2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.04.25 (Tue)

どっちもいい、じゃダメですか?

糖質制限のブーム、すごいですね。
一過性のものかと思っていましたが、今では、当たり前のことになっているんですね。

先日、外出した時にトンカツ屋さんに行ったのですが(←子どもたちがいると行けないから)、そのお店で、どんぶり2杯分くらいありそうな山盛りのキャベツが出てきて驚きました〜
主食のごはんを食べる前に、食物繊維を食べて太りにくい食べ方を、ということなんでしょうね。
そうそう、ごはんにもはと麦が入っていましたよ〜

私も急激に血糖値が上がるのは良くないことだと思いますし、血糖をコントロールするのは健やかに過ごすために大切だということには大賛成です!!

けれども、糖質制限食で炭水化物やでんぷん、糖分などを食べない、あるいは極力減らして健康になりましょう、となると、よく理解できないのです。

私は自分がお米が大好きだということもあり、「お米を食べない」「お米をごく少量にする」ということが健康上、必須なのかどうなのか、そのあたりのことを深く知りたいと思っています。

ごはんを食べた後に血糖値がググッと上がる、というグラフは見たり、体の中で代謝される時にどうなるのか、というのも本で読んだりしてはいて、理屈を聞いていると「そういうことなのか!」とは思うのですが、でも、やっぱりよくわからないというか、納得がいかないんですよねぇ。

「糖質制限はとってもいいんだよ!」という本をたくさん読んだので、今は「糖質制限じゃくて、ちゃんとお米を食べようね」という本を読んでいます。

170425_1521~01

食品にどのくらい糖質が含まれているのかを細かく書いてある本を片手に読み進めていると、私が好きなものは見事に糖質ばっかり(汗)

「糖質はやめなさい」と言われたら、食べる楽しみがなくなっちゃうなぁ……。
だからよけいに、「糖質」が悪いものなのかどうか知りたいなぁ、と思いまして(苦笑)

糖質制限のお菓子ってどんなものかと思ってレシピ本も見たのですが、卵・大豆・ナッツ・乳製品が主な食材になるんですね!
これほどとは想像していませんでした。

おいしそうな写真もたくさんあったのですが、我が家ではほとんど食べられません。
1回に卵2〜3個を使うものが多いので、レシピを参考にできるレベルでもなかったのが残念です……。

ある糖質制限の専門家の方が、食物アレルギーも糖質制限をしていればよくなってくる、とおっしゃっていたのを聞いたことがあります。
でも、良くなる以前に、米粉とでんぷん不可だったら、お菓子もパンも食べられないよ、と、ものすごいストレスがかかりそうで、泣きそうになりました(涙)

糖質制限がいいというのも「なるほど!」と思うし、ごはんは大事というのも「そのとおり!」とも思うんですよ。
どっちがいいとか、どっちが悪いとかはなくて、両方いいんじゃないかと思うのですが……。
どっちもいいよね!じゃダメなんでしょうかねぇ。

食べ方というのは、生き方や考え方そのものに密接にかかわってくるため、難しいですね。
私はごはんをしっかり食べることが健康の基本だと思っていますが、お米のより健康によい食べ方というのはあるような気はしています。

「糖質と病気」という関係性の中だけでなく、さまざまな専門家たちの、さまざまな視点からの「栄養と人体」「食べることと健康」について、もっと学びたいと思っています。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




























スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  コメント(2)

Comment

健康と食は色々な研究やらブームやらたくさんあって分からないこともありますよね。
私は妊娠中に妊娠糖尿病だったので血糖コントロールがしやすい糖質制限は非常に助かりました。でも人工甘味料に頼り、卵やナッツに頼りすぎていたので振り返ると不健康だったかも〜とも思います。
何事もほどほどがいいのかな?と思いますけど、1つだけ感した事は「安い小麦粉ほどまずくて、小麦を食べなくなると欲しく無くなる=小麦には依存性があるっぽい」という事です。ご飯は美味しいけど満腹になったらご飯だけ食べたい!とは思わないけど、パンはあとを引くんですよね。食べなくなればなるほど、安いパンは不味いし、あえて食べたいと思わないんですよねー。不思議です。
何事もほどほどに、個人的には野菜たっぷり塩分は控えめにした和食が1番好きです♪なかなか自分で作るのは大変なんですけどね。
おちょこ |  2017.04.25(火) 19:39 | URL |  【編集】

おちょこさんへ

おはようございます!
お返事が遅くなってしまい、すみません。

妊娠糖尿病で糖質制限をなさった経験がおありなのですね。
もともと糖質制限は治療食ですものね。
食で体調管理をするというのは、薬を使うよりも安心ですし、体質改善にもなっていいですよね。

そうなんですよね〜、糖質制限をするためのお菓子って、卵とナッツをものすごく使うんですよね。
どのくらい使うのかレシピの数字を見て、イメージしていたよりもずっと使っていて、ビックリしました。

「安い小麦粉ほどまずくて、小麦を食べなくなると欲しく無くなる=小麦には依存性があるっぽい」というおちょこさんの言葉、賛成しまくりです!!!

小麦も砂糖も依存性がありますよね、習慣的に食べていると、どんどん歯止めがきかなくなる自分がいて、恐ろしくなりますもん。
昔大好きだったケーキブッフェも、きっと、依存性を持っている人たちが集まってくるんでしょうね。
私も並んでいるの全部食べる、くらいの勢いでしたら、今はもうムリムリって思いますもん。

なにごともほどほどに、そして野菜たっぷりお魚やお肉も適度に食べる和食って、やっぱりおいしくて健康的だなー、と私も思います。




> 健康と食は色々な研究やらブームやらたくさんあって分からないこともありますよね。
> 私は妊娠中に妊娠糖尿病だったので血糖コントロールがしやすい糖質制限は非常に助かりました。でも人工甘味料に頼り、卵やナッツに頼りすぎていたので振り返ると不健康だったかも〜とも思います。
> 何事もほどほどがいいのかな?と思いますけど、1つだけ感した事は「安い小麦粉ほどまずくて、小麦を食べなくなると欲しく無くなる=小麦には依存性があるっぽい」という事です。ご飯は美味しいけど満腹になったらご飯だけ食べたい!とは思わないけど、パンはあとを引くんですよね。食べなくなればなるほど、安いパンは不味いし、あえて食べたいと思わないんですよねー。不思議です。
> 何事もほどほどに、個人的には野菜たっぷり塩分は控えめにした和食が1番好きです♪なかなか自分で作るのは大変なんですけどね。
えららん |  2017.04.27(木) 09:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |