2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.20 (Thu)

絵に描いたような失敗

090818_0911~01


先日来、フワフワ米粉パンを焼いていて、「私って、米粉マスター?」くらいに錯覚していましたが、とんでもないバカヤローでした。

ゆきひかりミクロパウダーで食パンを焼いてみたら、まずいのなんのって!
スライスしようとしてナイフの刃を塗らしても、油を塗っても切れません。
耳に切れ目を入れて、ちぎるのが精一杯。
ちぎって食べてみると、ネッチョリ、ベッタリ、グニョグニョでした。

それでわかりました、フワフワ米粉パンの成功の立役者はリ・ブラン。
私の腕でもレシピでもありません。
リ・ブランの威力、思い知りました。

【More・・・】

「じゃあ、ゆきひかりミクロパウダーでやってみっか!」くらいの軽い気持ちで始めたわけですが、最初から難航しました。

フワフワ米粉パンの水分量では足りないだろうとは想像していたのですが、入れても入れても、ホットケーキの固さの生地にならない。
固い生地を力まかせに泡立て器で混ぜるから、親指の付け根の皮もべろりんとむけました。

痛さにもめげず、なんとかグリグリ。
このくらいにしておこうと思ってやめた時、生地の固さは持ち上げるとスッとお辞儀をするくらい。

090818_0613~02


小さな米粉パンだったら、このくらいでOKだったんだけどなぁ。
あれこれ、ゆきひかりライスパウダーとゆきひかりミクロパウダーでの試作の様子を思い出しつつ、ひとまず焼いてみることにしました。

型にくっつかないようにショートニングをべたべた塗って、生地を入れました。
生地の表面を平らにすることすら、できないねばりでした。
090818_0616~01


かなり発酵の度合いが心配だったので、発酵温度を40度に上げて30分。
7分目までしか上がらなかったので、20分追加発酵。
型の9分目まで上がってきました。


焼き上がった状態はこちら。
どうやら、9分目まで上がったのは、過発酵だったらしい?
真ん中が見事に陥没していました。

090818_0800~01


型からはずそうと思ったら、まったくはがれない!
ナイフで耳と型の間をはがそうとしても、できない、できない。
必死になってはずし、ひっくりかえして上から天板の上に落としたら、やっとはずれました。
ぐしゃぐしゃ~。

090818_0803~02


いやー、びっくりしました。
失敗するかもしれないとは思っていましたが、食べられないほどマズイパンができるとは思ってもいませんでした。

米粉を甘く見ていました。
ゆきひかりミクロパウダーとリ・ブランはまったく違う。
そんな初歩的なことを忘れてました。

失敗した分量を自分の覚書きに書いておきます。
<失敗レシピ>
ゆきひかりミクロパウダー     400グラム
コーンスターチ           50グラム
甜菜糖               40グラム
菜種油               40グラム

白神こだま酵母            9グラム
温水(こだま用)           40グラム

温水                510グラム!!!!


この作っている時に書いたメモを見れば見るほど、「こりゃあ、失敗するわなー」という水分量でございました。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

おつかれさま~!

ごめんなさい・・。
つい水分量みて笑ってしまいました(汗)
私だったらそこまで来たらもう計量諦めそうな量です(笑)
しっかり量って研究をしているからこその記録ですね。

そうか~。
リブランってそんなに素晴らしいのね~。
もうパン焼くのはリブランだけのほうがいいのかしら。

米粉高いからね・・・。
失敗したときのショックがね・・・。

とうこmama |  2009.08.20(木) 12:36 | URL |  【編集】

とうこmamaさんへ

> つい水分量みて笑ってしまいました(汗)
> 私だったらそこまで来たらもう計量諦めそうな量です(笑)

ねぇ、笑うでしょう?
私も水を足しながら「こんなに入るはずない」って思ってたもん。
でも、最初に計算した量ではまったく足りなかったんですよねー。
手の皮がむけるほど固い生地だった時には、ほとんど発酵しなかったし。
久しぶりに使うと、ゆきひかりミクロパウダー、とても難しいです!

> リブランってそんなに素晴らしいのね~。
> もうパン焼くのはリブランだけのほうがいいのかしら。

リ・ブラン、ほんとうに素晴らしいですよ!
米粉とは思えないくらい、扱いが楽です。
ゆきひかりミクロパウダーで苦労したことがあれば、それとの違いに感動すること間違いなし!
> 米粉高いからね・・・。
> 失敗したときのショックがね・・・。

そうそう、食パン型だと400グラム以上使うから。
今は、4キロ入りのゆきひかりミクロパウダーを使っていますが、試作を始めると目に見えて減っていきますよー。
食パンを失敗すると、ダメージが大きいですよね、ぐっすん。
えららん |  2009.08.21(金) 04:23 | URL |  【編集】

粉によって、全然、違うんですね!

私は<炊飯器で簡単、米粉100%のパン>というサイトで(本も出ています)作り方を見て、近所のスーパーにリ・ブランがあったので作ってみたんです。その前にヤマイモ入りの普通の上新粉でのレシピを本屋で見て作ってみて見事に失敗したんで~~(って言うのか、あんまり美味しくなかったのかな?^^;)、コワくて、そこからはリ・ブランだけで作ってきました。とうこmamaさんの言うとおり!米粉パンでの失敗は、ショックは大きいですよね(><)

http://komeko100.sblo.jp/

<炊飯器で簡単 米粉100%のパン>の本を出された方が<ゆきひかり>も作っていらしたと思います。<ゆきひかりミクロパウダー>を使っていらしたかどうかは覚えていないんですが・・、何かのヒントになるかも???と思って書いてみましたが、参考にならなかったらゴメンナサイっ。

この記事を見て、お母さんって存在はスゴイなあ☆って、感動してしまいました!こんなに研究できるんですもの!失敗って言っても、素敵な失敗です!失敗があるから、数々のレシピが誕生するんですも~~ン!

お疲れ様でした!
kofuyu |  2009.08.21(金) 07:46 | URL |  【編集】

kofuyuさんへ

> 粉によって、全然、違うんですね!

そうなんですよー、米粉の種類によって水分量が変わってしまうので、米粉本でも品種まで記載していないものを参照すると失敗することがあるんですよ。
これが米粉クッキングの難しさですよね。

> 私は<炊飯器で簡単、米粉100%のパン>というサイトで(本も出ています)作り方を見て、近所のスーパーにリ・ブランがあったので作ってみたんです。その前にヤマイモ入りの普通の上新粉でのレシピを本屋で見て作ってみて見事に失敗したんで~~(って言うのか、あんまり美味しくなかったのかな?^^;)、コワくて、そこからはリ・ブランだけで作ってきました。

私も炊飯器パンの本を持っています。
レシピのとおりに焼けば、失敗なしのふんわりパンになりますよね。
ただし、絶対にリ・ブランでにないとダメだけど。
ゆきひかりライスパウダーで作りたくてやってみたけど、大失敗でした。
ものすごく悲しかったです。
米粉、もう少し、安くならないものなのかしら。

> <炊飯器で簡単 米粉100%のパン>の本を出された方が<ゆきひかり>も作っていらしたと思います。<ゆきひかりミクロパウダー>を使っていらしたかどうかは覚えていないんですが・・、何かのヒントになるかも???と思って書いてみましたが、参考にならなかったらゴメンナサイっ。

ありがとうございます!
そうですね、多森さんはゆきひかりライスパウダーを炊飯器パンにしていて、私が作ったものよりもずっとおいしそうでした。
でも、ご本人はゆきひかりだとうまくいかないから、やっぱりリ・ブランは特別な粉って、書いてらっしゃいますよね。
で、私、ゆきひかりミクロパウダーが出た時、コメントでお知らせしたんですよ。
そしたら、ゆきひかりライスパウダーよりも粒子の細かい米粉を待っていたらしく喜んでらっしゃいましたが、それっきり。
なので、ゆきひかりミクロパウダーもやっぱりパンにするのは難しいのかな、と思ったりしていました。
>
> この記事を見て、お母さんって存在はスゴイなあ☆って、感動してしまいました!こんなに研究できるんですもの!失敗って言っても、素敵な失敗です!失敗があるから、数々のレシピが誕生するんですも~~ン!

ありがとうございます!
でも、その言葉、そっくりそのままkofuyuさんにお返ししますよ(笑い)
私は諸先輩方が作ってきたレシピを参考にして作っているけど、kofuyuさんは手探りで作っているでしょう?
コアラのマーチの絵を見た時、思わず「ええええー、どうやって書いたの? どうやって成型したの?」って声を上げてしまいましたよ。
その発明の発想と向上心に拍手、拍手!
私も見習って、米粉マスターへの修業を続けます(笑い)
>
> お疲れ様でした!
えららん |  2009.08.22(土) 07:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/178-69f36d69

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |