2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.09.02 (Wed)

初めてのお泊まり旅(後編)

090827_1117~01

昨日は途中までしかご報告できず、すみませんでした。

旅の始まりは、東京駅。
ここから「スーパービュー踊り子」に乗って横浜に行き、あっちへ寄り道、こっちへ寄り道の予定でした。
なんのための寄り道かと言えば、すべてローカル線に乗るためですよぉ(←もちろん帰りも、電車に乗るために激しく遠回りして帰って来ました)。

東京駅で電車を待っていると、人身事故発生のアナウンス。
駅員は「踊り子は全席指定なので、振り替えはできません。運転休止も含めて復旧を急いでいます」と冷たい返事。
運休もあるって? えーーー!!
新幹線だって振り替えできるのに、たかがリゾート特急で振り替えできないって、どういうこと?

他のホームに入る電車を見せてつつムスコをなだめていると、やっと「踊り子」が到着。

運転席後ろの展望席に乗った瞬間、ムスコは「それ、たべる!」とおやつを食べ始め、車内販売の代替でも何でもありませんでした(笑い)

ホテルの敷地内に到着すると、電話で知らせた到着予定時間と大幅にずれたにもかかわらず、スタッフが入り口で待っていて迎え入れてくれました。

【More・・・】

090827_1444~02


部屋に案内してもらい、寝具が入った巨大トランクが届いていることを確認し、ホッと一安心。

勝手に荷物を開けてベッドメーキングをしてくれているもんだと思い込んでいたので、シーツと枕しかないベッドに、ちょっと驚きました。
そのすぐ後、「そんなこと、あるわけないだろっ!」と自分にツッコミ。
ホテルでは宿泊客の荷物を勝手に開けたりしないし、トランクの鍵すら預けていないだろうよ。
鍵もないのに人の荷物を開けたら泥棒だよ、もう。
こうやって、私はいつも勝手な思い込みで構築した妄想と、事実誤認の積み重ねの中で暮らしています……。 
この年でそうなっちゃ、早すぎ。マズいですよぉ(涙)


090828_0710~02

ムスコはベランダの向こうに広がる青空と海に興奮し、華奢な脚のテーブルに興奮し、あっちにもこっちにも興奮しまくり。
ベッドに乗って歌い、飛び跳ねて踊り始めました。

「ベッドで飛んだらダメでしょ」と言いつつ、ベッドの上の枕を触ったら、なんとそば殻!
「いやー、そんなの触らないで! ベランダに出てて! 深呼吸しちゃダメ!」とムスコを夫におしつけてフロントに電話。

なぜ予約時に頼んでおいた綿素材の枕になっていないのか聞くと、「ひとつしかなかったので。羽毛ではないものにお取り換えしたのですが、失礼いたしました」。
ええええー?

それなら、「羽毛ではなく、綿素材の枕に替えられますよ」って返事しちゃいけないじゃないのよ!
枕がないならバスタオルを重ねて使うようにするから、すぐにそば殻を片づけてくれと言うと、すぐに来てくれました。

この時、「申し訳ありません」とは言ったけど、恐縮した様子もないし、平謝りでもなかったので、もしかするとホテルの従業員教育として、「いかなる時にも騒ぐな。客が言ったことに対して驚いた顔をするな」みたいなモットーがあるのかも!?
だから、食物アレルギーの対応などをお願いした時もまったく驚いた素振りも見せず、「できると思います」と言ったのかも!?
だとしたら、事実と照らし合わせてできないことはできないと言おうよ。
勝手な判断で、「大丈夫だろう」と思わないでくださいよ~。

やっぱり、アレルギーのこと、あんまりよくわかってなかったんだね。
自然素材だからいいだろうと考えてくれたみたいですが、「どうなのかな?」と思ったら、確認してから部屋に持ってくるようにしてほしかった。
ムスコが知らずにそば殻枕で遊び、それで寝たら喘息の発作を起したのではないかと思うと、怖いですよぉ。

風邪菌には濡らしたタオルを塗らして振り回すのが効果ありと聞いた気がするので、意味があるかどうかわからないけど、ひとまず濡らしたタオルをベッドの上で振り回し、そば殻の粉末排除対策(←効果あったか?)。
しっかりと換気をしてからムスコを部屋に入れました。
またムスコはこぼれんばかりの笑顔でベッドによじ登り、トランポリンのようにジャンプ、ジャンプ。

すると、今度は目のまわりをガリガリと引っ掻き始め、「おかーさん、かゆい。カイカイー」。
ムスコの顔を見ると、細かい湿疹が目の周囲にびっしりと出てきました。
鼻水の調子が悪くなり、くしゃみもたくさん。
これって、ハウスダストですか?

そういえば、予約時に「羽毛の寝具はすべてダメです」とは伝えたけど、「ベッドマットにはしっかりと掃除機をかけ、押し入れに長期収納しておいたベッドパットなら日干ししてから掃除機をお願いします」とお願いしなかったから、当然、掃除機なんてかけてないよね?
普通はしないもんね。
私だってムスコが生まれるまで、そんなこと考えたこともないもん。

ベッドは寝るところで飛び跳ねるところではないけれど、自分の家では遊んでも大丈夫な場所という認識があるだけに、ムスコにとっては遊ぶと痒くなるという相関性が理解できなかった模様。
「ベッドで遊ぶとカイカイになるよ!」と言うと、「なんでー、どうしてー、じゃあ、おうちのベッドであそぶ!」と不満顔でした。

アレッ子の家の「常識」は、他の場所では「非常識」。
そういうことなんですね。

090827_1457~01

せめてシャワーを浴びさせて痒みをおさえようと思ってアメニティを見たら、オシャレブランドのL’OCCITANE。
いくら植物原料を使っているからと言っても、強い香料と添加物は、ムスコにはムリムリ。
私が独身OLだった時には好きだったブランドですが、ムスコを妊娠してつわりになってからは香料を一切受け付けなくなってしまいました。

聞いたこともないようなメーカーの安い石鹸だったら、ムスコには使えたかもしれないけど。
あーあ、石鹸類、忘れちゃったな(泣)
手だけは痒くなってもL’OCCITANEを使わせようかなぁ……。

090827_1453~01


ジャブジャブとシャワーをかけてさっぱりした後に見回せば、シャワーカーテンのないユニットバスは便器までビシャビシャ。
洗濯物を干すロープがついていたのは嬉しいけど、シャワーカーテンなしはキビシイですよぉ。
隅っこで浴びても、水が飛び跳ねますから。

食事に行く時間。
ドレスコードがあるので着替え(←サンダル、半ズボンNG)て、レストランに向かいました。

私たちはグリルのコース(サラダ、肉、魚、デザート)を頼んであったので、シェフが炭火で焼いているのを見ながら食事ができる海に面したテラス席を勧めてくれたのですが、ムスコがおとなしくしていられるハズもないので、屋内の席へ。

席について30分。
何にも食べ物が出てきませんが?
私たち、予約時に「子どもが待っていられないので、予約時間に合わせて食事をお願いします」と言っておいたと思うんですけど?

炭火焼きだと焼き立ての香ばしい香りも食事の一部だし、席につく姿を見てから焼き始めるサービスは素晴らしいとは思うのですが、せめて何か場をもたせるようなものをお願いしますよ。

催促すると45分後、海老やムール貝などの魚介類とミニハーブのサラダが登場。
サウザンアイランドらしきオレンジ色のドレッシングもたっぷり。
ねえねえ、ムスコはそんなの食べられませんから。
待っていられないのは大人じゃなくて、ムスコなんですよー。

レストランの照明がムーディーで暗かったため、携帯電話の写真では撮れませんでした、ごめんなさい。

再び、催促。
すると、「お子様用のご飯とガスパチョをご用意しています。スープベースはフォンドボーでよろしいでしょうか?」
はあ? ありえないー!

間髪入れず、「ダメです!牛肉は食べられないとお伝えしたハズです。もう作ったんならいな……」と「いらない」と言おうとした私の言葉を遮って、「大変失礼いたしました。すぐに別のものをお作りします」。

フォンドボーを入れたガスパチョのほうが、他のスープストックを使ったものよりもおいしいだろうと考えてくれた気持ちは嬉しいですよ。
嬉しいけど、アレルゲンはアレルゲンですから。
どんなにおいしくたって、救急車のお世話になるのはイヤですからー!

ムスコ用のご飯とガスパチョ、かわいい器に盛りつけられて並びました。
でも、ゆきひかりの味になれているからなのか、出てきたご飯、パサパサしておいしくない……。
ムスコはほとんど食べず、大好きなふりかけをかけても食べず、ご飯もスープも無視!
わざわざ作ってもらったので悪いので、すべて私のお腹に収まりました。

その後にきた、食べきれない量の地魚。
炭火の香ばしい香りはもちろんですが、鮮度が良くて脂がのっていて、ほんとうに美味しかった!
旬の地魚、最高♪
ムスコは魚を主食とおかずにして、もりもり食べていました。

メインディッシュの豚肉のロースト。
魚ですでにお腹いっぱいになっているところに、「メインディッシュでございます」と運ばれてきた豚肉。
「こんなに食べられるかよ!?」と思っていたのに、お腹がいっぱいでも食べられるくらい、あっさりとしていて、上品な味でした。

デザートにはアレルゲンフリーのシャーベットを用意してくれていたらしいのですが、ムスコと私はギブアップ。
夫の分から一口もらうことにしました。

フランボワーズのシャーベットとココナツのシャーベットの盛り合わせだったので、ココナツのシャーベットをちょっとだけムスコに舐めさせました。
「おいしい♪」
ムスコはニコニコしましたが、直後に「もう、いらない」

冷たいから好きじゃないのかと思って私が味見すると、やだー、ココナツのシャーベットにはヨーグルトが入っているじゃないのよ!

慌ててスタッフに、「このシャーベット、ヨーグルトが入ってますよね? なぜですか?」と聞くと、「お子様用には別にご用意してありまして。こちらは皆様用でございます」。

そうですかー、「ちょっと味見」はNGだったのね。
フランス料理って人の皿から取って食べたらマナー違反だもんね。
子どもだって、マナーはマナーだもんね。
そういうことなんですね。

ムスコにはヨーグルト負荷をして下痢&高熱を出した経験があります。
今回はごく少量だったので、蕁麻疹ポチで済みました。
小麦じゃなくてよかったよ~(泣)

食事が終わった後は長者ケ崎まで出て、山の向こうから時折見える逗子海岸の花火大会を楽しみ、かなり遅くなってから就寝。
ムスコはあっちもこっちもそっちもガリガリでしたが、動き回った疲れで眠れたようでした(←私はムスコの「ボリボリ」と引っ掻く音と動きが気になって眠れなかったけど)。

翌朝、夜明けとともに起床。
いつも起きている時間に目が覚めてしまったババくさい私。
リゾートだっていうのに、二度寝、できませんでした……。

090828_0825~01
090828_0824~02


シャワーを浴びて朝ご飯に出かけると、母と夫用にオムレツ・ソーセージ・サラダなどの洋風の朝食。
肉と卵を食べない父には、スモークサーモンとムール貝とサラダの朝食。
ムスコと私には、ご飯とみそ汁とアジの干物でした(←なぜか魚の頭の盛りつけ位置が反対です)。

別にいいんですよ、私が干物でもいいって言ったから。
でも、おいしい魚が豊富にとれる場所なのに、こんなにひからびたマズイ干物を出さなくてもいいんじゃなかろうか。
それに、子ども用のみそ汁に生の小口切りのネギはムリですよ。
みそ汁はとてもおいしかったのですが、ムスコは生ネギの匂いで食べませんでした。

結局、ムスコが食べたのは、私が焼いていった固くなったパンと、ホテルの手作りのイチゴジャムだけ……。
せっかくレストランのスタッフに手をかけてもらった意味なし……。

朝食が終わってから部屋に戻り、ちょっとまったり。
ミネラルウオーターを持って散歩に出ようとしたら、なんと300円って書いてあるじゃないですか!
コンビニだった100円のものが、300円?
今はビジネスホテルでも2本くらいは無料のミネラルウオーターがあるけど?
ラグジュアリー・ホテルだと思っていたけど、ラグジュアリー・ホテルっていうのは、コスト管理が厳しいんですね。


いろいろとヒヤッとしたことはありましたが、全体的に考えたら、とてもホテルのスタッフはよくしてくれましたし、気持ちよく滞在できました♪

今回泊まったのと同じホテルに次回も行ったら、トラブルなしで滞在できるかも!?
ちゃんと「お客様の声」として残してきたこと、わかってくれたかなぁ。

ムスコは初めての立つ砂浜にも、小さな波にもいちいち「きゃー、きゃー」と嬉しそうで、その顔を見ていて、こちらも幸せな気持ちになったのでした。

帰り道、「また、ぽてるにいこうね。でんしゃにのろうね」とニコニコするムスコ。
私はムスコの「ぽてる」という言い方に胸がキュン♡
知らない単語がいっぱい出てきたもんねー。
後でお話しようと思って、一生懸命、覚えたんだね。

旅に出るとクセになりますね。
今度はいつ行けるかな?

それまでに、ムスコのために固くならない米粉パンを開発しないとね。
よーし、頑張るぞぉ!

ムスコの初めてのお泊まり旅を応援してくださった皆様、どうもありがとうございました♪♪♪

キョーレツに長い記事ですみません。



<今回の旅の教訓>

1)ホテルとのやりとりは必ずファックスかメールにし、誰が見てもきちんと情報が伝わるようにしよう。
2)相手がどんなに忙しそうでも、気になることは細かいことまで確認しよう。
3)アレッ子の常識は、一般人の非常識と心得よう。
4)失礼だと思わず、「掃除機をかけてね」「しまっておいた寝具は布団乾燥機でダニ退治してね」と頼もう。あるいは「掃除機かーしーて♪」と言おう。
5)石鹸は持っていこう。
6)ミネラルウオーター1本は持っていこう。




にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

お疲れ様♪

楽しくて、ハプニングありの旅行記ありがとう♪

すてきなホテルですねぇ~。でもけっこう、いろいろあるものなのですね(苦笑)。

ちなみに、我が家的ホテルチョイスは、
1朝食がホテルでとれる(アレルギー的に)
2お風呂が広い(できれば洗い場つきだと良い)
3部屋が広い
4できればリーズナブルな価格で

って感じです。あんまり高いホテルじゃないから、羽毛の心配はしたことなかったわー。
枕、羽毛だったのかなぁ・・・?(ええーっ)

この夏泊まったホテルも、バスとシャワーが別々になっていたので、子連れには助かりました。
お風呂問題、大きいよね~。

旅館にも泊まってみたいけど、そうすると食事問題と羽毛問題がついてくるし・・・。

ムスコくんが楽しんだのが、何より!

母の疲れも苦労も、子どもの笑顔で吹っ飛ぶよね~。
また、ぜひチャレンジしてください!
むう |  2009.09.02(水) 19:41 | URL |  【編集】

わーわーわー

お疲れ様です。
どきどきしながら読んでしまいました。
誤食らしきものもあったのに、
大きな事故にならなくてよかったですね~!

いやしかし、やっぱり対応になれていないホテルだと厳しいですねー。
45分は絶対うちの子は待てません。
てか、椅子席で待てるのがチョーおりこうさんだなって思います。

いやいやしかし本当にお疲れ様です。
でもこれが自信になって
またポテルにいけるといいですねー!
にゃんこ |  2009.09.02(水) 20:46 | URL |  【編集】

こんばんは

ドキドキウルウルしながら
読んじゃいましたi-182
いろんなことがあったんですねi-204
えららんさん、お疲れ様でしたi-175
息子さんなりに楽しかったでしょうねi-185
初めてのことだらけだったけど、
たくさん学ぶこともあって、いい旅になりましたねi-186
また楽しい記事楽しみにしてますねi-88
しまじろう |  2009.09.02(水) 23:24 | URL |  【編集】

おう。
結構きていますね~。

私はまだチビが大人しく出来ないし、できない事で疲れるし迷惑がかかると思って、ルームサービスを利用したので(TDLの旅行のとき)、待ちでやきもきはしなかったけど、長いね~。

多分ね~「出来ません」っていう事を言ってはいけないんじゃないかな?
出来ないというのではなく、話を聞いて出来るだけの対応をしよう、っていう教育なんじゃないかな~。

私も接客していたのでなんとなくそう思います。

でも、知らないことは知らないっていうことも大切ですよね、知らないけど指示をいただければ出来るだけその指示に従うよう努力します。みたいな。
アレルギーにしてもそのほかの持病で対応を頼むにしても確認をされたサービス内容を勝手に変更するのは危険だよね。
と、アレルギー児を育てるまでは気づかなかったことを考えちゃった。

接客って極めようとするとサプライズ的なことを仕掛けたくなったりするのよね~。
だから責められないんだけどね。
自己満足の世界だわ~と今になってちょっと反省。
自己満足しちゃったら、本当の意味でのホスピタリティから離れちゃうよね。自分が勝手に満足しちゃうだけなんだからさ~。
(今回のホテルに対してじゃなくてね)

http://happyfu-fu.com/zensoku/seikatsujutsu/genki/travel/tdr.html

このサイトTDRの宿泊に関してのものだけど、寝具のこととか参考になると思います。

そうそう、ゆきひかりっておいしいんだ~って宿泊して初めて気づいたりしますよね。
無農薬だからか??
チビもふりかけかけても全く食べなかったもんあ~。
でも、うちの子フルコースの反対の出し方じゃないと米食わないんだわ。
まずご飯、ある程度食べてメイン・・。
メインをさきにだすとそれしか食べず、結局お腹がすいてうるさいことになるんよね~。


あとあと、ホテルとの連絡の件はまずえららんさんが言っていたように向こう側の温度を確認するためにまずは電話。
詳細はメールやfaxで、最後に電話っていうのが一番かも。
メールだと電話じゃ言いにくい細かい指示や報告の催促をしやすいんだよね~。
メールの返信の速さで誠実度を測ったり(笑)

我が家はケチなので宿泊先にはお酒や飲み物を近くのコンビニとかで買って持ち込みます(笑)

とうこmama |  2009.09.02(水) 23:36 | URL |  【編集】

むうさんへ

超長い記事を読んでくださってありがとうございます♪
そうなんですよー、やっぱり初心者、予想しないことがたくさんありました!

> ちなみに、我が家的ホテルチョイスは、
> 1朝食がホテルでとれる(アレルギー的に)
> 2お風呂が広い(できれば洗い場つきだと良い)
> 3部屋が広い
> 4できればリーズナブルな価格で

これ、正しいです!
私も2以外の条件を満たしたいと思って探したのですが、「じゅうたん不可」「寝具が化繊か綿」と言うと、とにかくなくなっちゃうんですよー。
旅館や民宿でも私はいいんですけど、古い畳も怖い……。
「お風呂が広い」なんて夢のようで考えたこともなかったですけど、そのほうがいいですよね~。
次回は頑張って探してみたいなぁ(←どんだけ条件の難易度アップするつもりなんだか!?)

> 枕、羽毛だったのかなぁ・・・?(ええーっ)

じいじ&ばあばも一緒の旅だったので部屋に行ったら、全部、本当に羽毛でしたよ!
羽毛の枕って、羽毛だけだとフワフワしすぎるから小豆大のプラスティックビーズみたいのが入っているらしく、夫が「ねえねえ、これ、ビーズだよ。軟らかいところがあるから、大丈夫なんじゃない?」。
怒りを押し殺して、「あのさー、これ、羽毛でしょ? 触ると軟らかいし、カバーをはずしてよく見ると、羽毛の形が見えるでしょ?」とドスのきいた声で言っちゃいましたよ。
もう、羽毛か綿か化繊か区別できるようになれっ!

> お風呂問題、大きいよね~。
大きいです、大きいです、大きいですよー。
ビシャビシャなトイレ、ほんとうにイヤです。
足ふきマットだって、ぐっちゃぐちゃ、ですから(←足を拭く意味ナシ!)

> 母の疲れも苦労も、子どもの笑顔で吹っ飛ぶよね~。
> また、ぜひチャレンジしてください!

そうなんですよね、ムスコの笑顔がなにより!
でも1度旅に出ちゃったら、旅心がうずいてうずいて仕方ないです。
「アイ・キャント・ストップ~♪」みたいな感じです(←この歌、知らなかったら、私のほうがずっと年上です、エヘ)
えららん |  2009.09.03(木) 12:56 | URL |  【編集】

にゃんこさんへ

一緒にドキドキしてくださって、ありがとうございます♪

そうなんですよー、怖かったです。
「誤食」がありましたけど、結局、私が食べさせたから、私の非なんですよね~。
味見させる前に聞けばよかったのに、聞かないのが悪いんですけどね~。
でも、腑に落ちない……。
最初に「みんなにムスコと同じアレルギーフリーの食事にしてくれていい」と言ったのに、なんだか「みんな用」と「ムスコ用」にわけられちゃって。
食材を限定されるとやりにくいんでしょうね、たぶん。
自分たちにとって「パーフェクト!」と思える料理を出したいだろうし。

アレルギー対応って、ほんとうに難しいですよね。
だから、アレルギー対応に慣れたホテルやレストランを見つけたいんですけど、なかなかいい情報が見つからなくて。
「アレルギー対応できます」って書いてあっても、電話してムスコのアレルゲンを伝えるとビビりますしね~(笑い)
食アレ・ママたちのブログが頼りです(笑い)

> 45分は絶対うちの子は待てません。
> てか、椅子席で待てるのがチョーおりこうさんだなって思います。

いやいやいやいや、そんな芸当ができるわけないですー。
ムスコは椅子にちゃんと座っていたわけでなく、椅子から半分ずり落ちたり、椅子の下に隠れたりして私に叱られてました(笑い)

でもまた「ぽてる」に連れていってあげたいなー。
っていうか、私が料理・掃除・洗濯をしなくてもいい環境に行って、ストレス解消したいっていうほうが強いかも、です(笑い)
アレルギー対応がきちんとできるホテルを見つけて、また行きたいと思います(←自分の心の健康のためにも♡)
えららん |  2009.09.03(木) 13:07 | URL |  【編集】

しまじろうさんへ

「こらっ、途中でレポートを終わるな!」と叱らないで、続けて読みに来てくださったうえ、ドキドキウルウルしてくださって、ありがとうございます♪

そうなんですよー、いろいろあったんですよー。
私、アレッ子と旅をするってこういうことなんだ、って目からウロコが落ちまくりでした。

それに、かれこれ3年近くアレッ子を育てているので、以前、自分がやっていたことを忘れちゃうんですよね。
「ホコリじゃ人は死んだりしない!」と言って掃除もせずにいた自分とか、
プリンとケーキとお菓子を毎日の主食とし、「コンビニの新商品情報なら任せて♪」と友達に自慢していた自分とか、
ありえないことだらけでした(笑い)

冷静になれば、私の昔ことは極端だけど、普通の人の感覚は「まあ、こんなもんだよね」とは思えるんですけど、渦中の時には「いやー、やめてー!」って叫んじゃいますね(笑い)

いろいろあっても、やっぱり旅は楽しいです。
また行きたくなっちゃいました!
えららん |  2009.09.03(木) 13:22 | URL |  【編集】

とうこmamaさんへ

とうこmama先輩の足元にも及びませんが、私も頑張ってみました!

> 私はまだチビが大人しく出来ないし、できない事で疲れるし迷惑がかかると思って、ルームサービスを利用したので(TDLの旅行のとき)、待ちでやきもきはしなかったけど、長いね~。

ほんとうに時間がかかりますよねぇ。
レストランで待っているより、ルームサービスはさらに時間がかかるもん。
「私が作るから、フライパンを貸せ!」って言いたくなっちゃいますよ(笑い)

> 多分ね~「出来ません」っていう事を言ってはいけないんじゃないかな?
> 出来ないというのではなく、話を聞いて出来るだけの対応をしよう、っていう教育なんじゃないかな~。

ビンゴ!
絶対にそうだと思う!
ネガティブ表現はしちゃいけないホテルだと思うわ。
ホテルに籐イスの車椅子が置いてあったので、海辺に散歩に行く時に、ムスコのベビーカー代わりに借りたいと言ったら、眉毛を八の字にして困った顔をしながら、「これはホテルの敷地内用でして……。お近くまででしたら、どうぞ」。
拒否できなかった模様(笑い)
私たちがホテルに戻った時、車椅子が壊れず、砂まみれになっていなかったのを見て、ホッとしたような顔でした。

> でも、知らないことは知らないっていうことも大切ですよね、知らないけど指示をいただければ出来るだけその指示に従うよう努力します。みたいな。
> アレルギーにしてもそのほかの持病で対応を頼むにしても確認をされたサービス内容を勝手に変更するのは危険だよね。
> と、アレルギー児を育てるまでは気づかなかったことを考えちゃった。

そうそう!
私もムスコがいなかったら思いもよらなかったわ、「親切がありがた迷惑」だなんて。
客が言ったことを言ったとおりにするっていうのも、難しいことなのね~。

って、とうこmamaさん、接客業についていたことがあったの?
どうりで、気配りが上手なハズよね。
今度からそういう目で見て、とうこmamaさんのテクに学びたいと思います♪

ディズニーランド、アレルギー対応がスゴイっていうもんね。
やっぱりマニュアル化されていると安心感があるよね~。
ヘタなところに行くより安心とは思うんだけど、宿泊が~。
日帰りできないことはないけど、行き帰りの激混みと、アトラクションの激混み、レストランの長蛇の列で、帰る気力なんてなくなっちゃうと思うんだよなぁ。

ねえねえ、とうこmamaさん、ちびちゃんてディズニーランド楽しめた?
ムスコはミッキーマウスと、ディズニー・リゾートラインしか知らないんだけど……。
小さい子でも楽しいのかしら?

ホテルとの連絡は、電話して伝えてからファックスかメールで強烈に長いメッセージを送ってビビってもらってから、再び電話で確認するのがいいよね(笑い)
電話だけだったら、「それほど重症じゃないのか?」と思われたのかもしれないわ。
宿泊拒否されるとイヤだから、ついつい「別にムリだったらできなくてもいいんですけど……」みたいなことも言っちゃったしなぁ。

元接客業のとうこmamaさんのホテル交渉術って記事、今度どうですか?
コミュニケーション術、教えてください~。
えららん |  2009.09.03(木) 13:40 | URL |  【編集】

おほほ~。
接客していましたが、大した交渉術はないですよ。
ただ粗探しが細かい気がする(汗)
私はチビに今のところ呼吸器系の症状が出ていないから、寝具に関しては確認していません。ただ、ホテルだったらベットガードとか壁にくっつけられるか位しか確認しないです(汗)
電話も向こうからかかってくるまでかけないし(ひょえー)
だって、断られたらショックなんだもん(って、根本的に間違っているわ)

メールに関しては、
食事に関しては食べれるものを全部列挙する。
例えば大豆だったら、納豆、豆腐、豆乳は大丈夫だけど大豆油、きな粉はダメ、とか。
油はオリーブオイル(出来れば外国産)、グレープシードオイル、菜種油で、とか。
後は、ご飯の持込(今はしていないけど)のこととかお替りのこととか。

そういうこと全部をメールでガツンを送るのよ。
食べれるものを書いてるから食べれないものは使わない気がしない?

調味料に関してもこれはダメって言うのを書いたり。
味噌は、麦が入っているとダメです、とかね。

後はメニューが決まったら教えてもらってチェックを入れる。
これは何が入ってます~?みたいな。


TDRのときはホテルのレストランメニューを全部送ってもらったよ(笑)
どれか食べれそうなもの無いかな~と思って(笑)
ルームサービスは、早めに注文して時間を指定していたら待たなくていいからお勧めよ~。
気分はでないけどね。
子供がチビっこが故の防御策ですわ。

チビは結構早い段階でミッキー好きだったから、舞浜に着いた途端いたるところにある、ディズニーキャラクターの写真?を見ては大興奮!
プーさんのハニハンも何とか泣かずに済んだし、結構乗り物も乗れたよ~。詳しくはレポを!
http://toukomama.blog94.fc2.com/blog-entry-134.html#cmf

今ならミッキー以外のキャラクターもしっかりインプットされているからもっと喜ぶだろうな~。
飛行機が別料金になる前にもう一度行きたい~!!!

えららんさんもTDR行ったら目からうろこ落ちるよ~。

しかし、私の何を見て気配りが上手だなんて思うのかしら~??
むしろ気がきかない人間ですバイ。

あ、前のコメントの扇風機の下り、私も一緒よ~♡
仕事もして無いくせにね~(ーー;)
とうこmama |  2009.09.03(木) 20:38 | URL |  【編集】

とうこmamaさんへ

おっはようございますぅ♪
とうこmama先輩、早速レクチャー、ありがとうございます!

> 接客していましたが、大した交渉術はないですよ。
> ただ粗探しが細かい気がする(汗)

そこが大事、気づくことが大事なのよー。
私はどこまで言っておいたら安全なのかとか、相手はどういう行動に出るのかまったく予期できないから、今回はヒヤヒヤする結果になっちゃったわけで。
その観察眼、ほしいわぁ~。

>電話も向こうからかかってくるまでかけないし(ひょえー)
> だって、断られたらショックなんだもん(って、根本的に間違っているわ)

それ、すごいわ……。
その強気の交渉術、身につけたい……。
相手の顔色をうかがって譲歩しちゃう私、交渉以前の問題だわ……。

> そういうこと全部をメールでガツンを送るのよ。
> 食べれるものを書いてるから食べれないものは使わない気がしない?

次回はそうしようと思います。
でもさ、書いているうちに「外食だし、ちょっとならいいかな?」と思い始めたりしません?
私はあれこれ考えてて「きなこ2グラムなら大丈夫だから、風味付けなら使っていいしなぁ」みたいに考えたりして、どんどん除外しちゃうんですよねぇ。
数が少ないほうがチェックしやすいかな、みたいな。
あ、これってすでに交渉で負けてるよね?
うーん、意識して強気でいないと、すぐに弱気になっちゃうからダメだわ。
おしっ!気合い入りました!

> ルームサービスは、早めに注文して時間を指定していたら待たなくていいからお勧めよ~。

言われてみれば、「時間指定」っていう手があったわね。
今度使わせてもらいます~。

記事、読みました~。
写真もあって、イメージが膨らみましたよー。
どうもありがとう。
確かに行ってみたら目からウロコかも。
どんどんディズニー体験してみたくなりました!

> しかし、私の何を見て気配りが上手だなんて思うのかしら~??
> むしろ気がきかない人間ですバイ。

気がきかないってことは、あり得ません!(断言)
とうこmamaさんのコメントを読んで(書き込みも返信も両方ね)、気配りの人なんだな、って思うのよん♡
えららん |  2009.09.04(金) 07:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/190-d83d414a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |