2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.03.27 (Fri)

いちごの米粉マフィン

いちごの米粉マフィン090327_0832~01


今日のムスコのお弁当はパンです。
みんなは味付けなしのコッペパンですが、ムスコに持たせるは反則のジャムパン。
だって、食べ過ぎて飽きたらしく、生地の味をいろいろと変えてもあまり食べなくなってしまったから……。

そこで、普段はあまり食べさせないいちごジャムの登場!
米粉パンを喜んで食べなくなったムスコのために、大好きないちごジャムを入れた、いちごの米粉マフィンを作りました。

まめまめ日記のまめさんのゆきひかり米粉のマフィンのレシピを参考にして、ムスコが好きそうな味にアレンジしました。

特に根拠があるわけではなく、バナナを入れてるからメープルシロップを入れると水分多すぎだよなぁ~、とか、甜菜糖だけだとパンの香りに乏しいからイチゴジャム入れたほうがおいしいかしら、みたいな感じです。

調整したのは単なる私の勘だったのですが、できあがったマフィンは時間がたってもふんわりでした。
よかった、よかった。

【More・・・】


<材料>
ゆきひかり米粉    180グラム
コーンスターチ     15グラム
甜菜糖          5グラム

白神こだま酵母      4グラム
温水(酵母を溶かす分)  20グラム
*42度前後。指を入れて温かいと感じるくらいですかね? 私は酵母を冷蔵庫で保存していて冷え冷えなので、指を入れて少々熱いくらいの温度に入れて、入れた後が42度くらいになるようにしています。

菜種油          5グラム

バナナ(よく熟したもの) 100グラム

イチゴジャム       20グラム

温水(42度前後)    160グラム
*微妙にウイロウになりそうな感じだったので、少し控えめにして生地を作り、後で微調整したほうがいいと思います。


<作り方>
1)白神こだま酵母を温水に溶かし、5分間、温かい場所に置いておく。
2)ゆきひかり米粉とコーンスターチをボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせ、その上に甜菜糖を盛り、甜菜糖から離して菜種油を入れる。
3)よく熟したバナナをペースト状にしておく。
4)酵母を溶かした温水を甜菜糖にかけるように注ぎ、残りの温水で残った酵母を洗い流すようにしながら入れる。ペースト状にしたバナナも加え、数分間、よく混ぜ合わせる。
5)油(分量外)を塗ったマフィン型の半分まで4の生地を入れたところに、分量のイチゴジャムを容器の個数分に分けて入れ、その上にまた生地を流し入れる。写真のように、軽くフォークで混ぜてマーブル状にしても、混ぜずにジャムパン風にしてもいい。
6)生地を流し込んだマフィン型を入れ、温水を入れた湯呑み4隅に置き、40度で30分間発酵させる。もし型の上まで上がっていないようだったら、さらに発酵させる。
7)200度に温めたオーブンで17分間焼く。


焼き上がったマフィンは、それなりにキレイなマーブル模様になりました♪
ムスコも1口食べて、「おいし。もっと~!」
あー、よかった。
マフィンが失敗したらパウンドケーキを焼こうと思っていましたが、その手間が省けたわぁ。

今日は遅刻せずに保育園に連れて行けそうです。

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

13:23  |  米粉パン/小麦除去パン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/24-71e2f995

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |