2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.01.02 (Sat)

干し椎茸の甘辛煮

091222_1614~01

お正月なので、買い物に出ず、乾物や野菜を食べています。
おせちがない我が家は、きわめて地味な常備菜ばかり。
まったく「新年」という季節感がありません。

ムスコがやけに気に入ってくれた残りご飯ホワイトソースを作るとき、干し椎茸を使います。
多めに椎茸を戻しておき、戻し汁はホワイトソースや料理に使い、残った椎茸を甘辛く煮て、ご飯のおかずにすると、おいしいんですよねぇ♪

そういえば、いつもいく乾物屋のおじさんに「原木栽培の干し椎茸が欲しいんですけど」と言うと、「原木栽培しか干し椎茸にはならないんだよ。菌床栽培の椎茸だと水分が多すぎるからね」と言われました。

えー、知らなかった~。
じゃあ、スーパーで売っている椎茸は干し椎茸にはできないんだ。
同じに見える椎茸なのに、そんな違いがあったんだ。

私はずっと「キノコは化学薬品とは無縁」と思っていたのですが、実際にはキノコを育てる場所(菌床と施設)は消毒するのだと知ってから、できるだけ原木栽培の椎茸を買うようにしています。
ここにわかりやすい説明があります。

それほど有害な薬品は使っていないのかもしれないのですが、簡単に避けられるものは避けたいなぁ。
椎茸の場合、「原木」と「菌床」の表示を確認すればいいわけですし。
急いでいたり、どうしても必要な時には、目の前にあった椎茸をゲットしちゃいますけどね(笑い)

【More・・・】

ものすごく適当な分量なのですが、目安に書いておきますね。
煮る時の汁は、ちょっと甘辛いかな、と感じるくらいにしてください。
最終的には煮汁がほとんどなくなるまで煮含めるので、舐めた時にちょうどいい味だと、かなり濃いめになります。
常備菜なので、濃い味にしておくと、冷蔵庫に1週間くらい保存できます。

砂糖多めでもおいしいですし、醤油多めでもおいしいです。
どちらでもお好みです~。


<材料>
干し椎茸(小さいもの)  10個くらい
椎茸の戻し汁       100ccくらい
昆布&かつおダシ     100ccくらい
醤油            50ccくらい
みりん           15ccくらい
甜菜糖           10グラムくらい


1)干し椎茸を前の晩から水につけて戻しておく。
2)小さな鍋に材料をすべて入れ、フタをして弱めの中火で煮る。煮汁が減ってきたら、弱火にして煮汁がなくなるまで煮含める。


時間はかかりますが、干し椎茸がもっちりしておいしいです♪
もし、お手元にあるようだったら、「どんこ」という肉厚の干し椎茸を使ったほうが、煮汁がたっぷり入るので、ジューシーな仕上がりになります。

私はこの椎茸の甘辛煮が大好きで、これだけでご飯2膳はいけます~。

薄切りにしてからのり巻きにすると、椎茸嫌いのムスコも喜んで食べてくれます。
親子揃って、甘辛味が大好きです♪



にほんブログ村 料理ブログへ
クリックしてくださり、ありがとうございます♪



こちらもどうぞよろしくお願いします。



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

えららんさん、遅ればせながら明けましておめでとうございます!

昨年は本当にえららんさんとえららんさんのブロブにお世話になり、素敵な出会いができとても素敵な年になりました(*^_^*)
ありがとうございました♪
本年も、こんな私ですがどうぞよろしくお願いします★

年末年始も体に優しい素敵なお料理を見させていただいて充実したお休みを過ごされているのを感じます♪
私もおせちを地味~なのですが、作ってみました♪
えららんさんのお料理を見ていて、楽しいな~★とまた色々試してみたくなりましたよ(^u^)

また楽しみに遊びに来させていただきますね!

sakura |  2010.01.03(日) 11:26 | URL |  【編集】

sakuraさんへ

こちらこそ、sakuraさんにいろいろ教えていただき、ほんとうにありがとうございました。
sakuraさんの記事に共感したり、刺激を受けたりしてきましたので、今年もたくさんお世話になってしまうと思います!

そして、除去食はおいしくて、健康にいいんだよ~、可哀想じゃないよぉ、と大きな声でみんなに伝えていきましょうね(笑い)

今年もどうぞよろしくお願いします!

えららん |  2010.01.04(月) 13:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/315-dd39d170

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |