2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.09.01 (Tue)

初めてのお泊まり旅(前編)

090828_0925~01


ムスコと一緒に、初めてのお泊まり旅に行ってきました。
行った先は神奈川県・湘南にある葉山ホテル 音羽ノ森
来日した際にマイケル・ジャクソンも訪れた長者ガ崎の高台にあるラグジュアリー・リゾートホテルです(←彼のサインをプレートにして飾った椅子を見て、初めて知りました)

ネットで調べている時に遭遇。
見るからに素敵で、高級そうなホテルです。

別にアレルギー対応ができるとうたっているわけでもないのに、「こういうホテルなら、できるに違いない!」という希望的観測のもと、ここに決定しました。

ドキドキしながら「アレルギー対応できますか?」と聞くと、さも当然のように「スタッフと相談いたしますが、できると思います」。
「アレルギー」という言葉を聞いた瞬間、電話の向こうで凍りつくような様子も、「あー、面倒くせー」っていう雰囲気もなく、かえって私のほうが「で、で、できますか? 泊まりに行ってもいい?」みたいな感じでしたよ。

宿泊前のやりとりはホスピタリティ溢れるもので、アレルギーを特別視するのではなく、宿泊客の個性ととらえているようでした。

相手が質問攻めにせず、すんなり受け入れてくれることを予期していなかった私は少々、不安でしたが、行ってみると、ほんとうに一般客と区別なく、「喜んでほしい」と考えて、いろいろと準備してくれていました。

【More・・・】

090827_1449~02

フロントから部屋へと向かう廊下から見える景色は、緑がいっぱい。
ホテルの裏側は遊歩道になっていて、木々や花々が植えられています。
そのおかげで空気が澄んでいて、深呼吸するととても気持ちがいいです。

ムスコを連れて行く場所として必須条件のひとつは、喘息の発作を起こすリスクが少ない空気がキレイなところ。
ということもあり、このホテルの緑と海がある立地条件も大きな魅力でした。

でも、ホテルの前は海沿いに国道が続いているので、かなりの自動車の通行量はあります。
幸い、ムスコは大丈夫でしたが。


090828_0925~02
090827_1732~01

遊歩道へと向かう階段の突き当たりにはチャペルがあり、荘厳な雰囲気もあります。
青空と緑の中、ちょっと日本風ではない景色を見ていると、日常のわずらわしさから解き放たれるようで気分がいいですね。

この遊歩道を歩いていくと、海を見ながら楽しめる温水ジャグジーがあります。
ここにも十字架と鐘があり、エキゾチックな雰囲気です。

ムスコをジャグジーに連れてきたら、ボコボコする水流が子どもには強かったらしく、半泣きになりながら、「いやー、はいらない」。
せっかく、水遊びをさせてあげようと思ったのに、即却下されました(笑い)

ジャグジーのまわりにはデッキチェアがたくさんあり、日光浴をしながら本を読んでいる人たちもいました。
もちろん、カクテルグラスを傾けつつ、海を眺めている人も。
こういうところ、とってもリゾートっぽいです。

090827_1447~01


さて、私たちが案内された部屋は、コーナーバルコニーツインという部屋でした。
私たちの部屋は寝具持ち込みでぐっちゃぐちゃなので、写真は両親が泊まったバルコニーツインです。

私たちの部屋は床がフローリングになっていて、入口のあたりだけ石張り。
床暖房をしてあって、裸足で歩くのが心地よかった!
写真の石畳の部屋は床暖房ではないのか、ひんやりとしていました。


090828_1007~03

部屋のバルコニーには椅子とテーブルが置いてあり、海の青いグラデーションを見ながら、のんびり寛ぐことができます。

ムスコはこの場所がえらく気に入り、出たり入ったりしては踊っていました♪
キャーキャー、奇声をあげつつ……。
どんなに説明してもやめず、そのうちベッドの上で飛び跳ねてました。
これまでに見たこともないあまりのはしゃぎぶり。

隣にはリゾート気分を楽しみにきた女性グループがいたり、その隣はハネムーナーだったりして、日常を感じさせる音なんて聞きたくないだろうに……。
私がもしお隣さんだったら、「うっるせーなー」って舌打ちしてるわ、きっと。
ムスコの発する騒音、ほんとうにごめんなさい。

ここまで素敵なことばっかり書いてきましたが、もちろん、宿泊するのはバリバリのアレッ子のムスコと、救急車を呼ぶような事態は避けたい母。
当然のことですが、順風満帆とまではいきません。

せっかく善かれと思ってやってくれたことが裏目に出て、「きゃー、やめてー!」みたいなこともあったりして。

今日はここまで書いて時間がなくなってしまいました……。
続きはまた明日ということで。

「なになに? なにが起こったのよー!?」と気になったしまった方々、ごめんなさい。
ご面倒をおかけしますが、また明日遊びにいらしてくださったら嬉しいです。
頑張って書き上げておきます、ハイ。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

素敵なところですね~~~!
ジャグジー入ったら出てこれなそうww。
子供はあまり好きじゃないよね。
温度の高さもあるらしいけど。
ええ、だってアレッ子のお風呂はぬるま湯ですからー。

ドキドキしながら続きを待ってます♪
こむぎこ |  2009.09.01(火) 14:49 | URL |  【編集】

こんばんは

旅行日記楽しみにしてましたよ
明日ももちろん遊びに行く来ちゃいます
何が起こったのか気になる
とても自然のキレイなとこですね
私も旅行に行きたくなりました
旅費が無料なうちに(笑)
無事に帰宅することが出来てホント良かった
しまじろう |  2009.09.01(火) 22:44 | URL |  【編集】

こむぎこさんへ

ほんとうに素敵なホテルでした♪
20室しかない小さなホテルなので、スタッフがとても優しくしてくれました。
子どもがいると、エレベーターのドアをあけておいてくれる、とか、ちょっとしたことが有り難いですよね。

> ジャグジー入ったら出てこれなそうww。
> 子供はあまり好きじゃないよね。
> 温度の高さもあるらしいけど。
> ええ、だってアレッ子のお風呂はぬるま湯ですからー。

そうなんですよー。
ムスコがいなかったら、私もデッキチェアに横になって本を読んだり、ジャグジーに入りつつ海を眺めておセンチになってみりしたかったです~。
アレっ子だとぬるま湯ですよねー、やっぱり。
それに肌への刺激も厳禁ですね。
塩素も入浴剤も噴き出す水流もダメなんですねぇ。
もっと入りたかったー!

> ドキドキしながら続きを待ってます♪

私にとっては「えー!」「なんですってー!」と大騒ぎしちゃいましたが、旅の経験者にとっては「そうやって大人になっていくのよ、ウフフ♡」くらいの感じかもしれません(笑い)
えららん |  2009.09.02(水) 07:17 | URL |  【編集】

しまじろうさんへ

旅行の記事、楽しみにしていてくださって、ありがとうございます♪
何が起こったのか、気になっちゃいましたか?
期待していただいているのになんですが、旅の初心者の私には「えええー!」と思ったことでも、旅の経験者には「そうやって大人になっていくのよね」みたいな感じかもしれません(笑い)

> 私も旅行に行きたくなりました
> 旅費が無料なうちに(笑)

これ、重要ですよね!
私も飛行機に乗って出かけるなら今!って思いますもん。
沖縄、調べれば調べるほど魅力的で、行きたくて、行きたくてたまりません!
自然環境の中で心と体のケアをして滞在するっていうヒーリング型の宿泊施設もあったりして、うっとりしていしまいました。

> 無事に帰宅することが出来てホント良かった

ありがとうございます!
ほんと、出かける前は決死の覚悟でしたもんねー(笑い)
初めてのことって、なんでこんなに怖いんでしょうね。
スタッフがとても優しくて良いホテルでしたよー。
えららん |  2009.09.02(水) 07:34 | URL |  【編集】

素敵♡

いいですね~。
画像見てうっとりしちゃいました。

たまにはこんなゴージャス旅行もいいなぁ。
ほしみかん |  2009.09.02(水) 20:53 | URL |  【編集】

ほしみかんさんへ

おおおー、うっとりしちゃったりしてくれましたか♪
やたっ!

私もゴージャスな旅、したいですよー。
でもアレルギー対応がきちんとできないホテルだと終始ドキドキで、落ち着かないー。
ホテルに泊まっても寝具替えたり、小物を洗濯して干したりして、私たちの部屋、かなり貧乏くさい状態になってました(笑い)

でも、旅は楽しいですね♪
えららん |  2009.09.03(木) 13:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/189-b80ace73

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |