子どもたちのケーキキット

以前の記事で書きましたが、ムスメのお友だち&誕生会で、子どもたちに米粉のケーキの飾り付けをしてもらうことになりました。

その当日は準備でおおわらわ。
ケーキの生地を作るのはポリ袋だし、焼くのはオーブンにお任せなのでラクチンなのですが、ケーキを冷ます時間を計算に入れておらず、「うわぁ、遅刻しちゃう!!!」と真っ青になりました。

焼きたてのケーキからは水分が蒸発していくから、そのまま袋に入れちゃうと、袋の中が水滴だらけになって、ケーキの表面がボロボロになっちゃいますもんね。
せめて人肌くらいまで冷ましてから袋に入れてラッピングしないと(汗)

ずらりと小さなシフォン型で焼いたケーキが並びました。

170323_1603~01

このまま冷ますと乾燥して表面だけが固くなっちゃうから、ボウルをかぶせて水分が適度にケーキの中に残るようにしつつ冷めるのを待ち、触った時に人肌くらいの温度になったらラップをかけたり、ポリ袋に入れたりして乾燥しないようにして、「まだかな? ラッピングは難しいかな?」と時計とにらめっこ。

最初にボウルなどをかぶせたのは、はじめのうちは出てくる水蒸気が多いため、結構、びちゃびちゃな感じになるので、ケーキに水滴が落ちないようにするため。
あとからラップやポリ袋をかぶせるのは、保湿と乾燥防止のためです。

人肌くらいの温度まで冷ましても、気温が低いとラッピング袋に入れた時にうっすら水滴がついて曇ってしまうので、しっかり冷ましてからラッピングしました。

子どもたちに渡したのは、こんなケーキキットです。

170323_1613~01

ケーキ1個、粉砂糖(袋に入れました)、上に飾る金平糖やグミ。
ここには写っていませんが、ろうそくもありました。
紙コップの中に粉砂糖と水を入れてアイシングを作る作戦です。

いざ、会場に行って、子どもたちにケーキキットを渡すと、子どもたちは大歓び!
真剣な顔でアイシングを作って、飾り付けをしてくれました。

そして、自分がデコレーションしたケーキを食べる時間に……。

「いらない」と言わず、みんな、ちゃんと食べてくれました!
よかった〜〜〜〜

夕飯を食べた後だったし、米粉はおなかにたまるので食べた量は4分の1個分くらいがせいぜいですが、「おいしかった〜」と言ってくれる子が多かったので、ホッとしました。
ママたちからも「優しい味だね。おいしい」と言ってもらい、無事にミッション終了!

その翌日、ひとりのママから「娘がパパのためにこの間のケーキを作ってあげたいと言っているんだけど、作り方を教えてもらえる?」と連絡をもらい、ものすごく嬉しかったです!!!

170323_0959~02

きなこを入れて、子どもになじみのある味にしました(←ちょっときなこ餅とか、きなこ飴みたいな感じです)。
レシピはこちらに掲載してありますので、リンク先をクリックしてご覧になってください。
アイシングをかけないで食べると、朝食や軽食になりそうな優しい味になっています。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



















スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

comment

管理者にだけ表示を許可する

お疲れ様でした!すごい数のケーキキットですね‼︎
1人ずつキットを小分けにしてあげたりとえららんさんの細やかな気配りが伺えます(о´∀`о)
これは子供達も喜びますよ〜‼︎楽しくて美味しいは幸せですね♪

ノンアレケーキは美味しいと言われるかそっぽを向かれるか初めて食べる方に差し上げる時はドキドキしますよね。でもレシピのリクエストが来るなんて美味しかったんですねー!
お疲れ様でした(o^^o)

おちょこさんへ

おはようございます!

そうなんです、そうなんです、はじめての時にはほんとうに緊張しますよね!!
みんな喜んでくれて、ほんとうによかったです。
これを機に、米粉を好きになってくれたらいいなー、と思います。

子どもたちに渡す時に小分けにしないとバタバタしちゃうと思ってキットにしたのに、「私のおさとう、ないよ〜」と言われ、「おかしいな、ちゃんとぴったりに準備したのに……」とみんなで大捜索。
結局は、粉砂糖の固さを調整するために持って行った分から取り分けて使ったんですよ。

で、家に帰ってきたら袋入りの粉砂糖がテーブルの上にぽつん。
撮影するためにばらしたキットの中の粉砂糖を忘れていってしまっていました……。
「ひゃー、バタバタの張本人は私だったよ」と、一人反省会でした(汗)



ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード