2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.12.01 (Tue)

病後食のりんご&はちみつ米粉パン

091130_0725~02


ムスコが回復して保育園に行くようになったのは嬉しいのですが、気になるのが、ほぼ毎日出て来るパンと小麦粉おやつ。

今日のおやつは「りんごケーキ」なのですが、ケーキにすると糖分も油脂分も多くなるしなぁ。
ベーキングパウダーも使いたくないなぁ。
まだ本調子じゃないだろうから、ここで腸内環境が悪化するのは阻止したい。

あれこれ考えて、今日はパンにすることに。
それも、ご飯をイメージした“ごパン”に。

砂糖はなし、油はごく控えめ。
その分、はちみつで甘さと保湿性を高めました。
はちみつにはたくさんの微量栄養素が含まれていて、体にいいし、一石二鳥♪

りんごは旬だし、胃腸にいいし。
生でも、煮ても、焼いてもおいしくて、大好きです!

そして、でんぷん質は和食でおなじみの本くず粉。
風邪の時に飲む漢方薬「葛根湯」に入っているくらい薬効も強いし、免疫力もアップさせてくれるので、体調が不安定な時に我が家では大活躍してくれます。

本くず粉を米粉パンに入れると、しっとり♪
焼き立てすぐは周りがちょっと固めですが、時間が経って水分がまわると、全体的にふわもち♡
保湿のための油を減らした分は、はちみつと本くず粉でカバーできるみたいです。

べたつくわけではないですが、白玉だんごやくず切りといったツルリとした食感の和菓子が、そのままふんわりと白いパンになった感じです。
ムスコは喉の調子が良くないのですが、むせたりせず、「もっとー♪」と叫び、味見をしていました(笑い)

【More・・・】

<材料(中サイズのパウンド型1個分)>
♡リ・ブラン      140グラム
♡くずパウダー     10グラム
*本くず粉を粉末にしたもの。コーンスターチやタピオカ粉と置き換え可能。

菜種油           3グラム
塩             1グラム

白神こだま酵母       3グラム
酵母用温水        20グラム

温水(42度くらい)   100グラム
*はちみつの濃度によって水分量の微調整が必要です。太いリボンがたれるくらいの固さにしてください。
はちみつ         20グラム
*はちみつの濃度によって水分量は微調整してください。甘めが好きな方ははちみつの量を増やし、水分を減らしてください。

煮りんご        60グラム(生地に混ぜる分40グラム+飾り20グラム)
*煮りんごを作るのが面倒だったら、お好みのジャムでOKです。

ドライクランベリー(飾り) お好み
*単なる色味なので、ドライレーズンでも結構です。

<作り方>
1)ボウルに♡の粉類を入れ、泡立て器で混ぜ合わせておく。
2)1の粉類の上に甜菜糖をこんもりと盛り、離れた場所に塩と菜種油を入れる。
3)酵母用温水に酵母を入れて10分ほど置いてから、溶かした酵母を2に入れ、はちみつを溶かした分量の温水で容器についていた酵母も洗うようにしながら入れて、泡立て器で全体をよく混ぜる。2~3分程度混ぜて、混ぜむらができないようにする。煮りんごを40グラム、生地にざっと混ぜ込む。
*甜菜糖を目がけて酵母を入れると発酵がよくなります。塩は酵母の発酵を抑制するので、溶かした酵母を塩にかけるとうまく発酵が進みません。生地の固さはホットケーキ生地よりも少し軟らかいくらいになります。太いリボンがたれるくらいです。
4)分量外の塗った型に3の生地を流し入れる。煮りんごとクランベリーを飾る。
*量は型の半分程度です。
5)天板の上に乗せた型を乗せ、四隅に熱湯を入れた湯のみを入れて、40度で30分前後、型の9分目まで発酵させる。
*生地を乾燥させないために湯のみから上がる湯気を利用しています。うまく型の8分目まで上がらないときには、5~10分発酵時間を追加してください。
6)発酵が済んだらオーブンから出して、型ごと蒸気の上がった蒸し器に入れて、15分ほど蒸す。蒸し器のフタにはふきんを輪ゴムなどで固定し、生地の上にふきんがついたり、水滴が落ちないようにする。
7)予熱が終わったオーブンに型を乗せた天板を入れ、230度で7分焼く。
*少し焼き色がつく程度に焼きます。しっかりと茶色くなるまで焼き色をつけるまで焼くと固くなりますので、焼き過ぎ注意です。
8)焼き上がったら型からはずしてラックに乗せ、粗熱をとる。
9)粗熱をとったパンをラップでぴっちりと包み、袋状のジップロックに入れておく。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

昨日のレーズンパンも美味しそうだってけど、
今日のも美味しそうだわ♪

本葛粉でツルリとした食感ですか~。
パンも色んなアレンジで作っててすごいな~と思います。

私の方はまた穴あきパンで、ガックリです。
パンの神様が降臨しないかしら…。
ほしみかん |  2009.12.01(火) 13:15 | URL |  【編集】

ほしみかんさんへ

お褒めいただき、光栄です♪
たぶん、米粉パンが安定して焼けるのは、リ・ブランのおかげですよぉ。
前に「私って米粉マスター?」って思って他の粉を使ったら、まったくダメでした。
私の腕でもなんでもなく、リ・ブラン様があればこそ、です(笑い)

ほしみかんさんの米粉パン、食感はとてもよさそうなのに不思議ですね~。
酵母が発生したガスがまんべんなく全体にまわれば穴は解消するんですかねぇ???
ホームベーカリーを使うからなのかな???
穴の原因が突き止められるといいですね。
えららん |  2009.12.02(水) 06:16 | URL |  【編集】

こんにちは

この米粉パンもとってもおいしそうですね。

先日、えららんさんレシピの『チョコレートリンゴケーキ』を焼きました。
そしたらなんだかういろうみたいな感じのできで。。。それに膨らみが悪くえららんさの写真の半分くらいの高さになりました。(ほとんど焼く前とかわらず?!)

ただ材料が、リ・ブランではなくリ・ファリーヌ。甜菜糖ではなくきび糖。コーンスターチではなくタピオカ粉。メープルシロップがなく水。菜種油ではなく米油なんです。
リ・ブランは250gの小さいサイズしか見たことがなく、上記の粉類はクオカで購入してます。

出来の悪さはやはり材料の違いでしょうか??
まりあん |  2009.12.03(木) 10:33 | URL |  【編集】

まりあんさんへ

遊びに来てくださって、ありがとうございます♪
「チョコレートリンゴケーキ」に挑戦してくださったのですね。
そうですかぁ、うまくいかなかったとは残念でしたねぇ。

お問い合わせの点について私の分かる範囲内でお答えしますね。
長いコメントになってしまうのですが、すみません。


> そしたらなんだかういろうみたいな感じのできで。。。それに膨らみが悪くえららんさの写真の半分くらいの高さになりました。(ほとんど焼く前とかわらず?!)

米粉のお菓子って、失敗しちゃうとウイロウみたいになって悲しいんですよね。
私も「うわっ、やっちゃった……」って思います。
見た瞬間、悲しいですよね、せっかく作ったのに。

> ただ材料が、リ・ブランではなくリ・ファリーヌ。

最初にお伝えすると、私のレシピは指定してある米粉じゃないとできないんです。
ごめんなさい。
というのは、米粉は銘柄によって吸水率が変わるし、特性が違うので、置き換えができないんです。
なので、リ・ブランのレシピはリ・ブランでないとできません。

私はリ・ファリーヌが苦手で、うまくお菓子もパンもできたためしがなく、米粉クッキングを諦めた時、リ・ブランに出会って米粉クッキングが楽しくなりました。
リ・ブランなしには米粉クッキングはできない、と思うくらいリ・ブラン頼みです。
なので、リ・ファリーヌのレシピが作れないんです。
ごめんなさい。

>甜菜糖ではなくきび糖。

砂糖はお好みの砂糖で置き換えが可能です。

>コーンスターチではなくタピオカ粉。

コーンスターチを使ったほうが高さが出ます。
タピオカ粉だとしっとり、もっちり感が強くなってしまうので、もしもコーンスターチが使えない場合には、コーンスターチの分量の半分程度のタピオカ粉を使うくらいに減らしたほうがいいですよ。
タピオカ粉を減らした分は必ず、リ・ブランを足してくださいね。
そうじゃないと、水分量が変わってしまいますから。

>メープルシロップがなく水。

メープルシロップには、すこしとろみがありますよね?
なので、分量の全量を水に置き換えると、ちょっと水が多すぎるのです。
なので、置き換える時には微量の水の調整が必要です。

>菜種油ではなく米油なんです。

液体油はお好みで置き換えが可能です。
液体油も、お菓子やパンを作る場合には、水分の一部になります。

たとえば、固形油(マーガリンやショートニング)に置き換える時には、今度は水分が足りなくなるので、微量の追加が必要になります。

> リ・ブランは250gの小さいサイズしか見たことがなく、上記の粉類はクオカで購入してます。

そうですね、スーパーだと250グラムしかなくて、高いですよね~。
クオカで買ってらっしゃるのですね!
そうそう、品揃えがいいですが、リ・ブランはないんですよねぇ。
私もクオカが好きなのですが、リ・ブランがないので、粉類だけはT FOODS(http://store.tfoods.com/Form/Product/ProductList.aspx?shop=0&cat=002011&swrd=&sort=2&img=1)で買っています。
2キロでも1000円ちょっとと割安です。
これで価格を知ると、20キロで買いたくなっちゃいます~(笑い)

前に私もリ・ファリーヌを使っていて失敗しまくり、その後にリ・ブランに出会って、米粉の違いにびっくりしました。
その違いを記事に書いたことがあるので、リ・ファリーヌとリ・ブランの違いに興味があるようだったらご覧になってみてください。
http://atopiclife.blog22.fc2.com/blog-entry-79.html

> 出来の悪さはやはり材料の違いでしょうか??

米粉のレシピに関しては、私のだけではなく、他のどなたのレシピでも指定された銘柄を使わないとうまくできあがらないようです。

もし、まりあんさんがリ・ファリーヌが好きで使ってらっしゃるんなら、サトワカさん(http://satowaka.blog15.fc2.com/)のレシピは素晴らしいですよ。

右側のバナーに米粉のレシピのカテゴリーがあるのですが、パンもケーキも「リ・ファリーヌ」のレシピがたくさんあります。
さらにさらに、サトワカさんのレシピはとても丁寧な説明があり、画像などの貼り付けも多くてわかりやすいです。
ほんとうに、ほんとうにすごいので、もしもご存知なかったら、ぜひ見てくださいね!

私が米粉クッキングを始めた時、とてもお世話になり、今でもしょっちゅう見返しています。
レシピそのものも素晴らしいのですが、コメントのやり取りの中にもヒントがたくさんありますよ。

長いお返事になってしまい、すみません。
次回は、サトワカさんのリ・ファリーヌのレシピでうまく焼けますように♪
サトワカさんのレシピ、とってもおいしいですよ♡
えららん |  2009.12.03(木) 21:24 | URL |  【編集】

こんばんは

詳しい説明ありがとうございます。
やっぱり銘柄が大事ねんですね!今度はリ・ブランで挑戦してみます。

サトワカさんのプログは拝見したことがあります。
ほんと素晴らしいですね。

たくさんの情報ありがとうございますv-22
まりあん |  2009.12.04(金) 22:21 | URL |  【編集】

まりあんさんへ

> 詳しい説明ありがとうございます。
> やっぱり銘柄が大事ねんですね!今度はリ・ブランで挑戦してみます。

いえいえ、あの説明でわかっていただけますか?
私がリ・ファリーヌに詳しければよかったのですが、失敗してウイロウにした経験しかないため、リ・ファリーヌのレシピを考えられず、すみません。
リ・ブラン、ほんとうにびっくりするほど膨らみます。
ぜひ、250グラムの小さな袋を買って試してみてください。
リ・ファリーヌとリ・ブランの両方の粉が使えるようになったら、ものすごーーーーくレパートリーの幅が広がると思います。

> サトワカさんのプログは拝見したことがあります。
> ほんと素晴らしいですね。

ご存知でしたか、よかった!
では、チャレンジしてみてくださいね♪
うまくお菓子が焼けますように☆☆☆
えららん |  2009.12.05(土) 10:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/286-5ae6f78b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |