2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.11.22 (Tue)

アレっ子母の証(?)

今日のお昼はトーストです。

161122_1246~02

手前がごぼうの金平に卵を混ぜたものをトッピングしたトースト。
うしろは……卵サラダに見えませんか?

カボチャは卵の代替えの定番食材なので、かれこれ10年、アレっ子を育てていると、本物のゆで卵なんて子育て中に触れていないため、カボチャにマヨドレを混ぜると、本気で卵サラダに見えてきます(笑い)

もう、すっかり、卵にマヨネーズをあえた卵サンドの味なんて忘れちゃったなぁ……昔は大好きだったけどなぁ……的な感じで。

トッピングにしたのは、両方とも昨夜の残り物です。

ごぼうの金平は、皮を包丁の背でこそげ落とし、斜め切りしてから細切りにしました。
水にはさらさず、さっと洗って油を敷いたフライパンに入れ、油がまわってきたら醤油を加えて炒めます。
そら豆醤油がグルテンフリ―とは思えないおいしさなので使っています。

カボチャは種をとって食べやすい大きさに切り、カボチャを鍋に入れ、塩味を感じない程度の自然塩とひたひたの水を入れて蒸し煮にしただけ。
カボチャの甘みを感じるし、残ったらおかずだけではなくお菓子にもリメイクできて、とても便利です。

以前は昆布と醤油と甜菜糖で甘辛くカボチャを煮付けていたのですが、それだとカボチャの味も香りも調味料に負けちゃうので、シンプルな味にたどりつきました。

子どもたちも、うちのカボチャの煮物といったら、この蒸し煮をイメージするようで、「今日のはメープルシロップが入っているみたいに甘いねぇ。お菓子みたいだねぇ」なんて言いながら食べてくれます。

おいしいカボチャだった時には自然塩と水だけでいいのですが、水っぽくて味のないカボチャだった時には寒天パウダーで固めてカボチャプリンにして少量のメープルシロップをかけてやると、もりもりです!

カボチャは栄養豊富で食べると風邪をひきにくくなるともいいますし、ごぼうの食物繊維もお腹の調子を整えてくれて免疫力アップにつながりますね。
野菜はいいですよね〜

アレルギーっ子を育てていると、ノンアレの子よりも市販のお菓子を食べる量や頻度が少ない分(←スーパーやコンビニで並んでいるものが何でも食べられるわけじゃないから)、健康的な食生活になっているなぁ、と感じます。

米のパンやケーキにクッキー、野菜を使ったおやつやデザート。
もちろん、食べられる市販のお菓子があったら目の色が変わりますし、食べ物への執着心は半端じゃないですが(笑い)

食べ過ぎて健康害することが多い現代社会にあって、摂生して食べるというのは、健康の心と体をキープするためにとても大切なことだと指摘する学者や医師などの専門家が増えてきました。

そう考えると、アレっ子は、ヘルシーライフのお手本になってもいいくらいですよね!


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |