2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.11.04 (Fri)

時代の変化を感じます

我が家のムスコ、おしゃべりなのですが、学校の話をほとんどしてくれません。

「今日は何したの?」 → 「別に……」
「学校、おもしろかった?」 → 「いつもとかわんないけど」
「名にして遊んだの?」 → 「何もすることないから、ぶらぶらしてた」
「お友だちと遊ばなかったの?」 → 「友だちいないもん」

ムスコの返答を聞いていると、「大丈夫なのか、学校生活?」とかーなーり不安になるのですが、でも、本人は普通の顔をしているので、特に苦痛だとか、悲しいとか、いやだとか、そういうことはないようです。

「困ったことがあったら、必ず、おかあに言ってね」と念のために言ってみたことがあるのですが、「困ったことがあったら、そりゃあ、言うでしょ」と軽く聞き流されました(涙)

こんなムスコなのですが、珍しく、「ねーねー、おかあ、今日さ〜」と話しかけてきました。
こりゃあ、膝を正して聞かなきゃ!!!

ムスコのクラスは仲がいいらしく、放課後に追いかけっこをしたりして遊ぶことがあります。
引っ込み思案のムスコも、最初のうちは「追いかけっこしたって、別に楽しくないし。ボク、どうでもいいんだもん」みたいに斜に構えていたのですが、時々、混ざって遊ぶようになりました(ホッ)

ある日、鬼ごっこをしている間、女の子がムスコに「これ、食べられる?」と言ってお菓子を見せてくれたんだそうです。
ムスコは「うん、食べられるよ。食べたこと、ある」と答えたのですが、その女の子はお菓子のパッケージをひっくり返し、裏側にある原材料表示をじーっと見ていた後、「でも、いろいろ入ってるよ。入ってるから、食べないで。お願い、食べないで!」と必死な顔で、手を合わせてムスコに頼んだとか。
ムスコは自分のことを一生懸命考えて発してくれた言葉が嬉しくて、「うん、わかった。いらない」と答えたと言っていました。

ムスコはその女の子が親切で嬉しかったと言っていましたが、私は小額4年生の子が原材料表示を見てアレルゲンを確認する、という行為そのものに感動しました!!!!
親御さんがきっと、原材料表示を見て、内容物を確認しながらお買い物をしているのを見ているのでしょうね。
素晴らしい食育ですね!!

別な日には、ムスコがはじめて遊びに行ったお友だちの家で、おばあちゃんとお母さんがムスコのアレルゲンを聞き、おばあちゃんがノートにメモをとってくれていた、というありがたいこともありました。

ムスコが赤ちゃんの頃は、「どうせお母さんが神経質なだけでしょ?」「食べず嫌いじゃないの?」みたいな目で見られていましたが(←見られていたような被害妄想でしょうか?苦笑)、今は、「食物アレルギー」と言うと、相手にわかってもらえる度合いが違いますね。

「食物アレルギー」の認知度が高まり、確認さえちゃんとすれば大丈夫だけれど、誤食をすると大変なことになるのだと理解し、アレっ子が安全に食べられるようにサポートしてくれる人たちが増えてきたことを実感しています。

共感してくれるかどうかは別として、「食物アレルギーは間違ってアレルゲンを食べたら大変なんだ」と理解してもらえるだけでも、とてもありがたく感じます。
時代は変わっているのですね。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
小麦・卵・乳・大豆・エビ・カニ・牛肉・ナッツを使わない料理だけでなく、増粘剤も使わないグルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |