2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.11.13 (Fri)

ホワイトソルガム粉と米粉パンの作り方

akiusagi☆さんから「うまく焼けないのは、どうして?」と質問をいただきました。
いつもパウンド型を使うそうなので、今日はパウンド型を使ってホワイトソルガム粉とリ・ブランのパンを焼くことにしました。
画像を入れましたので、わかりやすくなっているといいのですが。

また、akiusagi☆さんのパウンド型は私のよりも大きそうなので、生地の量も多めにしてあります。
もしも、パウンド型の3分の2近くになってしまうようなら多すぎですが……。
どうでしょう?

多すぎる場合には、余分な生地を別な耐熱容器に入れて作ってみてくださいね。
オーブン可のプリン型などに入れて作ると、ふんわりマフィンになりますよ~。
オーブン不可の容器の場合、蒸し器で蒸すところまでパウンド型と一緒に行えば、ちゃーんと蒸しパンになりますから、大丈夫です。

では、スタートしま~す♪

そうそう、画像が小さくて見にくい時には、クリックしてくださいね。
そうすれば、大きくなります。

【More・・・】

<材料(大きめのパウンド型1個分)>
♡リ・ブラン      115グラム
♡ホワイトソルガム粉  100グラム
♡タピオカ粉       15グラム
*膨らみは減りますが、片栗粉でも代用できます。コーンスターチを使うと高さは出ますが、少しパサつきます。

甜菜糖          20グラム
A1マーガリン       20グラム
塩             3グラム

白神こだま酵母       5グラム
温水(酵母用)      25グラム

温水(42度くらい)   190グラム
*気温や湿度によって必要な水分量が少し変わります。5グラムほど残して使い、生地の状態を見て足りなそうだったら全量入れてください。


<作り方>
1)ボウルに♡の粉類を入れ、泡立て器で混ぜ合わせておく。
2)1の粉類の上に甜菜糖をこんもりと盛り、離れた場所に塩とA1マーガリンを置く。
*発酵の善し悪しに関わるので、必ず、混じり合わないように入れてください。写真の左の茶色いのが甜菜糖、ピンクが塩、手前の黄色っぽいのがA1マーガリンです。
091113_0748~01


3)分量の温水に酵母を入れて15分ほど置く。この時に温水の温度が下がらないよう、温かい場所に置く。溶かした酵母を甜菜糖目がけて入れ、分量の温水で容器についていた酵母も洗うようにしながら入れて、泡立て器で全体を2~3分程度よく混ぜる。生地の温度が下がらないように注意する。
*甜菜糖を目がけて酵母を入れると発酵がよくなります。塩は酵母の発酵を抑制するので、溶かした酵母を塩にかけるとうまく発酵が進みません。生地の固さはホットケーキ生地よりも少し軟らかいくらいになります。太いリボンがたれ、すぐに他の生地とは混じり合わないくらいです。
*私は生地の温度を下げないようにするため、汚れてもいい服を来て、ボウルを抱きかかえるようにして混ぜてます。

091113_0805~02



4)分量外の塗った型に3を流し入れる。床から3センチくらいの高さから数回落とし、表面が平らになるようにする。
*量は型の半分より少し上になる程度です。
パウンド米粉パン型入れ090820_0617~01


5)天板の上に4を乗せ、四隅に湯を入れた湯のみを入れて、40度で30分前後、型の8分目まで発酵させる。
*発酵時に生地を乾燥を避けるため、湯のみから蒸発する水分を利用しますので、必ず湯を入れた湯のみを入れてください。うまく型の上までこないときには、5~10分発酵時間を追加してください。型のギリギリになるまで発酵させると、後の工程で蒸している間に型から溢れるのでご注意ください。

091113_0808~01 発酵前(型の半分) → 発酵後(型の9分目) 091113_0846~01


6)発酵が済んだらオーブンから出して、型ごと蒸気の上がった蒸し器に入れて、20分ほど蒸す。蒸し器のフタにはふきんを輪ゴムなどで固定し、生地の上にふきんがついたり、水滴が落ちないようにする。
091113_0848~01


7)230度に予熱しておいたオーブンに型を乗せた天板を入れ、230度で8分ほど焼く。
*少し焼き色がつく程度に焼きます。写真だとかなり茶色く見えますが、実際にはうっすらと茶色いくらいです。しっかりと茶色くなるまで焼き色をつけるまで焼くと固くなりますので、焼き過ぎ注意です。
パウンド米粉パン蒸しあがり090820_0729~01


8)焼き上がったら型からはずしてラックに乗せ、ふんわりとアルミホイルをかぶせて粗熱をとる。

パウンド米粉パン焼き上がり090820_0744~02

焼き上がると、こんな感じ。
小さな食パンみたいになります。

パンの断面を見ると、全体に大きめの気泡が入って、米粉パン特有のもっちり感はあまりなく、ふっくら、ふんわりしています。
甜菜糖のやさしい甘さがあり、塩味もするし、A1マーガリンの風味もあるので、そのまま食べてもいいですよ~。

091113_1011~02


焼き上がり直後、もしも焼き付いている場合には、無理矢理取り出そうとすると崩れてしまいます。
その時には型に入ったまま逆さにしてラックの上に置き、20分ほど放置しておいてください。
置いている間に型とパンの間に蒸気がたまり、パンの表面がふやけるので、型の側面にナイフを押し付けるようしながら刃先を入れてパンを入れて切り離せば、取り出しやすくなります。

粗熱がとれたらラップにくるんでジップロックなどの密閉できる袋に入れてくださいね。

時間がたつと少しぱさつく感じになるかと思いますが、トーストすると香ばしくなります。
A1マーガリンをぬってから砂糖&シナモンをかけてシュガートーストすると、ものすごーくおいしいですよ♪
あと、A1マーガリンを塗ってメープルシロップたっぷり、も最高です♪

akiusagi☆さんのパンが、うまく焼き上がりますように☆☆☆

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

えららんさん本当にありがとうございます。
凄く美味しそう♪
今日A-1マーガリンをネットで注文しました。ついでにホワイトソルガム粉も!
来たら早速作ってみます。
上手に出来ると良いなぁ。。
akiusagi☆ |  2009.11.13(金) 23:18 | URL |  【編集】

akiusagi☆さんへ

おはようございます!
見ていただいて、「?」と思うところがあったら質問してくださいね。
前にも米粉パンを焼いてくださったことがあるので、ほとんど同じです。
説明もれやわかりにくいところがないか、けっこう不安……。
これで不明点はないでしょうか???

ポイントとしては、酵母をきちんと溶かすこと(ぬるま湯に酵母を入れて混ぜたりせずに温かい場所に置く)ということと、生地の温度が下がらないようにすることさえ気をつけてもらえば、大丈夫かと。

akiusagi☆さんのふっくらパンがうまく焼き上がりますように!
えららん |  2009.11.14(土) 06:35 | URL |  【編集】

作りましたぁ

上手く焼けました~
ちゃんと膨らんで、綺麗にカットも出来ましたよ~
感動です。

今まで焼いたパンは、酵母の匂いが残って、最初「うっ!」ってなってしまったんですが、焼き上がりすぐでも良い香りでした。
モチモチふんわりで、とっても美味しかったです。
半分冷凍したので、明日はレンジでチンとトーストして食べてみます。

生地がレシピの水分量だとやっぱり少し固かったので足しました。
私の買ってるリ・ブランは何故かいつも水分足りないんですよね…なんででしょう。
少し足したら写真の様な固さになりました。
泡立て器だとキツかったので最後だけヘラ使っちゃいました。
泡立て器で混ぜる理由って何かあるんでしょうか?

でもでも今までで1番の出来で、美味しくて、やみつきになりそうです。
本当にありがとうございました。

あっ。生地の量は少し多かったので、シリコン型に残りを入れて焼きました。
パウンド型の方も入れすぎちゃった様で(型の2/3に達してたかもです)、発酵し終わり時点で型からはみ出てしまいました(笑)
akiusagi☆ |  2009.11.16(月) 23:17 | URL |  【編集】

akiusagi☆さんへ

上手に焼けて、良かったです!!!
大丈夫かな?とかなりドキドキでした~。

> 今まで焼いたパンは、酵母の匂いが残って、最初「うっ!」ってなってしまったんですが、焼き上がりすぐでも良い香りでした。

酵母は炭酸ガスとアルコールも出しつつ膨らんでいくので、うまく発酵させないと、白神こだま酵母の甘い香りが出ないんですよね。
白神こだま酵母って、いい香りですよね。

> モチモチふんわりで、とっても美味しかったです。
> 半分冷凍したので、明日はレンジでチンとトーストして食べてみます。

良かったです!
1枚ずつスライスしてジップロックに入れれば1か月くらい冷凍平気ですしね~。
私はトースト派ですが、すぐに食べるときにはレンジだとふわふわですよね。

> 生地がレシピの水分量だとやっぱり少し固かったので足しました。
> 私の買ってるリ・ブランは何故かいつも水分足りないんですよね…なんででしょう。

メーカーではリ・ブランの水分量を一定幅に収めていると思うのですが、開封してから保存している間に水分量が変わっちゃったりします。天気にも左右されるし、かなりデリケートなんですよね。
でも、一度、「これだ!」というのがわかれば、次回からは同様に調整すればいいと思いますよ~。
レシピはあくまで目安なので、あとはakiusagiさんの好みで調整して、自分だけの米粉パンを作ってくださいね♪

> 泡立て器で混ぜる理由って何かあるんでしょうか?

泡立て器でかき混ぜると、粉類と水分がまんべんなく交じり合います。
特に、酵母が生地全体に混ざるようにしないとキレイに膨らまないので。
ヘラだと、粉がダマになってもそのまま残ってしまいますが、泡立て器をつかってグルグルしていると、ダマがほどけて混じりますよね。

> でもでも今までで1番の出来で、美味しくて、やみつきになりそうです。

なんて、嬉しい言葉!
こちらこそ、上手に焼いてくださって、ありがとうございます!
米粉パン、やっぱりおいしいな~、と思います。
> 本当にありがとうございました。

> あっ。生地の量は少し多かったので、シリコン型に残りを入れて焼きました。

そうでしたかぁ、推測量がはずれてごめんなさい。
でも、いろいろと買ったシリコン型で可愛いパンが焼けたんですね!
さっそく“大人買い”が役に立ちましたねぇ~。
えららん |  2009.11.17(火) 14:06 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.02.08(水) 13:19 |  |  【編集】

鍵コメントさま

お返事が大変遅くなり、すみませんでした。

2歳の娘ちゃんは小麦、乳、大豆、卵白、魚などへのアレルギーがあるのですね。
ムスコも同じようなアレルギーがありますので、食べ物を選ぶ時にとても気をつかいますが、それだけに、一生懸命に手作りして、「おいしい!」と言ってくれたり、気に入ってくれて笑顔で食べてくれるととても嬉しいですよね。

米粉とホワイトソルガムのミックスで作ったパン、小麦っぽさが出ますよね。
娘ちゃんの「もっちもち」と嬉しそうに食べている姿が目に浮かぶようです。
そして、その娘ちゃんを笑顔で見つめてらっしゃる鍵コメントさんの優しいお顔も。

食べることができることは幸せなことですよね。
そして「おいしくなーれ、おいしくなーれ」と願いながら作られた食事には、たくさんの愛が込められていて、その愛情と食材の栄養とがあいまって健やかな心身を作っていくのですものね。

私のほうこそ、可愛いエピソードと鍵コメントさんの愛情をうかがうことができ、幸せをわけていただきました。
ほんとうにありがとうございます。

お互いに、マルチアレルゲンだと切ないこともありますが、でも、子どもの笑顔に元気をもらいながら過ごしていきたいですね♪

えららん |  2012.02.13(月) 14:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/268-15909a21

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |