2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.11.30 (Wed)

いつもと違う米粉にしてみたら

子どもたちは朝ごはんに「ごはん」ばかり食べている時と、「米粉パン」ばかり食べている時の波があるのですが、ここ1か月ほどは、「米粉パン」ブーム。

「朝ごはんは?」と聞くと「パン!」と答えが戻ってくるので、ジャムやはちみつなど、パンにつけて食べるもののバリエーションをいろいろと揃えています。

私は米粉パンには何もつけなくてもおいしいなー、と思うのですが、子どもたちはつけるもので味の変化を楽しんでいるようで、「
えーと、今日はどれにしようかな?」と悩んだりしています(笑い)

ちなみに、我が家で買い置きしているジャムは砂糖不使用のもの。
サンダルフォースドー・ジャムは近所のスーパーに置いてあってすぐに帰るし、クセもなくておいしいので、いつも買っています。

輸入食材スーパーに行った時には、他のものを買うこともありますが、砂糖不使用だとブドウやリンゴを濃縮させて甘みをつけているので、味のバランスがメーカーごとに結構違っているので、味の好きずきがあると思われます。
あとは、オーガニックかどうか、材料の原産地や値段などの兼ね合いもありますよね〜

はちみつ!
はちみつは買う時には、かなり調べますよ〜(笑い)

蜂は抗生物質やダニ駆除などの薬を使用することも多いので、できるだけ薬剤に頼らずに養蜂を行い、はちみつをとっている養蜂家や取扱いメーカーのものを選ぶようにしています。
どんな場所で蜂に蜜を集めさせているのか、というのも、味と質と安全性に関わるので、重要なポイントですよね!

前置きがとても長くなりましたが、子どもたちがたくさんパンを食べるので、米粉の消費量もものすごいです。
気に入っている米粉で焼いているのですが、しょっちゅう焼いていると、他の米粉でも焼いてみたくなりまして。

いつもとは違う米粉2種類で焼いてみました。
片方が粒子が大きめ、もう片方は微粒子。
みなさんがご存じのとおり、米粉パンをふんわり焼き上げるために非常に重要なのは米でんぷんの損傷率ですよね〜

161130_1048~02

見た目ではあまり大きな違いは見られず。
米でんぷんの損傷率が低いと、焼き上がりが安定しますね。

ただし、食感には結構、差がでました。
上のほうがもちもち。
下のほうは柔軟性がなくて、むっちり固め。

生地の状態を両方ともホットケーキの生地くらいの固さにしたのですが、もう少し水分が多くてもよかったのかも?
水分が多すぎるとウイロウ状になったり、ねちねちしたりするので控えめに入れて試作するクセがついているのですが、それを差し引いても、このパンはもちもち、むっちりしすぎです(汗)

2種類の米粉は、米粉とでんぷんの配合を変えたり、水分量を変えたりすると、ふんわりおいしくなるのかなぁ?
とっても気になるけれど、何度も何度も分量を変えながら焼いてみないとレシピはできあがっていかないし、1斤パンで失敗すると量が多いから、食べるのが非常につらいんですよね(汗)

小さい型で焼いて試してみても食感は違っちゃうから、一斤型でないと意味がないしなぁ。
ああ、試作をやってみたいけど、失敗したくない……。
なんとも悩ましいところです。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  コメント(2)

Comment

はちみつの深い事を考えて買ったことがなかったんですが、薬を使ってる物もあるんですね!びっくりしました。あんまり安い中国産には気をつけるようにする程度だったのですが…。もう少し気にしてみたいと思います。

米粉のパンやお菓子を試作するのって勇気がいりますよね。失敗した時の事もあるし、試作して結局食べるのは自分になるので体重の事とか… 笑


おちょこ |  2016.11.30(水) 19:11 | URL |  【編集】

おちょこさんへ

そうなんですよねー
試作は楽しいけれど、試作後のことを考えると……。

うまくいくと子どもたちがぺろりと食べちゃってくれるけれど、「おいしかったね!」と言ってすぐまた作っちゃうし、失敗すればもったいなくて食べるし、で、体重計は見たくない状態になります(苦笑)
でも、試作、楽しいんですよね!!

はちみつ、私は以前は何も気にせずに食べていたのですが、はちみつの輸入業者の方や養蜂家の方のお話をうかがったら、蜂は弱いので薬もいろいろ使うし(出荷直前には使わないとかいろいろルールもあるみたいです)、農薬がかかっているいないにかかわらず蜂は蜜を集めてしまうのでどんな花から集めさせるのかも重要だし、花のない時期には、砂糖水をまいたり、エサを舐めさせたりすることがあるので、「はちみつ」と言っても、ちゃんとした花の蜜ではないはちみつの可能性もあると知り、びっくりしたんです。

国際規格でCodexというのがあるのですが、海外のはちみつを買うのであればCodex、またはその国の厳格な基準に則ったものがよいと思います。
認証をとっていなくても素晴らしい品質のものもありますので、はちみつ探し、おもしろいですよ!!

そうそう、日本のはちみつにはJASの基準がありません。
純粋はちみつとあっても、安価なはちみつを抜き打ち検査をしてみると、水飴が混ぜてあったりすることもあるとか。

日本国内でしたら、故人で営んでいる養蜂家の方にはおいしくて安全で、良質なはちみつを作っている方が多くいて、たいていは収穫量が少ないので、直接販売してくださいます。
私が買っているのもそうした養蜂家の方のものです。

どんな花の蜜を集めさせたのか、薬を使ったとすれば何度使ったのかなど、愛情をこめて蜂を育て、丁寧にはちみつを作ってらっしゃる養蜂家の方でしたら、はちみつのおいしさを知ってほしいという思いがあるので、問い合わせをしても教えてくださるのではないかと思います。

農林水産省が「養蜂家向け養蜂マニュアル」というのを公開していて、その中に薬のことやエサのことが書いてありますので、ご興味があればご覧になってみてください。
一般的に養蜂というのはどのように行われているのかがわかると思います。
http://www.maff.go.jp/test/chikusan/sinko/pdf/youhouka.pdf
えららん |  2016.12.01(木) 14:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |