2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.02.22 (Wed)

キャベツ帽子とキンカン煮

みなさん、体調はいかがですか?
春の嵐のような風が吹いたり、雪が降ったりと、日々まめぐるしく変わる不安定な気候ですね。

我が家は先週、ずっと「インフルエンザ週間」だったので、病院に診察してもらいに行く以外は子どもたちは「冬眠」していました。

咳が出ても、熱が出てもものすごく体力を消耗するから、うつらうつらしている時間が長くなりますよね。
でも、ぐっすり眠っちゃうわけじゃないから、そばを離れることはできませんけど。

今回の家での看病の間、大活躍してくれたのはキャベツとキンカンとレンコンでした。

熱が出ると冷えピタなどを気持ち良いと感じる子が多いと思うのですが、なぜか、ムスコもムスメもおでこに貼るのを嫌がります。
なので、うちではキャベツの外葉(緑のところ)で頭を覆って優しく冷やす、いわば「キャベツ帽子」を使うことが多いです。

こんな感じです。
ちょっとカッパみたいですが(笑い)

170211_2122~02

キャベツ帽子は子ども用の民間療法なのです。
キャベツなどの緑の葉っぱは水分を持っているので、それによって余分な熱を冷えすぎない程度にとってくれます。
枕のようにして頭の下に敷いたり、小さい葉っぱなら何枚か頭を包むようにしてかぶせておき、葉っぱがシナシナになったら交換する、という使い方です。

ムスコは「気持ちいいし、キャベツのいい匂いがするから好き」と言っておりました、ハイ。
病院からもらってきた解熱剤を使うほど、子どもたちがひどい状態にならなくて良かったなぁ、と改めて思います。

ムスコもムスメも咳が出ていたので、キンカンを。
キンカンは咳や喉にいい、と昔から言われていますよね〜

170221_1617~02

完熟のキンカンを半分に切って種をとり、鍋にキンカンとひたひたの水をそそぎ、少しの塩を入れて、皮がやわらかくなって汁気がなくなるまで煮ます。
砂糖は入れていませんが、ほんのり甘みがあるんですよ〜

子どもたちはキンカンが得意ではありませんが、「喉のクスリだよ〜 咳が楽になるから食べて!」と言って食べさせていました。
病院の薬とは違うので、キンカン煮を食べたからと言って、咳がピタッととまる、ということはありません。
でも、喉の痛みがやわらいだり、痰の切れが多少良くなって、おだやかに喉の症状を改善してくれたかな。

あとは、咳といえばレンコンですよね!
咳が出ている時にもいいですが、一年を通して、子どもたちが食べ飽きない程度にレンコンを食事のメニューに入れるようにしています。
おいしいし、体にいいし、家族みんな大好きです!!

あとは症状に合わせて、ホメオパシーのレメディも使っていました。
病院でもらう薬は、インフルエンザという同じ病気なら同じ薬が処方されますが、ホメオパシーは出ている症状に合わせたものを飲みます。
同じ家族でインフルエンザになっても、ムスコとムスメの症状は違ったので、使うレメディも違いました。

そうそう、レメディを飲む時に病院でもらった薬は使ってはいけない、という人もいますね。
でも、私は、レメディには毒性がなく、砂糖玉に自然治癒力を高めるエネルギーをしみこませたものなので、病院の薬の成分を邪魔するわけではないですし、病院の薬を飲むのと一緒に口に入れなければいいのではないかと思っています。
このあたりの考え方は人それぞれですね。

私の場合は、自然療法や食養生で良くなっていったらいいなぁ、とは思います。
でも、感染症や症状が重い場合などは病院に行く必要がありますよね。
特に食物アレルギーの場合、命にかかわることがあるので、主治医の指導を守りつつ、ムリのない範囲でのセルフケアをするのがいいのではないかな、と考えています。

余談ですが……
明け方に目が覚めて、子どもたちがすやすやと眠っている寝顔を見ていたら、胸の底のほうから幸せな気持ちがどわぁ〜っと沸き上がってきて、子どもたちにペタッとくっついて二度寝してしまいました。

子どもたちが元気になってくれた幸せと、寒い朝に二度寝する幸せ。
寒い季節だからこその小さいけれど、とっても価値のある幸せですよねっ!

毎日が小さな幸せの積み重ねで続いて行ったらいいなぁ、としみじみ思います。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。










スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  コメント(2)

Comment

2人ともインフルエンザになるなんて大変でしたね!
看病お疲れ様でした。

キャベツの帽子可愛いですね(〃ω〃)
私も乳腺炎の時は必ずキャベツ湿布していたので懐かしいです。ちょっと青虫の気分になれる香りがするんですよね…。
うちの子も冷えピタとかアイスノンが嫌いなので今度熱を出したらキャベツの帽子かぶせてみます。
おちょこ |  2017.02.26(日) 12:16 | URL |  【編集】

おちょこさんへ

お返事が遅くなって、すみません。
ムスメの誕生日に温泉宿に連れて行ってやろうと思って探しまくっても全然見つからず、ため息つきまくりです……。
春休みの宿の手配を今頃しようと思っている私がいけないんですけど(涙)

ありがとうございます!
インフルエンザって、ほんと、パワフルですよね〜
子どもだけでうちから去って行ってくれたのが、不幸中の幸いでした(笑い)
やっとインフルエンザの流行も落ち着いてきたようですが、おちょこさんはお仕事が忙しくて大変だったことでしょうね。

乳腺炎の時にキャベツ湿布をなさっていたのですね!
私は里芋湿布でした〜
乳腺炎はつらいですよね、痛いし、痛いし、痛いし、そして高熱が出たりするし(涙)
身近にあるものでケアできると楽ですよね!

おちょこさんのお宅でも、冷えピタとかアイスノンが苦手なんですね。
子どもたちはみんな好きなものだと思っていたので、お仲間がいて、嬉しいです〜
熱が出ないのが一番いいですが、もし熱のホームケアが必要になったら、お試しください。
えららん |  2017.02.28(火) 15:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |