2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.02.15 (Mon)

レーズンちぎり米粉パン

唐突ですが、「3色パン」とか、中にいろいろな種類の餡が入ったパンがありますよね?
ちぎりながら食べるの、楽しいですよね。

うーむ、ちぎりパンは小麦パンの特権じゃないハズ!
そう思っちゃったのは、夜明け前の布団の中。

思い立つとやらずにはいられませんよね、だって時間があるんだもん。
試しに作ってみました。
寒いねぇ、冷え冷えの朝だわぁ。

ちなみに今日はムスコのパンの日じゃありません。
いつもお弁当作りに手がかかり、ムスコは遅刻の常習犯(←っていうか、毎日、当然のように遅刻)
「早く起きるなら、お弁当をまずお弁当だろう!」と思うのですが、ちぎり米粉パン、やってみたーい!

使ったのは、成型米粉ソーセージパンの生地。
そこにふやかしたレーズンを入れて水分量を少し増やし、膨らみ効果アップをもくろみました。
レーズンちゃんの酵母も働いてくれますように☆

手にたっぷりと油をつけてから生地を丸めていれるとこんな。
まったく空気を含いなくて、重そうな生地。
「ふんわりと割れるちぎりパン~♪」への道は遠そうな予感……。

100104_0717~01

発酵が終了したら、隣りのパンをギューギュー押して、一体化寸前です。
上に膨らむっていうより、横に広がっていくのね、やっぱりキミたち。

米粉の生地って、水分をたっぷり含んでいて重いもんね。
そうよねぇ、重力には逆らえないわねぇ。

100104_0810~01

発酵が終わったら、型ごと蒸し上げ。
オーブンで焼き色をつけました。

100104_0846~03

まずくはないです。
それに、成型米粉パンだけど型を使っている分、ふっくらした感じはします。

でも、パンとパンの切れ目はかすかになり、限りなく見た目はリングパン。
切れ目から山のように盛り上がる、ぷっくり可愛い姿にはなってくれませんでした(泣)


<実験の検証>

1)ちぎりにくい米粉パンができた。
2)成型米粉パンよりはちょこっと食感は軟らかい。
3)リングパンみたいな見た目のくせに、手間は何倍もかかる。

<結論>

米粉ちぎりパンはちぎりにくい。
作るの、とっても面倒くさかった。



ムスコに持たせるわけじゃないと思いつつ焼いても、ダメですねぇ。
やる気が感じられーん。
かくして、このちぎり米粉パンもどきは私のお昼ごはんになったのでした。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡











スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/362-5940e1ff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |