あはははー、それは母の作戦勝ちですから!(笑い)
2歳で包丁って言ったって、きちんと野菜が切れるはずもなく、切っていたのは指の皮ばかりみたいですけどねー。
中学生で朝ご飯の準備はしてましたけど、ほんとうに、両親が忙しくて、私がやらないと朝ご飯がありませんでしたからっ!
やっぱり、空腹だったら自分で作るでしょ(笑い)

> バトンって面白いですねー。
> 私のあんな感じでよかったのかしら。

ほしみかんさんらしかったですよー。
ほのぼのしました♪
お料理バトンって、性格が出て、おもしろいですね。
いろいろな方のも読んでみたいです。
えららん |  2010.03.29(月) 06:31 | URL |  【編集】

えららんさん、お忙しい中バトンを受け取ってくださりありがとうございました!お料理に対する愛情いっぱいのメッセージに感激しました♪これからも、創意工夫いっぱいのレシピ楽しみにしていまーす^^
びーん |  2010.03.31(水) 21:49 | URL |  【編集】

びーんさんへ

こちらこそ、いい経験をさせていただき、ありがとうございました!
これまでに「自分はなぜ料理をしているのか?」と考えたことがなかったので、今回、お料理バトンをいただいて、自分の頭の中を整理することができました。

びーんさんのように、私ももう少しゆったりした気持ちで、食べ物からのメッセージや作り手の思いをしっかりと受け取って料理ができるようになりたいな、と思っています。
これからも、いろいろと勉強させてください。
どうぞよろしくお願いします。
えららん |  2010.04.01(木) 13:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/404-6ccc901f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |