2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.01.11 (Mon)

小麦アレルゲン、強力でした。

ムスコは血液検査をすると「え、これで代替弁当なの?」と言われちゃうくらい、数値が低い“陰性アレっ子”です。
小麦の血液検査をするとレベル3、グルテンは陰性。
これは最初に検査した時から、上がるでもなく、下がるでもなく、キープしたままです。

主治医から「醤油は小麦アレルギーでも食べられることがある」と言われ、その後、小児アレルギー学会誌で本醸造醤油における小麦アレルゲンの消滅に関する論文を読んでから、本醸造醤油を使っていました。

当初は3~5年間という、ものすごく長期熟成をしている本醸造醤油を取り寄せしていましたが、今は、「大豆、小麦、塩」のみを原材料の1年間熟成した本醸造醤油を使っています。
「ムスコも大きくなったし、醤油に関しては、もう安心していいのかな? 一般的な大量生産の醤油でも平気じゃないか?」とずっと思っていました。

それに、給食では一般的な醤油を使っているので、それがムリとなれば、給食提供の希望はなくなりますし。

たまたま実母が「いい醤油があったよ! すごくいい材料を使ってるんだって。値段も高いし、大丈夫そうだと思って」と言って、1本ずつ白い紙に包まれた醤油を半ダーズ(!)送ってきました。
「初めての醤油をそんなに買うのはいかがなものか!」というツッコミは置いといて……。

どうやら、有機栽培の原材料を使って、少量生産した本醸造醤油らしい。
でも、原材料を確認すると、「大豆、小麦、塩」に加え、いくつか添加物が加えられていました。

ちょっと迷ったものの、「醤油はなんでも平気じゃないか?」と思っていたこともあって、初めての醤油なのに、照り焼きに使ってみました。

夕食後、別に変なことはありませんでした。

そして1時間半後、就寝。
……痒くて、痒くて眠れない……。
体をかきむしっていたら、今度は、「ゲー、ゲッホン、ゴッホン、グェー」みたいなものすごく苦しそうな咳が出始め、泣きながら咳をする。
咳が少し収まったと思うと、ものすごい勢いで体を引っ掻く。
その繰り返し。

苦しそうな状態に波がありましたが、結局、明け方までこんな状態。
これって、やっぱり、小麦のせいですよね……。

たぶん、新しい醤油に加えられていた添加物は、醸造期間を短縮されるためのものだったのでしょう。
なので、これまでに我が家で使っていた本醸造醤油のように、麹が小麦アレルゲンを分解し、その後のさまざまな工程でアレルゲンが消失する、という熟成期間がなかったのでしょうね。

「本醸造醤油」と言うと長期熟成をした混じりけのない醤油のイメージがありますが、JAS規格によってアルコールなどの添加物が認められています(詳しくは、こちらを参照)
それによって、醸造期間を短縮することも可能です。

小麦アレルゲンは他のアレルゲンと異なり、高熱で長時間加熱しても、ほとんどアレルゲン度が減少しないといいます。
なので、いい原材料を使って短期醸造し、火入れをしても、小麦アレルゲンは残っていたんだろうなぁ。
「本醸造醤油」だったら、何でもいい、というわけじゃないんだなぁ、やっぱり。

結局、食後丸1日たって、ムスコの咳と痒みは収まりましたが、背中全体に湿疹がびっしり。
首、腕や足の関節部分といった軟らかい皮膚のところは、湿疹は出なくても痒いみたいで、かき傷だらけ。
かなり痛々しい感じになってしまいました、ごめんね。

醤油大さじ1杯にどれだけ小麦が使われているのかはわかりませんが、とにかく想像以上にムスコは反応してしまいました。

あーあ、これで、給食の夢がまた遠のきました……。
それに、小麦単体でできた製品の負荷なんて、いったいいつになることやら……。

小麦アレルゲン、ほんとうに強力です。

にほんブログ村 料理ブログへ

応援していただける励みになります♪ 
いつもありがとうございます♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  食物アレルギー  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

お醤油、なるほど、そうなんですね!
熟成期間が重要なんですね。
添加物は、できるだけナシのモノを使う様にしているのですが、添加物は熟成期間を短縮するためってコトもあるのか~~~。

一気に食材を買うのをためらいますよね~~。1本だけ買うのは高い時もあるけれど、一気に買ってダメだった時ニャア・・^^;息子さん、カイカイになって大変でしたね・・。キツイ反応が出る子でも年長さんくらいで急に食べられるようになった子とか、そうキツイ子でなくても1種類だけは小学生になっても除去している子もいたりして、色々ですね・・。

給食って意外とチャンとした食材を使っている(我が子の通う学校は、意外と添加物などを避け、国産に気を遣っていました。が、一切、除去食対応ナシですが~~)ので、息子さんの大丈夫な醤油を使っているかもしれないですよ♪ただ、給食って、急に使っているモノの変更ってあるようで、そこが、「次男 は 弁当持ちにしよう」って思った点ですね~~。内容の変更はコワイし~~。

今日は次男、モスにチャレンジしてみます!
kofuyu |  2010.01.11(月) 12:58 | URL |  【編集】

残念。

しょう油、いけそうな気がしたんですがねぇ~。
かきむしっていると哀しくなりますね。
気落ちしないでくださいね。

家は小学校1年生の夏休みまで除去していました。
給食のしょう油がネックで牛乳と果物ぐらいしか食べられなかったので、
夏休み中に負荷してOKとなりました。
今はこれと同じ商品を使っています。
http://blog.livedoor.jp/kcoop/archives/51137231.html
原材料も大豆、小麦、食塩とシンプルです。

しょう油も色々あるので、使えるしょう油が増えるといいですね。
ほしみかん |  2010.01.11(月) 13:52 | URL |  【編集】

シンプルISベストなんですよね。
長期熟成か~。多分チィがあわせ味噌で反応したときも同じような理由(添加物で発酵を早める)で反応したんだよね~っと思い出しました。


うちの子は大麦、ムスコ君は小麦・・・麦って怖いね(涙)

しかし・・半ダース頼む前に一言確認してもらいたかったですね(涙)
その分を今使っている醤油のお金に回せたら・・・気持ちはうれしくても・・・

早くかゆみが収まってくれますように。
とうこmama |  2010.01.11(月) 16:18 | URL |  【編集】

kofuyuさんへ

> 熟成期間が重要なんですね。

論文の内容によると、小麦アレルゲンは麹などの微生物の働きと火入れによって徐々にアレルゲン度が落ちて、製品になった時に検査では検出できないほどになるようなので、やっぱり熟成期間が重要みたいです。もちろん、原材料が大豆・小麦・塩のみ、というのも大事なんですが。

醤油だけでなく、醸造して造るようなものは、ほとんど添加物は発酵時間を短縮するために入っているんじゃないかと思われます。
あと、原材料の質の悪さをカバーするため、とか。
なので、kofuyuさんのチェックポイントは最も大切なことだと思います!

> 一気に食材を買うのをためらいますよね~~。1本だけ買うのは高い時もあるけれど、一気に買ってダメだった時ニャア・・^^;

ほんと、アレっ子ママだとそう考えるのですが、ばあばは孫可愛さに大量に買ってくれますから(汗、汗)

> 給食って意外とチャンとした食材を使っている(我が子の通う学校は、意外と添加物などを避け、国産に気を遣っていました。が、一切、除去食対応ナシですが~~)ので、息子さんの大丈夫な醤油を使っているかもしれないですよ♪

ムスコの保育園、使っている調味料やら、仕入れ先やらすべて教えてくれました。
調味料はすべて大手メーカーのものなので、スーパーでセールで売られるような醤油が使えないと……。味噌も添加物の入った白みそですし……コストの関係で仕方がないんでしょうね。
マルチじゃなければ、給食の対応も考えてもらえるみたいなのが、なんだか、なあ……。
まだまだ代替研究の日々が続きそうです(笑い)
えららん |  2010.01.11(月) 22:05 | URL |  【編集】

ほしみかんさんへ

> しょう油、いけそうな気がしたんですがねぇ~。
> かきむしっていると哀しくなりますね。
> 気落ちしないでくださいね。

ありがとうございます。
そうなんですよ、醤油なら大丈夫な気がしたんですけどねぇ。
どうやっても止めてやることもできないから、ムスコが疲れ果ててくれるのを待たないといけないし……。ほんとうに切ないです。
でも、かきむしっていると最初は可哀想で仕方がないのですが、一晩中そうだと、今度は切ないのを通り越して「どうして、そんなになっちゃうのよ」ってイライラしてきちゃうので、ムスコがとっても可哀想です。

> 家は小学校1年生の夏休みまで除去していました。

給食の醤油、大手メーカーのバリバリ添加物が入ったものなのです。
味噌もそうですし。
やっぱり原材料がシンプルで醸造期間が長い味噌や醤油だとコストの関係で使えないみたいです。
代替の醤油を持ち込むことを提案したのですが、「間違ったら大変」ということで即座に却下されました。
なので、醸造を促進して小麦アレルゲンが残っている醤油が使えないと給食の提供はムリ、ということなのですよ。
おそらく、ムスコは卒園する5歳まで給食は食べられませんね。
あ、白いご飯と果物とトマトだけは出してもらってますけどね(笑い)
えららん |  2010.01.11(月) 22:11 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.01.12(火) 00:30 |  |  【編集】

検知器のようにわかっちゃうんですね。それにしても血液検査の数値にでないのもやっかいですね。
今が代替え一番大変ですよね。娘の幼稚園は業者弁当で、冷凍だろう揚げ物やらちょこちょこ6品ぐらいの代替えが必要でした。お仕事しながらなので朝の忙しさはものすごいと思います。ブログもやって本当えらいわ。
小学校にも代替え持っていってますが、小学校給食は大量に作らないといけないせいか、手のこんだメニューがあまりなく冷凍食品も割とないのでフライ系もなく、幼稚園時代よりよっぽど楽です。
うちのはBCGがついてから小麦の数値が一気に半分になったけどそれでもクラス4です。週2の経口減感作負荷はうどん27本にまでなりました。7才なので年齢的に消化器が育ってきたのかもしれませんが。
幼稚園時代醤油が解除できないのはかなりきつかったけど、醤油駄目だもんねとあきらめがつきました。
平気になる日がくるとしてもいかに減らすかが課題で、えららんさんが厳格除去をしている今の状態はもう全力で育ちをサポートしているというか、息子さんに人生の健康の基礎をプレゼントしてるんだと思います。
ふうりん |  2010.01.12(火) 02:15 | URL |  【編集】

とうこmamaさんへ

> シンプルISベストなんですよね。

ほんとうに、食物アレルギーに関しては、何より大切なのは「シンプル・イズ・ベスト」だと再認識しました!
言葉としては「醤油」は「醤油」だけど、その中身がまったく違うという基本も甘く見ていたし、「気のゆるみはムスコと自分の辛さに繋がる」って思い出しました。

> 長期熟成か~。多分チィがあわせ味噌で反応したときも同じような理由(添加物で発酵を早める)で反応したんだよね~っと思い出しました。

そうですよね、同じですよね。
麦アレルゲンが消失するって、ほんとうに自然の力を借りないとダメなんだと思いますよね~。
私がこんな初歩的なことで「あ、やっちゃった」って思ってるんだから、ばあばや保育園だったら、さらにわからないわ~。

> しかし・・半ダース頼む前に一言確認してもらいたかったですね(涙)

うえ~ん、そうなんですよぉ。
もったいないったら、ありゃしないんです、ぐっすん。
私の母、なんでもかんでも「足りないのはイヤだから、多めに買う」が好きな人です。
年末、じゃがいもを大量に送ってきてくれて、今、我が家ではじゃがいもの成長日記をつけられるほど、眼が出てすくすくと伸びています。
じゃがいもの茎同士がもつれそうですよぉ(笑い)
えららん |  2010.01.12(火) 06:42 | URL |  【編集】

鍵コメント様

はじめまして。
遊びに来てくださったのに加え、コメントを残してくださって、とても嬉しいです♪
息子さんもアトピーとマルチアレルゲンなのですね。
ムスコとちょうど同じくらいの年齢ですし、自然治癒力を上げることでアレルギー体質を改善していきたいと考えている点も同じですね!

私もアレルギーッ子をもつ友人がおらず、たくさんのアレルギーッ子ママたちのブログにお世話になり、勇気づけられてきました。
それぞれの方がそれぞれに立場で書いておられるので、「自分と同じだわ」と思ったり、「ムスコももう少し大きくなったら、こういうことも必要かな」と思ったりしつつ、とても勉強になりました。

4月から息子さんが保育園に通うようになるのですね。
とても不安だろうと、心中お察しします。
というのも、私も生後4か月のムスコを保育園に預けた時、心配で心配で仕事が手につかず、毎日お昼休みにタクシーで保育園に行っていたくらいの心配性ですから(笑い)
給食の代替制作については、週末にさつまいも・かぼちゃ・じゃがいもなどをマッシュにしたり、だし汁を作ったり、蒸し鶏を作って小分けしたり、とにかく1回使う分を冷凍にして保存しておくと時間短縮ができますよ。
あと、夕食の残りのおかずで冷凍が可能なものをチョコチョコ冷凍庫に入れて保存しておくと、「ああああー、お弁当づくり、間に合わない!」という時に便利です(笑い)

週末はお弁当の下ごしらえと掃除と洗濯に時間をとられてしまいますが、でも、そうやってできることを時間がある時にやって、それがムスコの笑顔にむすびつくと思うと「もう少し、頑張れるかな」と思ってやっています。

仕事と保育園と家事をすべてやろうと思うのは、慣れるまでは、ほんとうに、ほんとうに心も体もキツイと思います。
最初からすべてを完璧にこなそうと思うと、自分の体がもたなくなってしまうので、「やれることをやる」くらいのペースがいいかと思いますよ。
息子さんの笑顔と免疫力アップのためには、ママの元気がイチバン!ですから。

なかなか家族にも保育園にもその心身のストレスはわかってもらいにくいものですし、ストレス解消も大変だったりするかもしれません。
その時には、ぜひぜひ、ここに来て、愚痴をこぼしてください。
あるいは、「こういう時にはどうするの?」ということがあれば、多少なりとも保育園歴が長く、代替弁当歴も長いので、私でお役に立てることがるかもしれませんので、いつでも聞いてくださいね。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
あまりにも自分の悩んだことと重なって共感してしまい、長いお返事になり、すみませんでした。
えららん |  2010.01.12(火) 11:37 | URL |  【編集】

ふうりんさんへ

> 検知器のようにわかっちゃうんですね。それにしても血液検査の数値にでないのもやっかいですね。

そうなんですよねー、ムスコは陰性アレッ子なので、ほんとうに迷ったり、困ったりします。
特に、保育園のビビり方はすごいですねぇ。
「ムスコさんに関しては血液検査がまったく目安にならないので、何をどうしたらいいのか不安で仕方がありません」とハッキリ言われ、給食の提供を拒否されていますから(笑い)

> 小学校にも代替え持っていってますが、小学校給食は大量に作らないといけないせいか、手のこんだメニューがあまりなく冷凍食品も割とないのでフライ系もなく、幼稚園時代よりよっぽど楽です。

そうですか~、小学校のほうが代替制作が楽になりましたか。
その言葉、とっても心強いです!
ムスコの保育園では、パンやケーキ、揚げ物が多く作るのが面倒なのは言うまでもないことですが、普通の子だってこんなに小麦粉と油と砂糖をとっていいのか!?って思っちゃいます。

> うちのはBCGがついてから小麦の数値が一気に半分になったけどそれでもクラス4です。週2の経口減感作負荷はうどん27本にまでなりました。7才なので年齢的に消化器が育ってきたのかもしれませんが。

すーごーい! うどん27本ですか?
小麦粉換算で何グラムになるんだろう??? かなりのグラム数ですよね!
それだけ食べられたら、誤食だって怖くないですしね。
ふうりんさんの努力+お子さんの消化器の成長がうまくかみあって、それだけのすごい成果に結びついたんですねー。
すばらしい♪

> 平気になる日がくるとしてもいかに減らすかが課題で、えららんさんが厳格除去をしている今の状態はもう全力で育ちをサポートしているというか、息子さんに人生の健康の基礎をプレゼントしてるんだと思います。

ありがとうございます。
そんな風に言っていただくと、ちょっと目頭が熱くなっちゃいます……。
ちょうど落ち込んでいたところだったんです。

実は昨日、祖父母と一緒に外食し、私が事細かくメニューの材料を聞いていたら夫が横から口を出し、「つなぎに小麦粉? 別に少しなら平気なんですけどね」なんて言い出して、耳を疑いました!(怒) 「小麦を原料にしている醤油を食べているんだから」と思ってのことでしょうが、食べたものによって体調が変化するムスコを毎日見ている夫ですら、ここまで理解していないとは予想もしていませんでした(涙)

食物アレルギーのケアって、結局、母親の肩にかかってるんだなぁ、としみじみ思います。
ふうりんさん、優しい言葉、ほんとうにありがとうございます!

えららん |  2010.01.12(火) 11:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/327-e7a13393

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |